« ハワイから日本へ「波任せ」 69歳堀江さん、3月出航 / クリッピング asahi.com | トップページ | 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について / プレスリリース 経済産業省 »

2008/03/05

世界初『マルチ燃料型改質器』を開発 / プレスリリース 出光興産

080225_ph001_2
-----image(”マルチ燃料型改質器”) & text : 出光興産、2008/2/25

" ~都市ガスも!LPガスも!灯油も!この1台で水素を作り出します~
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:天坊 昭彦、以下「出光」)と株式会社コロナ(本社:新潟県三条市、社長:内田 力、以下「コロナ」)は共同で、都市ガス、LPガス、灯油のいずれの燃料も使用できる家庭用燃料電池向け「マルチ燃料型改質器」を開発しました。
当改質器が複数の燃料種に対応できる技術的なポイントは、燃料から水素を取り出す改質反応を行う触媒と、反応に必要な熱を供給する燃焼部にあります。これまで、都市ガス・LPガス等の気体燃料と灯油等の液体燃料から同一の改質器で水素を作り出すことは技術的に困難でした。
しかし、これらの燃料を同一の触媒で改質させることが可能な出光の水素製造技術と、気体および液体燃料を同一の燃焼器で燃焼させることが可能なコロナの燃焼技術の融合により、この技術的課題を解決し、都市ガス、LPガス、灯油から水素を安定して製造する「マルチ燃料型改質器」を世界で初めて開発しました。

マルチ燃料型改質器
「マルチ燃料型改質器」の性能特徴

1.汎用性に優れている
都市ガス、LPガス、灯油のどの燃料にも対応可能
2.エネルギー消費量が少ない
起動性に優れ、起動時のエネルギー消費量を低減
3.4万時間の耐久設計
熱応力フリー(熱膨張、収縮しても応力が生じにくい構造)の設計と耐久性の高い触媒の搭載 "

関連
世界初『マルチ燃料型改質器』を開発(PDFファイル:208KB)-----コロナ、2008/2/25

市販灯油を燃料とした家庭用燃料電池システムを2008年度に市場導入します-----出光興産、2007/10/10

関連記事
コロナと出光興産が画期的な燃料電池部品開発-----新潟日報、2008年2月25日

コメント

 燃料電池の情報を最近クリップしていない。現実に、燃料電池に関する報道も少ない気もする。しかし、技術革新は進んでいる。”都市ガス・LPガス等の気体燃料と灯油等の液体燃料から同一の改質器で水素を作り出すことは技術的に困難”である点を解消したとすることで、実際の燃料電池において、さまざまな燃料を利用できる可能性が開けた。地道な進歩が進んでいます。
 より多くの家庭に燃料電池が導入される、それも暖房と電力を得るシステムが一般的となり、総合的なエネルギー効率の向上につながることが期待されます。(t_t)

参考
Wikipedia : 燃料電池



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« ハワイから日本へ「波任せ」 69歳堀江さん、3月出航 / クリッピング asahi.com | トップページ | 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について / プレスリリース 経済産業省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/40370830

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初『マルチ燃料型改質器』を開発 / プレスリリース 出光興産:

« ハワイから日本へ「波任せ」 69歳堀江さん、3月出航 / クリッピング asahi.com | トップページ | 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について / プレスリリース 経済産業省 »