« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

環境gooが企業のCSR情報を検索できるボタンを装備 / おすすめサイト

 環境gooに、CSR(=企業の社会的責任)に関する取り組みや発表などを専門に検索できるCSRボタンが付きました。

環境goo
Kankyogoocrs
-----image(pop up) : 同サイトキャプチャー画像

 試しに、
-環境goo CSR検索 : 自然エネルギー 太陽電池

 企業の環境・社会報告書などに”自然エネルギー 太陽電池”についての記述が記載された情報が簡単に検索できました。通常の検索にもすぐに切り替えることができるので便利に使えそうです。
 最近、企業の社会的責任、CSRという略号を耳にする機会が増えました。

 Corporate Social Responsibility --- CSR ---企業の社会的な責任

Wikipedia : 企業の社会的な責任

 ということですが、商品に関することはもちろん、環境を意識したさまざまな取り組みが紹介されていて、企業の果すべき役割として期待されているにどう応えるかが、その企業の姿を表現する重要な要素になってきています。
 もっとも他の検索エンジンでも、CSRに関する情報は、同じように検索することができます。とはいえ、情報量と鮮度という意味で、環境gooのCSR検索がかなり質で勝るような印象を受けました。

 お詫び : CSRを表題まで含めて、CRSと記載しておりました。訂正させていただきました。(2008/3/31 PM23:00)

参考

続きを読む "環境gooが企業のCSR情報を検索できるボタンを装備 / おすすめサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

Green RSS Japan 経済産業省の情報大航海プロジェクト / おすすめサイト

 RSSリーダーでニュースサイトやブログの記事を読む。これにより、大量の情報の中から、「興味のある」あるいは「ありそうな情報」を選ぶことができる。それも、世界中から、、、、
 そして、Green RSS Japanというサイトがはじまったそうです。

Green RSS Japanは、経済産業省 情報大航海プロジェクトの一環として運営されている実験サイトです。 環境問題に関する動画、最新記事などを閲覧できます。 官公庁、地方自治体などの公共情報を購読できます。 上記情報を全文検索もしくはタグ検索することができます。 」

Greenrssjapansite
-----image(pop up) : Green RSS Japanサイトキャプチャー画像

関連
情報大航海プロジェクト

 まだそれほど情報は多くはありませんが、ECO動画、ECO情報、公共情報などのタグが用意され、さまざまな「Green」な情報へのゲイトウェイとして機能するように企画されていくようです。

関連記事
「Green RSS Japan」でウェブにもエコを--小川浩が取り組む情報大航海プロジェクト-----CNET Japan,2008/03/25

" Green RSS JapanがRSS化している官公庁および地方自治体、環境団体はすでに3000以上にのぼる。まだRSSに対応していない団体からの申し込みもサイトで随時受け付けている。 "

コメント続き

続きを読む "Green RSS Japan 経済産業省の情報大航海プロジェクト / おすすめサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/27

地球温暖化防止 農林業は大きな吸収源 / クリッピング 日本農業新聞

" .....農水省の食料・農業・農村政策審議会企画部会は、同部会の地球環境小委員会がまとめた報告書「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割について」を了承し、「森林経営」とともに「農地管理」を温室効果ガスの大きな吸収源と位置付けた。 今後、農地への有機物の投入を進める環境保全型農業の積極的な推進が期待される。 ..... "
-----日本農業新聞、2008-3-25

参考エントリー
「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割」をとりまとめ-地球環境小委 / クリッピング 農業協同組合新聞-----しなやかな技術研究会、2008/03/12

コメント
080327pm2330cap_jp080327pm2330cap_dailynasa
-----参考イメージ(pop up ):。左 - Google Earthキャプチャー画像。天気から雲のレイヤー。右-2008/3/26午後11時半に収録したNASAの毎日更新されるレイヤーを表示( * )

続きを読む "地球温暖化防止 農林業は大きな吸収源 / クリッピング 日本農業新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

洞爺湖サミットに向けた地球温暖化問題に関する基本的な方針 / プレスリリース 日本経団連

" 地球温暖化防止は、人類生存の基盤に関わる最重要課題であり、7月に開催されるG8洞爺湖サミット、また、経団連が4月に開催するG8ビジネス・サミットにおいても主要課題とされている。 ポスト京都議定書のあり方については、中長期の展望の下に、わが国が地球益と国益を踏まえて国際枠組の構築にリーダーシップを発揮することが強く期待される。 われわれは、本格的な議論が始まったこの機会を捉え、改めて下記の考えを示したい。 記 1.ポスト京都議定書の国際枠組については、昨年6月に、(1)すべての主要排出国の参加、(2)各国の事情に配慮した柔軟性と多様性の確保、(3)環境と経済の両立、という三原則が日本政府によって掲げられた。また、本年1月には、いわゆるダボス会議において、福田総理から、(1)主要排出国全員の参加、(2)セクター別のエネルギー効率と今後活用される技術を基礎とした公平な国別目標設定、(3)公平の見地からの基準年の見直し、(4)技術移転によるエネルギー効率の改善および資金メカニズム整備による国際環境協力、(5)革新的技術開発(イノベーション)の推進等の提案がなされている。 経団連は、これら日本政府の方針を全面的に支持し、この方針の具体化に向けた政府の取り組みに積極的に協力する。 とりわけ、温暖化は地球規模の問題であることから、米国、中国、インドをはじめとするすべての主要排出国の参加が不可欠である。わが国は、サミット議長国として、米国等の関係国に対し、その理解を得ることを最優先すべきである。

2.国別総量目標の算定にあたっては、実際のエネルギー効率をベースとしてセクター別に積み上げていく方式を採用することが、国別総量目標の公平性を確保するとともに、国際枠組への多くの国の参加を得るうえで重要である。省エネ・エネルギー効率の向上は、CO2の排出削減につながるのみならず、すべての国が関心を有する、資源寿命の延長、エネルギー安全保障の確保、さらには喫緊の課題となっているエネルギー・コストの低減につながる。技術開発の推進・技術の普及は、CO2の削減・吸収両面において、地球温暖化防止の鍵である。
セクター別の積み上げ方式に関する具体的考え方については、経団連としても、今後、改めて考えを述べることとしたい。
.......... "

-----日本経済団体連合会、2008年3月19日

関連記事
セクター別アプローチの資料-----京都議定書の次のステップは何だろう、2008-03-22

コメント

続きを読む "洞爺湖サミットに向けた地球温暖化問題に関する基本的な方針 / プレスリリース 日本経団連"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/25

海洋基本計画って何?

 政府が5年ごとに練り直す海洋資源の開発を明記した「海洋基本計画」を決めたというので、さっそく拝見しようとしたが、ネットでの公開はこれからのようです。ということで報道から、

メタンハイドレート商業化など、政府が海洋基本計画を決定-----YOMIURI ONLINE,2008年3月18日

" 昨年7月に施行された海洋基本法に基づくもので、〈1〉新しいエネルギー資源として注目されるメタンハイドレートを10年後をめどに商業化〈2〉日本籍船数を2008年度からの5年間で倍増〈3〉排他的経済水域(EEZ)での外国船の無断調査に対応するための法整備検討――などが柱だ "

 19日にサンケイが海洋権益の保護の甘さを指摘する記事を掲載。

【主張】海洋基本計画 権益を守る戦略が必要だ-----MSN産経ニュース、2008.3.19

 日中ガス田問題についての甘さ、今後の海洋権益の確保に対する当然の指摘がなされている、、、、。

080324cap_nasadailyplanet080324pm1900cap_cloud_n_seatemp
-----参考イメージ(pop up ):Google Earthキャプチャー画像。左-2008/3/24に収録したNASAの毎日更新されるレイヤーを表示。右 : 同じくNASAの海の表面温度を表示するレイヤーと天気から雲のレイヤー。( * )

続きを読む "海洋基本計画って何?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

電動車のZAP、プリウスなどをプラグイン・ハイブリッド車にできるユニットを販売

 トヨタも開発を急ぐ一般家庭のコンセントなどからも充電できるハイブリッド車、プラグイン・ハイブリッド車(PHEV)への期待はアメリカでは、ますます大きくなっている。そんな中で、電動カーの分野で、さまざまなユニークな車を開発し、取引を拡大しているアメリカのZAPは、トヨタのプリウスとフォードのEscape向けに、プラグイン機能を追加するユニットを開発、そして、以前からプラグイン・ハイブリッド車の普及、そして改造ユニットの販売も行ってきたHybrids Plus社への提供を開始したと発表しました。
 同社のテストでは、一般道で120MPG(50km/リットル)、高速道路で90(38km/リットルの”燃費に相等する成績を収めたといいます。

プレスリリース / ZAP,Mar 10, 2008
ZAP Launches Sale of Plug-In Hybrid Electric Car, Tests Show up to 120 Miles per Gallon
Hybridspluspriusphevpreview
-----image(pop up) : 上記発表より(www.zapworld.com ZAP )

" Electric car pioneer ZAP (OTC BB:ZAAP.OB) is now offering plug-in hybrid conversion systems for the Toyota Prius and Ford Escape Hybrid through a collaboration agreement with Hybrids Plus.
Hybrid vehicles retrofitted with systems from Hybrids Plus of Boulder, Colorado can achieve a significantly greater fuel economy. In tests these systems increased hybrid fuel economy up to 120 miles per gallon in the city and up to 90 mpg on the highway. The cost for the conversion ranges from $24,000 to $36,000 depending on the vehicle and size of battery pack. "

関連
Hybrids Plus / Products / Toyota Prius Plug-in Hybrid Electric Vehicle
Conversion Systems

コメント続き

続きを読む "電動車のZAP、プリウスなどをプラグイン・ハイブリッド車にできるユニットを販売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

チベットに信教の自由を!

Some Tibetan Exiles Reject ‘Middle Way’-----NewYork Times,March 21, 2008

 中道。それが実際的な唯一の道。民族の生き残りのために、、、、

 中国は、今回のチベットで発生しているさまざまな問題を、当初、過小評価していたのだろうか、、、、?
 オリンピックを控え、チベットで発生した暴動は、結果チベットのことを世界に知らしめることになった。急速な経済発展をする一方で、さまざまな問題も膨れ上がってきた中国にとって北京オリンピックはなによりも成功させたい、させなければならないイベントだった。しかし、自らが領土とみなす自治区において、銃をもたない一般市民-----それが暴徒とみなされるような映像が意識的に強調され流されたとしても-----に向けて過酷な弾圧を行い、現在も強化しているという状態を完全には隠すことができなかった、、、

 さて、今後の動きだが、この出来事は場合によっては、オリンピックだけでなく、中国がかかえる民族、宗教問題に新たな展開をもたらしはじめている。オリンピックと政治は切り離すのは賛成だが、ならば明確に人権と、信教の自由、そしてなによりも人が人として生きる、それが建前としても”どこかに存在しなければ”、スポーツの祭典も地に落ちる。

米下院議長がダライ・ラマと会談、チベット情勢「良心への挑戦」-----NIKKEI NET,2008/03/22

挑発に怨念噴出 チベットの哀しみ ペマ・ギャルポ氏-----MSN産経ニュース、2008.3.21

中国軍、ラサに精鋭部隊投入 チベット周辺包囲か-----MSN産経ニュース、2008.3.21

China steps up manhunt for Tibet protesters-----International Herald Tribune,March 21, 2008

Fears of contagion from Tibet-----Economist,Mar 21st 2008

0803scanhouwa640(1984、ブッダガヤにて)
 チベットが気になります。
 気になる理由の一つは、1984年にインドのブッダガヤーでダライ・ラマ14世にお会いしていることがあります。旅の途中の偶然なのですが、数万人のチベット人があつまる大祈祷会の前に、20名ばかりの外国人の一人として、チベットの仏教信者のみなさんにお菓子をくばりました。理由は、その役目をする代わりに祈祷会のあとにダライ・ラマ14世に会うことができるということを友達のドイツ人旅行者から聞いたからです。
 そして、独特な両手で印を作りまつ人々の手の上にお菓子置くようにして配り終え。他の外国人と一緒に別の場所に招かれ、短い講和のあと、順番に直接首に白い布をかけていただきました。内容、「日本人だね?」、私「はい。そうです」
 というたったこれだけの会話ですが、お声の印象は強く残っています。

 私は、一応、外国旅行の時には、仏教徒としています。しかし内容は、葬式仏教の域をでない、家の宗門としてです。....浄土真宗です。
 ただ、そんなバチあたりな、ハンパな宗旨の中で、宗教的経験らしきものといえば、その祈祷会の開かれている場にいたといことと、祈祷会のあとで、縁がありブッダガヤの日本寺に宿泊し、丸山和尚という方に出会うことができたことがあります。そして日本寺で、毎日座禅とヨガ、そして日本寺の書庫から、沢木興道師の”道元禅参究”を真剣に読みました。宗教としての仏教は、その1週間だけの経験がすべてです。丸山和尚とは、それからお会いしていませんが、それが仏教について考えた、唯一の貴重な経験としてあります。丸山和尚は、私と友人になった何人かの日本人を菩提樹のしたにつれていき、チベット人の僧侶を指差し、この山賊のような人々が仏教の姿を教えてくれると、妙に自嘲気味に語られたことを覚えています。
 その時、チベット人とも話しました。そして、日本人が仏教と思っているもの(つまり私が思っていたもの)は、チベット人にとっては、まさに辺境から来た仏教徒の話なのだということがわかりました。そこが、仏教の中心に近いところで、日本が辺境。日本に仏教をもたらした、仏僧たちの苦難にみちた旅の意味が日本から離れた、そこで考えてみるとその時空の距離を感じとることができたように思いました。

 ダライ・ラマ14世、丸山和尚、そして外国人も含む多くのチベッタン・モンクたち、彼ら仏教者の姿の印象が強く旅の思い出として残っています。いわば、私にとっての、ささやかながらも宗教的な貴重な経験を得ることができた旅でした。
 あの、真摯に祈るという空気感を見せてくれた、チベットの人々の命運が常に気になります。一日も早い信仰の自由がおとずれることを祈り、一つの命が大切にされる状況がチベットに生まれることをお祈りします。(しな研 つねとうとうじ)

チベット / Tibet 関連参考情報
*****ニュースサイト
Googleニュース検索 : Tibet|チベット-----Google News検索 : Tibet

Google AFP BB News : チベット暴動

イザ!特集 : チベット騒乱

asahi.com : チベット問題

毎日.jp内検索 : チベット

YOMIURI ONLINE 内検索 : チベット

MSNサンケイ : チベット騒乱

-ビデオニュース
CNN Video : Tibet

-----Metacrawler Video検索 : Tibet-----

-----YouTube : tibet|チベット(関連度)-----YouTube : tibet|チベット(日付)-----

*****ブックマーク
Tibetan Government in Exile's Official Web Site-

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

 日本語、英語、そして、中文のwikipedia。

Wikipedia : チベット-----Wikipedia : Tibet-----Wikipedia : 西藏(中)

Wikipedia : 西蔵(日)

チベット総合情報…I Love TIBET!

チベット事件のまとめガイドライン

-----チベットにおける問題については、ブックマークを整備していきます。-----

続きを読む "チベットに信教の自由を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

GreenPasportで旅をしてみますか!? UNEPの”親”環境旅行ガイド

 国連環境計画(UNEP)が”Holidays for a Living Planet”をスローガンにGreen Pasportサイトをたちあげ、増加する観光目的の旅行者に環境を意識した町作りの計画、ホテルなどのサービス、そして地元で生産された環境と人にやさしいおみやげなどの紹介を行う事業を開始しました。

Greenpasport
-----imate(pop up ; ”ホームページキャプチャー画像”) : Green Pasportより

プレスリリース / UNEP,7 March 2008
Holidays for a Living Planet

" Green travel tips for the world's growing number of international tourists were launched today by the United Nations Environment Programme (UNEP).

The internet-based campaign, "Green Passport", aims to raise tourists' awareness of their potential to contribute to sustainable development by making responsible holiday choices.

Achim Steiner, UN-Under Secretary General and UNEP Executive Director, said: "Tourism, the world's biggest industry is booming. By 2020, the number of international arrivals by air and by sea could reach 1.6 billion annually.
..........
・Choose responsible service providers

・Reduce the consumption of energy while on the road or in their hotel

・Buy locally made and environmentally friendly souvenirs
.......... "

コメント
 エコフレンドリー、エココンシャス、カーボンニュートラル、グリーンツーリズムなどなど、環境を意識した旅の方法が周知されることは、UNEPのリリースにあるとおり大きな産業となった世界の観光事業において、温暖化効果ガスの削減ということだけでなく、地域、国の”グリーンな発展”にとっても重要なことです。
 最初、このサイトをみて、旅の計画の具体的なプラニングに活用できる情報があるのかと思いましたが、あくまでもこのサイトは入り口でした。要は環境を意識した旅のあり方が、あたえる大きな効果の周知とそれにいたる、インターネット上に展開するさまざまなお役立ち情報へのゲイトウェイとして使えます。パスポートを開くと、コメントともに新たな旅の入り口に立つことができます。
 ブックマークをいくつかひろいだしてみました。

続きを読む "GreenPasportで旅をしてみますか!? UNEPの”親”環境旅行ガイド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

Tesla Roadster テスラロードスター 2008 生産開始!

" Now In Production The 2008 Tesla Roadster : ・100% electric ・0 to 60 mph in 3.9 seconds ・13,000 rpm redline ・135 mpg equibalent ・220 miles per charge* ・less than 2 cents per mile* "

 100%電気自動車、0 to 時速96 kmが3.9秒、最高モーター回転速度 13000回転/分、57km/リットル相等の燃費、1.6kmあたりの燃料代は、2セント以下、、、、
 そう! この車は、以前からネットで話題のスーパーカー、電動カーです。テスラロードスター2008。前から気になってはいたのですが、本格的な生産が開始されるということです。
Teslamotors 
-----image (pop up) : Tesla Motorsのホームページキャプチャー画像

プレスリリース / Tesla Motors,March 17, 2008
Tesla Motors Begins Regular Production of 2008 Tesla Roadster

関連記事
Fully electric, 130+mph Tesla Roadster goes into production-----gizmag,March 18, 2008

Elon Musk takes delivery of Tesla Roadster P1
(tsport100,2008年03月17日)

続きを読む "Tesla Roadster テスラロードスター 2008 生産開始!"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/18

気候変動対話:日本の采配に課題残す / クリッピング 毎日.jp

" 千葉市で16日閉幕した第4回気候変動閣僚対話は、産業や部門ごとに排出量を削減する「セクター別アプローチ」への支持獲得を急ぐ日本の姿勢が突出した。削減義務化を懸念する国々への説得に道が開けているとは言えず、7月の北海道洞爺湖サミットを前に、議長国としての日本の采配(さいはい)ぶりに課題を残した。 "
-----毎日.jp,2008年3月16日-----気候変動対話:セクター別アプローチは議論継続
" 日本が提案した産業や部門ごとに省エネ技術を進めて排出量を削減する「セクター別アプローチ」については、一部の国が難色を示して参加国全体の支持を得るには至らず、今後も議論を継続することを確認した。 "

関連記事
幕張G20会合3/14-16/セクター別アプローチについての疑問-----京都議定書の次のステップは何だろう、2008-03-15

コメント
 セクター別アプローチ? これがよくわからないんだよなー。でもわからないと感じた人は、この会合にでた人の中でも多かったようで、とにかく利害がはっきりしないので、かなり警戒感をもって見られたようです。ちょっと詳しい人に解説してもらわないといけなそうです。
 わからん。(t_t)

MEMO
省エネ技術の価値を高める仕組みがつくれる-----日経ものづくり、2007/06/28(要登録)

-----Google検索 : セクター別アプローチとは-----

続きを読む "気候変動対話:日本の采配に課題残す / クリッピング 毎日.jp"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/17

3/17 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/17

・シカゴ中心部に緑のパッチワーク、世界最大の屋上緑化計画

Chicagotown-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、[Chicago,しな研マップ2]


・チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も

・米アトランタで竜巻、2人死亡、非常事態宣言も発令

080317pm12dailynasaatlanta_2-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、NASAが毎日更新する(*)前日の雲のようす。[2008/3/17 PM12ごろに収録]


----------3/17 のニュースクリップ

続きを読む "3/17 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

World’s first demonstration of “Roll-to-Roll” Processed OLEDs / クリッピング From Edison's Desk (GEがまるで新聞を印刷するように作ることができるLEDの開発に成功)

" Hey everyone. We have a big development in the lab to report.

Since the early days of OLED research, people have said that OLEDs could potentially be made at very low cost because they don’t require expensive semiconductor manufacturing techniques. The ultimate low cost fabrication method would be a continuous “roll-to-roll” process like what is done in newspaper printing.
..........
Our proposal was to build a research roll-to-roll line for making OLEDs and our deliverable was to show that OLEDs could be made on it.
.......... "

-----From Edison's Desk - GE Global Research Blog, March 11th, 2008

関連
プレスリリース / GE,11 March 2008
GE Demonstrates World's First ''Roll-to-Roll'' Manufactured Organic Light Emitting Diodes (OLEDs)

ECD Ovonics

関連記事
GE demonstrates roll-to-roll organic LED manufacturing-----Clean Break,11 Mar 2008

コメント
 有機ELディスプレイについては、もう何らかのデバイスで使っている人もいるにちがいない。GEのラボラトリーがまるで新聞を印刷するようにとの比喩をつけて、”roll-to-roll ”という方法でローコストに発光体を作るデモを成功させたそうです。
 将来的には、有機太陽電池セルの開発にもつながるといわれるこの技術、まずはローコストで高い効率で発光する照明としての用途が期待されるようです。(t_t)

-----イメージ(pop up ; "asayakenonami”)


Asayakenonami

-----photo by Rina 2008-----

続きを読む "World’s first demonstration of “Roll-to-Roll” Processed OLEDs / クリッピング From Edison's Desk (GEがまるで新聞を印刷するように作ることができるLEDの開発に成功)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

3/14 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/14

・ジャガイモの重要性をファインダーに、FAOが写真コンテスト企画

-----参考動画 : Potatoes on the front line against poverty and hunger(E) (FAOmultimedia,2008年02月01日)


・「イラク戦争コストは3兆ドル」、米経済学者スティグリッツ氏の新著

・欧州北部の暴風雨で、船舶が座礁

080313pm1644eulowp_2-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、[2008/3/13 PM16:44に収録した雲のようす]


----------3/14 のニュースクリップ

続きを読む "3/14 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球温暖化、安全保障上のリスク・EUが報告書 / NIKKEI NET

" 欧州連合(EU)は地球温暖化が「安全保障上の深刻なリスクになる」とする報告書を作成した。水不足や農業生産の低下で紛争拡大や地域の不安定化が予想されるうえ、数百万人の「環境移民」が発生すると警告。温暖化対策を怠れば経済的なコストは世界全体の国内総生産(GDP)の20%に上るとした。..... "
-----NIKKEI NET,2008/3/11

関連記事
Javier Solana : Before the flood-----The Guardian,March 10 2008(tag : climatechange)

" ..........
What are we proposing?
First, to build up EU capacities across the board: from monitoring and early warning, to conflict prevention, crisis management and disaster response.
..........
We should also develop "carbon diplomacy".
..........
Third, we need to see whether existing rules of the game are "climate-proof". With rising waters and melting sea ice, there is an increasing need to address .......... "
 Climate change may spark conflict with Russia, EU told-----The Guardian,March 10 2008
" European governments have been told to plan for an era of conflict over energy resources, with global warming likely to trigger a dangerous contest between Russia and the west for the vast mineral riches of the Arctic.

A report from the EU's top two foreign policy officials to the 27 heads of government gathering in Brussels for a summit this week warns that "significant potential conflicts” are likely in the decades ahead as a result of "intensified competition over access to, and control over, energy resources”. "

EU governments warned of security risks by climate change: report-----AFP,10/03/08

コメント
 温暖化(EUのリポートや記事では気候変動となっています。)のさまざまな影響に早期に取り組むことで結果的に対応を容易にコストをかけないで解決できる、この点については、スターンリポートの流れを受けたもののようです。

-----イメージ(pop up ; ”幸運の滝”)

Kouunnnotaki

-----photo by Rina 2007-----

続きを読む "地球温暖化、安全保障上のリスク・EUが報告書 / NIKKEI NET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

3/13 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/13

・NY原油、110ドル突破

・エンデバー、国際宇宙ステーションにドッキング

・世界24都市が暗闇に、消灯イベント「アースアワー」3月実施へ

----------3/13 のニュースクリップ

続きを読む "3/13 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月29日、世界の24都市が消灯イベントに参加、アースアワー - Earth Hour 2008 -

Earthhoursite
-----image(pop up ; ”Earth Hourのサイト”キャプチャー画像) : Earth Hour 2008より

プレスリリース / WWF Australia,15 Dec 2007
World Rallies for Earth Hour

" First twelve cities sign up to switch off for Earth Hour 2008
More than ten of the world's major cities today pledged their support for Earth Hour 2008, the WWF led-climate change initiative that has gained worldwide momentum. Earth Hour will take place at 8pm on Saturday March 29 next year with more cities expected to sign up in coming weeks.  "

Earth Hour 2008

(WWF,2007年12月18日)

コメント
 世界の24都市、" Aalborg ≫ Aarhus ≫ Adelaide ≫ Atlanta ≫ Bangkok ≫ Brisbane ≫ Canberra ≫ Chicago ≫ Christchurch ≫ Copenhagen ≫ Dublin ≫ Manila ≫ Melbourne ≫ Montreal ≫ Odense ≫ Ottawa ≫ Perth ≫ Phoenix ≫ San Francisco ≫ Suva ≫ Sydney ≫ Tel Aviv ≫ Toronto ≫ Vancouver ≫ "が消灯キャンペーンを実施するということです。日本には、年二回、冬至と夏至にライトダウンするキャンペーン、100万人のキャンドルナイトがあるからでしょうか、日本の都市は参加していません。

続きを読む "3月29日、世界の24都市が消灯イベントに参加、アースアワー - Earth Hour 2008 -"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/03/12

3/12 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/12

・スペースシャトルエンデバー打ち上げ成功、「きぼう」の部品搭載

・北極圏生まれのアザラシの赤ちゃん、地球温暖化で生命の危機に

080310finland_icesnowmap_2-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、2008/3/10のNSADCのSeaIceと積雪のレイヤー(*)


・マラソン世界記録保持者 大気汚染を理由に北京五輪を欠場

080310beijingreal2_2-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、[北京、NASAが毎日更新するレイヤーを2008/3/10に収録した画像。(*)



----------3/12 のニュースクリップ

続きを読む "3/12 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割」をとりまとめ-地球環境小委 / クリッピング 農業協同組合新聞

" 農水省の食料・農業・農村政策審議会企画部会に設置されている地球環境小委員会(座長:林良博東京大学大学院農学生命科学研究科教授)は3月3日第5回委員会を開き、検討のテーマである「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割について」の農水省のとりまとめ案を了承した。近く開かれる企画部会に報告する。 "
-----農業協同組合新聞、2008/3/3

関連
農林水産省 : 企画部会地球環境小委員会 / 第5回 (平成20年3月3日) 配布資料

" 議事次第(PDF:41KB)
委員名簿(PDF:93KB)
資料一覧(PDF:36KB)
資料 地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割について(案)(PDF:1,871KB)
参考資料 これまでの検討経緯(PDF:75KB) "

コメント
 今回[農林水産省 : 企画部会地球環境小委員会 第5回 (平成20年3月3日)]の資料、「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割について(案)(PDF:1,871KB) 」は、気候変動と農業というまさに、食の安全、自給率と関係もする焦眉の問題について考える時に、よくできた資料です。図版が非常に多く全41ページのうち、12ページ以降がすべて図版になっているので、わかり易いです。関心のある人は、必読、必見です。
 農業、農地に関しては、気候変動、温暖化効果ガス削減という側面だけでなく、国の根幹をなす、食と自然環境という問題に関する重大な側面をもっています。日ごろから関心があるのに、問題点を整理できていなかったので、非常に参考になりました。
 ダウンロードして保存しておきたいと思います。
 税金をかけて作られたこれらの資料、ムダにはできません。(t_t)
0803nousuisiryoup14
-----参考資料集 No.3「なぜガスによって温室効果が異なるのか」

続きを読む "「地球温暖化防止に貢献する農地土壌の役割」をとりまとめ-地球環境小委 / クリッピング 農業協同組合新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

3/11 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/11

・サイクロン「Jokwe」がモザンビーク直撃、10人が死亡、2000世帯が避難

・ロシア、氷盤がオホーツク海に漂流、釣り客多数が取り残される

・メディア・コンソール No.2 Google Earth


----------3/11 のニュースクリップ

続きを読む "3/11 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気自動車インフラ計画、日本での交渉が進行中 / クリッピング WIRED VISION

" .....Agassi氏は今、日本に照準を定めている。イスラエルと同種の共同事業について、同氏が日本の実業界のリーダーたちと話し合ったと『Globes』が報じているのだ。

「日本を訪れたのは、このプロジェクトに参加できるパートナーを探すプロセスの一環だ」と、..... "

-----WIRED VISION,2008年3月 5日-----WIRED NEWS 原文(English),"Japan Could See Massive Influx of Electric Cars"(March 03, 2008)

関連
Project Better Place
 プレスリリース / January 21, 2008
Renault-Nissan and Project Better Place prepare for first mass produced electric vehicles

コメント
 イスラエルなどで、大規模な電気自動車ネットワークを提案し、プロジェクトを進行させているというProject Better Placeが、日本も同社の提案する電気自動車とそのインフラ一式のプランに合っているとし、動きを見せているようです。イスラエルのプロジェクトでは、ルノー日産の電気自動車を採用するということです。フランスのLa Rochelle市の電動カーのレンタカー・サービス「リーゼレック(Liselec)」みたいなイメージだろうか、、、日本でも適当な町で実験が始まれば、面白いかもしれない。

いつでも乗り降り自由! カート型電気自動車レンタル /クリッピング nikkei BPnet-----しなやかな技術研究会、2008/01/21

 このProject Better Place社のプランは、非接触型あしき急速充電装置とバッテリーパックを丸ごと換装してしまうというアイディアがビデオクリップで紹介されていました。
Project Better Place

(Imaguration,2008年01月23日)

Project Better Place & Renault-Nissan to Electrify Israel

(TheAutoChannel,2008年01月22日)

 実験に適した町ってどこだろうか? 大都市圏ではなく、地方の市町村での実験を期待したいところです。なぜかって? 大都会であれば、さらに大規模な電力依存を招くプランへと発展する可能性が高く、地方であれば、再生可能エネルギーなど地場産エネルギーによるプランも可能かなと思うからです。どうですかね?(t_t)

続きを読む "電気自動車インフラ計画、日本での交渉が進行中 / クリッピング WIRED VISION"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

3/10 のニュースクリップ

 本日のニュースクリップは、

----------3/10

・ブレーメン大学のハイテク制御装置、CeBITで実演

・全長7.5メートルのトリケラトプスの骨格、来月いよいよ競売へ

・メディア・コンソール No.1 YouTube篇


----------3/10 のニュースクリップ

続きを読む "3/10 のニュースクリップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海沿岸地域等への廃ポリタンクの大量漂着について(第3報) / プレスリリース 環境省

" 本年1月中旬から日本海沿岸地域を中心として廃ポリタンクが多数漂着しており、3月3日時点で約4万個が確認されました。一部には中に液体物質が残っているものがあり、関係県が分析した結果によれば、塩酸が検出された例があります。このため、海岸に漂着している廃ポリタンクには、安易に触れないよう注意喚起しています。  環境省では、関係の道府県及び省庁の協力を得て、漂着状況の把握、事故防止のための注意喚起を引き続き行うとともに、韓国の担当行政機関に対して情報を提供し、発生原因の究明等を要請しました。また、外務省においては、外交ルートを通じて、韓国政府に対して実態把握、原因究明、漂着ゴミを減らすための更なる努力等の要請を行っています。 .......... 廃ポリタンクにはハングル文字が書かれているものが多数見られ(確認されたもので約16,000個)、H2O2(過酸化水素)、CH3COOH(酢酸)、HNO3(硝酸)等の表記がある場合もある。しかし、H2O2表記の廃ポリタンクから塩酸が検出された例があり、廃ポリタンクの表記と内容物は必ずしも一致しないので、注意を要する。このため、環境省では、海岸に漂着した廃ポリタンクに安易に触れないよう、引き続き注意を呼びかけている。

2.過去の経緯
 平成11年度頃から冬場を中心に毎年のように日本海沿岸に大量の廃ポリタンクが漂着している(11年度 約38,000個、12年度 約11,000個、13年度 約13,000個、14年度 約29,000個、15年度 約12,000個、16年度 約14,000個、17年度 約9,300個、18年度 未確認:海上保安庁調べ)。これらについては、発生源の可能性がある韓国に対して、原因究明、発生防止等の要請を行っている。 "

-----環境省、平成20年3月5日

関連
プレスリリース / 環境省、平成19年12月10日
漂流・漂着ゴミに係る国内削減方策モデル調査における生分解性素材の漂流ボトル放流調査の実施について(お知らせ)
-----

関連記事
廃ポリタンク漂着、日本海沿岸に過去最多の4万個-----YOMIURI ONLINE,2008年3月5日

コメント

続きを読む "日本海沿岸地域等への廃ポリタンクの大量漂着について(第3報) / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/07

環境保護のGreenpeace,「グリーンな電子機器」のランキングを発表 / クリッピング ITpro

" 環境保護に取り組む非営利団体Greenpeaceはドイツで現地時間2008年3月5日,環境に優しい「グリーンな電子機器」について調査した結果を発表した。調査対象となったデスクトップ,ノート・パソコン,携帯電話機,PDAの全製品カテゴリの中で,英Sony Ericsson製の携帯電話機「T650i」が10点満点中5.30点を獲得し,最も環境に優しい電子機器として評価された。 "
-----ITpro,2008/03/06

関連
Greenpeace International : Hi-Tech: Highly toxic /
/ Green Guide to Electronics: Six Edition -26 November 2007-


関連エントリー
グリーンな電子機器メーカーランキング第4版をGreenpeace Internationalが発表-----しなやかな技術研究会、2007/07/02

コメント
 Green Guide to Electronicsの第6版(Dic 08')が発表されました。発行以来3ヶ月に一篇のペースで発行されてきた同リポートももう6回目ということです。
 パソコン、携帯電話、そしてPDAの広汎な評価は、国際的な電子機器メーカーの評価として、参考になります。
 さて、今回から初ランキングに組み入れられた任天堂は最下位。好意的に読めば、情報なしの最下位。情報公開が不十分ということのようですね。今後、”情報が公開”され追加され、どこまでランキングをのばすことができるのか注目されます。 Sony EricssonとSonyがそれぞれランキング一位、三位です。前回トップだったノキアがランキングを落としています。項目は多岐にわたりますが、評価はリサイクルと材料の環境対応です。それらを当然満たすべき基本的なものと考えれば、貴重な情報です。(t_t)

続きを読む "環境保護のGreenpeace,「グリーンな電子機器」のランキングを発表 / クリッピング ITpro"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について / プレスリリース 経済産業省

" 本件の概要 : 経済産業省では、本日、「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」をとりまとめたので公表いたします。 1.検討の背景 ○昨年5月、総理が「美しい星50(クールアース50)」を発表しました。世界全体の温室効果ガス排出量を現状に比して2050年までに半減するという長期目標を提案しました。 ○この目標の実現には、革新的技術の開発が不可欠です。 ○このため、経済産業大臣の下に有識者会議を設置し、「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定をすすめてきたところです。 2.経緯及び予定 第1回有識者会議: 平成19年 8月31日 第2回有識者会議: 平成19年11月27日 第3回有識者会議: 平成20年 3月 5日 3.「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の概要 ○重点的に取り組むべき革新技術として、「21」技術を選定しました。 ○これらの技術について技術ロードマップを提示しました。 ○国際連携のあり方(国際的なロードマップの共有等)を提示しました。 担当 : 資源エネルギー庁 総合政策課 エネルギー戦略推進室 公表日 : 平成20年3月5日(水) 発表資料名 : 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について(PDF形式:121KB) 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」(案)(概要)(PDF形式:372KB) 「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」(案)(PDF形式:1,700KB) Cool Earth-エネルギー革新技術 技術開発ロードマップ(PDF形式:817KB)

Cool Earth-エネルギー革新技術 技術開発ロードマップ(にあげられてた項目)
1 高効率天然ガス火力発電
2 高効率石炭火力発電
3 二酸化炭素回収・貯留(CCS)
4 革新的太陽光発電
5 先進的原子力発電
6 超電導高効率送電
7 高度道路交通システム(ITS)
8 燃料電池自動車(FCV)
9 プラグインハイブリッド自動車(PHEV)・電気自動車(EV)
10 バイオマスからの輸送用代替燃料製造
11 革新的材料・製造・加工技
12 革新的製鉄プロセス
13 省エネ住宅・ビル
14 次世代高効率照明
15 定置用燃料電池
16 超高効率ヒートポンプ
17 省エネ型情報機器・システム
18 HEMS/BEMS/地域レベルのEMS
19 高性能電力貯蔵
20 パワーエレクトロニクス
21 水素製造・輸送・貯蔵 


Coolerthf350p52
-----image(pop up ; ”「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」(案)”p.52より"
-----経済産業省、2008/3/5

関連記事
温室効果ガス50%削減のため、21の技術開発-経済産業省発表-----IBTimes : 2008年03月05日

経団連会長:国別総量規制容認の考え 排出権取引導入も-----毎日新聞、2008年2月25日

コメント

続きを読む "「Cool Earth-エネルギー革新技術計画」の策定について / プレスリリース 経済産業省"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/05

世界初『マルチ燃料型改質器』を開発 / プレスリリース 出光興産

080225_ph001_2
-----image(”マルチ燃料型改質器”) & text : 出光興産、2008/2/25

" ~都市ガスも!LPガスも!灯油も!この1台で水素を作り出します~
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:天坊 昭彦、以下「出光」)と株式会社コロナ(本社:新潟県三条市、社長:内田 力、以下「コロナ」)は共同で、都市ガス、LPガス、灯油のいずれの燃料も使用できる家庭用燃料電池向け「マルチ燃料型改質器」を開発しました。
当改質器が複数の燃料種に対応できる技術的なポイントは、燃料から水素を取り出す改質反応を行う触媒と、反応に必要な熱を供給する燃焼部にあります。これまで、都市ガス・LPガス等の気体燃料と灯油等の液体燃料から同一の改質器で水素を作り出すことは技術的に困難でした。
しかし、これらの燃料を同一の触媒で改質させることが可能な出光の水素製造技術と、気体および液体燃料を同一の燃焼器で燃焼させることが可能なコロナの燃焼技術の融合により、この技術的課題を解決し、都市ガス、LPガス、灯油から水素を安定して製造する「マルチ燃料型改質器」を世界で初めて開発しました。

マルチ燃料型改質器
「マルチ燃料型改質器」の性能特徴

1.汎用性に優れている
都市ガス、LPガス、灯油のどの燃料にも対応可能
2.エネルギー消費量が少ない
起動性に優れ、起動時のエネルギー消費量を低減
3.4万時間の耐久設計
熱応力フリー(熱膨張、収縮しても応力が生じにくい構造)の設計と耐久性の高い触媒の搭載 "

関連
世界初『マルチ燃料型改質器』を開発(PDFファイル:208KB)-----コロナ、2008/2/25

市販灯油を燃料とした家庭用燃料電池システムを2008年度に市場導入します-----出光興産、2007/10/10

関連記事
コロナと出光興産が画期的な燃料電池部品開発-----新潟日報、2008年2月25日

コメント

続きを読む "世界初『マルチ燃料型改質器』を開発 / プレスリリース 出光興産"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

ハワイから日本へ「波任せ」 69歳堀江さん、3月出航 / クリッピング asahi.com

" 海洋冒険家の堀江謙一さん(69)=兵庫県芦屋市=が来月、波の力だけで進む波浪推進船による世界初の航海に挑む。新型船「SUNTORYマーメイド2号」(全長9.5メートル、最大幅3.5メートル)でハワイを出航し、7000キロ先の日本を目指す。18日に神戸で貨物船に船積みされ、出発地に向かう。 "
-----asahi.com,2008年02月16日

関連
suntory マーメイド号 / 「SUNTORY マーメイド2号」について

夢の波浪推進船「SUNTORYマーメイドII号」完成!(住友軽金属工業 Alumi-world)

がんばれ!! 堀江謙一さん SUNTORY mermaid 2号

関連記事
Wave Runner-----Popular Scinece,02.22.2008

World’s First Wave Powered Boat-----MetaEfficient,February 28th, 2008

コメント
 波の力を推進力に換えて走る船。船体の前方に取り付けられた水中翼が、波の中で上下すると、あたかもイルカや鯨のドルフィンキックのように動作し、推進力を得ると「suntory マーメイド号」のサイトにでていました。不思議な動作原理です。ポピュラーサイエンスの解説が一番わかりやすいけど、実際にどんな動きか、知りたいですねぇ。動画を探しましたが、みつかりませんでした。3月中旬に出発ということです。成功をお祈りします。
 下の動画で模型の動きを見ることができます。でも本物が動いているさまを、見てみたいですね。(t_t)

参考動画
-----Dolphin Kicks(cjnr,2006年07月14日)

続きを読む "ハワイから日本へ「波任せ」 69歳堀江さん、3月出航 / クリッピング asahi.com"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/03

環境省 黄砂飛来情報ページの運用開始について / プレスリリース

" 環境省では、黄砂の飛来状況への関心が高まっていることを受け、昨春、リアルタイムの黄砂飛来情報を環境省のホームページ上で試験的に提供しましたが、今般、その内容をリニューアルし、本日より運用を開始することとしました(本日から5月末まで:http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/)。今シーズンは国立環境研究所等の協力を得て、国内外16か所のライダー観測地点の観測データが提供されます。  今後、中国を含む関係国と連携してライダー観測データの共有化に努め、北東アジア地域における黄砂モニタリングネットワークの整備を進めていく予定です。 2.黄砂飛来情報ページの概要 (1)情報提供期間 平成20年2月26日(火)~5月31日(土) (2)ホームページアドレス http://soramame.taiki.go.jp/dss/kosa/ ..........
Kousa_bonrei
-----image(pop up) : 別添1 環境省黄砂飛来情報ページ表示イメージ [PDF 598KB] より "
-----環境省、平成20年2月26日

関連
黄砂飛来情報

続きを読む "環境省 黄砂飛来情報ページの運用開始について / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »