« Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方) | トップページ | アジアの急速な石炭の利用が、温暖化に拍車をかける-----WWF「Coming Clean」リポート公開 »

2007/09/10

三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車

2007090716731
-----image (”i MiEV SPORT”) & text :2007年9月7日発表より

" 三菱自動車は10月24日(水)(一般公開は10月27日(土)から11月11日(日)まで)より幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される第40回東京モーターショーに、三菱自動車の企業コミュニケーションワード "クルマづくりの原点へ。" を基に、同社のクルマづくりの3つの柱である「走る歓び」「確かな安心」「環境への貢献」を具現化した以下の3台のコンセプトカーを出品する予定である。

『i MiEV SPORT(アイ ミーブ スポーツ)』 : 世界初披露
環境性能と電気モーター特有の高い動力性能を併せ持つ、三菱自動車の環境対応のシンボル技術である『i MiEV』をベースとし、より "走り" のイメージを高めた、環境性能と走行性能を高いレベルで両立した電気自動車である。

『MITSUBISHI Concept-ZT』 : 世界初披露
新開発2.2Lクリーンディーゼルエンジンと自動変速トランスミッション「Twin Clutch SST(Sport Shift Transmission)」を組み合わせて採用。また、プリクラッシュセーフティなどの先進のアクティブセーフティ技術、ポップアップフードなどの衝突安全技術により三菱自動車のクルマづくりの柱である「走る歓び」「確かな安心」「環境への貢献」の3要素を高いレベルで実現する技術の集大成である。

『MITSUBISHI Concept-cX』 : 日本初披露
SUVを得意とする三菱自動車が提案する街乗りでの使い勝手に優れた走行性能と環境性能、そして実用性能を高めたコンパクトSUVである。
なお、『MITSUBISHI Concept-cX』は、9月11日から開催のフランクフルトモーターショーで出品される予定である。
..........
1. i MiEV SPORT (アイ ミーブ スポーツ)
(参考出品)

特長
・ 『i MiEV』をベースに、より "走り" のイメージを高めたフォルムとすると同時に、前輪に三菱自動車特有のインホイールモーター技術を組み込むことで、車両運動統合制御システムS-AWC(Super All Wheel Control)を構成し、高い運動性能を実現することで、環境性能と走行性能を高いレベルで両立した。
・ より生活に密着した人とクルマの新たな関わりを提案することで、電気自動車の可能性を追求した。
...........
パワートレイン/S-AWC
前輪左右の2つのインホイールモーターと、後輪には、『i MiEV』と同じシングルモーターの計3つの永久磁石式同期モーターを搭載。各モーターの出力を最適に電子制御するE-4WD(Electric powered 4 Wheel Drive)システムを採用した。さらに、後輪左右のトルク移動を電動モーターによりダイレクトに制御するE-AYC(Electric Active Yaw Control)システムを新たに採用。これらE-4WDとE-AYCに加え、ABS、ASC(Active Stability Control)を統合制御するS-AWCにより、4輪の駆動力、制動力を独立して制御することが可能となり、「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現した。
エネルギーリサイクル技術
『i MiEV SPORT』では、モーターの特性を最大限活用する工夫を随所に採用した。減速時にエネルギーを回収する回生ブレーキに加え、補助発電装置として、ルーフに設置した太陽光発電やフロントグリル内部に設けた走行風を利用した電力発電用ファンを装備することで、エネルギーの有効活用をはかった。また、リヤコンビランプなど、照明には省電力タイプの高輝度LEDを多用、室内も、熱線吸収コーティングガラスによりエアコンの効率を高めるなど、省エネルギーに配慮した。また、三菱自動車独自の植物由来樹脂技術「グリーンプラスチック」を内装材に多用するなど、環境にも配慮した。
基本諸元
全長 3,450[㎜]
全幅 1,600[㎜]
全高 1,400[㎜]
ホイールベース 2,550[㎜]
トレッド(F/R) 1,405/1,405[㎜]
乗車定員 2+2名
モーター 永久磁石式同期モーター
フロント:インホイールモーター
リヤ:シングルモーター
最高出力 フロント:20kW×2 リヤ:47kW
最大トルク フロント:250Nm×2 リヤ:180Nm
最高速度 180km/h
航続距離(10・15モード) 200km
駆動方式 E-4WD
タイヤサイズ 175/45R17 "

関連サイト
第40回東京モーターショー

コメント

 三菱自動車のあすにでも発売されてもおかしくないデザインと技術的な錬度をもった電気自動車がコンセプトカーとしてモーターショーに出品されるそうです。
 インホイールモーター、リチウム電池などもすでにかなりのレベルまでブラッシュアップされていると思われます。
 同時に公開予定の、MITSUBISHI Concept-ZT (参考出品)とMITSUBISHI Concept-cX (参考出品)は、

" 2. MITSUBISHI Concept-ZT (参考出品)

特長
・ 高出力、低燃費の2.2Lクリーンディーゼルエンジンと「Twin Clutch SST」を組み合わせて採用、さらに内装材にはグリーンプラスチックを多用するなど、走行性能の向上とともに高い環境性能を実現した。
...........
3. MITSUBISHI Concept-cX
(参考出品)
.....4WD.....
特長
新開発1.8Lクリーンディーゼルエンジンと「Twin Clutch SST」を組み合わせ、高い走行性能と環境性能を実現。さらに、運転のし易いドライビングポジションや『アウトランダー』にも使われている上下開閉式テールゲートを採用することで、実用性を高めるなど、街乗りで使われることを想定したソフトローダーとして提案するコンパクトSUV。
.......... "


 高い安全性能を追求したディーゼルエンジンを搭載しているとのこと、ヨーロッパ志向の強いコンセプトカーなのかな。個人的にはi MiEV SPORTに注目してしまうが、ディーゼル乗用車も国内市場での復活もありなのかなぁ。その辺りの事情がわからん。(t_t)

関連エントリー
三菱自動車の新作コンセプトカー3台 東京モーターショーに出品-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/9/8

追加情報
スバル プラグイン ステラ、三菱自動車 i-MiEV いよいよ発売開始-----しなやかな技術研究会、2009/06/11


ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

|

« Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方) | トップページ | アジアの急速な石炭の利用が、温暖化に拍車をかける-----WWF「Coming Clean」リポート公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/16382835

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱自動車 第40回東京モーターショー 出品内容 / プレスリリース 三菱自動車:

« Power to the People: Run Your House on a Prius / クリッピング New York Times(ハイブリッド車、プリウスの”もうひとつ”の使い方) | トップページ | アジアの急速な石炭の利用が、温暖化に拍車をかける-----WWF「Coming Clean」リポート公開 »