« 今年の正月は、”カーボンオフセット年賀” | トップページ | 温暖化ガス、排出量を40%削減目指す・ドイツ政府 / クリッピング NIKKEI NET »

2007/08/24

ぶどう糖で発電するバイオ電池を開発 / プレスリリース ソニー

Qfhh7c00000dztxp
-----image(”<試作したバイオ電池セル4個(左)をつなげてウォークマンを駆動> ”) & text : ソニー、2007年08月23日 発表より

" ~パッシブ型バイオ電池で世界最高出力を達成~
ソニー株式会社(以下ソニー)は、植物に含まれる栄養源である炭水化物(ぶどう糖)を酵素で分解して活動エネルギーを取り出す生物のしくみを応用し、活動エネルギーのかわりに電気エネルギーを取り出して発電するバイオ電池を開発しました。
 今回試作したバイオ電池は、パッシブ型バイオ電池の基礎研究成果として、50mWの世界最高出力を達成しています。また、試作したバイオ電池を使って、ウォークマン(メモリータイプ)による音楽再生を実現しました。
..........
 ぶどう糖は、太陽光を受けた植物が、光合成によって合成する物質の1つで、地球上に豊富に存在する再生可能なエネルギー源であり、ぶどう糖で発電するバイオ電池は、環境にやさしい将来のエネルギーデバイスとして期待されます。
 ソニーは、今後も酵素固定化方法や電極材料の開発による発電性能や耐久性の向上など、様々な要素技術の研究開発を行い、将来の実用化を目指していきます。
..........
■今回試作したバイオ電池(1ユニット)の仕様
外形寸法 : 幅39 ×高さ39 ×奥行き39 (mm)
電池部容量 : 約40cc(筐体を除く実質的なサイズ)
最大出力 : 約50 mW "

コメント

 ”ブドウ糖発電”?
 バイオ電池に関しては、以前パナソニックの砂糖電池についての記事を読んで、”へー!”と関心したことはありましたが、実際にノーアイディアでした。ただ、そういう研究もあるのだと感心したことは覚えています。その記事を読み返すと、

松下電器「isM」 : 砂糖電池/食べ物からクリーンエネルギー?

" .....「そう、未来を照らすのは、砂糖電池をはじめとする生物代謝を応用したバイオ電池なのです。実際、砂糖電池は、今一番パワーが得られると考えられているリチウムイオン電池の3~10倍の電気が取り出せる可能性を持っていると、私は考えています。..... "

リチウムイオンより高密度の電池として使える可能性について書かれていました。およよ、バイオとつく分野、酵素という不思議な性質をもった物質がさまざまなところでエネルギーの未来を左右する時代が来てくれるのでしょうか? (t_t)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

|

« 今年の正月は、”カーボンオフセット年賀” | トップページ | 温暖化ガス、排出量を40%削減目指す・ドイツ政府 / クリッピング NIKKEI NET »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/16213347

この記事へのトラックバック一覧です: ぶどう糖で発電するバイオ電池を開発 / プレスリリース ソニー:

« 今年の正月は、”カーボンオフセット年賀” | トップページ | 温暖化ガス、排出量を40%削減目指す・ドイツ政府 / クリッピング NIKKEI NET »