« 本日は、ブログの更新を休み、ちょっとひとめぐり | トップページ | MLB開幕、日本人プレーヤーにエールを! 太陽のめぐみが球場に »

2007/04/05

ホンダが2007年の環境自動車会社ランキングでトップに、またしても評価のひくいままの米企業

 自動車、輸送が温暖化効果ガス、そして大気汚染問題の解決に重要な鍵をにぎっているということで、ますます注目を集めるようになっています。乗り物の性能向上が急務とされているなかで、Union of Concerned Scientists(憂慮する科学者の会)の"Automaker Rankings 2007"というランク付けは、さまざまなメディアで紹介され、そして機会あるごとに話題になる、権威のあるものです。いまや一つの評価として、定着しつつあります。そのランキングにホンダが選ばれました。2番目は、トヨタ、以下、現代、日産、フォルクスワーゲンと続きベスト5は、「外国勢」で占められています。まあ、ホンダやこれで4度目のトップ。トヨタは、今回は次席へとさがっています。

クリッピング / Union of Concerned Scientists,04/03/07 ・Automaker Rankings 2007: The Environmental Performance of Car Companies -----プレスリリースより text :
" Honda and Toyota left Detroit's Big Three in the dust in the Union of Concerned Scientists' (UCS) biennial ranking of the greenest automakers.

For the fourth time in a row, Honda topped the science organization's rankings as the country's greenest automaker. But Toyota lost by only a nose, surging to second place by making significant cuts in global warming pollution. "


2007ranking_automaker
-----image(pdfパンフレットよりカバー)-----

関連エントリー
Environmental Ranking: Honda Greenest Automaker, GM Freefalls from Best of Big Three to Worst Overall /(車の環境ランキングでホンダがトップの評価を得た、、) プレスリリース Union of Concerned Sientists-----しなやかな技術研究会、2004/12/08

参考情報
Union of Concerned Scientists
 / New Vehicle Design Surpasses State Global Warming Standards

Union of Concerned Scientists : Hybrid Center

コメント続き

 Union of Concerned Scientistsのサイトで扱われているテーマは、そのまま、現代の社会が環境に対応した持続可能性を持ちえるかという課題に思えます。
 ・Union of Concerned Scientists : Global Warming(地球温暖化)
Union of Concerned Scientists : Clean Vehicles(クリーンヴィークル)
Union of Concerned Scientists : Clean Energy(クリーンエネルギー)
Union of Concerned Scientists : Invasive Species(外来種生物)
 ・Union of Concerned Scientists : Global Security(安全保障)
Union of Concerned Scientists : Food and Environment(食料と環境)
 そして、
 ・Union of Concerned Scientists : Scientific Integrity(完全なる科学 -- 科学性の確保と保障)

 さまざまなテーマの中で、最後のScientific Integrityというテーマをかかげている団体は少ないと思います。たぶん、公正でより科学的な根拠に基づいた研究を公表し、共有するということは、かなり重要なテーマです。科学は、教育、行政、司法のあらゆるところで、その科学性を試されています。科学は、客観性と再現性によりその根拠を保障されるべきものですが、実際には政府、企業、学会、さまざまな団体、そして世論といった圧力の中に存在しているのが、科学です。こうしたことに取り組まれているこの憂慮する科学者の会のさまざまな研究、そして見解や見識に尊敬と興味をもっています。(t_t)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。




グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)

●nifty clip --- ●はてなブックマーク --- しなやかな技術研究会のタイムライン

|

« 本日は、ブログの更新を休み、ちょっとひとめぐり | トップページ | MLB開幕、日本人プレーヤーにエールを! 太陽のめぐみが球場に »

コメント

プレスリリース / HONDA,04.03.07
Honda Named "Greenest Automaker" by Union of Concerned Scientists
" America's Most Fuel Efficient Car Company Earns Fourth Consecutive Title

Honda, the most fuel efficient car company in America1, has earned the title of America's "2007 Greenest Automaker" from the Union of Concerned Scientists (UCS) for the fourth consecutive time. The award is given by the UCS on a biennial basis to the company with the lowest overall production of smog-forming emissions and global warming emissions (primarily CO2) in its U.S. automobile fleet.

”Honda remains the greenest U.S. automaker. The company installs clean technology across its entire fleet of cars and trucks and that consistency makes it a top environmental performer. Honda is one of only two automakers to have better-than-average global warming scores in every class of vehicles it sold in MY2005," said Don MacKenzie, a vehicles engineer with the Union of Concerned Scientists. "In addition, Honda continues to have the best smog score in four out of the five classes.” "

投稿: 追加情報 ホンダのプレスリリース | 2007/04/05 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/14556235

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダが2007年の環境自動車会社ランキングでトップに、またしても評価のひくいままの米企業:

« 本日は、ブログの更新を休み、ちょっとひとめぐり | トップページ | MLB開幕、日本人プレーヤーにエールを! 太陽のめぐみが球場に »