« イベント 4/14 The Naked eARTh Day 2007『 アトムと別れる50の方法 ─ Fifty Ways To Leave Nuclear Power ─ 』 | トップページ | 環境に優しい自転車タクシーが横浜で運行開始 / クリッピング ヨコハマ経済新聞 »

2007/03/22

ハワイから、ホクレア号が日本にやってくる!

 ホクレア号は、ハワイから日本にいたる航海の途上にあります。
 かつて太平洋には、海洋民族が自由に行き来する風の道があったそうです。そして、その航海は今、新しい挑戦のもと、途上にあります。

One Ocean, One People 2007 Voyage to Micronesia and Japan A Celebration of Pacific Voyaging, Cultures, and Islands

 というスローガンのもとに実際にかつての海洋民族の帆船による島渡りを再現する旅の途上にあるホクレア号は、日本には、4月から6月までに到着し、各地を回るそうですから大きな話題になることでしょう。その島渡りを支援する活動が行われています。

ガイア・ニュース : ホクレア号航海2007基金 ホクレア号が日本にやってくる! 航海が無事達成されるよう力をお貸し下さい

" 「地球交響曲」第三番に故星野道夫と共に出演したハワイの英雄ナイノア・トンプソンが、あの、古代遠洋航海カヌー「ホクレア号」で、いよいよ日本にやって来ます。
ハワイからミクロネシアを経て日本列島に至る、この大航海はナイノアの長年の夢でした。3歳の頃から、海との付き合い方を日系2世のヨシオ・カワノさんから教わったナイノアは、その恩返しの想いと、数千年前に南太平洋から北米アラスカまでを繋いだ、環太平洋海洋民族の魂を21世紀に甦らせるために、この大航海に乗り出したのです。星に導かれ、波を読み、風の伝言に耳を傾けながら目的地に向かうこの旅は、21世紀の子供達へのナイノアからの贈物です。

この壮大なプロジェクトを達成させるために私たちは、航海の安全を祈り、日本国内滞在を支援することを目的とした「ホクレア号航海2007基金」を立ち上げます。
この基金は、ホクレア号の乗組員が日本国内で活動するための資金として使われます。
ぜひともナイノアの熱い志を多くの皆様の手でご支援くださるようお願い申し上げます。

*ホクレア号はミクロネシアへの航海の後、4月から6月にかけて日本に到着する予定。寄港場所は、沖縄(糸満)、熊本(宇土)、長崎、福岡、山口(周防大島)、広島、愛媛(宇和島)、横浜の予定です。
航行距離:6,959マイル(約11,200キロ)、航海予定日数74日間。
..........
「ホクレア号航海2007基金」への参加方法
目標金額 500万円 "

関連サイト

POLYNESIAN VOYAGING SOCIETY / 2007 VOYAGE

航海の様子
2007 Voyages Weblog(E)

ホクレア号航海ブログ 公式日本語ブログ

 ホクレア号の現在の位置は、Googleマップを利用したサイトで確認でき、マッシュアップを選択するとその日の記事が読めます。

ホクレア アリンガノ・マイス 2007年航海

 ちなみに現在の地点は、
 ・ホクレアとアリンガノ・マイスはサタワル島に到着しました (3/14)-----Tornos E-140

 もうすぐ、パラオを経由して、那覇への長い航海がはじまります。応援しましょう!(t_t)



ninki blog ranking

人気blogランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。

|

« イベント 4/14 The Naked eARTh Day 2007『 アトムと別れる50の方法 ─ Fifty Ways To Leave Nuclear Power ─ 』 | トップページ | 環境に優しい自転車タクシーが横浜で運行開始 / クリッピング ヨコハマ経済新聞 »

コメント

追加情報
ハワイから「幸せの星」がやってきた!-----Ohmynews,070603

投稿: 追加情報 6月9日ころ横浜? | 2007/06/05 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/14338236

この記事へのトラックバック一覧です: ハワイから、ホクレア号が日本にやってくる!:

« イベント 4/14 The Naked eARTh Day 2007『 アトムと別れる50の方法 ─ Fifty Ways To Leave Nuclear Power ─ 』 | トップページ | 環境に優しい自転車タクシーが横浜で運行開始 / クリッピング ヨコハマ経済新聞 »