« 環境ビジネス拡大 07年度に1兆4196億円 バイオマスが市場牽引 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | イベント 3/5 2006年度 環境問題講演会 <環境問題講演会>金融は生き残れるか »

2007/02/15

「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」の実証試験結果について / プレスリリース 日野自動車

10000133_1
----- image (pop up ; ”外部電源式アイドリングストップ冷暖房システムの概念”) & text : 東京電力、日野自動車、2007年02月13日発表より

" CO2排出量を約97%低減、燃料消費コストを約98%低減
 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:勝俣(かつまた) 恒久(つねひさ))と日野自動車株式会社(本社:東京都日野市 取締役社長:近藤(こんどう) 詔治(しょうじ))は、共同で「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」を開発し、実証試験を進めてまいりました(平成17年7月27日お知らせ済み)が、このほどその結果がまとまり、アイドリング時に比べて「CO2排出量を約97%低減できる」、「燃料消費コストを約98%低減できる」などの成果が得られました。 "

コメント
 長距離トラックの運転手さんが、トラック内で仮眠する時に利用する冷暖房を外部電力から給電されるような形にすることで、コストと排出されるCO2を削減することができるという。さらに音もなくなりなかなかいいアイディアだと思います。

 ところで、この電源スタンド、200Vですね!

”外部電源式冷暖房装置
 冷房装置として、車両のエアコンとは独立したパッケージクーラーを運転席上部(屋根上)に搭載。供給電圧はAC単相200ボルトで、トラックへの後付け搭載も可能な汎用システム。なお、暖房装置はAC単相100ボルトにより蓄熱マット(ホットカーペット)と電気毛布などを使用。”

 トラック内で仮眠だけでなく、いろいろな電気製品をみなさんが使う傾向が増すとトラック・ターミナルやサービスエリアでのパーキングなどの様子が変わる、というふうに将来はなるかもしれませんね。

 ところで、200Vあるとですね。海外でサードパーティーが販売しているハイブリッド車を外部電源から充電するための充電ユニットがそのまま利用できそうですね!  これらの”プラグイン・ハイブリッド改造ユニット”には、追加のバッテリーと充電装置が含まれ、数十キロの走行距離を電動で走ることを可能にするためのユニットです。海外でもトラック用のユニットはまだでていないと思いますが、バッテリーの積載スペースに余裕がありそうなトラックのプラグイン・ハイブリッド車というのも、コストしだいでは今後もありかもしれませんね。

参考情報、記事
 トラックのハイブリッド車
日野レンジャー ハイブリッド
三菱ふそうキャンター エコ ハイブリッド
いすず ELF HYBRID

日野自動車、ハイブリッドトラックを海外で販売-----NIKKEI NET,2007/01/15

三菱ふそう トラックもハイブリッド戦 今夏に投入 3社小型出そろう-----Sankei Web,2006/05/22

コメント続き

|

« 環境ビジネス拡大 07年度に1兆4196億円 バイオマスが市場牽引 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | イベント 3/5 2006年度 環境問題講演会 <環境問題講演会>金融は生き残れるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/13905761

この記事へのトラックバック一覧です: 「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」の実証試験結果について / プレスリリース 日野自動車:

« 環境ビジネス拡大 07年度に1兆4196億円 バイオマスが市場牽引 / クリッピング FujiSankei Business i. | トップページ | イベント 3/5 2006年度 環境問題講演会 <環境問題講演会>金融は生き残れるか »