« 知のフリースペース”ウィキペディア”を荒らすのは誰? | トップページ | オゾン層の破壊への国際的な連携、モントリオール議定書の成果とは? »

2007/09/18

陸域観測技術衛星「だいち」による「ALOS京都・炭素観測計画」の運用開始のお知らせ / 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター発表

" 宇宙航空研究機構(JAXA)では、平成15年以降「ALOS京都・炭素観測計画」*1の立ち上げを行って参りました。このプロジェクトは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校等、20の研究機関との共同研究により行います。平成19年8月23日のブラジル環境及び再生可能天然資源院(IBAMA)との協定締結をもちまして、参加機関間の協定締結を完了しました。これにより9月3日から、プロジェクトを運用開始することになりましたのでここにお知らせします。 今回協定を締結したIBAMAとは、「だいち」搭載のパルサー(PALSAR)*2画像から、違法伐採を含む森林伐採の領域を特定していくこととしています。 (図1)はIBAMAに即時提供する画像の一例です。(図2)はそのうちの一部(10km四方)を切り出したものです。(図3)はアマゾン・ロンドニア地域の高分解能モザイク(数シーン貼り合わせ)画像です。(図3)のような画像を、大陸規模で受信後3か月以内に作成します。 *1)ALOS京都・炭素観測計画 このプロジェクトは、世界の陸地の約3割を占める森林やその周辺、湿地帯や砂漠について、その長期的な変動や季節的な変動を「だいち」に搭載した合成開口レーダを用いて広範囲に観測し、データ解析や現地調査をもとに地球環境変化との関連を調べることを目的としたものです。このために南アメリカ(アマゾン)、東南アジア、中央アフリカの熱帯雨林、シベリア、カナダ、アラスカに分布する北方林など世界規模の観測をします。地球観測センター(埼玉県鳩山町)でのデータ受信後、画像を3か月以内にオンラインの専用回線経由で各機関に提供します。ただし、アマゾン域のデータについては即時画像化し、10日以内にIBAMAへ提供します。 JAXA参考URL:http://www.eorc.jaxa.jp/ALOS/kyoto/kyoto_jindex.htm "
-----宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター / 2007年9月3日発表より

関連サイト
JAXA : 陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」

JAXA : 地球・環境観測、防災への利用

コメント

 衛星だいちは、地震の動きを大地の歪みを観測することでより具体的かつ広域的な影響の把握を可能にしてくれました。今回は、この目を生かしアマゾンの違法伐採のモニターの役目を担うということです。衛星の打ち上げには膨大な予算がかかります。軍事衛星だとデーターは公開されることはありませんが、通常の衛星ならば、目として役に立ちます。災害の分析はもちろん、世界的な気候変動、環境破壊が問題になるなか、軍事への予算の配分をする余裕は世界にはありません。
 是非、衛星が民生用に活用される状況が変わらない政治状況であるが続くこと、さらに平和利用がひろがることを期待しています。(t_t

参考
平成19年(2007年)新潟県中越沖地震に関する 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)による観測の結果について-----宇宙航空研究開発機構1(JAXA)、平成19年7月20日発表

関連エントリー
H-IIAロケット8号機による 陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)の打上げ延期について(続報) / プレスリリース 宇宙航空研究開発機構-----しなやかな技術研究会、2006/01/19



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

|

« 知のフリースペース”ウィキペディア”を荒らすのは誰? | トップページ | オゾン層の破壊への国際的な連携、モントリオール議定書の成果とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/16477152

この記事へのトラックバック一覧です: 陸域観測技術衛星「だいち」による「ALOS京都・炭素観測計画」の運用開始のお知らせ / 宇宙航空研究開発機構 地球観測研究センター発表:

« 知のフリースペース”ウィキペディア”を荒らすのは誰? | トップページ | オゾン層の破壊への国際的な連携、モントリオール議定書の成果とは? »