« 気候変動:バリ会議では交渉開始と国連の新協定に向けた「ロードマップ」の制定が必要 / プレスリリース European Union | トップページ | 11/30 のニュースクリップ »

2007/11/30

気候変動は前例のないほどに人間開発の後退を引き起こす恐れがある / プレスリリース 国連開発計画(UNDP)東京事務所

Hdr20072008
-----image(”カバー; 日本語版 2008年3月下旬頃 発売予定 発売元:阪急コミュニケーションズ”) & text : 人間開発報告書2007/2008「気候変動との戦い-分断された世界で試される人類の団結」2007年11月27日 / プレスリリース 気候変動は前例のないほどに人間開発の後退を引き起こす恐れがある(pdf)より

" .....「気候変動は、最終的には人類全体に対する脅威である。しかし直接、かつ最も深刻な被害者は、貧しい人々、つまり人類が積み上げつつある環境負債に対して何の責任も負わない人々なのである」と、ケマル・デルビシュUNDP総裁は述べている。
.....『人間開発報告書2007/2008』は、危険な気候変動の回避と整合性の取れた排出経路に関して、具体的な枠組みを導入し、以下を提案している。
. 先進国は、温室効果ガスの排出量を、1990年を基準として2020年までに30%、2050年までには最低でも80%削減しなければならない。
. 開発途上国は、1990年を基準として、2050年までに20%の排出量を削減しなければならない。ただし、融資と低炭素技術の移転に向けた国際協力があれば、これらの削減は2020年には達成され、そのレベルが維持されるだろう。
本報告書が上記を基準に算出した結果、先進国政府が現在設定している温室効果ガス排出量削減の目標の多くは、必要とされるレベルに達していないことが判明した。京都議定書で同意された最も控えめな削減目標である、1990年を基準として平均5%程度でさえも達成できていない先進国がほとんどであることも指摘されている。意欲的な目標が設定されていても、気候安全保障に関する目標設定を明確なエネルギー政策と一致させている先進国はほとんどない、と本報告書は指摘している。 "

/ 『人間開発報告2007/2008』発表-人間開発指数首位国はアイスランド(pdf)より

" 本日発表された国連開発計画(UNDP)の『人間開発報告2007/2008』によると、アイスランドがノルウェーとわずかな差で人間開発指数(Human Development Index; HDI)首位となった。ノルウェーは過去6 年間HDI で 首位を記録し続けていたが、この順位の変化は出生時平均余命の見通しと一人当たりのGDP の最新情報が更新されたことによるものであると本報告書は指摘している。
1990 年創刊の『人間開発報告書』で始めて発表されたHDI は、出生時平均余命、成人の識字率と初・中・高等就学率そして所得に関する国連機関や公的機関から得た最も信頼性の高いデータを使用して算出されている。それぞれの国の各項目に関する統計的数値がことなるため、HDI の算出にはこれらのデータを補正したものを使用している。.....
<人間開発報告書2007/2008と日本(Fast Facts)」を公開> "

関連
プレスリリース / United Nations Development Programme(UNDP),27 November 2007
Climate change threatens unprecedented human development reversals

" The reportwarns that the world should focus on the development impact of climate change, which could bring unprecedented reversals in poverty reduction, nutrition, health and education. Download the report.

Climate change threatens unprecedented human development reversals "

text : ダウンロードサイトより-----

" .....As the Human Development Report 2007/2008 argues, climate change poses challenges at many levels. In a divided but ecologically interdependent world, it challenges all people to reflect upon how we manage the environment of the one thing that we share in common: planet Earth. It challenges us to reflect on social justice and human rights across countries and generations. It challenges political leaders and people in rich nations to acknowledge their historic responsibility for the problem, and to initiate deep and early cuts in greenhouse gas emissions. Above all, it challenges the entire human community to undertake prompt and strong collective action based on shared values and a shared vision. "

国連開発計画(UNDP)東京事務所 / 人間開発報告書2006年版―水危機神話を越えて:水資源をめぐる権力闘争と貧困、グローバルな課題―

Gateway to the United Nations System's Work on Climate Change

関連記事

温室効果ガス、50年まで80%減提案 UNDP報告書-----asahi.com,2007年11月28日
" 国連開発計画(UNDP)は27日、07~08年版の人間開発報告書を発表した。報告書は、地球温暖化が進むと世界の貧困層が最も打撃を受けると警告。先進国は2050年までに温室効果ガスを1990年比で少なくとも80%削減し、京都議定書の下では削減義務を負わない途上国も50年までに20%削減するよう提案した。 "

温室効果ガス:削減、報告書で要請--国連開発計画-----毎日jp,2007年11月28日
" .....報告書は「問題を作り出した豊かな国々が、世界の貧しい人々の夢と希望がむしばまれていくのを傍観することは許されない」と先進国の責任を厳しく指摘。 ..... "

国連開発計画「気候変動との戦い」・温暖化の悪影響に警鐘を鳴らす-----JANJAN,2007/11/28
" .....許された気温上昇はあと1.3℃
.....UNDPは、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の精緻な自然科学分析(第4次評価報告書など)にもとづき、地球環境に許される気温上昇を、産業革命以後2.0℃以内とし、すでに0.7℃も上昇してしまったことを深刻に受け止めている。..... "

コメント
20071129pm1700captured_un
-----参考イメージ : Google Earthキャプチャー画像、[2007/11/28PM17:00]

 私たちは、どこにいるのか?

2006/2007 Report : Japan

 「Japan HDI Rank - 8 」。HDI = Human development indexは、

「GDPより幅広い定義で生活の豊かさを測るべく、人間開発に関わる三つの側面を組み合わせた指数である。すなわち、「健康で長生き」でき、「教育」が受けられ、「人間らしい水準の生活」が送れるかどうかを、それぞれ平均余命、成人識字率および初・中・高等教育の総就学率、一人あたりの国内総生産(GDP)を基に算出した購買力平価(PPP)に基づいて算出した指数である。」(表題プレス発表、人間開発報告書2007/2008と日本(Fast Facts)」より)

 国の豊かさを表すひとつの指標ということです。日本は、8位。戦後、こんな豊かさを実現したことは驚くべきことですね。データーの収集が可能だった177カ国のランキングということになります。177位は、Sierra Leone。

2006/2007 Report : Sierra Leone

 貧しい国については、温暖化効果ガスをほとんど排出していないにもかかわらず、気候変動の影響をモロに受けてしまうということが指摘されています。対策も資金、技術の決定的な不足により自力では解決不能です。さらに、今回のUNDPのリポートの中では、中国、インドなどの発展著しいが国内全体としては発展途上にある国に対しても具体的な削減量を目標値としてあげている点が、今後の国際間の交渉に、どのような影響を与えるのかが注目されます。(t_t)

参考
United Nations Climate Change Conference, 3-14 December, Nusa Dua, Bali, Indonesia, (COP 13 and CMP 3)

IGES:国連気候変動会議 UNFCCC COP13 and COP/MOP3

地球環境/UNFCCC情報 :11/27/2007 COP13及びCOP/MOP3の検討事項(アジェンダ要約)を掲載しました。

関連エントリー
国連気候変動会合、150カ国以上が参加へ・半数は首脳級 / クリッピング 日経Ecolomy-----しなやかな技術研究会、2007/09/20

ポスト京都、最も厳しい温暖化シナリオ重視・国連準備会合 / クリッピング NIKKEI NET-----しなやかな技術研究会、2007/09/03



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2 --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

-- [ しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--


|

« 気候変動:バリ会議では交渉開始と国連の新協定に向けた「ロードマップ」の制定が必要 / プレスリリース European Union | トップページ | 11/30 のニュースクリップ »

コメント

人類の不幸の原因は都市の腐敗である 腐敗とは下水道 糞尿 ゴミなどから出る腐敗の波動であり腐敗の波動が病気を作り精神不安から犯罪をうむ これは人類の無責任の生活態度にある アメリカは軍事大国アメリカから腐敗を無くせば世界中が順次腐敗が無くなる アメリカが悪いわけではない軍事バランスが崩れる世界中はメチャクチャにあるからだ 世界中の腐敗を無くし宇宙文明で地球から自立すると世界平和がくるかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008/03/05 11:27

増田二三生さん

 コメントありがとうございます。
 レスおそくなりました。
 モバイル環境で、メンテをしています。ひさしぶりの”モデム”利用です。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: t_t | 2008/03/06 00:33

宇宙文明の産業として家庭用トイレバッキシステムがある 貯めこみのトイレに空気を送り込み浄菌微生物を入れバッキする 出来上がった液体は川に流してもいいので河川も綺麗になり一石二鳥である 宇宙文明はみんなの誇り みんなアイデアで宇宙文明化を促進して文明人になるべきかもしれない 決して科学だけが一人歩きするのでは無くみんなも宇宙人類になり一人一人文明人になるべきかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008/03/10 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/17224193

この記事へのトラックバック一覧です: 気候変動は前例のないほどに人間開発の後退を引き起こす恐れがある / プレスリリース 国連開発計画(UNDP)東京事務所:

« 気候変動:バリ会議では交渉開始と国連の新協定に向けた「ロードマップ」の制定が必要 / プレスリリース European Union | トップページ | 11/30 のニュースクリップ »