« 日野自動車、北海道洞爺湖サミットにシャトル・バスを提供 / プレスリリース 日野自動車 | トップページ | イベント 6/21(-7/7) 100万人のキャンドルナイト »

2008/06/20

北海道洞爺湖サミットにおける『ゼロエミッションハウス』展示について / プレスリリース 経済産業省

E80617aj_1
-----image & text : 経済産業省、平成20年6月17日発表より

" 経済産業省は、エネルギー・環境技術を始めとした我が国の優れた技術を発信するため、北海道洞爺湖サミットにおいて、政府が主催する「環境ショーケース」の一貫として、国際メディアセンター(IMC)内の屋外駐車場に、太陽光発電、燃料電池、最先端ロボット等の先端技術を備えた近未来型住宅『ゼロエミッションハウス』(6月末完成予定)を設置し、外国報道関係者等に対して展示を行います。
1.7月7日~9日の間、北海道洞爺湖町において地球温暖化対策が主要な議題となる「北海道洞爺湖サミット」が開催され、サミット会場となるザ・ウィンザーホテルから約27km(車で約30分)のルスツリゾート内に「国際メディアセンター(IMC)」(約11,000m2)が建設されます。このIMC入口部分や屋外には、我が国の環境における取組の他、世界に誇る最先端の環境技術の展示・デモンストレーション(「環境ショーケース」)を行います。
2.この「環境ショーケース」の一貫として、経済産業省は、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)産業技術総合研究所との共催により、IMC屋外駐車場において、太陽光発電システム、高効率照明、ヒートポンプ給湯器、家庭用燃料電池システム、環境配慮建材、最先端ロボット、その他省エネ家電や蛍光灯型LED管等のグリーンIT等の最新技術を備え、耐震性・断熱性など日本の工業化住宅の優れた技術を駆使し、快適な暮らしを実現する近未来型住宅『ゼロエミッションハウス』(約280m2)を設置し、約4,000人が見込まれる内外報道関係者等に対して、エネルギー・環境技術を中心とした我が国の世界最高水準の技術についての展示をします。
3.また、(財)新エネルギー財団との共催により、燃料電池システム実機運転により、照明等の電力を一部賄うとともに、排熱を利用した足湯コーナーを設置します。
4.ゼロエミッションハウスの完成は、6月末を予定しております。 "

関連記事
ゼロエミッションハウス-----エコビレッジへの旅、2008年6月18日

コメント
 これが政府の提案するゼロエミッションハウスか? エコビレッジへの旅のzenさんがまっとうなコメントをしておられるので、しな研としては別の角度から、、、

 これだけの技術、すべて投入するとおいくら? そして建設、製造に必要なエネルギーは? 今、現実の温暖化効果ガス削減に動かなければならない政府としては、これだけのプレゼンをするからには、今後の計算の根拠となるそれぐらいの計算、試算を発表すべきです。単に目の前にある技術を並べただけでは、あまりにももったいない。それこそ、2020年か、2050年の実際の日本人の”あるべき平均的な家庭”の暮らしを描くべきだ。それがみえないこの”家”、虚ろな気がします。2050年に50%の電力を省エネ、再生可能エネルギーで、すべてをまかなうという意欲的なシナリオ、国の力を使えば、現在の技術で、どうにか描けてしまいます。あとは、コストの問題、となれば国の積極的な導入促進策の具体化のみということになると思います。

 この家、太陽電池はついているし、なぜかリチウムイオンバッテリーまで搭載している。リチウムイオンのコストが無視できるなら、これだけで家の機能が変わってしまう世界ではあるのだが、、、、。電気自動車がスポーツタイプなどとかかれ、プリウスのプラグインハイブリッド車ではないことも、現実的なシナリオを薄めている。すでに、トヨタがあるていどインパクトをもったプレゼンをしているのだから、それに素直に乗ればいいだけに思えるのだが。当日は、プリウスなのかな?
 あとは、水関係の技術がないなぁ。排水、グレイウォーターの利用や雨水利用は思いつかなかったのかしらん。
 省エネ分電盤のインテリジェント機能強化盤の家庭用EMS(Energy Management System)である家庭用HEMSはイラストには描かれている。この技術は注目です。冷暖房の効率化、マネージメントで大きな省エネ効果が見込まれます。

 エコハウス、ゼロエミハウス、、、国民が求めている情報です。せっかくつくるのなら、参考にできる情報、そうした場を整備してほしいですね。(t_t)

参考
HEMSによる家庭用冷暖房・照明エネルギーの削減効果の検証(HEMS Energy consumption for the home Air conditioning control Lighting control )

関連エントリー
-----Googleサイト内検索 : エコハウス エコライフ-----


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン2Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 日野自動車、北海道洞爺湖サミットにシャトル・バスを提供 / プレスリリース 日野自動車 | トップページ | イベント 6/21(-7/7) 100万人のキャンドルナイト »

コメント

追加情報
環境にやさしい最先端技術を満載 洞爺湖サミットで近未来住宅を公開-----NIKKE BP Special,2008年7月10日
" 北海道洞爺湖サミットの国際メディアセンターを設置したルスツリゾートに建設された「ゼロエミッションハウス」。サミットに集まる約4000人の内外の報道関係者へのPRを目的に、経済産業省などがつくり上げたものだ。ヒートポンプ給湯機や太陽光発電システム、風力発電機など最先端技術が満載された。 "

投稿: 追加情報 環境にやさしい最先端技術を満載 洞爺湖サミットで近未来住宅を公開 | 2008/07/16 13:49

宇宙時代に強い屋根の住宅が役立つかもしれない 半球状の屋根は強い屋根になる 雪にも強いはずで宇宙住宅は強く便利かもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008/10/14 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/41581488

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道洞爺湖サミットにおける『ゼロエミッションハウス』展示について / プレスリリース 経済産業省:

» 日本人の食べ物とエコロジー [メリケンコ]
こちらを是非お読みください! お金の観念浄化←ココをクリ 今日は日本人の食について書こうと思います。 今の日本人は、焼肉やファー... [続きを読む]

受信: 2008/06/20 13:27

« 日野自動車、北海道洞爺湖サミットにシャトル・バスを提供 / プレスリリース 日野自動車 | トップページ | イベント 6/21(-7/7) 100万人のキャンドルナイト »