« 1/15 のニュースクリップ | トップページ | 1/16 のニュースクリップ »

2008/01/16

地球温暖化の食への影響(上) 生産量変動しつつ減少 / クリッピング 山陰中央新報

" 地球温暖化(以下温暖化)は90%以上の確率で人為的(人間活動の結果)。一九〇六-二〇〇五年の地上平均気温の上昇は〇・七四度であり、今世紀末(二〇九〇-九九年)の上昇幅予測は二十世紀末(一九八〇-九九年)比で一・一-六・四度…。 "
-----山陰中央新報、'08/01/14

参考記事、情報
日本の平均気温、今世紀末最大4.7度上昇・環境省が試算-----NIKKEI NET,2008/1/8

環境省 : 地球温暖化影響・適応研究委員会
" ◆委員名簿
◆議事次第資料一覧
H20.01.08 地球温暖化影響・適応研究委員会(第2回) 議事次第・資料
H19.10.23 地球温暖化影響・適応研究委員会(第1回) 議事次第・資料 "

国立環境研究所 : 近未来の地球温暖化をコンピュータシミュレーションにより予測―暑い昼・夜の増加と寒い昼・夜の減少が顕在化―(環境省記者クラブ、筑波研究学園都市記者会同時発表)(平成19年7月2日)

コメント
 今後の地球の平均気温は、全球平均では最大でも2℃以下にしないと、さまざまな影響により人類、そして環境世界全体も大変な被害をこうむるという話、昨年聞いたことありませんか? 今世紀末(二〇九〇-九九年)の上昇幅予測は二十世紀末(一九八〇-九九年)比で1.1-6.4度。しかし、実際の各地、各国ではさらに過酷な温度変化をこうむり、最大では4.7度とか6度という数字が飛び出てきます。日本でも作物や、異常で苛烈な天候によるさまざまな影響がでる可能性があります。

 IPCCのサイトを久々にのぞいたら、すべてのリポートがより見安く、整理された形で公開しなおされていました。

Intergovernmental Panel on Climate Change- IPCC

環境省 : IPCC第4次評価報告書について

気象庁 : IPCC(気候変動に関する政府間パネル)

 IPCCのについても新たな動きが春先からでてきそうです。リンクの整理をしたいと思っています。(t_t)

参考
電中研ニュース / 408 2005/02 西暦2450年までの地球温暖化を予測 -地球シミュレーターでCO2濃度安定化の効果を検証- (PDFファイル:約387KB)

関連エントリー
----------Googleサイト内検索 : IPCC----------

----------Google「http://greenpost.jugem.cc/」内検索 : IPCC



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--

|

« 1/15 のニュースクリップ | トップページ | 1/16 のニュースクリップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/17695938

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化の食への影響(上) 生産量変動しつつ減少 / クリッピング 山陰中央新報:

« 1/15 のニュースクリップ | トップページ | 1/16 のニュースクリップ »