« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

「京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案)」に対する意見の募集について / プレスリリース 環境省

" 平成19年8月10日に開催された中央環境審議会地球環境部会・産業構造審議会環境部会地球環境小委員会合同会合において、「京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案)」が提示されました。  当該中間報告(案)について、平成19年8月28日(火)から9月18日(火)までの間、広く国民の皆様から御意見を募集し、今後の京都議定書目標達成計画の見直しの検討の参考にさせていただきたいと存じます。

1.意見募集の対象
別添「京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案)」

2.意見募集要領
(1)意見募集期間
平成19年8月28日(火)~平成19年9月18日(火)【必着】 (2)意見提出方法
 次の様式にならい、郵送、ファックス、電子メールのいずれかの方法で(3)の意見提出先へ提出してください。なお、電話などによる意見提出はお受けしかねますので、あらかじめ御了承下さい。
(注意事項)
御提出いただきました御意見については、氏名、住所、電話番号等個人情報に関する事項を除き、すべて公開される可能性があることをあらかじめ御了承願います。なお、氏名、住所、電話番号については、御意見の内容に不明な点があった場合の連絡以外の用途では使用致しません。
皆様からいただいた御意見に対し、個別にお答えすることはできませんので、その旨御了承願います。(いただいた意見は、今後の検討の際の参考とさせていただきます。)
(3)意見提出先
○環境省
略 プレスリリース参照
又は
○経済産業省
略 プレスリリース参照
※ ファックスの場合、様式は別添を参照して下さい。 ※ 電子メールの場合、件名に「京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案)」と記載して下さい。 3.資料の入手方法
 資料は、以下により入手可能です。
(1) 電子政府の総合窓口(http://www.e-gov.go.jp/)のパブリックコメントのページを参照
(2) 環境省ホームページのパブリックコメント欄(http://www.env.go.jp/info/iken.html)を参照
(3) 環境省地球環境局地球温暖化対策課、経済産業省産業技術環境局環境経済室において配布 4.関連情報
 過去の中央環境審議会地球環境部会・産業構造審議会環境部会地球環境小委員会合同会合の資料・議事録は、中央環境審議会地球環境部会のHP(http://www.env.go.jp/council/06earth/yoshi06.html)にて掲載中です。

(お問い合わせ先)
環境省地球環境局地球温暖化対策課
..........
添付資料
京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案) [PDF 620KB]
意見提出様式 [WORD 33KB]
(参考資料)委員からの意見 [PDF 1,069KB] "

-----環境省、平成19年8月28日

コメント
 京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案) [PDF 620KB] には、京都議定書に対する公式の反省と今後に対する政府の考え方が述べられている。ただし、現状1990年度の基準年に対して6%削減するはずが、現状では8%以上増やしてしまっているという2006年の現状に対して、いきなり2050年に50%削減をうたうという、政府の方針に関して疑念をもたざるを得ない。

続きを読む "「京都議定書目標達成計画の評価・見直しに関する中間報告(案)」に対する意見の募集について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/30

GMのフルサイズ・ハイブリッドSUV - GMC Yukon Hybrid登場

 GMが通常のYukonの燃費より25%省エネ性能を発揮できるフルサイズ・ハイブリッドSUV車、GMC Yukon Hybridを開発したそうです。
 ノーマルタイプの燃費性能は、5.3-liter V-8のスペックで city 16 / highway 22というころですから、city 20 / highway 27.5 MPGという感じでしょうか、km/リットルでは、市街 8.4 km/リットル、高速道路 11.6km/リットルという感じでしょうか。(1ガロン = 約3.8リットル、1マイル =約1.6km )

Gmc_yukon_hybrid
-----image(GMC Yukon Hybridサイトキャプチャー画像) : GMC Yukon Hybrid - Full Size Hybrid SUV -

関連記事
GM's First True Hybrid: GMC Yukon-----The Energy Blog,August 27, 2007

Test Drive: GMC Yukon Hybrid-----San Jose Mercury News,08/24/2007

米GM、A123システムズ社と電気自動車用リチウムイオン電池を共同開発 -----NIKKEI NET:クルマ、08/16

コメント

続きを読む "GMのフルサイズ・ハイブリッドSUV - GMC Yukon Hybrid登場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/29

UNEP : 「OUR PlANET May 2007」の日本語版が公開中

 国連環境計画(UNEP)の機関誌「2007.Vol.2(通巻8号) 気候変動と雪氷圏 (May 2007 Climate Change and the Cryosphere)」(日本語版)が公開されています。

国連環境計画(UNEP)機関誌情報サイト / アワプラネット(Our Planet)
Ou18-----image(同サイトよりカバーイメージ)-----

 上記URLより最新日本語版がダウンロードできます。英語版(Francais | Espanolへのリンクもあり)は、下記より同じくダウンロードできます。

UNEP : Our Planet Magazine

" ヘレン・ビョルンオイ ノルウェー環境大臣政治、企業、草の根各レベルで 気候変動と闘う決意の必要性を強調する。 違う惑星──7 "ただちに行動する必要があります。今後二、三十年以内に、温暖化傾向に歯止めをかけなければなりません。それを怠れば、地球は温暖化によって私たちが知っているものとは違う惑星に変貌する可能性があります。温暖化する地球の現在の平均気温がさらに摂氏1度上がると、そこがぎりぎりの境界線です。"
2007may_ourplanet_p78 -----image(OUR PlANET May 2007日本語版より)-----

続きを読む "UNEP : 「OUR PlANET May 2007」の日本語版が公開中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/28

首都圏の化学天気予報システムを開発 / プレスリリース 海洋研究開発機構

Img1
-----image(pop up ; ”図 1 開発した化学天気予報システムによる計算結果例”) & text : 海洋研究開発機構、2007年08月22日発表より

" オゾン(オキシダント)の当日予報が可能に
概要
海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏)地球環境フロンティア研究センター大気組成変動予測研究プログラムの滝川雅之研究員と秋元肇プログラムディレクターは、東京大学気候システム研究センター高橋正明教授と共同で、首都圏を対象に、有害物質であるオゾン(オキシダント)の化学天気予報システム(図1)を開発しました。本システムを用いれば、首都圏各地で、オゾン濃度が高くなる時間と場所を予測することが可能となります。この成果は8月22日、日本気象学会の英文レター誌「SOLA」に掲載される予定です。

背景
最近、我が国における光化学オキシダント注意報の発令回数が増加する傾向にあり、中国からの越境大気汚染が議論されています。光化学オキシダントは、目や呼吸器への影響のため学校における体育の授業が中止されるなど、その社会的影響が大きく、より精度の高い当日予報が求められています。 ...... "

関連サイト
化学天気予報/Chemical Weather Forecast / 都市スケール化学天気図

関連記事
光化学スモッグ、原因予測し公開 海洋機構と東大-----asahi.com,2007年08月22日

コメント

続きを読む "首都圏の化学天気予報システムを開発 / プレスリリース 海洋研究開発機構"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/27

温暖化ガス、排出量を40%削減目指す・ドイツ政府 / クリッピング NIKKEI NET

" ドイツ政府は24日、2009年までの2年間に実施する政権公約をまとめた。6月の主要国首脳会議(サミット)で地球温暖化防止論議を主導した経緯を踏まえ、二酸化炭素(CO2)など温暖化ガスの排出量を20年までに1990年比で40%削減することを目指す。 "
-----NIKKEI NET,2007/8/25

コメント
 日本も2050年までに50%という”目標を”かかげている。世界中でさまざまな国や自治体などが温暖化効果ガス削減について具体的な年度と具体的な内容を掲げている。それ事態は歓迎すべきことだ。ただ、その目標にむけて、どれだけ具体的に動いているかということが今後は問われる。温暖化効果ガス削減をむずかくしているのは、生活の質がそれによって変わってしまうという警告があるからだ。若い国、そしてこれから経済発展しようとする国にとっては大変な足かせともうつるに違いない。
 そんな中で、同じ先進国であるドイツがとろうとしている道は、日本よりはわかりやすい。
 たとえば、

続きを読む "温暖化ガス、排出量を40%削減目指す・ドイツ政府 / クリッピング NIKKEI NET"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/08/24

ぶどう糖で発電するバイオ電池を開発 / プレスリリース ソニー

Qfhh7c00000dztxp
-----image(”<試作したバイオ電池セル4個(左)をつなげてウォークマンを駆動> ”) & text : ソニー、2007年08月23日 発表より

" ~パッシブ型バイオ電池で世界最高出力を達成~
ソニー株式会社(以下ソニー)は、植物に含まれる栄養源である炭水化物(ぶどう糖)を酵素で分解して活動エネルギーを取り出す生物のしくみを応用し、活動エネルギーのかわりに電気エネルギーを取り出して発電するバイオ電池を開発しました。
 今回試作したバイオ電池は、パッシブ型バイオ電池の基礎研究成果として、50mWの世界最高出力を達成しています。また、試作したバイオ電池を使って、ウォークマン(メモリータイプ)による音楽再生を実現しました。
..........
 ぶどう糖は、太陽光を受けた植物が、光合成によって合成する物質の1つで、地球上に豊富に存在する再生可能なエネルギー源であり、ぶどう糖で発電するバイオ電池は、環境にやさしい将来のエネルギーデバイスとして期待されます。
 ソニーは、今後も酵素固定化方法や電極材料の開発による発電性能や耐久性の向上など、様々な要素技術の研究開発を行い、将来の実用化を目指していきます。
..........
■今回試作したバイオ電池(1ユニット)の仕様
外形寸法 : 幅39 ×高さ39 ×奥行き39 (mm)
電池部容量 : 約40cc(筐体を除く実質的なサイズ)
最大出力 : 約50 mW "

コメント

続きを読む "ぶどう糖で発電するバイオ電池を開発 / プレスリリース ソニー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/23

今年の正月は、”カーボンオフセット年賀”

 今年、温暖化効果ガス削減をカーボンオフセットというしくみを使って行うことができる年賀葉書が販売されることが決まりました。

070821j20103
-----image(”【資料:「カーボンオフセット年賀」デザイン】”)以下発表より

プレスリリース / 日本郵政公社、2007年 8月21日
平成20年用寄附金付お年玉付年賀葉書地球温暖化防止に寄与する「カーボンオフセット年賀」発行決定

" 国民的行事で地球温暖化防止を啓発し個人レベルで京都議定書マイナス6%に貢献
 日本郵政公社(所在地:東京都千代田区霞が関 総裁:西川善文)では、平成20年用寄附金付お年玉付年賀葉書のひとつとして「カーボンオフセット年賀」の発行を決定しました。この「カーボンオフセット年賀」は、寄附の目的を「温室効果ガス削減への貢献」に限定した寄附金付お年玉付年賀葉書で、目的を限定して寄附を行う寄附金付お年玉付年賀葉書の発行は、今回が初の試みとなります。

 販売価格は55円で、そのうち5円が寄附金となり、この寄附金は、地球温暖化防止を推進するプロジェクトを支援し、京都議定書で定められた日本の温室効果ガス排出削減目標である「マイナス6%」に貢献します。
..........
1997年に議決された「京都議定書」では、先進国の温室効果ガス削減目標が数値化され、日本では「2008年から2012年までの温室効果ガスの年間平均排出量を、基準年の1990年からマイナス6%とすること」と定められました。

 しかしながら現状は、削減どころか2005年度末時点で基準年と比べて約7.8%増加し、状況はさらに悪化(つまり目標達成には、今後約13.8%の削減が必要)しており、特にオフィスや家庭では温室効果ガスの排出量が約40%も増加するなど、個人レベルへの啓発、対策が急務だと言われています。
そこで、ヨーロッパを中心に急速に広がっているのが「カーボンオフセット」という考え方です。「カーボンオフセット」とは、自らの努力だけではどうしても削減しきれないCO2などの温室効果ガスを、地球温暖化防止を推進する世界各地のクリーンエネルギー事業などを支援し、CO2を削減することにより打ち消す(Offset)仕組みのことです。
..........
《「カーボンオフセット年賀」オフィシャルWEBサイト》
www.carbonoffset-nenga.jp
(9月1日オープン予定) "

続きを読む "今年の正月は、”カーボンオフセット年賀”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/22

環境技術で中国に協力、排出権を取得・政府方針 / クリッピング NIKKEI NET

" 日本政府は大気汚染などが深刻な中国政府に対して新たな環境協力を提案する。来年度から日本側が中国内の民間工場などに技術や資金を提供し、大気汚染物質と温暖化ガスの排出削減に協力。見返りとして中国側から二酸化炭素(CO2)の排出権をもらう。 "
----NIKKEI NET,2007/8/21

コメント
 こうした環境技術とバーターで排出権を得る手法が日本の政府が考えているなかで大きなウェイトを占めているようだ。確かにすすめるべきだ。中国の大気汚染は、日本の大気汚染につながるから、結構優先度の高い提供技術にも思えます。
 しかし、こんなことを提案する国が信用できる国だろうか?

中国、太平洋の東西分割提案か 米軍は拒否-----Sankei Web,2007/08/20

 この報道の詳細は明らかにされない可能性が高いので、誤解の可能性もあるが、北京オリンピック後の中国が現在と同じ中国でない可能性もある。排出権ビジネスであるのなら、エネルギー、食料、安全保障全体での俯瞰が必要だ。技術だけで、今後の世界政治の難局と国民生活を守ることはできないと思う。環境政策=自給政策と言いいることができる状況がある。国内での体制作りをいそいでほしい。キーワードは、エナジー・オートノマス(Energy Autonomy)(t_t)

関連エントリー

続きを読む "環境技術で中国に協力、排出権を取得・政府方針 / クリッピング NIKKEI NET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/21

東電供給電力ギリギリ 余力は原発1基未満 / クリッピング asahi.com

" 新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発が全面停止した東京電力は、お盆休みが明けて企業がフル操業に戻る今週と来週、電力供給の正念場を迎える。3月末に予測していた最大電力(=需要)に対する供給余力は、今週が97万キロワット、来週が81万キロワットで、東電の主力原子力発電プラント1基分に満たない水準に落ち込む。酷暑が再び関東地方を襲って冷房需要が高まれば、電力不足で停電などが起きる可能性もある。 "
-----2007年08月20日

関連サイト
東京電力 : でんき予報

関連記事
放射能漏れ公表遅れを批判、柏崎刈羽原発でIAEA-----asahi.com,2007年08月18日

" ..........周囲の活断層が原発に与える影響について慎重に検討するよう求めた...........ジャメ調査団長は、原発の再開時期について、詳細な調査・分析に必要な時間や現場の状況から、「1年以上かかる」との見通しを示した。 "
----------

----------Google検索 ニュース : 活断層 原発

コメント
 わが社もこの熱いのに冷房のスイッチをいれないで、扇風機でがんばっております。ニュースによると東電さんは、社内節電に努力されているようです。首都圏のみなさん、節電に協力しましょう。
 といってもウチは、原発がなくても東京の電力は大丈夫という方向で節電をしているのです。

続きを読む "東電供給電力ギリギリ 余力は原発1基未満 / クリッピング asahi.com"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/08/20

北極海での海氷面積が観測史上最小に / プレスリリース 宇宙航空研究開発機構

20070816_arctic_4
-----image(pop up ; ”.....図2....2007年8月15 日の海氷状況... ”) & text : 海洋研究開発機構、宇宙航空研究開発機構、平成19年8月16日

" -今後さらに予測モデルを大幅に上回る減少の見込み-
概要
 海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏、以下JAMSTEC)及び宇宙航空研究開発機構(理事長 立川敬二、以下JAXA)は、海洋・大気観測データ、衛星観測による海氷データを共同で解析した結果、北極海における海氷面積が、過去最小を記録した2005年夏を大幅に上回るペースで減少し、8月15日に1978年から開始された衛星観測史上最小となったことを確認しました。海氷の減少は、9月中旬まで続き、海氷面積はさらに大幅な減少となる見込みです。この海氷の減少は、IPCC第4次報告書で予測されている北極海での海氷の減少を大幅に上回るもので、このような観測と予測の大きな差は、予測モデルでは北極海で起こっている現象が十分に表現されていないことの現れであると考えられます。

内容
 JAXAが開発・運用している改良型高性能マイクロ波放射計AMSR-E(アムサー・イー)による海氷密接度の観測データ、可視画像を解析した結果、


7月以降、各月日の北極海での海氷面積の最小記録を継続して更新していること
8月以降シベリア沖に発生し停滞する低気圧の影響で海氷の減少が加速していること
8月15日北極海全域での海氷面積が観測史上最小になったこと
このままのペースで減少が続けば、IPCCの予測を大幅に上回り、2040-2050年の予測値に達する可能性があることが判明しました。.....

推定原因

続きを読む "北極海での海氷面積が観測史上最小に / プレスリリース 宇宙航空研究開発機構"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/18

温室効果ガス半減目指す 経産省が技術革新計画策定へ / クリッピング Sankei Web

" 甘利明経済産業相は15日午前の閣議後会見で、2050年に世界の温室効果ガスの排出量を半減するとの目標達成のため、有識者会議を設置して「エネルギー革新技術計画」を策定することを明らかにした。 ..........二酸化炭素(CO2)を地中に封じ込める技術開発や、太陽光発電の発電効率の飛躍的な向上など、半減に向けて開発すべき技術.......... "
-----Sankei Web,2007/08/15

関連
経済産業省 甘利経済産業大臣の閣議後大臣記者会見の概要-----平成19年8月15日

"..........
 まず、第1点は「Cool Earth―エネルギー革新技術計画」についてです。総理イニシアティブの「美しい星50」におきまして、2050年までに温室効果ガス排出量半減という長期目標を掲げました。この長期目標の達成には、既存の技術の延長線上ではこれは解決をしない、革新的技術開発が不可欠です。エネルギー技術分野において、世界トップ水準にあります我が国は、革新的な技術開発を世界レベルで加速・推進することによりまして、2050年の世界の排出量大幅削減に貢献できると思っています。このために、今後10年間を第一フェーズとしまして、まずは来年度予算要求から800億円程度を目途に予算の重点化を図り、革新的なエネルギー技術開発を強力に推進をしてまいります。これに特化していくように、予算を集中をしていくという、その枠を来年度800億と設定したわけです。具体的には、来年開催をされます洞爺湖サミットに向けまして、ゼロエミッション石炭火力発電などを重点的に取り組むべき革新的な技術開発の具体的な内容、それから国際連携のあり方について検討をするために、有識者会議を設置をして検討をして、結果を「クールアース-エネルギー革新技術計画」として取りまとめたいと考えています。
..........
【Cool Earth-エネルギー革新技術計画】
Q: クールアースの件ですけれども、先ほど世界レベルで革新的な技術開発をということでしたが、今の段階で世界に対して大きなアピール、アプローチなどについて何かお考えになっていることがあったら教えてください。

A: これはアメリカがFutureGENという石炭のCO2ゼロエミッションということを掲げておりますが、これの協力が具体的にあると思います。CO2の封じ込め技術です。それから、水素社会に向けてどう技術を開発していくか。また、革新的な太陽光、エネルギー効率を革新的に上げていくような技術等々あると思いますけれども、もちろん最新の次世代原子力というのもあろうかと思います。
......... "

コメント
 結構なことだと思います、大歓迎です。
 といいたいが、現状では単に日本が得意だと考えている技術分野の将来を楽観的に見ているお気楽な予算付けとしかみえない。太陽電池の研究開発に予算はもちろん必要だろう。二酸化炭素のさまざまなストックや固定技術にだって予算は必要かもしれない。しかし、現在もっとも必要なのは、日本が得意でない分野での取り組みなのではないだろうか? 
 地震と縁の切れないわが国における原子力政策の見直しや、大規模集中型のシステムを補完するような中間的な技術の開発、研究にも積極的に取り組むべきだろう。

 ところで、もちろん。得意ではない分野とは、政治が国民の立場にたち、安全でより安定し豊かな暮らしを実現するという分野のことだ。技術への投資は大事だが、技術だけでは国の未来はない。(t_t)
 
参考エントリー
社会保険庁化する京都議定書-----佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン、2007年08月17日

 お盆明けの頭に飛び込んできた佐藤さんのエントリー。まずは復帰の一歩に役立ちました。トラックバックを送らせていただきます。(t_t)

続きを読む "温室効果ガス半減目指す 経産省が技術革新計画策定へ / クリッピング Sankei Web"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/10

イベント 9/16 エコツーリズムフォーラム / 環境省発表より

-----イベント案内より-----要事前申込

" 環境省では、エコツーリズムの普及、定着のために様々な取組を進めています。
 今年6月に「エコツーリズム推進法」が成立し、エコツーリズムの法的な定義や理念、具体的な推進策が定められ、エコツーリズムの推進にとって大きな一歩となりました。
 また、本年は我が国において自然公園法が制定されて、50周年の節目に当たります。
 本フォーラムでは、エコツーリズム推進法の内容及びガイドに伴われて自然を体感する旅の魅力を紹介するとともに、エコツーリズムの推進に当たり地域の自然環境や生活文化の保全のあり方などについて議論します。
 具体的には、第一部では自然公園法50周年記念特別講演として、登山講師として活躍されている岩崎 元郎さんにお話をいただくとともに、第2部では女優の星野 知子さんにエコツーリズムにつながる「触れて、見て、感じる旅を」の講演をいただくなど、多彩な内容となっています。

エコツーリズムフォーラム
1.テーマ
「自然と暮らしの文化を守る=エコツーリズムが目指すものと新しい旅の楽しみ方」
2.日時
平成19年9月16日(日)10時30分~16時40分
3.主催
環境省、(社)日本旅行業協会
4.協力
NPO法人日本エコツーリズム協会
5.会場
東京ビッグサイト 会議棟1階 レセプションホールA
6.実施内容(詳細は別紙参照)
第1部: 自然公園法制定50周年記念特別講演「美しい日本の山へ、でかけよう」
 講師:岩崎 元郎 氏(登山家、登山講師)
第2部: 基調講演「触れて、見て、感じる旅を」
 講師:星野 知子 氏(女優)
エコツーリズム推進法について
 講師:盛山 正仁 衆議院議員
パネルディスカッション
 コーディネーター:原 優二 氏((株)風の旅行社代表取締役) 7.参加申込について
対象者: 一般(エコツアーに興味のある方、エコツーリズムに関心のある自治体や個人、旅行業事業者等)
定員: 500名
参加費: フォーラム参加費用は無料。
申込方法: 別紙の申込用紙に記入の上、FAX又はE-mailにて9月12日(水)までに申込先までお申し込みください。
申込先: (社)日本旅行業協会 
または、
環境省自然環境局総務課自然ふれあい推進室 
8.その他

続きを読む "イベント 9/16 エコツーリズムフォーラム / 環境省発表より"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/09

ここまでわかった!地球温暖化の現実 (第3,4回) / クリッピング ECO JAPAN

 第1回2回に引き続き、3,4回が公開されています。

・ここまでわかった!地球温暖化の現実 (第3回) 追い詰められたアジアとアフリカ 飢餓人口が8000万人も増加-----2007年7月27日
" 気候変動がもたらす生命の危機を避けるには莫大な費用がかかる。先進国が招いた温暖化のツケを、発展途上国が背負っている。 "

・ここまでわかった!地球温暖化の現実 (第4回) 依然くすぶる懐疑論 人為CO2以外に犯人も?-----2007年8月3日
" 地球温暖化問題には様々な懐疑論が渦巻いている。「人為CO2説」もその1つ。真犯人として太陽活動や宇宙線による雲の効果、海の循環が提案されているが、定量化が難しく、今は状況証拠しか出せていない。 "

コメント
 第4回の温暖化は人為にあらず、、、、という懐疑論はいろいろあるが、それはともかくとして、自分の納得という意味では、CO2説よりも納得できると感じるものはあります。

続きを読む "ここまでわかった!地球温暖化の現実 (第3,4回) / クリッピング ECO JAPAN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

日産自動車、SULEVレベルのクリーンな排出ガスを実現するディーゼル技術を発表 / プレスリリース

0708060102j
-----image(pop up ; ”【 HC・NOxトラップ触媒と排出ガス浄化システムの構成】”) & text : 日産自動車、2007年8月6日発表より

" 日産自動車株式会社(本社:東京都中央区銀座 社長:カルロス ゴーン)は、高性能触媒技術を採用し、米国カリフォルニア州の排出ガス規制SULEVレベル(北米排出ガス規制のTier2Bin2と同等)を可能とするクリーンディーゼル技術を発表した。
 同社のクリーンディーゼルを実現する技術は、燃焼技術(MK燃焼) 、高性能触媒技術(HC・NOxトラップ触媒)、高度エンジン制御技術の3つである。
今回発表した日産のHC・NOxトラップ触媒技術の特長は、NOxをトラップして浄化する層にHCの吸着層を追加し、吸着したHCと微量のO2を利用してNOx還元効率の高いH2やCOを生成して高効率なNOx浄化を実現することである。日産は既に北米排出ガス規制のTier2Bin5をクリアするクリーンディーゼル技術を公開しているが、このHC・NOxトラップ触媒技術によって、更に厳しいカリフォルニア州の排出ガス規制SULEVレベル(Tier2Bin5に対し、HC:約90%減、NOx:約70%減)の排出ガス性能を可能とした。
 日産は、ニッサン・グリーンプログラム 2010において、将来の排出ガス規制をクリアするクリーンディーゼル車を2010年度より拡大投入する計画を発表しているが、今回公開したクリーンディーゼル技術は、さらにその先の「大気並みのエミッション」を目指すという究極のゴールに向けた重要な技術であり、今後さらに実用化に向けた研究開発を強力に推進していく。  "

プレスリリース / 日産自動車、2007年8月6日

日産自動車、2008年にクリーンディーゼルエンジンを国内向けSUV「エクストレイル」に搭載
" .....新開発のクリーンディーゼルエンジンを本格的SUV「エクストレイル」に搭載し、2008年秋に国内市場に投入することを発表した。このクリーンディーゼル車は、アライアンスパートナーであるルノーと共同で開発したM9Rエンジンをベースに、高性能触媒技術、高度エンジン制御技術など、日産独自のクリーンディーゼル技術を盛り込んだものである。このクリーンディーゼルは、国内における新しい排出ガス規制レベルを目指して開発を進めている。同エンジンの性能等、具体的な諸元については開発完了後に発表する予定である。
 今回のクリーンディーゼル車の投入は、CO2排出量の削減を中心とした日産の中期環境行動計画「ニッサン・グリーン・プログラム 2010」の一環として行うものである。 "
----------

関連記事

日産がディーゼルの環境対応車 来秋、国内発売へ-----中日新聞、2007年8月7日
"..... 環境対応車としてディーゼル車を国内で投入する計画を打ち出した国内メーカーの中で、日産の〇八年発売が最も早い..... "
----------

関連エントリー

続きを読む "日産自動車、SULEVレベルのクリーンな排出ガスを実現するディーゼル技術を発表 / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/07

夏の海に異変!?=南の魚が北上-サンマ漁にも影響か / クリッピング gooニュース(時事)

"海水温の上昇などで、夏の海で取れる魚に異変が起きている。東日本でなじみが薄いゴマサバが、三陸沿岸で大量に漁獲されているほか、関西で人気のサワラが北陸の海で豊漁となっている。"
-----gooニュース(時事)、2007年8月4日

参考サイト
気象庁 : 気象統計情報 > 海洋の健康診断表 / 九州・沖縄海域 : 海面水温の長期変化傾向(九州・沖縄海域)

参考エントリー
沖縄近海の水温上昇深刻 / 100年で1・1度 世界全体の2倍 / クリッピング 沖縄タイムス

コメント
 地上の作物については気候変動の影響についての調査がまとめられています。

地球温暖化 : 農産物の「温暖化適応策」公開 リンゴ、水稲など13品目- -農水省HP / クリッピング MSN毎日インタラクティブ-----しなやかな技術研究会、2007/06/27

 しかしながら水産資源に関しての総合的なリポートには、農林水産省も着手していないようです。
 調べてみると、年毎のモニタリングに関しては農水省管轄の研究所にてさまざまなデーターを入手できます。

続きを読む "夏の海に異変!?=南の魚が北上-サンマ漁にも影響か / クリッピング gooニュース(時事)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

ポスト京都議定書へ弾み狙う 国連首脳会合の概要発表 / クリッピング イザ!

" 国連は3日、地球温暖化問題専用ホームページを立ち上げ、温暖化問題を話し合うため9月に開く首脳級のハイレベル会合の概要を発表した。  同会合は温暖化の「緩和」など4つのテーマに分けて、各国首脳らが、京都議定書の期限が切れる2012年以降の温室効果ガス排出削減に向けた新たな枠組みに対する考え方などを演説する。 "
-----イザ! 、8/4

関連
Gateway to the United Nations System's Work on Climate Change

United Nations Framework Convention on Climate Change
/ プレスリリース UNFCC,1 August 2007

Secretary-General Challenges World Community to Tackle Climate Change Head-On
" SECRETARY-GENERAL CHALLENGES WORLD COMMUNITY TO TACKLE CLIMATE CHANGE HEAD-ON; HOW IT ADDRESSES THREAT ‘WILL DEFINE US, OUR ERA AND, ULTIMATELY, OUR GLOBAL LEGACY’

General Assembly President, In ‘Carbon Neutral’ Debate, Stresses Urgency of Acting Now -? ‘The longer We Wait, The More Expensive This Will Be’

With human activity driving global warming, extreme weather events and climate fluctuations of the sort never before experienced in recorded history, United Nations Secretary-General Ban-Ki-moon today challenged the world’s nations to take decisive action this year to tackle the climate change threat head-on.
.......... "

参考エントリー
ブッシュ大統領、9月に気候変動に関する国際会議を開催-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/8/4

コメント
 豊かな経済発展をした国、そして経済発展を成し遂げようとする国、、、、この強力メンバーで利害を調節してしまおうというのがブッシュ大統領の動きか? それにしても、アメリカの呼びかけている会議の主宰は、コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice)国務長官だというから、ある意味強烈。気候変動による欧州、アジア、アメリカ、オーストラリアなどの大陸への大雨洪水、乾燥山火事という気候の最悪化の傾向がでている2007年の秋の会議だけに、各国の姿勢は積極的だと思われるので、京都議定書以降の枠組みの構築にむけて、各国が利害を超えて何を調整できるのかに注目したいです。(t_t)

続きを読む "ポスト京都議定書へ弾み狙う 国連首脳会合の概要発表 / クリッピング イザ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

「平成19年版日本の水資源」の公表について / プレスリリース 国土交通省

" この度、国土交通省土地・水資源局水資源部は、「平成19年版日本の水資源」をとりまとめましたのでお知らせします。  「日本の水資源」は、広く一般に水資源の実態についてより良く理解してもらうために、昭和58年度以降、国土交通省土地・水資源局水資源部(旧:国土庁長官官房水資源部)が、我が国の水資源の開発、保全及び利用の現状等について、毎年とりまとめ、「水の日」(8月1日)に合わせて公表している年次報告書です。  なお、「平成19年版日本の水資源」は、政府刊行物センター等において販売されるとともに、水資源部のホームページに掲載されます。 "
-----国土交通省、平成19年7月31日

関連サイト
日本の水資源 / 「日本の水資源」 / 平成19年版 日本の水資源について~ 安全で安心な水利用に向けて ~ 平成19年8月

" ..........一方、新たに憂慮されているのは、19世紀半ばの産業革命以降、大量の化石燃料が消費されて二酸化炭素が大量に大気中に放出されたこと等に伴う人間活動に起因する急激な気候変動、いわゆる地球温暖化現象です。今年、「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次評価報告書第1~3作業部会報告書が承認され、気候変動による水資源への影響が指摘されています。
気候変動が水資源に直接及ぼす影響は多岐にわたります。気温が上昇すると、先ず蒸発、降雨といった地球上の水の大循環に直接影響を与えますので降水量ひいては河川流量そのものが変動します。また、地域によっては、降雪量が減少し、早期の雪解けにより融雪出水が早まります。これらによって、ダム等の水資源開発施設の貯留量への影響が予想されます。
一方、気温の上昇に伴い、田植えの時期が変化して最も水が必要となる代かき期がずれるなど期別の需要量の変化といったことも予想されます。
水温も上昇するので生態系の変化や水質の悪化も懸念されます。今年は、琵琶湖北湖で湖に酸素を供給する表層と深層が混合する全循環が例年より遅く確認されましたが、全循環の停止が危惧され、気候変動の影響があるのではないかと指摘されております。このように、気候変動による渇水のリスクや水質に関わるリスクが高まる恐れがあります。
.......... "

コメント

続きを読む "「平成19年版日本の水資源」の公表について / プレスリリース 国土交通省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/02

沖縄近海の水温上昇深刻 / 100年で1・1度 世界全体の2倍 / クリッピング 沖縄タイムス

" 専門家、生態系へ影響指摘  沖縄本島を含む東シナ海南部の年平均海面水温が、過去百年で一・一度上昇し、世界の海洋全体の上昇率の約二倍だったことが気象庁の長期変化傾向調査で三十日までに明らかになった。 "
-----沖縄タイムス、2007年7月31日

関連情報
気象庁 : 九州・沖縄海域の情報  ~長崎海洋気象台・海洋の健康診断表~ / 海面水温(九州・沖縄海域)

" 解説
実況と経過
 九州・沖縄海域の海面水温は、先島諸島付近で31℃以上の海域がみられ、平年より2℃以上高くなっています。7月中旬は台風第4号や梅雨前線の影響により、東シナ海北部から沖縄の東にかけて平年より低い海域が広がっていましたが、7月下旬には高気圧におおわれることが多くなり、全域で海面水温が上昇し、平年より高い海域が広がりました。

今後の見通し
 東シナ海の海面水温は、向こう1か月大きく変化しないでしょう。先島諸島付近では、海面水温が平年より2℃以上高い海域は縮小しますが、平年より1℃以上高い状態は向こう1か月続く見込みです。
 なお、台風第5号が通過する海域では、海面水温が低下する可能性があります。

 参考情報:海面水温・海流の1か月予報(7月31日発表)  "

コメント

続きを読む "沖縄近海の水温上昇深刻 / 100年で1・1度 世界全体の2倍 / クリッピング 沖縄タイムス"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/08/01

社説 低炭素社会に向け都市構造を集約型に / NIKKEI NET

" ..... 2020年までに都内の温暖化ガス排出量を2000年比で25%減らす目標を掲げ、08年度にも条例を整える。大規模新築ビルには一定の水準以上の省エネ性能を要求し、企業や家庭の省エネを促すために減免と課税の両面で独自の税制導入も検討する方針だ。なおあいまいな部分もあるが、日本の総排出量の5%を占める東京都が意欲的な方針を打ち出したことは評価できる。 ..... "
-----NIKKEI NET ・春秋、7/29

関連
東京都 : 10年後の東京

東京都環境局 : 東京都再生可能エネルギー戦略(2006年3月策定)

東京都環境局 : 東京都気候変動対策

関連エントリー
30年までに温室ガス3割減 「NYをGreen Applに」 / イザ!-----しなやかな技術研究会、2007/05/23

東京都再生可能エネルギー戦略の策定について / プレスリリース 東京都-----ソフトエネルギー、2006/04/10

コメント
 世界の大都市が気候変動に取り組む政策に積極的にのりだしている。積極的でない都市でも、昨年あたりから情報収集等が本格的に始まっているようです。日本でもっとも意欲的なプランを出しているのは、大阪府あたりは、”2010年度(平成22年度)における大阪府域の温室効果ガス総排出量を1990年度(平成2年度)レベルから9%削減することを目標として掲げています。  ”とのことですから、東京都の温暖化効果ガス削減の取り組みが実施されるなら、記事のごとく評価できる。

続きを読む "社説 低炭素社会に向け都市構造を集約型に / NIKKEI NET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »