« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/28

Window to Prevent Catastrophic Climate Change Closing; EU Should Press for Immediate U.S. Action / プレスリリース Worldwatch Institute(EUは、気候変動対策における迅速な対応をアメリカに求めるべき、、、ワールドウォッチ研究所)

" Consumption of energy and many other critical resources is consistently breaking records, disrupting the climate and undermining life on the planet, according to the latest Worldwatch Institute report, Vital Signs 2007-2008. .......... “The world is running out of time to head off catastrophic climate change, and it is essential that Europe and the rest of the international community bring pressure to bear on U.S. policy makers to address the climate crisis,” said Assadourian, who spoke at the Barcelona launch of Vital Signs. “The United States must be held accountable for its emissions, double the per capita level in Europe, and should follow the EU lead by committing to reducing its total greenhouse gas emissions by 80 percent by 2050.” "
-----Worldwatch Institute,September 13, 2007

関連サイト
Vital Signs 2007 - 2008
/ Vital Signs Online
2007_lg
-----image(”Vital Signs 2007 - 2008”カバー)-----

[/ Vital Signs 2006 - 2007 / Vital Signs 2006 - 2007: Economic Gains Mask Underlying Crisis
" ”Business as usual is harming the Earth's ecosystems and the people who depend on them,” said Erik Assadourian, Vital Signs 2006?2007 project director. ”If everyone consumed at the average level of high-income countries, the planet could sustainably support only 1.8 billion people, not today's population of 6.5 billion. Yet the world’s population is expected not to shrink but to grow to 8.9 billion by 2050.” " ]

関連記事
ワールドウォッチ研究所報告書「EUは米国に緊急行動を促すべき」-----Eda Blog:温「断」化ニュース、2007年09月22日

コメント
 閉幕した国連の地球温暖化に関するハイレベル会合では、EUの積極的な姿勢が際立っていたようです。

国連地球温暖化会合が閉幕 欧州の積極姿勢が目立つ-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/27

 ところで、この会合の後で、アメリカは独自の会合をセッティングしています。

ブッシュ大統領、9月に気候変動に関する国際会議を開催-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/4

 ポスト京都議定書をめぐって、各国の政治的なアピールと本音が飛びかい、「お題目ではなく、実際の国際的な目標」をさだめるためのかけひきが行われるようですね。

続きを読む "Window to Prevent Catastrophic Climate Change Closing; EU Should Press for Immediate U.S. Action / プレスリリース Worldwatch Institute(EUは、気候変動対策における迅速な対応をアメリカに求めるべき、、、ワールドウォッチ研究所)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/27

ビルマ(ミャンマー) : 国連安保理は緊急監視団の派遣を / プレスリリース アムネスティ・インターナショナル日本

" 国連安全保障理事会は、直ちにビルマ(ミャンマー)に監視団を派遣しなければならないと、アムネスティ・インターナショナルのアイリーン・カーン事務総長は述べた。

国連安保理監視団は、ビルマにおける人権の危機を解決し、暴力と流血の危険を回避するために、迅速な対策を講じるべきである。監視団は、またアウンサン・スーチーやその他の政治囚の拘禁をはじめとする長期におよぶ人権問題をいかにして解決すべきかについて、ビルマ当局と協議すべきである。
..........
「国連安保理の常任理事国として、またビルマに政治的影響力を持つ政府として、中国は重要な役割を担っている。東南アジア諸国連合(ASEAN)、日本、インドなどの諸国も同様である。これらの政府は、ビルマの忘れられた人権の危機を終わらせるためにその影響力を行使しなければならない。」

背景情報

燃料価格の高騰がきっかけとなった平和的なデモは、その規模・数ともに膨れ上がった。僧侶が主導した平和的な抗議行動は、生活必需品の値段の引き下げ、政治囚の釈放、そして国民融和を求めている。散発的に入ってくる情報によると、当局側がデモ参加者に対して法的措置をとると公に警告して以来、同国の緊張は高まっている。ヤンゴンでは立哨する兵士の数が増えてきていると伝えられており、また首都ネーピードーの精鋭部隊がヤンゴンに派遣されたということである。
.......... "

-----アムネスティ・インターナショナル日本、2007-9-26

関連エントリー
インターネットが世界に伝えるミャンマーのデモ-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/27
----------Googleで上記サイトを検索 : ミャンマー----------

コメント

続きを読む "ビルマ(ミャンマー) : 国連安保理は緊急監視団の派遣を / プレスリリース アムネスティ・インターナショナル日本"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/26

環境:地球温暖化は農業の崩壊に繋がる / クリッピング JANJAN

" 最新調査報告は、世界で最も人口の多い国になるインドが、地球温暖化により農業生産の最高40パーセントを失うことになるかもしれないと警告している。  ベテラン気象エコノミスト、ウィリアム・クライン氏は、世界の農業生産は今世紀深刻な被害に直面。気候変動の原因とされる温室ガスの排出を抑制しなければ、途上国は最悪の影響を蒙ることになると述べている。 "
-----JANJAN(IPS),2007/9/25-----IPS,Sep 12

関連
World Agriculture Faces Serious Decline from Global Warming-----Center for Global Development,September 13, 2007
/ Global Warming and Agriculture: Impact Estimates by Country  William R. Cline 09/12/2007
Cline20cover
-----image(Book "Global Warming and Agriculture")よりカバー画像-----

" Bill Cline has been a pioneer in the study of the economic effects of global warming. His latest book on the effects on agriculture is of great importance and he has provided another important landmark in the study of this crucial issue."

-Sir Nicholas Stern, I.G. Patel Chair, London School of Economics and Political Science, and author of the Stern Review on the Economics of Climate Change for the UK Treasury

”For too long environmentalists and earth scientists in the rich world have had an unfortunate near-monopoly on serious concern about climate change and its mitigation. This book will help change that. Its careful country-based estimates of the impact of climate change on agriculture constitutes a serious wake-up call to development economists, finance ministers in emerging markets, and analysts everywhere who care about sustained poverty-reducing growth in Asia, Africa and Latin America.”
-James Gustave Speth, Dean, Yale School of Forestry and Environmental Studies
..........
2007  paper  $21.95
*Available in pdf format(*このサイトより章ごとにダウンロードできます。以下目次)
Preface
Introduction and Overview
Chapter Two: Brief Survey of Existing Literature
Chapter Three: Key Issues: Carbon Fertilization, Irrigation, and Trade
Chapter Four: Country-Level Climate Projections
Chapter Five: Country-Level Agricultural Impact Estimates
Chapter Six: Dynamic Considerations
Conclusion
Appendices
References
Glossary  "

コメント
 気候変動による農業、食料生産能力の影響については、地域や国によって影響の見積はことなる。表題の報告書では、中国、アメリカ全体では影響は、少ないとみられているが、地域によっては深刻な事態がすでにはじまり今後数十年単位では、場合によっては国の基盤を揺るがしかねないと思う。

続きを読む "環境:地球温暖化は農業の崩壊に繋がる / クリッピング JANJAN"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/25

最新型ハイブリッドバスに第二世代バイオディーゼル燃料を使用したデモ走行を開始 / プレスリリース 東京都交通局

Bus_p_200709211_h_01
-----image(pop up) & text : 日本石油、トヨタ自動車、日野自動車、東京都環境局、東京都交通局、2007年9月21日発表より

" 東京都、新日本石油株式会社、トヨタ自動車株式会社及び日野自動車株式会社は、水素化処理技術による第二世代バイオディーゼル燃料(以下「BHD」という。)の実用化に向けた検討を行ってきましたが、このたび、最新型のハイブリッドバスにこのBHDを使用するデモ走行を行うこととしましたので、お知らせいたします。
 このデモ走行は、日本の優れた燃料技術と車両技術との組み合わせによって、CO2を従来に比べて約25%削減するもので、BHDを使用したハイブリッドバスでの営業運行は世界で初めてとなります。
 なお、このバスは、平成19年10月26日から開催される東京モーターショー(会場:千葉市・幕張メッセ)に出展し、試乗走行を行う予定です。
[注]BHD(Bio Hydrofined Diesel)は、新日本石油が商標登録出願中。
1.運行期間 平成19年10月10日から平成20年3月末日まで
2.導入営業所 東京都交通局渋谷自動車営業所
3.運行系統 都バス都01系統(渋谷駅~六本木駅経由~新橋駅間)
4.使用燃料 新日本石油(株)及びトヨタ自動車(株)が共同で開発したBHDを10%配合した軽油
5.使用車両 日野自動車(株)製ハイブリッドバス:2両 "

関連情報
プレスリリース / 日野自動車、2007年09月21日
同名発表、添付書類-資 料 2 ハイブリッドバスについて (86KB PDF)より(imageも)

" 資 料 2
ハイブリッドバスについて
1 仕様 定員70名 (座席29名+立席40名、乗務員1名)
新長期排出ガス規制適合ノンステップバス
全長10.525m × 全幅2.49m × 全高3.285m
最大出力 240馬力 日野自動車製(H19.7発売 型式:BJG-HU8JLFP)
2 導入台数 平成19年度、都バスに 5両を導入する。
うち、本プロジェクトで2両を使用する。
3 原理 ・ ディーゼルエンジンとモーターを組み合わせるパラレル式ハイブリッド。減速時は、モーターを発電機として使用し、バッテリーに電気を蓄える。発進時は、バッテリーの電気でモーターを使用し、エンジンをアシストする。
・ 従来のディーゼル車に比べて、燃料の消費を抑えられる(約15%)ことから、排出ガスも少なく、CO2削減の点でも有利である。
モーターブレーキ力回生発進時アシストバッテリータイヤタイヤエンジン

続きを読む "最新型ハイブリッドバスに第二世代バイオディーゼル燃料を使用したデモ走行を開始 / プレスリリース 東京都交通局"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/21

中小企業に対するCO2排出削減量認証・補助事業の実施について / プレスリリース 経済産業省

" 本件の概要 : 経済産業省は、中小企業を対象として、導入する省エネルギー設備に対して補助事業(補助率1/2)を実施するとともに、導入した省エネルギー設備によって削減できるCO2排出削減量の第三者認証を実施します。 担当 : 産業技術環境局 環境経済室 発表資料名 : 中小企業に対するCO2排出削減量認証・補助事業の実施について(PDF形式:376KB)

以下PDF発表書類より-----

1.事業の概要
経済産業省は、中小企業の温暖化対策に対する意識を高め、エネルギー起源CO2削減を促進するため国産クレジット制度を検討しています。本事業は同制度実施のモデル事業であり、中小企業を対象として実施します。
(1)CO2排出削減量認証事業
導入する省エネルギー設備によって削減できるCO2削減量に関して第三者認証事業を実施します。この事業では、参加事業者が自らCO2削減量について測定・計算し、第三者認証を受けることになります。
(2)省エネルギー設備導入補助金
(1)の事業に参加する中小企業が導入する省エネルギー設備に対して補助事業(補助率1/2)を実施します。補助金の申請先は、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構になります。
2.対象事業者
既設の工場、事業所における省エネルギー設備・技術の導入事業を行う中小企業を対象とします。なお、中小企業の範囲は、社団法人日本経済団体連合会環境自主行動計画に参加していない企業・団体とします。ただし、地方自治体は対象外です。
3.補助対象要件
前出の中小企業であって、省エネルギー設備のCO2排出削減量認証事業の趣旨を理解し、CO2削減データの計算、第三者認証を自主的に実施できること。
4.補助対象経費
省エネルギーに資する設備導入に係る経費のうち、設計費、設備費、工事費の総額の1/2以内とします。(平成19年度予算額 5億円)
5.説明会開催日時
東京:平成19年9月26日(水) 14:00~16:00
於 虎ノ門パストラル新館6階「アジュール」
説明会参加希望者は、開催の前日までに下記宛先までFAX(添付の申込用紙)にてご登録ください。なお、会場受付にて名刺を頂戴致します。
登録宛先:財団法人日本経済研究所
FAX:-----略
6.今後のスケジュール
9月27日~10月11日 CO2排出削減量認証事業 申請受付
10月下旬(予定) CO2排出削減量認証事業者採択決定
NEDOにおける省エネルギー設備に対する補助募集開始
11月上旬(予定) 省エネルギー設備に対する補助交付申請〆切
11月下旬(予定) 省エネルギー設備に対する補助金交付決定
補助金交付決定後、省エネルギー設備導入を開始。
平成20年2月下旬(予定) 省エネルギー設備設置完了及びCO2排出削減量の第三者認証  "

-----経済産業省、平成19年9月20日

コメント

続きを読む "中小企業に対するCO2排出削減量認証・補助事業の実施について / プレスリリース 経済産業省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/20

国連気候変動会合、150カ国以上が参加へ・半数は首脳級 / クリッピング 日経Ecolomy

" 潘基文(バン・キムン)事務総長の主催で24日に国連本部で開かれる気候変動に関するハイレベル会合に、150カ国以上の代表が参加し、約80カ国は首脳級の派遣を予定していることが17日、国連のまとめで分かった。 ..........安倍晋三首相の出席を予定していた日本は政治混乱を受け、どのレベルの代表が会合に出席できるか、.......... "
-----日経Ecolomy,9/18

関連記事
EU、温暖化対策で途上国支援策・枠組み交渉で主導権狙う-----日経Ecolomy,9/19

関連エントリー
第62回国連総会開幕、「温暖化、ダルフール紛争、イラク情勢」に焦点-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/20

追加エントリー
国連地球温暖化会合が閉幕 欧州の積極姿勢が目立つ-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/26

コメント
 未だ、安倍首相の辞任のタイミングの悪さには、あきれるどころか怒りさえ感じます。お体が弱いということだったのでしょうが、所信表明後という最悪のタイミングは、まだ信じられません。
 ポスト京都に向けて世界が動いているこのタイミングを逃したことは、後々どんな影響をもつのか、、、、。
 世界の中というだけでなく、この国の未来について、今となっては、上滑りした”美しい”という言葉ではなく、具体的な施策をもって、描ききる胆力を政治に期待したいです。(t_t)

続きを読む "国連気候変動会合、150カ国以上が参加へ・半数は首脳級 / クリッピング 日経Ecolomy"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/19

オゾン層の破壊への国際的な連携、モントリオール議定書の成果とは?

 オゾン層を破壊する原因物質であるフロンガスなどの削減、利用停止などに世界的な耳目と行動を動員することに成功した今年20周年を迎えるモントリオール議定書を記念してさまざまなイベントリポートが公開されています。

モントリオール議定書採択から20年、カナダで190か国の代表が会合-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/18

 この議定書の発効においては、国連が重要な役目を果たしています。

おすすめサイト /
United Nations Environment Programme  : Ozone Secretariat
Unep_ozone
-----image(同サイトキャプチャー画像)

プレスリリース / UN News service,16 September 2007
Global fight to restore ozone layer hailed by Secretary-General

" The battle to repair the ozone layer “represents one of the great success stories of international cooperation,” with the use of ozone-depleting substances in both rich and poor countries reduced drastically during the past 20 years, Secretary-General Ban Ki-moon said today. "

 確かに国際協調という意味では、問題山積の気候変動対策より成功だったようですが、その成果となるとさまざまな報告があり、オゾン層は、順調に減っているのか、現状維持的な動きなのか、それともいまだ危機的な状況が続いているのか判断に迷う情報も多いです。情報がまとまっていたのは、

続きを読む "オゾン層の破壊への国際的な連携、モントリオール議定書の成果とは?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/09/18

陸域観測技術衛星「だいち」による「ALOS京都・炭素観測計画」の運用開始のお知らせ / 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター発表

" 宇宙航空研究機構(JAXA)では、平成15年以降「ALOS京都・炭素観測計画」*1の立ち上げを行って参りました。このプロジェクトは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校等、20の研究機関との共同研究により行います。平成19年8月23日のブラジル環境及び再生可能天然資源院(IBAMA)との協定締結をもちまして、参加機関間の協定締結を完了しました。これにより9月3日から、プロジェクトを運用開始することになりましたのでここにお知らせします。 今回協定を締結したIBAMAとは、「だいち」搭載のパルサー(PALSAR)*2画像から、違法伐採を含む森林伐採の領域を特定していくこととしています。 (図1)はIBAMAに即時提供する画像の一例です。(図2)はそのうちの一部(10km四方)を切り出したものです。(図3)はアマゾン・ロンドニア地域の高分解能モザイク(数シーン貼り合わせ)画像です。(図3)のような画像を、大陸規模で受信後3か月以内に作成します。 *1)ALOS京都・炭素観測計画 このプロジェクトは、世界の陸地の約3割を占める森林やその周辺、湿地帯や砂漠について、その長期的な変動や季節的な変動を「だいち」に搭載した合成開口レーダを用いて広範囲に観測し、データ解析や現地調査をもとに地球環境変化との関連を調べることを目的としたものです。このために南アメリカ(アマゾン)、東南アジア、中央アフリカの熱帯雨林、シベリア、カナダ、アラスカに分布する北方林など世界規模の観測をします。地球観測センター(埼玉県鳩山町)でのデータ受信後、画像を3か月以内にオンラインの専用回線経由で各機関に提供します。ただし、アマゾン域のデータについては即時画像化し、10日以内にIBAMAへ提供します。 JAXA参考URL:http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/kyoto/kyoto_jindex.htm "
-----宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター / 2007年9月3日発表より

関連サイト
JAXA : 陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」

JAXA : 地球・環境観測、防災への利用

コメント

続きを読む "陸域観測技術衛星「だいち」による「ALOS京都・炭素観測計画」の運用開始のお知らせ / 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/14

知のフリースペース”ウィキペディア”を荒らすのは誰?

 CIAや米政治団体によるによるウィキペディアの書き換えや消去は、フリー百科事典の将来の可能性に暗い影を投げかけた。CIAの職員が行った改ざんには”望ましくない情報の削除や、悪口の書き込み”などがあったとされている。このCIAによる改ざん事件のあと、次々と各方面からの不適切な介入が次々と明らかになってきている。

CIAや米政治団体もウィキペディアに書き込み、内容を都合よく変更-----AFP BB,2007年08月19日
豪州でも政府職員によるウィキペディア書き換えが発覚-----AFP BB,8月24日
" オーストラリアのジョン・ハワード(John Howard)首相の官邸職員が、ユーザーが参加・編集するオンライン百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」の同首相に関する不都合な記述を書き換えていた事実が発覚した。 "

便利に日常使っているWikipediaが、実は不適切に改ざんされ、不愉快な書き込みさえあるということは、ちょっと不快な出来事ではある。しかし、だれでものぞめば参加できるフリー百科事典である限り、そこに例え悪意があるものでも、未完成なものが存在するのはやむ負えないなどと、知ったかぶり、拙速にて海外の事件の記事を読んで考えていた、、、、しかし、、、

ウィキペディア 省庁から修正次々 長妻議員の悪口も-----asahi.com,2007年09月08日

朝日からウィキペディア修正820件! 厚労省の8倍の仰天事実-----J-CASTニュース、2007/9/12

 まだまだ、他からの不適切な編集や、いたずら書きもあったそうだ。こんなことは、公僕のみなさんが勤務時間を使ってやることではないし、ましてやマスコミの関係者が仕事中にやるべき内容ではない。どんなことを意図していたのか、想像すると恐ろしい点もある。

 もともとウィキペディアでは、見方や意見が対立し、編集合戦が行われる。激しい場合には、凍結される。例えば尖閣諸島は、「荒らしや編集合戦など」を理由に保護されている。また、過去にもめた単語については、その中立性に対して問題があるやもしれないと注がつく。昨年あたり、竹島 (島根県)などの議論の推移を、折にふれたまにの覗くと、議論、いたずらがき、悪意の感じられる記述への改ざんなど、さまざまなやりとりがありました。そのとき、このフリー辞書、ウィキペディアには、国境さえ感じることができました。
 読んでいて不快なこともありましたが、リアルタイムに変わる、熱い議論が存在する辞書としての、ダイナミックな可能性も感じました。
 辞書としての正誤は大事ですが、このダイナミックな可能性が開花する方向で進んでいくことが、現実での対立をも反映しつつ、一定の理解を生むような展開を生む可能性を感じました。

 ところで、今回さまざまなアクセス元を解析したのは、WikiScannerという検索サービスでした。

続きを読む "知のフリースペース”ウィキペディア”を荒らすのは誰?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/13

UNPLUG KASHIWAZAKI-KARIWA おやすみなさい、柏崎刈羽原発 / おすすめサイト

Unplug_kashiwazakikariwa
-----image(キャプチャー画像) & text : UNPLUG KASHIWAZAKI-KARIWAのサイトより

" 柏崎刈羽原発の周辺には、大きな地震を引き起こす活断層が存在しています。
しかし、その調査が十分に行われないままに、原発は建設されました。原発の耐震設計の基準値は、現実に起こった地震をはるかに下回っているようです。また、火事を起した配電施設を始め、多くの関連施設は岩盤の上ではなく、柔らかい地面の上に建設されています。

今回の地震で、老朽化が懸念されていた一号機を始めとして、七基すべての原発およびその関連施設が損傷を負いました。原発の敷地そのものが大きな隆起、沈下を起こし、デコボコになっている箇所もあります。目視では確認できないヒビやゆがみを含め、原子炉の主要な機器・配管にも損傷が及んでいる可能性があり、再び地震に襲われれば、より重篤な事故を起しかねません。

周辺の活断層が今後、さらに大きなマグニチュード8に達する地震を引き起こす可能性も示唆されています。施設がどれほど修復されたとしても、地下の活断層を取り除くことは出来ません。
取り除けない不安を無視して、柏崎刈羽原発が再び稼動すれば、それは不安の連鎖を引き起こし、社会に必要な信頼を失わせるのではないでしょうか。

柏崎刈羽原発がこのまま静かに役目を終わらせることを私達は望みます。

このメッセージに賛同される方は、署名をお願いいたします。刈羽村長、柏崎市長、新潟県知事に提出いたします。
.......... "

コメント

続きを読む "UNPLUG KASHIWAZAKI-KARIWA おやすみなさい、柏崎刈羽原発 / おすすめサイト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/12

「日本縦断 燃料電池車・水素自動車キャラバン」を実施 / プレスリリース 岩谷産業

" 環境・クリーンエネルギーを考えるネットワーク造りと「水素」の理解促進 「日本縦断 燃料電池車・水素自動車キャラバン」を実施 9月20日から全国キャンペーン実施 岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:牧野明次、資本金:200億円)は、9月20日から10月22日まで(33日間)、当社所有の燃料電池車、水素自動車、移動式水素ステーションを搭載した専用キャリアカーを連ねたキャラバンで、南は種子島から、北は稚内まで、総走破距離約4,500キロメートルの日本縦断を実施いたします。

当社は、この試みで、訪れる日本各地で、次代を担う子供たちへのエネルギー教育活動にも積極的に取り組みながら、社会のクリーンエネルギーに対する注目度アップと、その中で究極のクリーンエネルギー「水素」のポジショニング向上、その優れた能力、性状の正しい理解を広めたいと考えています。そのために、水素エネルギー社会の実現に向けた人的、組織的ネットワークを拡大し、大きな推進力にしていきます。  "

-----岩谷産業 / 2007年9月7日

関連サイト
水素とイワタニ

関連記事
岩谷産業クリーンな“水素”アピールで全国キャラバン-----FujiSankei Business i. ,2007/9/8

コメント
 ここ当分は、ガソリンや代替燃料にも対応したハイブリッドカー、そして国や自治体が動けば、地域内の移動手段としての電動カー、さらには、家庭のコンセントから充電できるプラグインハイブリッド車が次代の個人の交通手段として注目を集めていくのだろう。しかし、はやければ2030くらいから2050年にかけて、ガソリンの値段があがれば、他の代替燃料もつられて上がっていくだろう。資源の専門家によれば、バイオマス資源のエタノールもすでの農業の現場での石油漬け体制を考えれば、そもそも石油代替にはならず、たんなる補完的な役割を果たすのみだという。さらに最近話題の大深度油田の開発も開発コスト、削掘コストを考えると、どれくらいの価格に”上がったときに実用化されるのか”というタイミングを考えると、世界的な規模のエネルギー争奪戦においてそれを緩和することができるか疑問なようだ。

 さて、水素。結局水素は、どうやってか作らざるを得ない。石油のようにただ掘るだけでは得られない。メタンハイデレードにしろ、電気分解であれ、今後画期的な水素エネルギーの次代がおとずれるには、まだまだ技術的なイノベーションを必要とする。投資もばかにならない。本格的な水素社会の構築へと舵を切った国家はそんざいせず、次代のテーブルに水素が残っているかについてもよくわからない。しかし、水素。脱化石燃料の社会、経済世界において、重大な役割を担うと信じている人もいる。どんなものなんでしょうね。以前ほどではないが、期待しています。

続きを読む "「日本縦断 燃料電池車・水素自動車キャラバン」を実施 / プレスリリース 岩谷産業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/11

アジアの急速な石炭の利用が、温暖化に拍車をかける-----WWF「Coming Clean」リポート公開

 世界的な石炭の需要高。それは、相場にもはっきりとあらわれ、あらゆる石炭市場のチャートに現れている。
 たとえば、エネルギー関連チャート(原油価格 など)における石炭、ある市場では、
 をみれば、あがってきているなーが、へとレンジを切り替えると、この数年の値上がり状況に驚く。
(Futuresourceのサイトでcoalで検索すれば、他の市場価格も表示されます。)

関連エントリー
豪州東岸沖に、70隻の船が行列 石炭求め1カ月待機も / クリッピング asahi.com-----しなやかな技術研究会、2007/05/16

 今回WWFが世界最大の石炭輸出国である豪でのAPECというタイミングを狙って発表したのは、急速に拡大するアジア、中国、インドにおける石炭消費の拡大による温暖化効果ガスの排出量の拡大という危機に関するリポートでした。
タイトルは、
"

Coming Clean: The Truth and Future of Coal in the Asia-Pacific"

Wwf_coming_clearn_coal_in_asia
-----image(ダウンロード公開中のComing clean - The truth and future of Coal in Asia Pacific [pdf, 2.02 MB] よりカバー、キャップチャー画像)-----

プレスリリース / WWF,04 Sep 2007
Coming Clean: The future of coal in the Asia-Pacific region

続きを読む "アジアの急速な石炭の利用が、温暖化に拍車をかける-----WWF「Coming Clean」リポート公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/10

三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車

2007090716731
-----image (”i MiEV SPORT”) & text :2007年9月7日発表より

" 三菱自動車は10月24日(水)(一般公開は10月27日(土)から11月11日(日)まで)より幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される第40回東京モーターショーに、三菱自動車の企業コミュニケーションワード "クルマづくりの原点へ。" を基に、同社のクルマづくりの3つの柱である「走る歓び」「確かな安心」「環境への貢献」を具現化した以下の3台のコンセプトカーを出品する予定である。

『i MiEV SPORT(アイ ミーブ スポーツ)』 : 世界初披露
環境性能と電気モーター特有の高い動力性能を併せ持つ、三菱自動車の環境対応のシンボル技術である『i MiEV』をベースとし、より "走り" のイメージを高めた、環境性能と走行性能を高いレベルで両立した電気自動車である。

『MITSUBISHI Concept-ZT』 : 世界初披露
新開発2.2Lクリーンディーゼルエンジンと自動変速トランスミッション「Twin Clutch SST(Sport Shift Transmission)」を組み合わせて採用。また、プリクラッシュセーフティなどの先進のアクティブセーフティ技術、ポップアップフードなどの衝突安全技術により三菱自動車のクルマづくりの柱である「走る歓び」「確かな安心」「環境への貢献」の3要素を高いレベルで実現する技術の集大成である。

『MITSUBISHI Concept-cX』 : 日本初披露
SUVを得意とする三菱自動車が提案する街乗りでの使い勝手に優れた走行性能と環境性能、そして実用性能を高めたコンパクトSUVである。
なお、『MITSUBISHI Concept-cX』は、9月11日から開催のフランクフルトモーターショーで出品される予定である。
..........
1. i MiEV SPORT (アイ ミーブ スポーツ)
(参考出品)

特長
・ 『i MiEV』をベースに、より "走り" のイメージを高めたフォルムとすると同時に、前輪に三菱自動車特有のインホイールモーター技術を組み込むことで、車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)を構成し、高い運動性能を実現することで、環境性能と走行性能を高いレベルで両立した。
・ より生活に密着した人とクルマの新たな関わりを提案することで、電気自動車の可能性を追求した。
...........
パワートレイン/S-AWC
前輪左右の2つのインホイールモーターと、後輪には、『i MiEV』と同じシングルモーターの計3つの永久磁石式同期モーターを搭載。各モーターの出力を最適に電子制御するE-4WD(Electric powered 4 Wheel Drive)システムを採用した。さらに、後輪左右のトルク移動を電動モーターによりダイレクトに制御するE-AYC(Electric Active Yaw Control)システムを新たに採用。これらE-4WDとE-AYCに加え、ABS、ASC(Active Stability Control)を統合制御するS-AWCにより、4輪の駆動力、制動力を独立して制御することが可能となり、「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現した。
エネルギーリサイクル技術
『i MiEV SPORT』では、モーターの特性を最大限活用する工夫を随所に採用した。減速時にエネルギーを回収する回生ブレーキに加え、補助発電装置として、ルーフに設置した太陽光発電やフロントグリル内部に設けた走行風を利用した電力発電用ファンを装備することで、エネルギーの有効活用をはかった。また、リヤコンビランプなど、照明には省電力タイプの高輝度LEDを多用、室内も、熱線吸収コーティングガラスによりエアコンの効率を高めるなど、省エネルギーに配慮した。また、三菱自動車独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」を内装材に多用するなど、環境にも配慮した。
基本諸元
全長 3,450[㎜]
全幅 1,600[㎜]
全高 1,400[㎜]
ホイールベース 2,550[㎜]
トレッド(F/R) 1,405/1,405[㎜]
乗車定員 2+2名
モーター 永久磁石式同期モーター
フロント:インホイールモーター
リヤ:シングルモーター
最高出力 フロント:20kW×2 リヤ:47kW
最大トルク フロント:250Nm×2 リヤ:180Nm
最高速度 180km/h
航続距離(10・15モード) 200km
駆動方式 E-4WD
タイヤサイズ 175/45R17 "

関連サイト
第40回東京モーターショー

コメント

続きを読む "三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/07

Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方)

" .....He plugged his Toyota Prius into the backup uninterruptible power supply unit in his house and soon the refrigerator was humming and the lights were back on. “It was running everything in the house except the central air-conditioning,” Dr. Swinney said. ..... "
-----New York Times Greentech,September 2, 2007

コメント
 以前にハリケーンの被害で停電して往生したアメリカ人が、次のハリケーンではそれに万全の対策でのぞむことができた。その人が用意したのは、プリウス、ハイブリッド車とUPS電源。
 UPS電源とは、バッテリーとDC-ACインバーターで構成される無停電電源だ。停電の時のパソコンのバックアップ用に用意して、お持ちの人もいるに違いない。だが、UPS電源だけだと、長時間の停電には対応できない。バッテリーに蓄電された電力を使い切ったら、終わりだからだ。だが、あなたがプリウスをもっているとしたら、大型のガソリン発電機をもっているのと同じことだ。しかも、結構効率がいい発電機なのだ。UPS電源のバッテリーにプリウスから適宜電力を供給し充電してやることで無停電電源は、ガソリンがなくなるまで、それがなかった場合よりもはるかに長い時間、必要な電力を供給してくれるにちがいない。

続きを読む "Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/09/06

“プレ洞爺湖”温暖化など注目…今日APEC閣僚会議 / クリッピング FujiSankei Business i.

" 21カ国・地域が参加し経済分野の協力などを話し合うアジア太平洋経済協力会議(APEC)の閣僚、首脳会議がオーストラリアのシドニーで5日、開幕する。環境問題が主要テーマとなる来年7月の「北海道洞爺湖サミット」(主要国首脳会議)を控え、APECでも気候変動対策で省エネ目標を協議。 .......... "
-----FujiSankei Business i. ,2007/9/5

関連サイト
APEC 2007 - Homepage

Asia-Pacific Economic Cooperation(APEC)

関連記事
温暖化ガス削減、目標合意は困難=APEC会議で-豪首相-----時事通信、2007/09/02

50カ国以上の首脳が出席=国連気候変動会合-----時事通信、2007/09/05

米豪、温暖化防止へ協力拡大・首脳会談で合意-----NIKKEI NET,2007/9/5

コメント

続きを読む "“プレ洞爺湖”温暖化など注目…今日APEC閣僚会議 / クリッピング FujiSankei Business i."

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/09/05

「エコの壁」(上、下)――養老孟司さんに聞く / クリッピング 日経Ecolomy

" ――環境問題はなぜ理解しにくいのでしょうか  環境問題はシステムの問題だからだ。社会システム全体を考えないとだめ。部分的に解決しようとしてもうまくいかないから、環境保護の推進派もその反対の人も、時々ヒステリックに反応する。そういった問題点が集約されているのが、地球温暖化問題だ。 "
-----日経Ecolomy,環境問題はなぜ理解できないか 上、2007/5/29「ほどほどの成長」に参勤交代を 下、2007/5/29

コメント
 養老孟司の語り口は、いつもラジカルそして明快。今回のインタビューでも、日本の立ち位置、”日本は本来、世界中でもっとも有利な国だ”、さらにグローバリズム経済と化石燃料に依存し、原子力を日本で推進するリスクについても、さらりと、あくまでもさらりと、科学的に見る人として、しかもわかりやすい語り口で方ってくれます。
 脱温暖化、グローバリズム経済の弊害からの脱却、そして脱石油文明への道筋は、独特で具体的。”このままの社会が続くわけがないということを理解”し参勤交代で、都会と田舎暮らしの両方のライフスタイルをダイナミックに行ったりきたり。部分の合計では決してわからない、全体を見渡すゼネラリストの養老さんならではのコラムでした。
読んで3度ぐらいすっきりしました。私、参勤交代の準備開始します。(t_t)

続きを読む "「エコの壁」(上、下)――養老孟司さんに聞く / クリッピング 日経Ecolomy"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

LED光源ボックス「PFB」新発売のお知らせ / プレスリリース シーシーエス

Css_ledkougen
-----image(pop up) & text : シーシーエス 2007.8.30 / 発表”LED光源ボックス「PFB」新発売のお知らせ
”(pdf)より-----

" 独自の技術により明るさを実現
当社はこのたび、独自の技術を活かして、ハロゲン光源ボックスと同等の明るさを実現したLED光源ボックス*「PFB」を商品化しました。
ファイバー照明用の光源ボックスはハロゲンが主流ですが、生産現場では、環境負荷の低減、効率化がますます求められています。現在導入されているハロゲン光源ボックスをこの「PFB」に置き換えることにより消費電力を80%以上削減することができ、同時に地球温暖化の原因のひとつであるCO2排出量の削減につながります。ハロゲン光源ボックスを採用されているお客様へ置き換えの提案を積極的に進めてまいります。

1.商品の特徴
(1)ハロゲンと同等の明るさを実現
(2)低消費電力である
・100Wのハロゲンを20WのLEDに置き換え可能
・CO2削減につながるため環境負荷が少ない
(3)寿命が長い
・ハロゲンと比べて40倍の長寿命
・劣化しにくいのでメンテナンスの手間が少ない
(4)互換性が優れている
・各メーカーのファイバー照明を装着して使用可能
・ストレート型、リング型、バックライト型に対応
2.発売の概要
サイズ(外径):幅74mm×高さ140mm×奥行265mm
出力電力:20W
外部制御:アナログ制御とデジタル制御を選択可
光源色:白色
価格:オープン価格
PFBを導入すると、
80%以上COを削減できる
時期:平成19年9月3日発売開始
3.ターゲット市場
半導体メーカー、電子部品メーカー、
三品(食品・薬品・化粧品)メーカー など
..........  "

関連記事
消費電力80%減 シーシーエスがLEDボックス-----イザ!、2007/9/3

コメント

続きを読む "LED光源ボックス「PFB」新発売のお知らせ / プレスリリース シーシーエス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/03

ポスト京都、最も厳しい温暖化シナリオ重視・国連準備会合 / クリッピング NIKKEI NET

" 国連が今年12月にインドネシア・バリ島で開く地球温暖化防止条約締約国会議に向けた準備会合が31日に閉幕した。「ポスト京都議定書」といわれる2013年以降の温暖化対策の新しい枠組みについて、国連の最も厳しい温暖化シナリオを重視、先進国が20年までに1990年比で25―40%の削減を要することを議論の出発点と位置づけた。 ......... 今後10―15年の間に排出量のピークを迎える最も厳しいシナリオを重視していくことで合意した。 "
-----NIKKEI NET,2007/9/1

参考記事
米国の気温上昇、温暖化ガスが主因・米海洋大気局が報告-----NIKKEI NET,2007/8/29

コメント
 国連がIPCCの報告の3つのシナリオの中で、もっとも厳しいシナリオを、ポスト議定書をめぐり、各国間ではじまる議論の中心に据えることを決めた。当然といえば、当然だが、こういった積極派の動きが、消極派とどう政治の舞台でかけひきを展開するのかと考えると、事態はまったく楽観できない。アメリカの”雰囲気”も変わってきたようなので、アピールは活発化すると思われるが、それがどんな形で、将来の私たちの生活に影響を与えるのか、折折に見極めて行動することがますます重要になると思われます。

続きを読む "ポスト京都、最も厳しい温暖化シナリオ重視・国連準備会合 / クリッピング NIKKEI NET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »