« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/29

イベント 7/14 加速する地球温暖化と待ったなしの対策

-----イベント案内より-----要事前申込

" CASA東京支部学習会
加速する地球温暖化と待ったなしの対策

今年公開されたIPCC第4次評価報告書は、加速する地球温暖化とその影響を浮きぼりにし、世界に衝撃を与えました。来年のG8洞爺湖サミットにおいても、温暖化対策が重要な議題となります。
IPCC報告書について、元気象研究所の増田善信氏に解説していただき、日本における温暖化対策のあり方について一緒に考えます。ぜひ、ご参加ください。
■報告1 「科学者からの警告―IPCC第4次評価報告書」 増田善信氏(元気象研究所室長、CASA会員)
■報告2 「京都議定書をめぐる日本と世界の状況」 早川光俊・CASA専務理事
■報告3 「関東地区自治体の温暖化対策」 
東京支部メンバーによる調査発表と増原直樹氏(環境自治体会議)のコメント
■質疑応答・意見交換
■日 時 2007年7月14日(土) 午後1時半~午後4時半
■会 場 全国地球温暖化防止活動推進センター(JCCCA)   http://www.jccca.org/
東京都港区麻布台1-11-9ダヴィンチ神谷町ビル
交通機関:東京メトロ日比谷線「神谷町」(1番出口)より徒歩3分
■資料代 1回につき 一般 800円、会員・学生 500円
■お申込み
件名を「東京支部学習会参加申込」とし、お名前(複数の場合は人数分)、ご所属、ご連絡先 を明記の上、メールFAXにて下記のCASA事務局までお申し込みください。(先着順)
■   お 問 合 せ   ■ 
特定非営利活動法人
地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA) "

 詳細、御問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

続きを読む "イベント 7/14 加速する地球温暖化と待ったなしの対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/28

都市の緑化はどこまで進んでいるのか?

 某所での待ち時間、置いてある雑誌をみていたら、ストックホルムのGreen Fortuneという会社が提案するPlant Wallという店舗の壁面に仕立てられたまさに植物の壁が目を引いた。帰ってネットで調べてみると、雑誌をみていて頭の中に描いた都会の暮らしの中での植物についてのさまざまな可能性、それをまさに提案している会社だということがわかりました。
Greenfortune
-----image(pop up ; "ホームページをキャプチャー" ) : Green Foutune : News、(その植物の壁をみることができる)
 そして、5月からは日本語サイトもオープン、オンラインストアもオープンしていた。同社の提案する”urban cultivation”と家庭向きの水耕栽培システムも楽しそうだ。そちらのお値段は、ルームキットで15,750円(税込)。部屋の中で、植物を育てる新しいスタイルになるか?

Green Fortune日本版

 ちょっとクリップしそこなったのだが、なにかと使うことが多いGoogleマップやGoogle Earthで都市を衛星写真で眺めると、その都市がどんなに”Green”かわかるというようなブログの記事を読んだことがあります。衛星写真を一般の人が眺めることができるようになって、都市は上からの眺めのデザインをも意識する必要がでてきたということでしょうか? 人に見られると人はきれいになると言われます。意識すれば、人は変わるということです。都市もきっと、、、、

 国土交通省からこんな調査の発表がありました。

続きを読む "都市の緑化はどこまで進んでいるのか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/27

地球温暖化 : 農産物の「温暖化適応策」公開 リンゴ、水稲など13品目- -農水省HP / クリッピング MSN毎日インタラクティブ

" 地球温暖化が進んでいることを受け、農林水産省は主要農産物について「温暖化適応策」をまとめ、ホームページで公開した。品目ごとに(1)既に発生している温暖化の影響(2)当面可能な適応策(3)研究開発など今後の対応--を整理し、「生産現場で活用を」(生産局)と呼びかけている。 "
-----毎日新聞 2007年6月26日

関連情報
農林水産省 : 農林水産環境政策のページ / 地球温暖化・森林吸収源対策推進本部 : 第4回(平成19年6月21日開催)議事次第及び配布資料 / 参考資料3-[2]品目別地球温暖化適応策レポート[PDF:1.7MB] より(新聞で公開されたURL : http://www.maff.go.jp/kankyo/honbu/04/ref_data03-2.pdf )
2007ondanka_nourintekiousaku
-----image”参考資料3-[2]品目別地球温暖化適応策レポートのカバー画像”-----


コメント
 この報道がなかったら見逃していたリポートでした。通常は、pdf書類へのダイレクトリンクは避けるのですが、新聞でも広く報道されているので、上に掲載しました。
 このリポートは、IPCCの”温暖化は人間の営為によってもたらせれ、各方面に大きな影響を与える”ということで、2060年ぐらいまでの各地の気象予測をもとに各農産物についてていねいに予測を立てています。

続きを読む "地球温暖化 : 農産物の「温暖化適応策」公開 リンゴ、水稲など13品目- -農水省HP / クリッピング MSN毎日インタラクティブ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/26

1ポコ、2ポコ、、、ここほれワンワン

 誰が考えたんだろう? ポコって。クリッピング記事によると、

”CO2の削減行動にリアリティを持たせるため作られた単位に、「poco(ポコ)」というものがあります。1pocoはCO2を100グラム削減したことを表す単位です。”


クリッピング / 日経Ecolomy ,07/06/22
「ポコ」でCO2可視化、削減運動も面白く

" 私の自宅からオフィスまでは15.5km、CO2排出量は電車だと片道2.5ポコ、タクシーだと28ポコ(NAVITIME)。自転車だと0ポコです。

>>「ポコ」換算表は次ページ "
----------

あややや、やや。ポコ面白いですね。サステナという会社を運営されているマエキタミヤコさんという、この記事の筆者が考えた単位なのでしょうか? これまでのお仕事を拝見すると、インターネットや本で拝見していたなじみのものでした。なるほど、わかりやすく伝える、可視化か、、、私、そして私たちのおじさん”仲間”に欠けている才能ですね。

 さて、今日はランニングで家に帰ります。
 それなら、0ポコ、ですよね?
 (t_t)

参考
大地を守る会は「フードマイレージ・キャンペーン」を開始しました。-----2005年4月

" ※「poco(ポコ)」とは
 二酸化炭素(CO2)の量の目安として、100g-CO2を1poco(ポコ)と呼ぶことにしました。
このpocoを目安にすると、日本人は1人1日66poco出して生活しています(2002年)。京都議定書を達成するということは「これを1人1日15poco減らそう」ということになります。
※名前の由来
 CO2であるドライアイスを水に入れたときに出る、ポコポコという音から、「ポコ」と名づけました。また、「ポコアポコ(poco a poco)」は、スペイン語とイタリア語で「ちょっとずつ」という意味です。ちょっとずつCO2削減していこう、というメッセージを、この名前に込めました。"

続きを読む "1ポコ、2ポコ、、、ここほれワンワン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/25

「2050年までに温室効果ガスを80%減」--カナダのオンタリオ州が環境政策を発表 / CNET Japan

" カナダのオンタリオ州は、ソーラーパネルメーカーなどの代替エネルギー関連企業を誘致するため、巨額の助成金や報奨金などを投じている。目指すは環境技術の一大中心地だ。 .......... オンタリオ州はこれらすべての取り組みを通じて、1990年の水準と比較した温室効果ガスの排出量を、2014年までに6%、2020年までに15%、2050年までに80%削減することを目指している。 "
-----CNET Japan,2007/06/22(Ontario: The new frontier for alternative energy 英語版

関連
Ontario (CANADA)(E)
/ MCGUINTY GOVERNMENT SETS AMBITIOUS, REALISTIC GREENHOUSE GAS TARGETS ,June 18, 2007
/ GOVERNMENT SWITCHING TO CLEAN ENERGY TO FIGHT CLIMATE CHANGE
,May 8, 2007

コメント
 カナダ全体では、京都議定書をめぐって議会と首相が対立と報じられるなか、また温暖化効果ガス削減がうまくいっていない中でのオンタリオ州が独自の施策を発表。意欲的な数字をあげ、カナダの中で”グリーンな産業の育成”に着手したいとのことのようだ。カナダの情報はあまり知らないが、一部にはプラグイン・ハイブリッド車の開発やIT産業のアメリカ資本との提携による再生可能エネルギー市場への投資は、かなり大きな規模になっているという情報が見られた。観光立国も目指しているカナダにとっても、グリーンは魅力あるはず、、、今後のカナダ全体の舵取りが注目されるゆえんです。(t_t)

参考

続きを読む "「2050年までに温室効果ガスを80%減」--カナダのオンタリオ州が環境政策を発表 / CNET Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/22

中国、CO2最大排出国に オランダ機関発表、新たな削減枠急務 / クリッピング 中日新聞

" オランダの政府系環境評価機関MNPは十九日、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の二〇〇六年の排出量で、中国が米国を抜き世界最大となったとする調査結果を発表した。 "
-----中日新聞、2007年6月21日

関連サイト
Netherlands Environmental Assessment Agency / プレスリリース、19 June 2007
China now no. 1 in CO2 emissions; USA in second position / More info on China now no. 1 in CO2 emissions
Globalco2_tcm6133576_1
-----imageも同発表より

" In 2006 global CO2 emissions from fossil fuel use increased by about 2.6%, which is less than the 3.3% increase in 2005. The 2.6% increase is mainly due to a 4.5% increase in global coal consumption, of which China contributed more than two-third. China’s 2006 CO2 emissions surpassed those of the USA by 8%. This includes CO2 emissions from industrial processes (cement production). With this, China tops the list of CO2 emitting countries for the first time. In 2005, CO2 emissions of China were still 2% below those of the USA. These figures are based on a preliminary estimate by the Netherlands Environmental Assessment Agency (MNP), using recently published BP (British Petroleum) energy data and cement production data. In the 1990-2006 period global fossil-fuel related CO2 emissions increased over 35%. "

関連記事
China overtakes U.S. as top CO2 emitter - Dutch agency-----the star online,June 20, 2007(Reuters)

コメント
 急速な経済成長著しい中国。ついに二酸化炭素排出量で、これまで最大の排出国だったアメリカを抜き1位になったとオランダの政府系シンクタンクが発表しました。
 これまでも言われているように、中国の急速な経済発展がもたらした弊害として、公害の拡大による水、大気、土壌の汚染など、一部には深刻な住民被害も報告されているようです。
 これまで、あるときは大国、あるときは発展途上国としての立場を場面によりつかわけてきた中国にとっても、これほど早い”世界一位”は深刻に受け取られているようです。

続きを読む "中国、CO2最大排出国に オランダ機関発表、新たな削減枠急務 / クリッピング 中日新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/21

JR東日本の世界初のハイブリッド車両が営業運転を夏からいよいよ開始

 かねてから報道されていた、営業運転では世界初となるJR東日本のハイブリッド車両、この夏から小海線に導入されるということで、愛称の募集が行われています。(募集期間は、6月11日(月)~25日(月)なので応募される方はお急ぎください。)

JR東日本 長野支社 : ハイブリット車両愛称名募集中!!(2007.6.8)

 まもなく愛称も決まるということで、盛り上がってきますね。上のサイトから列車性能に関する資料がダウンロードできました。
Jre_hybridtrain1
-----image(”ハイブリッド車の詳細 ”pdf資料より)-----
Jre_hybridtrain2

 世界的にバスや列車といった公共交通が見直され、評価されるなかで、世界からも注目もあつめているハイブリッド車両がいよいよ愛称も決まり、出発進行です。風林火山でももりあがっているようですし、この夏は北アルプス方面に人気が集まりそうですね。(t_t)

関連サイト
JR東日本 : 研究開発

関連記事
世界初ハイブリッド列車 今夏、小海線で運行-----イザ!、04/19

"従来のディーゼル車より約10%燃費が向上、窒素酸化物(NOx)や粒子状物質を約60%削減できるという。"

関連エントリー

続きを読む "JR東日本の世界初のハイブリッド車両が営業運転を夏からいよいよ開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/20

「気候変動監視レポート2006」の公表について / プレスリリース 気象庁

" 概要 「気候変動監視レポート2006」を気象庁ホームページで公表しました。 本文  気象庁では平成8年より、世界と日本の気候変動および温室効果ガスとオゾン層の状況について、毎年の状況をとりまとめ「気候変動監視レポート」として刊行しています。このたび、黄砂や酸性雨、海洋汚染に関する情報についても新たに加え編集し、「気候変動監視レポート2006」としてまとめ、気象庁ホームページで公表しました。  「気候変動監視レポート2006」では、「平成18年7月豪雨」を引き起こした大気の流れについての解析結果をトピックスとして取り上げるとともに、オゾンホールが過去最大級に発達したこと、世界の年平均気温が過去約120年間で3番目の高温を記録したことなど、平成18(2006)年の気候、海洋、環境に関する情報を総合的に取りまとめています。詳細は別紙をご覧ください。

<「気候変動監視レポート2006」の構成>
トピックス 「平成18年7月豪雨」に関連する大気の流れについて
第1部 気候(世界及び日本の天候、台風等に関する監視結果)
第2部 海洋(海面水温や海氷、海洋汚染等に関する監視結果)
第3部 環境(二酸化炭素やエーロゾル、オゾン、黄砂等に関する監視結果)

 本レポートの全文はホームページ上の「気候統計情報」の「地球環境・海洋」からご覧いただけます。
(レポートのURL: http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/monitor/index.html)
図表を含めた全文については、下記の「資料全文」をご参照ください。 "


-----気象庁、平成19年6月6日 発表

コメント
 2006年の世界の気候は、例年より温度が高い地域が多く、大きく広がっているようです。温暖化と一概にいっても、地域によっては気温がさがり、以前よりも不活性な天気になるところなどがあるようです。異常高温の頻度、地域も例年より多かったとのことです。オーストラリアの干ばつ地域などは、異常少雨としてはっきりと現れています。世界の温暖化の状況も1890年から2010年までの気温の変化としてはっきりと示されています。

続きを読む "「気候変動監視レポート2006」の公表について / プレスリリース 気象庁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/19

ポスト石油に"雑草" 鳥取環境大オープンキャンパス / クリッピング 日本海新聞

" 鳥取環境大学(鳥取市若葉台北一丁目)環境デザイン学科の吉村元男教授と学生らが石油に替え、雑草を活用するエネルギー開発の取り組みを十七日、同大オープンキャンパスで公開した。雑草を圧縮して作った雑草ブロックや湿地の浄化作用もある浮島など、雑草の有効活用法を紹介し、訪れた県内外の受験生らの関心を集めた。  "
-----日本海新聞、6月18日の紙面

関連サイト
鳥取環境大学 / 環境デザイン学科教員一覧 / 学科長・教授 吉村 元男 【専門】 ランドスケープ・デザイン、地域ゼロエミッション(資源循環型地域づくり)

コメント
 雑草のエネルギー的な量は、”一平方メートル内の雑草から一リットルのガソリンに相当する十四キロの乾燥雑草バイオマスが取れる”とのこと。単純に、この量をメモしたかったので、クリッピングしました。雑草の資源として考える時に参考になる数字です。
 ところで、現在は雑草はどのように処理されているのでしょうか? 放置、埋設、焼却、、、それとも堆肥化、バイオマス燃料として利用? いずれにいろ、全体でみると膨大な量が未利用で終わっているということですよね。いままで、やっかいもの扱いされていたものが資源となる! ちょっと面白い発想の転換ができそうですね。(t_t)

続きを読む "ポスト石油に"雑草" 鳥取環境大オープンキャンパス / クリッピング 日本海新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/18

Yahoo! JAPAN特集サイト : みんなで止めよう 地球温暖化特集2007が公開されました

Bannar_80

"6月14日~8月31日 未来の地球を救うため、あなたにできる“エコ”を探してみて。"
----- みんなで止めよう 地球温暖化特集2007(imageは同サイトバナー)

コメント
 わかりやすさはいいと思ったのですが、ちょっと情報が少なかったです。大Yahooさんなのだから、突っ込みたい人に突っ込みがいのあるサイトにしてほしかったです。とはいえ、おもしろかったのは、「人がやらなくてはいけないこと」の”日本国内で生産している食べ物だけで作った食事のメニュー”です。一日、ごはん2杯と芋類750g、野菜と魚少々。主食の米があるので、周囲に自然があれば、自己調達と合わせれば、なんとか食いつなげそうですが、、、。それにしても、いかに多くの食事を海外から輸入しているかを、実感できる記事でした。こうして具体的な品物、量に注目していくといい気候変動対応の暮らしのプラニングができそうです。(t_t)

続きを読む "Yahoo! JAPAN特集サイト : みんなで止めよう 地球温暖化特集2007が公開されました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

イベント 7/7 LIVE EARTHコンサート

-----イベント案内より-----

" LIVE EARTH日本公演 東京 幕張メッセ会場の参加アーティストは以下のとおりです。(敬称略、五十音順)
AI 絢香 大塚 愛 元気ロケッツ 倖田 來未 Cocco RIZE リアーナ(RIHANNA) リンキン パーク(LINKIN PARK)
その他

 スペシャルライブ京都 東寺の参加アーティストは以下のとおりです。(敬称略、五十音順)
Yellow Magic Orchestra ミッシェル ニーマン(Michael Nyman) RIP SLYME
その他
..........
LIVE EARTHは、2005年に世界規模で行ったチャリティーコンサート「Live 8」のワールドワイド エグゼクティブ プロデューサーを務めたケビン ウォール(Kevin Wall)が発起したコンサートです。LIVE EARTHコンサートは、世界各国の音楽シーンで活躍する100組以上のアーティストが出演し、世界中の20億人以上の人々に地球温暖化防止を呼びかけ、今後意義深い生活を続けていくきっかけ作りと、企業や政府に行動を促し、温暖化問題に関する世論を変化させることを目的としています。
..........
LIVE EARTHは、気候保護同盟(Alliance for Climate Protection)と国際的なNGO団体が今後数年かけて主導し、個人、企業、政府に対して温暖化防止活動への参加を提唱するキャンペーンの第一弾となっています。同同盟の会長である、元米国副大統領のアル ゴア(Al Goa)がLIVE EARTHの共同副委員長も務めています。

 ゴアは「温暖化は人類の課題であり、私たちが防止しなければいけません。そのため、LIVE EARTHは7大陸全てで開催することとなりました。LIVE EARTHは、個人、企業そして政府に温暖化防止の取り組みへの参加を呼びかけるイベントです」と述べました。

 LIVE EARTHは、世界39地域に対応し、毎月4億6,500万人以上の世界中のユーザーに利用されているポータルサービスMSN(R)が、独占オンラインメディアパートナーとなることにより、世界各地の人々がLIVE EARTHに参加することが可能になりました。LIVE EARTH日本公演の模様は、7月7日コンサート当日に http://liveearth.jp.msn.com で、ライブストリーミングにて配信されます。

 さらに、LIVE EARTH 日本公演の模様は、NHKとフジテレビが中継します。また、世界100ヶ国以上の国にも映像が配信され、放送されます。 "


Liveearthjapan

続きを読む "イベント 7/7 LIVE EARTHコンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/14

Googleなどが、PCのエネルギー効率の向上を目指すClimate Savers Computing Initiativeを開始

 CNETによると、

" GoogleやIntelを含むPCやそのコンポーネントを製造する企業らは米国時間6月12日、PCのエネルギー効率の向上を目指すClimate Savers Computing Initiativeを立ち上げたそうです。

 同イニシアチブの最大の目的は、PCメーカーや消費者により効率的な電源や電圧レギュレータの採用を促すことである。 "

 電源の効率って確かに表示されていないな。ザクッとACがDCに変換されるときに、50%も熱として捨てられていたら、、、こうした電源の効率化が進むと省エネはもちろん、熱対策にも有効だろう。

クリッピング /

CNET Japan,2007/06/13
グーグルやインテル、Climate Savers Computing Initiative発足--PCエネルギーの効率化へ
----------

 記事によれば、だいたい現状の電源より3倍効率がいい電源がすでに存在しているという。コストの問題だけなのかもしれないが、もしそうなら、優秀な電源を装備したパソコンについての商品情報を表示するだけで、今後は大きなアピールになるだろう。

Climate Savers Computing Initiative
Climate_savers_computing_initiative
-----image(キャプチャー画像)

" Join us in slowing global warming-

続きを読む "Googleなどが、PCのエネルギー効率の向上を目指すClimate Savers Computing Initiativeを開始"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

地球温暖化による解氷で数億人に影響と 国連が警告 / クリッピング CNN.co.jp

" オスロ(ロイター) 地球温暖化がこのまま進行すれば、世界各地の氷や雪が解けることにより、数億人の生活に深刻な影響が出るとの報告書を、国連環境計画(UNEP)がこのほど発表した。 報告書の作成には、各国から70人以上の専門家が参加した。UNEPのシュタイナー事務局長は「地球上の雪や氷に覆われた地域が気候変動によってどう変化するか。その行方は世界中の政府や企業、家庭にとって懸念材料となるはずだ」と指摘。極地や高山だけでなく、「ベルリンからブラジリアまで、そして北京からボストンまで」、あらゆる都市に影響が及ぶとの見通しを示した。  "
-----CNN.co.jp,2007.06.10

プレスリリース / United Nations Environment Programme(UNEP),4 June 2007
Ice_snou_unep-----imageも
Melting Ice-A Hot Topic? New UNEP Report Shows Just How Hot It's Getting

" Lives and Livelihoods of Hundreds of Millions if not Billions in Many Parts of the World Influenced by Ice and Snow Losses Linked to Climate Change

World Environment Day 2007

Tromso/Nairobi, 4 June 2007 - The futures of hundreds of millions of people across the world will be affected by declines in snow cover, sea ice, glaciers, permafrost and lake ice a new and unique report launched to mark World Environment Day (WED) says.  

Global Outlook for Ice and Snow
On-line resources
Full Report (Large file: 98 MB)
Photos
High Resolution Graphics  "

関連エントリー
深刻な地球温暖化、2040年夏までに北極の氷が消滅?-----GreenPost -Heuristic Life -,2007/6/9

参考記事
3℃以内でもGDPの3%必要 経済は耐えられるか-----Nikkei bp net IPCC報告の衝撃-3,2007年5月24日

コメント

続きを読む "地球温暖化による解氷で数億人に影響と 国連が警告 / クリッピング CNN.co.jp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/12

今年はラニーニャが出現。猛暑で渇水、、、!?

 6月11日発表のによると、

「エルニーニョ監視海域の海面水温は、夏から秋にかけて基準値より低い値で推移すると予測される。現在、ラニーニャ現象が発生しているとみられ、秋まで続く可能性が高い」

 とのことです。

プレスリリース / 気象庁、平成19年6月11日
エルニーニョ監視速報No.177(2007年5月

" 太平洋赤道域の海面水温は、東部で顕著な負偏差、西部で顕著な正偏差だった。海洋表層(海面から深度数百mまでの領域)の水温では、中部から東部にかけて顕著な負偏差が見られた。中部の大気下層では東風偏差が持続した。これらの状態は、ラニーニャ現象時の特徴を示している。
エルニーニョ監視海域の海面水温は、夏から秋にかけて基準値より低い値で推移すると予測される。現在、ラニーニャ現象が発生しているとみられ、秋まで続く可能性が高い。 "
   / エルニーニョ監視速報(No.177)気象庁 地球環境・海洋部 平成19年6月11日

関連記事
梅雨短く、夏は猛暑・渇水…気象庁がラニーニャ観測-----YOMIURI ONLINE,2007年6月11日

" ラニーニャ現象が発生すると、太平洋の西側では逆に水温が高くなって水蒸気の発生が活発になるため、日本付近では夏場に太平洋高気圧の勢力が一層強まる。それに伴い、晴天が続いて雨が少なく、猛暑になることが多い。特に今年は3~5月の降水量が少なかったため、夏場は渇水の恐れがあるという。 "

 気象庁のメカニズムの説明は、
気象庁 : エルニーニョ/ラニーニャ現象とは

 上のサイトから、日本と世界への影響のあらましも解説されています。
 これから夏にかけて、

「気温は、東・西日本に「平年並~高い」傾向があります。降水量は、東・西日本太平洋側と南西諸島に「平年並~多い」傾向があります。日照時間は、全国的にはっきりとした傾向は見られません」

 夏は、暑くて水不足の可能性というのが大いに気になります。
 エルニーニョが男の子で、ラニーニャが女の子、両方ともスペイン語で神の子を意味するそうです。日本への影響はマイルドなものになってほしいですが、、、。(t_t)

続きを読む "今年はラニーニャが出現。猛暑で渇水、、、!?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/06/11

「地球温暖化」に関心のある人は、92.9% / プレスリリース 博報堂

" 環境に関する生活者の意識調査2007 この一年で、環境問題を気にかけることが多くなった人も6割以上 「温度調節」「買物袋と無駄な包装の削減」といった省エネ行動も軒並み上昇。 .......... 今年度の調査結果では、この一年間で、生活者の環境問題に対する関心度が大きく向上し、環境に対する行動姿勢も積極的になっていることがわかりました。特に「地球温暖化」に関心を持つ人は、全体の9割以上にあたる92.9%に達し、昨年の81.3%からも大きく伸びています。環境問題が生活者にとって「自分ごと化」し始めていることが伺われます。  生活者の関心の高さは、具体的な行動にも現れており、「部屋の電気等はこまめに消す」「エアコンは温度設定を弱めにする」といった省エネ行動は9割近くに達し、生活の中でほぼ定着したといえそうです。また、有料化などで最近話題になっているレジ袋や簡易包装についても「買物での無駄な包装を断る」「スーパーでは自分の買物袋を持参する」は、昨年と比べて1割以上も上昇しており、特に、主な買物主体である女性においては、「買物での無駄な包装を断る(70.8%)」、「スーパーでは自分の買物袋を持参する(54.6%)」と、半数を越える高い数値となっていました。さらに「環境への取り組みが進んでいる企業の商品を買う」人が、昨年の18.5%から26.3%に増えているなど、生活者が実際に行動で応え始めている動きが読み取れました。 "
-----Hakuhodo DY holdings,'07.06.06

コメント
 確かに、地球温暖化は広く私たち共通の問題として広く意識されてきていることを感じます。まずは、歓迎すべき流れです。今後、あらゆる側面で省エネ、省資源と地方と都市の格差縮小と役割分担を意識した効率的な税金の投入などを期待したいところです。国民の生活と人口動態だけを考えても、温暖化対策にも効率的に税金が使われることを期待したいです。

続きを読む "「地球温暖化」に関心のある人は、92.9% / プレスリリース 博報堂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/08

イベント 6/22-24 100万人のキャンドルナイト 2007夏至

-----イベント案内のサイトより-----
100mcandlenight
-----image(キャプチャー画像)
 この期間各地で各種イベントが実施されます。
 イベントの詳細御問い合わせは、イベント案内のサイトをご覧ください。

 東京では、大地の会が以下のイベントを実施します。
2007東京八百夜灯

" 6月24日(日)
15:00~21:00(予定)雨天決行
芝公園
東京都港区港区立芝公園
無料
内容
毎年恒例の大地を守る会の「東京八百夜灯」。今年も東京タワーのふもとで、100万人のキヤンドルナイト・東京タワー消灯カウントダウンイベントを行ないます。今年の会場は芝公園。キャンドルの灯りのもと、芝生の上でゆったりとした時間を過ごしてみませんか。
ステージでは、アコースティックキャンドルライブとして、和の伝統文化と現代アートをコラボレーションさせる企画を開催。カウントダウン後には静寂を楽しむ演出・能とピアノのコラボレーションや、詩の朗読などを行ないます。
日中はフードマイレージ屋台と称して、安全でおいしい国産有機素材によるたべものをご提供。手作りキャンドルの体験コーナーなども予定しています。

●出演(予定)

続きを読む "イベント 6/22-24 100万人のキャンドルナイト 2007夏至"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

UNEPから、生物多様性に関する二つのニュース

 国内外の貴重な情報サイトに育ってきたEICネットの海外ニュースを読んでいたら、生物多様性に関して、二つのニュースが目につきました。

クリッピング / EICネット、2007.05.22
UNEP10億本植樹キャンペーン 5カ月で目標達成!

クリッピング / EICネット、2007.05.22
UNEP事務局長 「国際生物多様性の日」のメッセージ

"  5月22日は「国際生物多様性の日」。それを受け、UNEPのシュタイナー事務局長は以下のような声明を発表した。
 生物多様性条約第6回締約国会議で採択された2010年目標まで、あと3年だが、達成は危うい。"
----------

関連情報
EICネット 環境用語集 : 生物多様性条約

 上は、アフリカの植樹が予定より早いペースで達成できたとい話でした。下は、「2010年までに生物多様性の損失速度を顕著に減少させるという目標」(*)の達成がむずかしくなったという話でした。いずれも、5/22日が国際生物多様性の日だったことで発表された情報のようです。
 そんな日だったとは、意識もしないで通りすぎてきてしまいました。
 しかし、最近生物に関して生物の世界にさまざまな異変がおきていることが、生活の中で、事件の報道などで感じられるようになってきました。ある意味で”かなり鈍感な私たち”が感じられるようになってきたということこそ、深刻な状況を示しているのかもしれません。

関連サイト

続きを読む "UNEPから、生物多様性に関する二つのニュース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/06

『10年後の東京』の実現にむけて「東京都気候変動対策方針」の策定について / プレスリリース 東京都

" 「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」基本方針  都は昨年12月に策定した『10年後の東京』の実現にむけた取組のひとつとして、「カーボンマイナス東京10年プロジェクト」を推進しています。 ........... 本方針は、実効性のある具体的な対策を示せない国に代わって先駆的な施策を提起し、日本の気候変動対策をリードするため策定したものです。  地球温暖化は、人類の活動が引き起こした最も深刻な環境問題です。人類にとって危険な気候変動を回避するためには、2015~2020年には世界のCO2排出量を減少傾向に転換する必要があります。気候変動対策は今後10年間の取組が極めて重要です。 .......... 気候変動対策の基本的考え方 日本の環境技術を、CO2削減に向け最大限発揮する仕組みをつくる 大企業、中小企業、家庭のそれぞれが、役割と責任に応じてCO2を削減する仕組みをつくる 当初の3~4年を「低CO2型社会への転換始動期」と位置づけ、戦略的・集中的に対策を実行 民間資金、地球温暖化対策推進基金、税制等を活用して、必要な投資は大胆に実行

5つの方針と主な取組
針I 企業のCO2削減を強力に推進
大規模CO2排出事業所に対する削減義務と排出量取引制度の導入
中小企業の省エネ対策等を「環境CBO」等の導入で推進
金融機関に対し、環境投融資の拡大と投資実績の公開を要請
方針II 家庭のCO2削減を本格化
家庭からの「白熱球一掃作戦」を展開
太陽光発電や高効率給湯器などの普及促進、太陽熱市場の再生
方針III 都市づくりでのCO2削減をルール化
世界でもトップクラスの建物省エネ仕様を策定し、都の施設へ全面適用
大規模新築建築物等に対する省エネ性能の義務化
方針IV 自動車交通でのCO2削減を加速
ハイブリッド車などの大量普及をめざす「低燃費車利用ルール」の策定
CO2を減らす環境自動車燃料の導入促進プロジェクトの展開
「エコドライブ運動」など、自主的取組を支援する仕組みの構築
方針V 各部門の取組を支える、都独自の仕組みを構築
中小企業、家庭の省エネ努力を促進・支援する制度の構築
都独自の「省エネルギー促進税制」の導入を、減免・課税の両面で検討開始

※東京都気候変動対策方針

概要(PDF形式:420KB) 本文(PDF形式:1.1MB) "

-----東京都環境局、平成19年6月1日発表より

関連エントリー

続きを読む "『10年後の東京』の実現にむけて「東京都気候変動対策方針」の策定について / プレスリリース 東京都"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

C-NEWSプレスリリース:72%が地球環境の変化実感 エコイメージ企業は「トヨタ」「松下」

" 調査結果トピックス ■72%が「普段の生活で地球環境の変化感じる」 ■エコなイメージの企業「トヨタ」「松下」 ■「マイバッグは温暖化防止に有効だと思う」67% ■今後取り組みたいのは「包装」「ゴミ分別」「設定温度」 ■有効性の認識に対して、実践度低い「設定温度」 ■環境保護に積極的な50歳以上、10代は苦手意識 "
-----C-NEWSプレスリリース、2007/06/04

コメント
 変化を感じる。エコなイメージの企業は、BP。マイバックは有効。取り組みたいのは、包装。設定温度には、非常に気をつかっている。苦手意識はない、でもアンケートどおり、やがて50歳以上になる、、、、、gue.

続きを読む "C-NEWSプレスリリース:72%が地球環境の変化実感 エコイメージ企業は「トヨタ」「松下」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/04

G8を前に、温暖化効果ガス削減における、各国の動き

 6日からの開催が予定されている主要8か国首脳会議(G8)直前になって先進国だけでなく、中国、インドの温暖化効果ガス削減と気候変動に対する具体的な動きがでてきました。かけひきということなのでしょうが、IPCCのリポートもでそろったところで、さまざまな局面において、気候変動が人類共通の大きな課題という認識のもとに語られるようになってきたことは、大きなチャンスです。

 中国では、”気候変動対策で国家計画=先進国との区別強調-中国”としながらも、国内対策についても具体的な動きたでてきています。日本も含めた先進各国の環境ビジネスの売り込みも活発化しそうです。中国は、急速な経済発展のひずみが、環境、市民生活に悪影響を及ぼす傾向も報じられる機会が増加しています。今後の動きが注目されます。

気候変動対策で国家計画=先進国との区別強調-中国-----時事ドッドコム、2007/06/01

 経済発展が著しい、もう一つの大きな人口をかかえるインドの動きもあったようです。

インド、2020年までに排出量25%削減へ-----e's inc Eda Blog -温断化ニュース、2007年06月01日
" インド、ニューデリー発-環境森林省のプロディプト・ゴーシュ大臣は5月28日、同国の温室効果ガス排出量を2020年までに25%以上削減すると語った。「インドは、省エネ、エネルギー効率化、再生エネルギー利用を進めながら、持続可能な発展の道を進む」とし、.......... "

 インドは、数値目標をだしていますが、実際に実効ある形になるかについては、予断を許さないと思います。各国とも、他国の動きを見ながらということでしょう。ロシアの姿勢については、顕著な形で報道されていました。

参加は米中印の動向見て決定=「ポスト京都議定書」でロシア----時事通信、6月1日

 ロシアの姿勢が、多くの国の正直なところではないでしょうか。そんななかで、サミット開催国のドイツでは、反グローバリズムのデモが一部暴徒化していると伝えられています。さらに、メルケル首相の発言は、開催国としての姿勢をはっきりと打ち出しています。

独首相、京都議定書後の具体案提示-----AFPBB News,2007年06月03日
" アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)独首相は2日、6日からの開催が予定されている主要8か国首脳会議(G8)で議題となる気候変動について、「怠慢による妥協」を受け入れるつもりはないとの姿勢を示した。 "
独で反G8デモ、警官400人以上負傷-----Japan News Network,2007年06月03日

続きを読む "G8を前に、温暖化効果ガス削減における、各国の動き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/01

「開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて」の公表について / プレスリリース 環境省

" ..........「開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて」と題する報告書を取りまとめましたので公表いたします。 1.背景  コベネフィッツ(相乗効果)型温暖化対策・CDMとは、温暖化対策やCDMプロジェクトを実施し、同時に、途上国の開発のニーズを満たすことのできる取組を指します。経済社会開発が重大な関心事である途上国において、開発ニーズの充足を温暖化対策に取り入れることにより、より主体的な対策への取組を促進することができます。  環境省は、海外環境協力センター(OECC)に調査事業を委託し、JBIC、JICA等の協力を得て、途上国の開発政策、公害対策と温暖化対策との一体的取組を推進するための方策等を検討し、「開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて」と題する報告書を取りまとめました。

2.報告書の概要
 報告書では、コベネフィッツ型温暖化対策・CDMが今後の途上国に対する温暖化対策支援のアプローチとして有益であり、これに基づいた既存の取組の強化を図ることを提案し、このための具体的なアクションとして以下の6つのアクションを取ることが重要だとしています。
..........
添付資料

開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDM の実現に向けて [PDF 94KB]
"

-----環境省、平成19年5月30日

コメント

続きを読む "「開発途上国の開発ニーズ志向のコベネフィッツ型温暖化対策・CDMの実現に向けて」の公表について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »