« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/30

G8 洞爺湖サミット関連ブックマーク

 いよいよ洞爺湖サミットまで一ヶ月少々です。30日には第4回アフリカ開発会議(TICAD IV)も終了し、さまざまな重要な課題について日本政府と福田首相がどのように取り組み、成果を上げようとしているかに重大な関心が集まります。

 気候変動のテーマでは、京都議定書後の、温暖化効果ガス削減のための中期的な国際間の枠組み作りになんらかの有効な合意なり経過が記されるのか?

 エネルギーについては、原油の高騰、ガソリンの値段の急上昇による影響は、生活のあらゆる側面で深刻な影響を貧しい国から先進国まで広く、与えはじめています。6/6日からは青森県でエネルギー大臣会合があります。気候変動問題ともからめた、総合的なエネルギーの問題へのアプローチは、食料、水、生活、事業などさまざまなことに波及する課題において、人類の知恵と工夫が時間的な制約の中で求められています。洞爺湖サミットの公式ページに掲載されているテーマは以下の通りでした。

北海道洞爺湖サミット / サミット情報 テーマ

" テーマ
1.北海道洞爺湖サミットの主要テーマと日本として目指すこと
環境・気候変動
●地球環境問題でイニシアティブを発揮、特に2013年以降の次期枠組みに関する国連での議論を後押し
..........
開発・アフリカ
●2015年までのミレニアム開発目標(MDGs)達成に向けたメッセージを出す
.....
●第4回アフリカ開発会議の成果をサミットにつなぐ
..........
世界経済
●世界経済の持続的成長、投資、貿易、知的財産権保護などを含む世界経済にかかわる諸問題につき議論
..........
不拡散をはじめとする政治問題
●不拡散体制の強化に向けて強いメッセージを出す
.....
●テロ、地域情勢について取り組む
..........
2.関連テーマ
地球環境
地球温暖化問題に係る新提案「クールアース50」
ダボス会議における福田総理大臣特別講演

気候変動ファクトシート(ダボス会議における福田総理大臣特別講演)[PDF]
気候変動に関する日・EU共同シンポジウム "

 しな研の関心は、気候変動とエネルギー問題という点におけるこれらの分野の議論と方向性が今後の暮らし、家族と地域と世界にどんな影響を与えていくのかという点です。しかし、マスメディアの報道を見ていても、後追いだと情報も背景も理解できないと感じることがたくさんあります。そのために、NGOやNPOの活動、市民の活動などそれぞれのスタンスで、理解し働きかけを行っているムーブメントの発信する情報が参考になると考えています。そのあたりを考えながら、ここで簡単なブックマークを作ってみました。ほかに参考になりそうなサイトがあったら是非、ご連絡、ご教示ください。(t_t)

参考記事
【G8洞爺湖サミット オルタナティブ】札幌:市民メディアセンター 3カ所決定-----JanJanNews,2008/06/01

続きを読む "G8 洞爺湖サミット関連ブックマーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/29

電動自転車、気になる2008年新作

 電動自転車の2008年モデルが各社から出揃ったみたいです。もっとも気になったのは、ヤマハ発動機の電動ハイブリッド自転車「PAS」の小径モデル。小さくて、走行可能な距離も増え、かつ軽量ということでもっとも気になるモデルが登場しました。

プレスリリース / ヤマハ発動機、2008年5月15日
バッテリー性能の向上、アシスト性能の進化を図った小径モデル  電動ハイブリッド自転車「PAS CITY-X リチウム」「PAS CITY-C リチウム」 「PAS コンパクト リチウム」2008年モデルについて
Pas_main_001Pas_main_002Pas_main_003
------image(pop up ; ”左から「PAS CITY-X リチウム」「PAS CITY-C リチウム」「PAS コンパクト リチウム」”) : イメージも

" ......バッテリー性能の向上とアシスト制御プログラムの見直しとの相乗効果により、1充電あたりの走行距離が標準モード・オートエコモードプラス使用で「一般路走行パターン」での測定時に約25%向上した。
.....
PAS CITY-X リチウム
一充電走行距離 (一般路走行※)
 標準モード (オートエコモード プラス使用時) 42km(75km)
 パワーモード (オートエコモード プラス使用時)25km(36km)
電動機
 ブラシレスDCモーター 定格出力 240W
充電池
種類 リチウムイオン電池
電圧/容量 25.9V/4.0Ah
充電器
 形式 スイッチング・レギュレータ式
充電時間 約2時間

Pas_fmap
-----image(pop up ; ”2008年モデル「PAS CITY-X リチウム」フィーチャーマップ”) : 同リリースより
..........
メーカー希望小売価格
「PAS CITY-X リチウム」105,800円
本体価格100,762円(バッテリーを含む車両価格93,762円・専用充電器価格7,000円) ・消費税5,038円
「PAS CITY-C リチウム」102,800円
本体価格97,905円(バッテリーを含む車両価格90,905円・専用充電器価格7,000円) ・消費税4,895円
「PAS コンパクト リチウム」102,800円
本体価格97,905円(バッテリーを含む車両価格90,905円・専用充電器価格7,000円) ・消費税4,895円
※メーカー希望小売価格には本体価格(バッテリーを含む車両価格と専用充電器価格)及び消費税が含まれています  "

 なお、ヤマハ発動機は、リクライニング機能付きチャイルドシート新採用のママ・電動チャリもリリースする予定です。

 電動アシスト自転車に、”EMS搭載電動チャリ”とまで評価できそうなアシスト&回生ブレーキシステム搭載、三洋電機曰く「ノッタ・ママ充電」 を採用したユニークなコンセプトで好評なシリーズ新作を投入しています。後ろブレーキをかけることにより走行中に充電する「ブレーキ充電システム」は、是非体験したいシステムです。

プレスリリース / 三洋電機、2008年03月05日
リチウムイオンバッテリーに走行中に充電ができる
電動ハイブリッド自転車「エナクルSPAシリーズ」を発売

080305a
-----image(pop up) : イメージも

続きを読む "電動自転車、気になる2008年新作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/28

業界初 電力線通信による照明器具の連動制御を実現。防犯照明「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」新発売 / プレスリリース 松下電工

08055a
-----Image(pop up) & text : 松下電工、2008年5月13日発表より

" 1台のひとセンサの検知でフロア全体を100%点灯し、防犯効果を高める
松下電工株式会社は、照明業界で初めて※1電力線通信による複数の照明器具の連動制御※2を実現。防犯照明「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」(2品番)として、5月15日より発売します。
 人の顔や行動を識別できる程度の明るさ(20 lx)が確保できる、32形コンパクト形蛍光灯(FHT32形ランプ)を採用。また親器・子器それぞれにひとセンサを搭載し、親器1台に対して子器を最大15台(合計16台)接続が可能。それぞれを電力線通信により連動制御することで、マンション共用廊下など端から端まで距離がある場合でも空間全体の暗がりを排除し、安全・安心性のアップが図れます。連動制御との相乗効果で遠でも見通すことが可能です。
 さらに段調光により人がいない場合は約30%の明るさに抑え、人が通ると100%点灯するため、大幅な省エネと近隣住民への光害を低減します。
 多くの人が出入りするマンションなど集合住宅の共用廊下に最適。夜間消灯させたくない建物の入り口などに単独使用も可能。また、省施工のため、新築の他、リニューアルにもおすすめです。

※1   2008年4月現在 当社調べ
※2  照明器具の制御信号を電力線を使って通信すること。別途、信号線の設置が不要で、器具のリニューアルでも既設配線のまま照明制御が可能。
..........
■ 特長
(1) 人の顔や行動を識別できる明るさと、業界初の電力線通信による連動制御で安全・安心性が向上
..........
08055c-----image(pop up ; ”虫を寄せ付けにくい低誘虫仕様<ムシベール>雨や湿度にも強い、防雨型”) : 同リリースより
..........
【業界初の電力線通信による連動制御について】

 新開発の「通信制御ブロック」内蔵により、電源線を使ったひとセンサの検知信号通信が可能になり、同一回路の複数の器具をほぼ同時に一括連動制御することができます。
また、信号線が不要なので、照明器具リニューアルにも柔軟に対応できます。

(2) 人が通らないときは約30%点灯で約55%省エネ

続きを読む "業界初 電力線通信による照明器具の連動制御を実現。防犯照明「見守ルクス ひとセンサ連動機能付照明器具」新発売 / プレスリリース 松下電工"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/27

2008年4月までの日本の大気中二酸化炭素濃度について / プレスリリース 気象庁

" 概要 気象庁が温室効果ガス観測を実施する国内観測地点において、2007年の年平均大気中二酸化炭素濃度は過去最高となりました。 また、2008年4月の大気中二酸化炭素濃度は、観測開始以来の最高値を記録しました。

本文
気象庁は、大気環境観測所(岩手県大船渡市綾里)、南鳥島気象観測所(東京都小笠原村)、与那国島測候所(沖縄県八重山郡与那国町)の国内3地点で、大気中の二酸化炭素濃度の観測を実施しています。
 
これらの観測の結果、2007年の年平均値は3地点でそれぞれ386.6ppm、384.6ppm、386.3ppmとこれまでで過去最高となりました。
この10年間では2.0ppm/年の割合で増加を続けており、国内で最初に長期連続観測を開始した綾里においては、観測開始時(1987年)より、35.5ppm濃度が増加しています。
また、年間で最も二酸化炭素濃度の高くなる春季において、今年4月の観測値は、それぞれ394.4ppm、389.8ppm、392.2ppmと、すべての観測点で観測開始以来の最高値を記録しました。

 報告の概要及び図等を含めた全文は、下記の「資料全文」をご参照ください
資料全文
2008年4月までの日本の二酸化炭素濃度について[PDF形式: 110 KB]


Japan_met
-----image(pop up ; ”図: 綾里、南鳥島および与那国島における大気中二酸化炭素月平均濃度および その季節変化成分を除いた濃度の経年変化(ppm:百万分の一)” : 資料より  "
 -----気象庁、平成20年5月23日 発表より

参考エントリー
大気中の温室効果ガス濃度は過去最高の水準 / プレスリリース 気象庁-----しなやかな技術研究会、2007/12/07

増え続ける大気中の温室効果ガス ―世界気象機関(WMO)が温室効果ガス年報の刊行を開始しました― / プレスリリース 気象庁-----しなやかな技術研究会、2006/03/21

----------Googleサイト内検索 : 気象庁----------

----------Googleサイト内検索 : 温暖化効果ガス----------

コメント
 増え続ける大気中の温暖化効果ガス濃度。この傾向は、続いていて、2007年の年平均大気中二酸化炭素濃度は過去最高となったということです。温暖化と二酸化炭素濃度と因果については、学者の間でも議論が分かれる部分があるのですが、、、、人間の営為が現在の地球規模の気候変動に”大きな影響を与えていることを否定すること”は、できません。
 そして、なんらかの指標、カーボン、温暖化効果ガス、二酸化炭素など、より多くの人間と企業、国家が採用しうる”目盛り”として考えられています。

続きを読む "2008年4月までの日本の大気中二酸化炭素濃度について / プレスリリース 気象庁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/26

地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト「脱温暖化2050プロジェクト」成果発表のお知らせ / プレスリリース 環境省

" ~低炭素社会に向けた12の方策~ 地球環境研究総合推進費(競争的資金)によって実施されている戦略的研究「脱温暖化2050プロジェクト」の最新の研究成果として「低炭素社会に向けた12の方策」の報告がありましたので、公表します。  この研究成果は、昨年2月の中間報告で示された「我が国が、2050年までにCO2の排出量を1990年比で70%削減し、豊かで質の高い低炭素社会を構築することは可能である」との結論を受けて、70%削減を現実のものとするための具体的な12の方策を提案するものです。  本報告は、本研究プロジェクトの中核であるシナリオチーム(国立環境研究所・京都大学・立命館大学・みずほ情報総研(株))が中心となってとりまとめたものです。 ..........  脱温暖化2050研究プロジェクトは、地球環境研究総合推進費(S-3)により、国立環境研究所が中心となって2004年度から実施しており、日本における中長期脱温暖化対策シナリオを構築するために、技術・社会イノベーション統合研究を行い、2050年までを見越した日本の温室効果ガス削減のシナリオとそれに至る環境政策の方向性を提示するものである。(http://2050.nies.go.jp/index.html) 2.「低炭素社会に向けた12の方策」の概要  「2050日本低炭素社会」シナリオチームは、2007年2月に「2050日本低炭素社会シナリオ:温室効果ガス70%削減可能性検討」報告書を作成し、日本を対象に2050年に想定されるサービス需要を満足しながら、主要な温室効果ガスであるCO2を1990年に比べて70%削減する技術的なポテンシャルが存在することを明らかにした。 (http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8032)

 本報告は、70%削減シナリオ研究から得られた分析結果をもとに、どの時期に、どのような手順で、どのような技術や社会システム変革を導入すればよいのか、それを支援する政策にはどのようなものがあるかを、整合性を持った12の方策としてまとめ、対策モデルと組み合わせてそれぞれの方策の削減効果を定量的に把握したものである。特にエネルギー需要側での削減努力が重要であり、2000年比の削減分担を、おおむね産業13~15%、民生21~24%、運輸19~20%、エネルギー転換35~41%と算出した。

 12の方策は、モデル研究から得られた効果的削減が可能な分野を主な対象として、その分野で取りうる対策とそれを推進する政策を組み合わせ、有識者の意見を加えて、構成したものである。すべての方策を組み合わせることで、70%削減が可能となる。

●低炭素社会に向けた12の方策●
方策の名称 説明
1 快適さを逃さない住まいとオフィス 建物の構造を工夫することで光を取り込み暖房・冷房の熱を逃がさない建築物の設計・普及

2 トップランナー機器をレンタルする暮らし レンタルなどで高効率機器の初期費用負担を軽減しモノ離れしたサービス提供を推進

3 安心でおいしい旬産旬消型農業 露地で栽培された農産物など旬のものを食べる生活をサポートすることで農業経営が低炭素化

4 森林と共生できる暮らし 建築物や家具・建具などへの木材積極的利用、吸収源確保、長期林業政策で林業ビジネス進展

5 人と地球に責任を持つ産業・ビジネス 消費者の欲しい低炭素型製品・サービスの開発・販売で持続可能な企業経営を行う

6 滑らかで無駄のないロジスティックス SCM*1で無駄な生産や在庫を削減し、産業で作られたサービスを効率的に届ける

7 歩いて暮らせる街づくり 商業施設や仕事場に徒歩・自転車・公共交通機関で行きやすい街づくり

8 カーボンミニマム系統電力 再生可能エネ、原子力、CCS*2併設火力発電所からの低炭素な電気を、電力系統を介して供給

9 太陽と風の地産地消 太陽エネルギー、風力、地熱、バイオマスなどの地域エネルギーを最大限に活用

10 次世代エネルギー供給 水素・バイオ燃料に関する研究開発の推進と供給体制の確立

11 「見える化」で賢い選択 CO2排出量などを「見える化」して、消費者の経済合理的な低炭素商品選択をサポートする

12 低炭素社会の担い手づくり 低炭素社会を設計する・実現させる・支える人づくり

*1 SCM(Supply Chain Management):材料の供給者、製造者、卸売、小売、顧客を結ぶ供給連鎖管理
*2 CCS:二酸化炭素隔離貯留 Carbon dioxide Capture and Storage

添付資料

別添資料 「低炭素社会に向けた12の方策」[PDF 3,261KB]   "

-----環境省、平成20年5月22日発表より

コメント

続きを読む "地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト「脱温暖化2050プロジェクト」成果発表のお知らせ / プレスリリース 環境省"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008/05/23

New vision of climate change through Google Earth  / プレスリリース www.metoffice.gov.uk

" Millions of Google Earth users around the world will be able to see how climate change could affect the planet and its people over the next century, along with viewing the loss of Antarctic ice shelves over the last 50 years, thanks to a new project launched today. The project, Climate change in our world, is the product of a collaboration between Google, the UK Government, the Met Office Hadley Centre and the British Antarctic Survey to provide two new 'layers', or animations, available to all users of Google Earth. It was launched by Prime Minister Gordon Brown at the Google Zeitgeist conference today.

PM addresses Google conference
One animation uses world-leading climate science from the UK's Met Office Hadley Centre to show world temperatures throughout the next hundred years under medium projections of greenhouse gas emissions, along with stories of how people in the UK and in some of the worlds poorest countries are already being affected by changing weather patterns.

Users can also access information on action that can be taken by individuals, communities, businesses and governments to tackle climate change, and highlights good work already under way.

Another animation, developed by the British Antarctic Survey, show the retreat of Antarctic ice caps since the 1950s, and features facts about climate change science and impacts in the Antarctic.

The project is currently a snapshot of some of the recent scientific information about climate change and its impacts. The partners in the project will be looking to develop these ideas further in the future, preferably with additional partners. "

-----UK Met Office,19 May 2008発表より

関連
UK Met Office : Climate change in our world
Google-----image(pop up) : 上記サイトより

Google Earth : Earth Outreach KML: Climate Change In Our World

Metoffice_climatechange-----Google Earthキャプチャー画像、[ Climate Change In Our Worldレイヤーを読み込んで。下2000,2020,2040,2060,2080,2099年(大きな画像)の気温上昇のようす]-----
2000temp2020temp2040temp2060temp2080temp

続きを読む "New vision of climate change through Google Earth  / プレスリリース www.metoffice.gov.uk"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/05/22

世界8都市の環境意識、危機感あるけど具体的なヴィジョンがないのかな?

 博報堂が5月14日に発表した”世界各国の環境問題への意識・行動実態を探ることを目的に、2008 年3 月、世界8都市(東京、ニューヨーク、トロント、ロンドン、フランクフルト、パリ、ミラノ、モスクワ)の生活者の環境意識のアンケート調査の結果、、、東京人の場合、

「強い危機感・責任感とは裏腹に、便利な生活は犠牲にしたくない…環境問題と利便性の“エコジレンマ"に悩む。」

 ということが言えるとのことです。関心のある人は、下のサイトに詳細がでています。

プレスリリース / 博報堂、2008/5/14
博報堂生活総合研究所「世界8都市・環境生活調査」

" 「経済発展」より「環境保護」優先が地球市民のスタンダード
「自国は経済発展より環境保護に目を向けるべき」は8都市平均74.4%。
「自分には地球環境を守る責任がある」は8都市平均83.4%。
環境と利便性の“エコジレンマ"に悩む東京の生活者
東京の生活者の「地球温暖化への危機感」は8都市中でトップ(88.4%)だが、
「温暖化防止のために便利な生活を犠牲にしたくない」も8都市で最多(41.6%)

 博報堂生活総合研究所は、世界各国の環境問題への意識・行動実態を探ることを目的に、2008 年3 月、世界8都市(東京、ニューヨーク、トロント、ロンドン、フランクフルト、パリ、ミラノ、モスクワ)の生活者2,600 人に対して実施した環境意識のアンケート調査の結果をご報告いたします。
.......... "
----------

 東京人は、意識は高いが、現在の暮らしを失いたくない?
 本当かなぁ。そんな分析。

 さらに、エコジレンマなんて単語が誕生し使われてますが、都下在住者の意見としては、政治、行政の生活、環境ヴィジョンの欠如を一番に感じてます。

・絶対にいつか来る大地震への対策
・少子高齢化社会における、子供と老人の暮らし。子供が育ち、安心の老後を支えるシステムが見えない。

 このあたりの、安心感のなさは、現在の暮らしを守るのがせいいっぱいという個人での努力が限界に来るなかで、新たな動きが生まれるのを阻害しているのではと思っています。豊かでない老人と、教育に多くの資金と努力を必要とする働く世代の余裕のなさは、たぶん大きなマイナス要因です。さらに、

・住環境の中で、どうすればエコなのかについて、個人の努力以上のプラスアルファを導く、政治、行政の誘導策ってあるの?

 ということで、個を越える、東京都民の意識をエコに向かわせる”東京都の風土”が必要に思えます。オリンピック誘致、緑化、ディーゼル車締め出しだけでは、限界です。

 ただ、人に言わせれば、東京都の新たな施策も数年後には面白い動きにつながる可能性もある、という意見もあります。そんな動きがあるのか? ないのか? すぐに思いつかなければ、アンケートには反映されないのは確かです。意識が高くとも具体的にならない、その溝を埋める努力が国と地方自治体に求められていると思います。
 そして、その上で、結局この溝を埋めるのは、我々市民の力にもよるところ、となります。(t_t)

-----イメージ(pop up ; ”ゆりかもめ から ”)

P1030096

-----photo by Rina 2008-----

参考

続きを読む "世界8都市の環境意識、危機感あるけど具体的なヴィジョンがないのかな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/21

イベント 6/4 ECO JAPANセミナー「温暖化防止を考える住宅」

-----イベント案内より-----(要事前申込)

"日経BPセミナー
世界に共通する脅威として、「地球温暖化」がサミットなど各国首脳の協議で取り上げられるようになりました。こうしたなかで浮上しているのが、国際機関であるIPCCも指摘した建築分野の温暖化対策です。2008年から京都議定書の第一約束期間に入り、エネルギーの節約を一層真剣に考える必要が出てきました。省エネ法の改正も視野に入っています。私たちにとって身近な存在である「住まい」について、今回、じっくりと考えます。

環境問題をライフワークとされる山根一眞氏の講演、「住まい」の新しい姿を実現した「さくらが丘 Isaac日吉」を事例にひくディスカッション、さらに住宅建築の専門家を対象としたシンポジウムを予定します。皆様の是非のご参加をお待ちします。
開催概要
 日 時 2008年6月4日(水) 13:30~17:00 開場13:00
会 場 丸の内マイプラザ MY PLAZAホール 東京都千代田区丸の内2-1-1
 JR東京駅(丸の内南口 歩5分)JR有楽町駅(国際フォーラム口 歩5分)メトロ千代田線二重橋前駅直結
主 催 ECO JAPAN
協 賛 新日鉄都市開発、伊佐ホームズ、コロナ、アルファーステップ、シャノン、トリニティータークインターナショナル、三和エクステリアサービス
協 力 NPO環境持続建築
定 員 200名(事前登録制:先着制)
受講料 無料
プログラム

続きを読む "イベント 6/4 ECO JAPANセミナー「温暖化防止を考える住宅」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

日産自動車と神奈川県、2010年の投入に向けた電気自動車プロジェクトの開始に合意 / プレスリリース 日産自動車

" 日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)、および神奈川県は19日、同県において2010年から開始する本格的な電気自動車試験プロジェクトの実行可能性に関する検討を開始することに合意した。本プロジェクトでは、同地域における充電ネットワーク設置、及び適切な優遇策を含む様々な機会を検討する。 神奈川県の松沢知事は、「神奈川県は、産学公と連携して、2014年度までに県内3,000台の電気自動車の普及を目ざすこととし、この4月、電気自動車購入時の補助金などの優遇策(「EVイニシアティブかながわ」)を発表したところである。日産自動車との共同検討は、これまでの産学の取り組みにさらに弾みがつくものであり、電気自動車普及の「かながわモデル」を成功させ、全国、そして世界に発信していきたい。」と語った。 .......... 日産の新中期経営計画である「日産GT 2012」において、同社は、2010年に米国、および日本市場に電気自動車を投入し、2012年にはグローバルレベルでの電気自動車の量販をコミットしている。 以 上 "
-----日産自動車、2008年5月19日

コメント
 車の環境対応では、一歩も二歩も出遅れ観があった日産、電気自動車への積極的な展開ということで挽回をしようとしているのか、、、、。神奈川県で電気自動車プロジェクトというのも面白いですね。東京でも、大阪でもなく、神奈川。本当に神奈川県が電気自動車の情報の先進的な情報と製造の基地化する可能性がある。高性能リチウムイオン蓄電池の開発に目処をつけての今回の発表でしょうから、非常に期待がもてそうです。
 ところで、日産の電気自動車は? ヒントは、ルノーとProject Better Place !? そして神奈川県。(t_t)

関連・参考
日産・ルノー連合、イスラエルで電気自動車を発表-----GreenPost -Heuristic Life -,2008/5/19

Project Better Place & Renault-Nissan to Electrify Israel

(TheAutoChannel,2008年01月22日)

プレスリリース / 日産自動車、2008年5月19日

続きを読む "日産自動車と神奈川県、2010年の投入に向けた電気自動車プロジェクトの開始に合意 / プレスリリース 日産自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

まずスリムであること、適正な体重であること。健康、エネルギーそして気候変動問題への”常識"かい?

 厚生労働省が打ち出したメタボリックシンドローム解消キャンペーン。って、健康な私にまで適用されるんだ、、、、。
ハハハ、、、冷や汗、(タラー、、、)

 問題は、胴回り、いや腹囲というんだそうです。

厚生労働省 : メタボリックシンドロームを予防しよう / あなたは大丈夫? メタボリックシンドロームをチェックしよう!

 血圧その他は大丈夫。だが腹囲、男性85cm以上。軽くクリヤー。
 最近、太極拳プラスのランニングでも疲れない。走るコツをつかんでしまって、20kmのランニングや、全力ダッシュ100mを含めたサーキットトレーニングでもあまり堪えなくなってきちゃって、ごはんもおいしくて、さらに体重計も壊れていて、、、いつの間にか体重も肥満(1度)レベルに増えていた、、、、。そして、下の記事。

肥満人口の増加、地球温暖化に寄与=英研究-----Reuters,2008年 05月 16

 こんな記事読まなくたって、わかってますよ。

 とりあえず、体重を5kg落とし、腹囲を85cm以下にしましょうかね。85cmかよ。のびた33インチのジーパンにかろうじて収まるのに、、、、
 自分の健康、気候変動、エネルギー効率、、、、なんにせよやってみよう。

 ただ、太っていても武術的な動きと健康な暮らしはできる、あのサモ・ハン・キンポーのが証明しているなんて、居直るのも限界か、、、。しょうがない、昔の31インチのジーパン見えるところに置いておこう、、、(t_t)

Wikipedia : サモ・ハン・キンポー

続きを読む "まずスリムであること、適正な体重であること。健康、エネルギーそして気候変動問題への”常識"かい?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/16

熱電素子を使った電気自動車を世界で初めて開発 / プレスリリース 大阪産業大学

080512_1
-----Image(pop up) & text: 大阪産業大学、2008年05月12日発表より

" 本学の交通機械工学科の山田修教授と学生グループは、ガスの燃焼エネルギーを使って発電しながら走る電気自動車「熱電発電ビークル(TEGV)」の開発に世界で初めて成功しました。
熱電発電は、半導体の表裏の温度差を利用して発電する技術です。今回のTEGVはガスを燃焼させて発電装置の片面を過熱し、裏面を水で冷却することで電力を得て、その電力を一旦バッテリーに蓄電して、モーターを回す仕組みです。熱電素子は(株)東芝から、高負荷ガス燃焼技術をリンナイ(株)から提供を受けています。
車両は、全長約2㍍、全幅約1.1㍍、重さ約96.5㌔㌘で、最高出力は150W。最高時速は約20㌔で1人乗り。
5月9日、報道機関に公開いたしました。 "

続きを読む "熱電素子を使った電気自動車を世界で初めて開発 / プレスリリース 大阪産業大学"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/15

次期大統領下のアメリカは、変るの?

 アメリカの大統領選挙の長さは、本当に長いですね。じっくり見ようとしたらとんでもない長さと、イベントの多い総力戦に、傍観しているこちらが疲れてしまう。やはり投票権がないと、という変な気持ちにさせる”イベント”ですね。
 民主党の指名争いは、オバマ候補優勢と伝えられながら、ヒラリー候補の白人を中心とした巻き返しは、はたから見ていてもドキドキする。どんでん返しもありうるのかもしれないと感じてしまう。

特集ワイド:オバマ氏が背負うもの 黒人候補が抱える難題-----毎日jp,2008年5月14日

 黒人候補としての逆風が吹くのはこれからなのかもしれない。とはいえ、ここまで支持がのびた背景には、小額の寄付を多数集め若者や一般市民の幅広い支持を得てきたオバマ候補の力と運に期待したいのだ。とはいえ、オバマ候補の気候変動、エネルギーなどへの今後の取り組みについては、あまり知っているわけではない。ただ、これまで見てきて、ヒラリーさんより、オバマさんを支持したい気持ちになっている。

気候政策、争う欧米〈環境元年 エコ・ウオーズ:4〉-----asahi.com,2008年02月06日

 いまや、いずれの国も気候変動への対応と温暖化効果ガス削減、そしてエネルギー、食料、水といった人間が必要とする”資源獲得”に無関心ではいられない。石油や食料が高騰している状態で、世界の農業生産地に、干ばつ、大雨、ハリケーンや台風といった災害がもたらす影響も無視できない状態になっている。環境問題は、そのまま資源争奪戦という利害にも直結して、大きな政治テーマになっていくのだろう。

Barack Obama Climate Change Ad

(viperphantom,2007年08月10日)

Barack Obama on Energy and the Environment

-----BarackObama.com

 このままオバマ候補が民主党の大統領選に指名されるとなると、迎え撃つのは共和党のマケイン候補。民主党の動きをじっくりとみる時間があるだけに、十分な本選挙にむけての準備がととのっている。

マケイン氏温暖化対策発表 排出量取引や数値目標導入 現政権と「決別」-----MSN産経ニュース、2008.5.13

 ブッシュ大統領との政策の違いをアピール。上の報道では、積極的に気候変動、そしてエネルギー問題にコミットすることを表明しています。

Climate Change

-----owaPublicTelevision,2007年12月12日

The McCain Plan on Global Climate Change

(2008年05月13日)
-----JohnMcCain.com

関連エントリー

続きを読む "次期大統領下のアメリカは、変るの?"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/14

Climate Countsのランキングでアップルが最下位

 環境保護団体や消費者団体の製品や企業の環境対応ランキングは、アメリカではいろいろあって消費者の意識ある購入を助け育てる役目を負っているようです。
 今回、アップルがエレクトロニクスのカテゴリーで最下位となったランキングは、Climate Countsのスコアー、キャノンや東芝、ソニー、そして日立など日系企業を含む12社中最下位、グリーンピースの”グリーンな電子機器ランキング”でも、点数は低かった。こんなに人気がるアップルがなぜ点数がひくいのか気になります。

Climate Counts Scorecard Sedtors : Electronics / Apple
Climagecounts
-----image(pop up) : Climate Countsのサイトキャプチャー画像

 情報公開、とくに製品の環境対策に関する情報の開示努力が少ないと評価されているようです。でも、人気は高い。だからこそ、情報公開と環境対応が求められているってことなのでしょうか?

 製品に利用されている材料や部材の出所についての情報は、おそらくますます製品の販売で求められるポイントかもしれません。時代の趨勢でしょう。今回のランキングでもっとも高い評価を受けたのがIBMであり、その”通信簿”とアップルを比較するとき、明らかに両企業の姿勢には大きな隔たりがあるようです。

続きを読む "Climate Countsのランキングでアップルが最下位"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/13

パンフレット『280億円はたったの4日分にすぎない』 / 資料

 アフリカなどの貧しい国に豊かな国から貸し出された金は、無償資金供与以外であれば、返す必要があります。”280 億円は、アフリカの、いま現在の債務返済額にすると、たった4 日分”なのだそうです。さらに、最大の債権者が日本という国も40カ国を数えるのだそうです。
 気候変動と食料やエネルギーの価格高騰は、貧しい国にさらなる負担と深刻な生活の危機をもたらしています。これまでの援助の方法を見直すことはもちろん、過去の負債に関しても、再考を要します。

 
お知らせ / 大竹財団、2008-03-11
パンフレット『280億円はたったの4日分にすぎない』発行のお知らせ
280okuenwa-----image(pop up ) : 同書カバー

" このたび、財団法人大竹財団とアジア太平洋資料センター(PARC)の共同で パンフレット『280億円はたったの4日分にすぎない』を発行いたしました。貧しい国々が抱える返済不可能な“債務”について、わかりやすく書かれたパンフレットです。
債務という一見とっつきにくい、しかしながら非常に重要なテーマについて、 だれでも気軽に手にとって読めるパンフレットがあれば--そうした思いからできたものです。 ぜひ手にとって、ご一読していただければ幸いです。 できる限り多くの方々に読んでいただきたいと、無料でお配りしております。
WEB上でPDF閲覧できるようになっておりますが、ご希望の方には必要部数をお送りいたします。 大竹財団事務局(Tel.略)もしくはPARC事務局(Tel.略)までご連絡ください。
また、配布にご協力いただける方、多くの部数を必要とされる方は、PARC事務局(Tel.略)までご連絡ください。
             2008年3月 (財)大竹財団
                   (特活)アジア太平洋資料センター "

関連
アジア太平洋資料センター(PARC)
 
コメント続き

続きを読む "パンフレット『280億円はたったの4日分にすぎない』 / 資料"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/05/12

2050年に、温室効果ガス60~80%削減案浮上。ところで、福田さんの低炭素社会ってどんなん?

 福田首相が、洞爺湖サミットを前に長期目標を発表するという。

政府、温室効果ガス60~80%削減案 50年時点で-----asahi.com,2008年05月11日

" .....政府は10日、日本国内で排出される温室効果ガス削減のため、長期目標を定める方針を固めた。具体的な数値は調整中だが、2050年の時点で「現状より60~80%削減」とする案が有力で、6月に公表する。..... "

 前、安倍首相のクールアースを引き継ぐと公言してきた福田首相。それでも、その具体的本気度が見えてこない、あてにならないと感じてしまうところが、首相にとっても、国民にとっても不幸な点です。別の報道では、”6月に「福田ビジョン」 50年時点の温室ガス削減”と紹介されているが、政権運営に支障をきたし、国民のコンセンサス作りに失敗している福田首相のもとでは、長期目標というのも、、、、かなり皮肉な文言に見えます。

6月に「福田ビジョン」 50年時点の温室ガス削減-----中国新聞、'08/5/10

 福田首相の描く低炭素社会ってどんなものなのでしょうか? 知りたいのは、より具体的な政治のヴィジョンなんですが、、、、。国際協調を前提とせず、まずは日本としての国づくりヴィジョンが必要とされています。

 さらには、洞爺湖サミット議長国としての国際的な期待も高まっています。この時期、支持率の低下、国民意識との乖離を指摘されるも、、、リーダーシップを発揮していただく必要があります。期待するしかないのです。

アフリカ開発会議:日本の温暖化対策支持…共同文書判明-----毎日jp,2008年5月11日

 日本の国際的なリーダーシップ。そして、日本の将来のヴィジョン。

 インド、中国、そしてアメリカなどの動向を気にすることも必要ですが、まずは京都議定書をきっちりと排出権だけで処理しないで、道路や公共交通網、家や町作り、食や水資源、そしてエネルギーなどの将来に向けてのヴィジョンを打ち出し国民に問うべきです。以外に低炭素社会が国民の生活に豊かな面をもたらす可能性を追求することで、国民は低成長社会と教育、福祉の充実という次の時代を大事に育てるという、”つらくても実現しがいのある道”を選択するかもしれませんよ。(t_t)

参考
地球環境研究総合推進費戦略的研究プロジェクト 「脱温暖化2050プロジェクト」成果発表のお知らせ ~2050日本低炭素社会シナリオ:温室効果ガス70%削減可能性検討~-----国立環境研究所、2007年2月15日

日中共同声明が出されています-----京都議定書の次のステップは何だろう、2008-05-10

北海道洞爺湖サミットの行方を案ずる緊急声明-----京都議定書の次のステップは何だろう、2008-04-28

-----イメージ(pop up ; ”小田原城 ”)

P1030080

-----photo by Rina 2008-----

参考エントリー

続きを読む "2050年に、温室効果ガス60~80%削減案浮上。ところで、福田さんの低炭素社会ってどんなん?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/09

イベント 5/17-18神戸 6/7-8横浜 エコカーワールド2008

-----エコカーワールド2008 in 神戸案内のサイトより-----

" 日時: 平成20年5月17日(土)12:00~17:00
5月18日(日)10:00~16:00
● 場所: 神戸メリケンパーク等
(野外オープンスペース)
※入場無料
● 主催: エコカーワールド2008 in 神戸実行委員会
(環境省、独立行政法人環境再生保全機構、神戸市) "

-----エコカーワールド2008 in 横浜

" 日時: 平成20年6月7日(土)12:00~17:00
6月8日(日)10:00~16:00
● 場所: 横浜赤レンガ倉庫広場等
(野外オープンスペース)
※入場無料
● 主催: 環境省、独立行政法人環境再生保全機構、横浜市 "

0201
0301
-----image(pop up)も同サイトより

関連
環境再生保全機構 : エコカーワールド / ■「エコカーワールド2008in横浜」を開催します!
 / 低公害車の広場

コメント
 参加、展示されるエコカーの情報は現時点であまりないのですが、過去のイベントの写真を見ると、かなりの充実ぶりがうかがえます。楽しそうなスペースですから、お子様と参加できそうですね。(t_t)

Google イメージ検索 : エコカーワールド

続きを読む "イベント 5/17-18神戸 6/7-8横浜 エコカーワールド2008"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/08

気候変動:まぬがれない避難民の増加 / クリッピング JanJanニュース -ISP Japan

" オスロのNGO「ノルウェー難民評議会」は『Future Floods of Refugees(将来大発生する難民)』を発表した。「気候変動に大きな責任を有するのは先進諸国だが、大量の難民が西側諸国に押し寄せるかというと疑わしい」と指摘する。 "
-----JanJanニュース -ISP Japan,2008/05/04-----”CLIMATE CHANGE: Displacements Set To Increase”(E)

関連
Norwegian Refugee Council

Future Floods of Refugees: A Comment on Climate Change, Conflict and Forced Migration-----ReliefWeb,Apr 2008
Future_climateref
-----image(pop up) : Future Floods of Refugeesカバー

" With the certainty of global warming, the term “climate refugees” is gaining popularity in public discourse. There seems to be some fear in the developed countries that they, if not flooded literally, will most certainly be flooded by ”climate refugees”. From a forced migration perspective, the term is flawed for several reasons.

The term “climate refugees” implies a mono-causality that one rarely finds in human reality. No one factor, event or process, inevitably results in forced migration or conflict. It is very likely that climate change impacts will contribute to an increase in forced migration. Because one cannot completely isolate climate change as a cause however, it is difficult, if not impossible, to stipulate any numbers. Importantly, the impacts depend not only on natural exposure, but also on the vulnerability and resilience of the areas and people, including capacities to adapt. At best, we have “guesstimates” about the possible form and scope of forced migration related to climate change. "

コメント
 現在世界で起っていること、、、、人間の営為がもららす負の影響としての、そもそもの気候変動問題の原因を作ったのは、だれなんだ? なんて聞かれてしまえば、、

 私たちということになるのだが、、、実際は、加害者としての意識は高くない。
 むしろ、加害者としてより、ともに被害をこうむるという”皮肉な事実”に共鳴するという人のほうが多いのではないだろうか? と感じる。そのことは、必ずしも、無知やおろかさに起因するというわけでもない。人は、常によって立つ何かを必要としている、、そんな感触のテーマなのだ。

続きを読む "気候変動:まぬがれない避難民の増加 / クリッピング JanJanニュース -ISP Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/07

問われる外交力 環境技術計画 したたか中国どう連携 / クリッピング 東京新聞

" .....政府は七日に東京で開かれる日中首脳会談で中国に環境技術、資金面で協力していく姿勢を示す予定だが、中国の太陽光発電企業「サンテック」は世界第三位の生産量となっている。..... "
-----2008年5月4日、東京新聞

コメント
 中国の胡錦濤国家主席が、昨日来日。7日午前に福田首相との日中首脳会談に臨むということです。さまざまな懸案について、福田首相の外交手腕が期待されているわけですが、、、、、
 この場合、福田首相の低い支持率がこのタイミングでの中国外交の手際の評価に”微妙”なニュアンスを加えるのは間違いないところでしょう。(t_t)

参考エントリー
はてなgreen_tomatoのブックマーク : 中国

-----イメージ(pop up ; ”5/5お台場 ”)

Odaiba

-----photo by Rina 2008-----

続きを読む "問われる外交力 環境技術計画 したたか中国どう連携 / クリッピング 東京新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/05/02

イベント 5/21-22 G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム「バイオ燃料・森林減少防止は気候変動対策となるか?」

-----イベント案内より-----要事前申込

" 気候システムの限界と資源供給の限界が国際社会の主要課題となっている中、日本で開かれるG8サミットを目前にし、G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム「バイオ燃料・森林減少防止は気候変動対策となるか?~先進国の役割と責任」を5月21、22日に東京・広尾で開催します。

本フォーラムでは、気候変動対策として近年注目されているバイオ燃料利用と森林減少防止対策(REDD)について「持続可能な開発」の視点から国内外のNGO/市民が中心となって議論を行い、日本をはじめとするG8が国際社会において有効な気候変動対策のイニシアティブを取るよう、5月24日からの環境大臣会合に対して市民からのメッセージを発します。
日時 フォーラム1: 2008年 5月21日(水) 13:00~18:00
   フォーラム2: 2008年 5月22日(木) 13:00~18:00
会場 JICA地球ひろば 3F講堂  
〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-2-24
参加費 フォーラム1、フォーラム2ともに一日参加当たり
一般1000円/主催団体会員:無料/協力団体会員:500円

フォーラム1 プログラム(予定)
 フォーラム1「バイオ燃料は気候変動対策か?」
13:00 開会挨拶・・・岡崎 時春(FoE Japan副代表理事)
13:05-13:30 基調講演 EUのバイオ燃料政策 ・・・ Paolo Caridi 氏(駐日欧州委員会代表部)
Part1 「バイオ燃料ブームへの警鐘」
13:40-14:00 バイオ燃料ブームによるパームプランテーション開発の加速 ・・・Norman Jiwan氏(インドネシア環境NGO Sawit Watch)
14:05-14:25 パームプランテーション開発による東南アジア泥炭湿地林の破壊と炭素排出 ・・・Wetland International(主催者の代理報告)
14:30-14:50 土地・水の制約・エコロジカルフットプリント ・・・中澤 健一(FoE Japan)
14:55-15:15 バイオ燃料生産のLCA、費用対効果 ・・・久保田 宏 氏(東京工業大学名誉教授)
15:15-15:40 質疑&ディスカッション

Part2 「では、どうすればよいか?~G8の責務と役割」
15:50-16:10 持続可能なバイオ燃料とは? ・・・泊 みゆき泊 みゆき(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク)
16:15-16:35 モビリティのありかたは? ・・・上岡 直見 氏(環境自治体会議)
16:40-17:40 パネルディスカッション
17:40-17:50 市民社会からG8環境大臣への共同声明

フォーラム2 プログラム(予定)
 フォーラム2「森林減少による炭素排出と気候変動」
13:00 開会挨拶・・・岡崎 時春(FoE Japan 副代表理事)
Part1 「森林減少の抑止は待ったなし!」
13:05-13:25 森林減少と気候変動 ・・・満田夏花(地球・人間環境フォーラム)
13:25-13:30 質疑

Part2 「森林減少、要因を取除くのは需要国次第」
13:35-13:55 紙パルプ・パーム産業による熱帯林破壊と国際需要・・・交渉中
14:00-14:15 東南アジアにおける植林と土地利用が抱える課題・・・百村 帝彦氏(IGES)
14:35-14:55 Q&A、休憩

14:55-15:15 違法伐採と植林・プランテーション開発による熱帯林破壊のメカニズム・・・Rully Syumanda氏(インドネシアの環境NGO WALHI)
15:20-15:40 森林に関わるアクターから見た森林減少の意味・・・松本 悟 氏(環境NGOメコン・ウォッチ)
15:40-16:00 Q&A、休憩

Part3 「では、どうすれば良いか?~G8の責務と役割」
16:05-16:25 消費国としてのG8の役割、EU FLEGTの経験より ・・・Saskia Ozinga 氏(欧州の環境NGO FERN)
16:25-17:45 パネルディスカッション
17:45-17:55 市民社会からG8環境大臣への共同声明

申込み 1)

続きを読む "イベント 5/21-22 G8環境大臣会合に向けた国際市民フォーラム「バイオ燃料・森林減少防止は気候変動対策となるか?」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/01

「歩行アシスト」をバリアフリー2008に参考出展 / プレスリリース Honda

C080422aC080422b
-----image(pop up ; ”左 : 歩行アシスト装着例(歩行中),右 : 歩行アシスト装着例”) & text : Honda,2008年4月22日

" Hondaは、加齢などにより脚力が低下した人※の歩行をサポートする「歩行アシスト」装置のプロトタイプを、総合福祉展「バリアフリー2008」(主催:社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会、テレビ大阪 日程:4月25日(金)~27日(日) 会場:インテックス大阪)に参考出展する。

 「歩行アシスト」は、より多くの人に移動する喜びを提案するため、1999年から研究を開始。現在では、有効性を検証する段階に至っている。
 ASIMOと同様、人の歩行研究の蓄積をベースに開発したHonda独自の協調制御技術を採用。歩行時の股関節角度センサーの情報をもとに協調制御を行い、制御CPUの指示を受けたモーターが最適なアシストを行う。これにより、非装着時と比べて歩幅を広げることで、より楽な歩行を可能としている。
 また、Honda独自開発の薄型モーターと制御システムを採用して小型化を達成。さらに、ベルト着用タイプのシンプルな構造とするなど、重量を約2.8kgと軽量化して装着時の負担を軽減するとともに、さまざまな体格に対応可能な仕様としている。
 「歩行アシスト」の研究は、(株)本田技術研究所 基礎技術研究センター(埼玉県和光市)で行っている。
..........
(出展装置)主要諸元 サイズ 3サイズ(S、M、L)
モーター間内寸:(S)312mm、(M)342mm、(L)372mm
重量 2.8kg *Mサイズ
駆動方式(モータ/減速比) ブラシレスDCモーター/10
バッテリー(種類/容量) リチウムイオン2次電池/22.2V-1Ah
一充電稼働時間(時間) 2時間(4.5km/h歩行時) "

コメント
 歩行アシスト、それも加齢などにより脚力の不足した人を対象としたマシーンの開発をホンダが進めている。ロボット、ASIMOと対照的な発想ながら、技術的には共通点もある研究に違いない。
 重さは、2.8kg。医術の世界で進む人工的な関節やさまざまな医療器具との組み合わせも将来行われそうな分野ですね。リハビリにも使えるかもしれない。

続きを読む "「歩行アシスト」をバリアフリー2008に参考出展 / プレスリリース Honda"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »