« “プレ洞爺湖”温暖化など注目…今日APEC閣僚会議 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | 三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車 »

2007/09/07

Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方)

" .....He plugged his Toyota Prius into the backup uninterruptible power supply unit in his house and soon the refrigerator was humming and the lights were back on. “It was running everything in the house except the central air-conditioning,” Dr. Swinney said. ..... "
-----New York Times Greentech,September 2, 2007

コメント
 以前にハリケーンの被害で停電して往生したアメリカ人が、次のハリケーンではそれに万全の対策でのぞむことができた。その人が用意したのは、プリウス、ハイブリッド車とUPS電源。
 UPS電源とは、バッテリーとDC-ACインバーターで構成される無停電電源だ。停電の時のパソコンのバックアップ用に用意して、お持ちの人もいるに違いない。だが、UPS電源だけだと、長時間の停電には対応できない。バッテリーに蓄電された電力を使い切ったら、終わりだからだ。だが、あなたがプリウスをもっているとしたら、大型のガソリン発電機をもっているのと同じことだ。しかも、結構効率がいい発電機なのだ。UPS電源のバッテリーにプリウスから適宜電力を供給し充電してやることで無停電電源は、ガソリンがなくなるまで、それがなかった場合よりもはるかに長い時間、必要な電力を供給してくれるにちがいない。

 このような記事がニューヨークタイムズを飾るのは、今アメリカはハリケーンシーズンを向かえ、多くの国民がその対応に追われているという事情があるが、このハイブリッドカーによる、大規模停電への対応というシナリオはアメリカだけでなく日本でも真剣に検討されているシステムなのだ。アメリカでは、記事によると研究者たちは、”V2G”システムと呼んでいるそうだ。このシステムについては機会を改めて、まとめてみたいが、、、今回は、記事にもあるとおり、このシステムのもう一つの可能性について考えてみたい。

 それは、プラグインハイブリッド車のことだ。もし、あなたが十分な容量の太陽電池を自宅の屋根に備えているとする。プラグインハイブリッド車は、家庭のコンセントから充電できる機能をもったプラグインハイブリッド車だ。トヨタがこの秋から実証試験を開始するというプラグインハイブリッド車には、最低限のニッケル水素蓄電池しか搭載されないようだが、将来的にはおそらくトヨタがださなくても、サードパーティーが増設用のバッテリーシステムを発売するにちがいない。そうなれば、太陽電池で充電したプリウスで毎日100kmぐらいはモーターだけの走行で通勤や通学ができる。そして、その車なら、停電したときに、自宅の太陽電池で受電し、必要に応じて家庭にも設置されたUPS電源に対して、非常時には十分な電力を”車から供給”することで、太陽光電池による発電、車に蓄電、走行もできるし電力も供給でき、さらにガソリンを調達できれば、より強力なまさにハイブリッドな非常用電源システムを構築することができる。
 実際に、こうしたシステムを総合的に考えている人が、広大なアメリカにはいるようです。万が一の時の早期の普及が期待できないようなリモートエリアに住む人たちにとって、また、広範囲の停電対策を考えている企業、研究者の目には、現実的な選択としてハイブリッド車が映っているようです。(t_t)

参考
報告:PHEV普及で温室効果ガス大幅削減可能----- Eda Blog:温「断」化ニュース、2007年08月16日

関連エントリー
----------Googleサイト内検索 : ハイブリッド----------



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ


|

« “プレ洞爺湖”温暖化など注目…今日APEC閣僚会議 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | 三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車 »

コメント

t.tさん
すごいニュースを発見しました。
「5分の充電で800km」新キャパシタ電気自動車
http://wiredvision.jp/news/200709/2007090723.html
これって、本当ですか?本当だとしたら、ブレークスルーですよね!
島田 敏

投稿: 島田 敏 | 2007/09/07 15:04

WEB上の様々な記事を見ていると、ずいぶん前か騒がれていたんですね。まだ良くは、わからないのですね。本当だったら、すごいのに!

投稿: 島田 敏 | 2007/09/07 17:57

島田さん
 ご無沙汰してます。コメントありがとうございます。
 現実のものとなれば、エネルギー密度が10倍ということですから、、、確かにブレークスルーですね。
 情報収集中、、、もっと情報がでてくるまで、待ちモードです。

投稿: t_t | 2007/09/10 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/16366727

この記事へのトラックバック一覧です: Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方):

« “プレ洞爺湖”温暖化など注目…今日APEC閣僚会議 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | 三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車 »