« 参議院選挙は、何を問われ、そして問うのか? | トップページ | ゴアの温暖化効果ガス削減のための7つの約束 »

2007/07/11

国土交通省、 試作したDME散水車の公道走行試験を実施

Dimetilethlcar
-----image(pop up ; ”別添 試作したDME散水車の仕様”より) -----
: ジメチルエーテル(DME)を燃料とする散水車の平成19年度公道走行試験を開始します。-----プレスリリース / 国土交通省、平成19年7月6日発表より

" ~次世代低公害車開発・実用化促進プロジェクトで開発しました~
国土交通省では、大都市を中心とした厳しい大気汚染問題を抜本的に解決し、地球温暖化対策に資するため、独立行政法人交通安全環境研究所を中核的研究機関として産学官の連携により「次世代低公害車開発・実用化プロジェクト」を実施し、大型ディーゼル車に代替する次世代低公害車の開発・実用化の促進に取り組んでいます。
 次世代低公害車の1つであるジメチルエーテル(DME)自動車については、現在、信頼性・耐久性等を確認するために大型DMEトラック等の公道走行試験を実施しているところです。
 今回、長時間にわたる高負荷低速走行や過酷な条件下におけるデータを取得するため、今月10日から、試作したDME道路維持作業用自動車(DME散水車)の公道走行試験をより本格的に実施することとしました(DME散水車の製作は、公募により選定された日産ディーゼル工業(株)において行い、昨年度は3月下旬に走行試験を実施)。
 平成19年度も昨年度に引き続き、国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所における実際の道路維持管理業務に使用し、得られたデータを基にDME自動車の実用性の向上のための検討を実施することとしています。 "

コメント
 ジメチルエーテル車の情報は、下によくまとまっていて参考になります。

Wikipedia : ジメチルエーテル

将来、現在トラックなどに利用されているディーゼル車に変わり、働く車のエンジンに収まるのかについては、ちょっとわからない状況のようです。
 とはいえ、散水車として働く車の仲間入りのようです。子供の時から、働く車の写真がすきなので、クリップしておきます。(t_t)

参考
経済産業省 : ジメチルエーテル戦略研究会の報告書について 平成12年9月12日 / 「ジメチルエーテル戦略研究会報告書 -新エネルギーDMEの実用化を目指して- 平成12年9月 資源エネルギー庁 石炭・新エネルギー部石炭課」(http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/g01002aj.pdf)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)

|

« 参議院選挙は、何を問われ、そして問うのか? | トップページ | ゴアの温暖化効果ガス削減のための7つの約束 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/15715226

この記事へのトラックバック一覧です: 国土交通省、 試作したDME散水車の公道走行試験を実施:

« 参議院選挙は、何を問われ、そして問うのか? | トップページ | ゴアの温暖化効果ガス削減のための7つの約束 »