« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

イベント 3/6-9 ライティングフェア、建築・建材展2007(東京ビッグサイト)

-----イベント案内より-----3/5日までにネットから事前登録すると、入場がスムーズかつ無料です。併催される、建築・建材展2007などにも入場可能の入場引換券が発行されます。

" 2007年3月6日(火)から3月9日(金)の4日間、東京ビッグサイトにて「ライティング・フェア2007」が開催されます。今回は121社462小間と過去最大の出展規模となっています。(2007年2月23日現在)
第8回目の開催を迎える「ライティング・フェア」は、照明器具、光源、関連材料・部品など国内外の照明製品と技術を紹介する総合展示会です。“人に地球に…やさしいあかり”をテーマに、明るく快適で使いやすい住宅用照明、低コストで高い省エネ効果と快適性を実現するオフィス・産業用照明、デザイン性と照明演出に優れた店舗用照明、安全で暮らしやすい街づくりに重要な役割を担う屋外・街路用照明など最新製品・技術の展示や照明空間の演出提案を行います。
現在、ライティング・フェア2007ほか同時開催展に無料で入場できる、来場事前登録を受付中です。(3月5日まで)

会期  2007年3月6日(火)~9日(金) 午前10時~午後5時(最終日のみ午後4時30分終了)
会場  東京国際展示場「東京ビッグサイト」 東3ホール(東京都江東区有明3-21-1)
主催 (社)日本照明器具工業会、日本経済新聞社
後援 
経済産業省、国土交通省、総務省消防庁、(社)照明学会、(社)日本電球工業会、日本商工会議所、全国商工会連合会、日本貿易振興機構(ジェトロ)[順不同]
..........
入場料 当日一般1,500円/当日団体〈20名以上〉1,000円(同時開催展と共通、税込み)
Webサイトの事前登録で無料(2007年1月上旬から3月5日まで)"


 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

コメント

続きを読む "イベント 3/6-9 ライティングフェア、建築・建材展2007(東京ビッグサイト)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/27

水源がまず枯渇--地球温暖化で専門家が警告 / クリッピング CNET Japan

" 地球温暖化で最初に影響を受けるのは、水かもしれない。  Lawrence Berkeley National Laboratoryのディレクターであり、代替エネルギーの研究費増額に奮闘する世界有数の科学者、Steven Chu氏をはじめ、多くの識者が、地球の温度上昇によって氷河や湖などの水源が急速に枯渇すると予測している。 "
-----CNET Japan,2007/02/23

関連記事、サイト(参考情報)
An Examination of Problems and Solutions to Climate Change: A Conversation With Steven Chu-----Milken Institute,April 26, 2006

" ..........Our agriculture in the Northern Hemisphere would be threatened by this climate change; already California farmers can no longer depend upon water from the Sierra Nevada Mountains."

Lawrence Berkeley National Laboratory  / A View to the Future
/ Energy Technologies and Environmental Studies, page three
/ Advanced Computing, page three
 *Steven Chuさんのリサーチにはたどりつけませんでした。

参考記事
水不足は国境を越える-----JANJAN,2006/10/20

" 1トンの穀物を生産するには水1,000トンが必要となる "

コメント
 表題の記事では、2100年までの気候変動により、アメリカの一部の地域で水不足により、農業などに深刻な影響があるかもしれない。気候変動の影響は、まず水に現れるかもしれないということです。

続きを読む "水源がまず枯渇--地球温暖化で専門家が警告 / クリッピング CNET Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/26

ランキングサイト 人気blogランキングに登録してみました

Banner_04

----------
 人気ブログランキングに登録してみました。

しなやかな技術研究会(人気ブログランキング)
 がしな研の登録されたページでランキングが表示されています。
 過去記事の自動登録はされないようなので、本日のエントリーのみ表示されています。

 「カテゴリ : ウェブログ (10%) - 613位
建築・リフォーム (10%) - 521位
ニュース全般 (20%) - 370位
自然科学 (20%) - 155位
環境問題・保護 (40%) - 116位 」
 とすでにランキングされているので、びっくり。

 システムの概要を読んで大枠しくみは、理解できましたが、すでに環境問題・保護では116位と表示されているのはびっくりです。1回のエントリーなのですが、全体のアクティブな量が少ない印象です。

週間イン 12
週間アウト 8
月間イン 12
 となっています。理解したところの意味は、しな研からblogランキング側に12、blogランキングからしな研に8で、総合ランキングが116位ということです。

 本日、クリックしていただいた方ありがとうございます。まずは、お礼まで、、

 結構、全体のクリック数が少ないですね。30万ブログといっても、環境とか技術関連は人気がないということでしょうか、、、

 今回登録した理由の一つが、ランキングで面白いということもあったのですが、

IPCC(blogランキング、記事で検索結果)

 上のように検索したら143のブログが検索できたことです。

 数では、
IPCC(Yahoo ブログ検索)では、2,225記事にヒット

IPCC(gooブログ検索)では、1,136記事にヒット

 で遠く及ばないのですが、内容で参考になるものにあたる確率がblogランキングのほうが高いと感じられたことです。ランキングサイトは他にもいろいろあるようですね。

 いろいろ試す意味で、ソフトエネルギーは、ブログ村に登録してみました。
ソフトエネルギーの登録ページ

 ブログ村は、トラックバックセンターが自分でも設置できるので、カテゴリーがなくて右往左往ということもなく、結構ユーザーが増えたら、強力な情報集積センターとして機能してくれるかもしれません。ということで、いろいろ使ってみるつもりです。

 ところで、IPCCって何? って思った方、私も疑問に思ったので、情報収集のために、エントリーを上げてます。よろしかったらご覧ください。
IPCCのClimate Change 2007 [ info / 資料 ]-----Project 50/2050

 ちなみに、

続きを読む "ランキングサイト 人気blogランキングに登録してみました"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

米イリノイ州知事、温室効果ガスの大幅削減目標を設定 / クリッピング 温「断」化ニュース

" (イリノイ州政府より) 米国イリノイ州スプリングフィールド発-イリノイ州知事は2月14日、2020年までに州全体で温室効果ガス排出量を1990年のレベルまで削減、また2050年までには1990年比60%削減するとの目標を発表した。 "
-----Eda Blog:温「断」化ニュース、2007年02月24日

関連、参考情報
プレスリリース / Illinois Government News Netwrodk,February 14, 2007
Gov. Blagojevich sets goal to dramatically reduce greenhouse gas emissions in Illinois Climate Change
Advisory Group meets to address the serious and urgent issue of global climate change

" SPRINGFIELD -
Gov. Rod R. Blagojevich today announced ..........
”The impact of global warming in Illinois and around the globe could be devastating, and we can’t wait for the federal government to act because scientists worldwide have warned that we must address climate change within the next decade to avoid serious and irreversible consequences,” said Gov. Blagojevich. “The international community recognizes that rising temperatures, melting glaciers, and unusual weather patterns are warning signs telling us that climate change is a reality. Now, despite inaction by President Bush, we must deal with it. By committing ourselves to action in Illinois, we can help minimize the effects of climate change and ensure our children and grandchildren inherit a healthy world full of opportunity.” .......... "

State of Illinois Gallary

Springfield, IL, USA(Google マップ)

コメント
”2050年までには1990年比60%削減”とは、現在有効とされる目標を州のものとして掲げたということで、注目されるべき動きです。ところで、イリノイ州ってどこ? あ、シカゴがあるところですね。地図が趣味でも地理は苦手なのです。

続きを読む "米イリノイ州知事、温室効果ガスの大幅削減目標を設定 / クリッピング 温「断」化ニュース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/23

先進電動バスの実験走行を行いました / プレスリリース 昭和飛行機工業

Img_01
-----image(pop up;”三鷹市内を試験走行する電気バス”) & text : 昭和飛行機工業、投資家向けニュース 平成19年01月26日発表より

" 当社は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助金を得て、独立行政法人交通安全環境研究所、三鷹市、早稲田大学の四者共同で先進電動バスの開発を進めているところでありますが、この度1月24日(水)、環境保護に対する諸施策を積極的に取り組んでいる三鷹市市内において電動バスの試験走行を行いました。
 この電動バスは、すべての動力を電気でまかなうため、バス本体のCO2排出はゼロ、燃費・振動や騒音が少なく、市街地でのコミュニティーバスとしての運行に期待されています。
 8時間の充電で40~50キロ走行でき、同量の発電で発生する二酸化炭素の排出量は、ディーゼルエンジンよりも6割以上削減できるほか(Well to Wheel)、燃費も5分の1に抑えることができます。今回の試験走行は、昨年11月に続く2度目で、これらの試験で得られたデータをもとに、今後更なる改良を進めていく予定です。 "

関連記事
振動、騒音、排ガスなし 次世代電動バス 三鷹市が導入検討-----Sankei WEB,2007/01/25(イザ!:先進電動バスの走行実験 東京都三鷹市 02/18

コメント

続きを読む "先進電動バスの実験走行を行いました / プレスリリース 昭和飛行機工業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/22

EARTH CHALLENGE / おすすめサイト (リチャード・ブランソン卿のヴァージン、温暖化効果ガス削減のアイディアを30億円で募集)

Virgin_earth_challenge
-----image(pop up ; ”キャプチャー画像”) & text : Virgin : EARTH CHALLENGEサイトより

" A solution is needed of the utmost urgency
to Save the Earth. On Friday 09.02.07
The Virgin Earth Challenge was launched creating an opportunity for someone to make
history by preserving history for many generations to com.

The Virgin Earth Challenge is a prize of $25m for whoever can demonstrate to the judges' satisfaction a commercially viable design which results in the removal of anthropogenic, atmospheric greenhouse gases so as to contribute materially to the stability of Earth’s climate. "

関連サイト
Virgin Groups

関連記事
Branson launches $25m climate bid-----BBC News,9 February 2007

サーブ9-5バイオパワーをヴァージン・グループ会長に納車-----MSNニュース-自動車、2006年11月25日

コメント

続きを読む "EARTH CHALLENGE / おすすめサイト (リチャード・ブランソン卿のヴァージン、温暖化効果ガス削減のアイディアを30億円で募集)"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/02/21

イベント 3/28 - 4/2 「地球温暖化を考える旅」アメリカ最新環境体験エコツアー

-----イベント案内より-----

" 地球温暖化問題、異常気象、企業の環境配慮など、環境をテーマにした情報が連日メディアへ露出しています。2006年12月に、東京ビッグサイトにて行われた第8回を迎えた“エコプロダクツ2006”は、過去最大の15万人が来場しました。
 2007年1月から日本で公開される米国映画『不都合な真実』が話題になっております。地球規模での異常気象や自然破壊の様子を、米国・元副大統領アル・ゴア氏がスライドショーで講演する姿のドキュメンタリー映画です。鑑賞後は多くの方々が環境に対する意識が高まると思われます。
 更に詳しく世界の環境事情を見つめたい方々に、今回は制作国であり今後の環境問題で世界的に大きな影響を持つアメリカの最もホットな州の一つカリフォルニア州に絞って、環境関連最新事情を視察する体験エコツアーを募集します。
   
◆ 旅行期間:2007年3月28日(水)~4月2日(月) 6日間
◆ 旅行代金:お1人様 298,000円(大人・こども同額)
◆ 食事(朝4、昼2回付) 添乗員同行 募集人員20名(最少催行人員15名) 
◆ 宿泊(サンフランシスコ:ホリデーインEFW、サクラメント:ベストウェスタンSH)
    シングルルーム希望者追加料金32,000円 
●行程
 イベント案内をご覧ください。

*現地見学箇所では自然エネルギーの専門家が解説
①世界最大規模7,000基の風車郡
②オーガニックワイナリーでの昼食とバイオマス利用の運営見学
③世界初の住民投票で灰炉となった原発。代替施設としてソーラー発電所移動中。
④世界最大級のオーガニックスーパーマーケット他関連施設見学とショッピング

◆申込方法
①お申込みのWordファイルをプリントアウトしていただき、ご記入の上、FAXまたはメールで送信してください。。
◆旅行企画・実施:(株)JTB関東
◆共同企画:リボーン <エコツーリズム・ネットワーク>  "

関連記事

続きを読む "イベント 3/28 - 4/2 「地球温暖化を考える旅」アメリカ最新環境体験エコツアー"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/20

平成18年度 第6回NGO/NPO・企業の環境政策提言の選考結果 / プレスリリース 環境省

" -----及びNGO/NPO・企業環境政策提言フォーラムの開催について  環境省では、民間からの政策提言を政策に生かすとともに、民間の政策提言能力向上を目的として「NGO/NPO・企業環境政策提言」を実施しています。今年度は、環境省に寄せられた42件の応募提言の中から「NGO/NPO・企業環境政策提言推進委員会」(委員長 廣野良吉成蹊大学名誉教授)は、優秀提言1件、優秀に準ずる提言4件を、選定しました。  2月28日(水)に「NGO/NPO・企業環境政策提言フォーラム」を開催し、優秀提言と優秀に準ずる提言を提言団体から紹介していただきます。 .......... 優秀提言 ○ 多主体連携による家庭版ESCOスキームを用いた家庭部門の省エネルギーの推進 〔株式会社 びわこ銀行/滋賀県電器商業組合/財団法人 地球環境戦略研究機関〕 (趣旨) 行政機関、金融機関、地域の家電販売店の連携により、地域密着型の家庭向け省エネ・ESCOサービスの提供、ESCOサービスと連動した省エネ機器買換ローンの提供、そのローンへの利子補給などを組み合わせた新たな「家庭版ESCO実施スキーム」を構築し、家庭部門における抜本的な省エネルギーを推進する。 "
-----環境省、平成19年2月5日

関連サイト
IGESの家庭版ESCOスキーム提言が優秀提言に(地球環境戦略研究機関)

" .........政策の目的
ESCOは、「省エネルギーで実現する経費節減分で、省エネルギー投資を賄う」という仕組みを用い、「省エネ」と「コスト削減」を両立させるビジネススキームであり、産業部門を中心に広範に実施されている。一方、近年CO2排出の伸びが著しい家庭部門においては、ESCOは主に採算性の問題か
ら成立していない。本提案は、従来は成立しなかった家庭部門向けESCO事業を、行政機関、金融機関、地域の家電販売店ら多様な主体の連携による新たなESCO実施スキームの構築を通じて実現し、家庭部門における抜本的な省エネルギーを推進することを目的とする。
② 背景および現状の問題点
1) 家庭部門におけるCO2排出の増加
京都議定書の第一約束期間が近づく中、国内のCO2排出量は未だ増加傾向が続いている。特に国全体の排出量の約2割が起因する家庭部門では、2005年の排出量が前年比4.5%増、1990年比で37%以上も増加しており、家庭部門における対策は喫緊の重要課題である。

2)高効率エネルギー機器による省エネ効果とその普及への課題
 家庭部門のCO2は、.......... "(pdf提言より)

参考サイト

続きを読む "平成18年度 第6回NGO/NPO・企業の環境政策提言の選考結果 / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/19

地球温暖化:オホーツク -北太平洋、海水温0.7度上昇 過去50年、北大低温研調査 / クリッピング MSN毎日インタラクティブ

" 水深200~1200メートル  オホーツク海から北太平洋にかけての「中層水」と呼ばれる水深約200~1200メートルの海中水温が、50年前より最大で約0・7度も上昇していることが、北海道大学低温科学研究所長の若土正曉教授ら研究グループの調査で分かった。若土所長は「地球温暖化の影響でオホーツク海で作られる海氷(流氷)の量が減ったことが大きな原因。海の生態系全体に重大な影響を与える」と警告。早急な温暖化対策を訴えている。 ..........温度上昇の傾向が最大だったのはオホーツク海西部で、50年間で0・68度、水温が上昇し、酸素量も1リットル当たり最大0・7ミリリットル減少した。  "
-----毎日新聞、2007年2月18日

関連記事、サイト
温暖化:中層水の海水温、50年前より上昇 北大調査-----毎日新聞 2007年2月17日

" 研究所などが観測した最近のデータを含む過去50年間のオホーツク海と北太平洋6万3000カ所の海水温、溶存酸素量データを、若土所長と大島慶一郎助教授、中野渡拓也研究員の3人が解析した。溶存酸素量は海水中に溶けている酸素の量で、水温が低いほど多くなる。 "

北海道大学低温科学研究所 / 最近の研究トピックス : オホーツク海から北太平洋の中層で、過去50年間における地球上最大級の昇温化トレンドが発見された!生物生産性豊かな海に黄信号! 2007年1月16日

参考サイト
気象庁 / 海洋の健康診断表 / 統計資料 北西太平洋・全球 海面水温平年値

コメント

続きを読む "地球温暖化:オホーツク -北太平洋、海水温0.7度上昇 過去50年、北大低温研調査 / クリッピング MSN毎日インタラクティブ"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/02/16

イベント 3/5 2006年度 環境問題講演会 <環境問題講演会>金融は生き残れるか

-----イベント案内より-----要事前申込(締切2/26)

" ★参加費無料 -地球温暖化がもたらす新しいビジネスルール-
損害保険事業総合研究所
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第1作業部会は本日2月2日、世界各地の観測データ集計による将来の気候システムについて検討し、第4次報告書として発表しました。それによると、温暖化のスピードは第3次報告書の当時(2001年)より加速していて、今世紀末の平均気温は最大で6.4度上昇するとし、極端な降水や熱波の増加などの異常気象と温室効果ガスの関連について従来より踏み込んだ表現を用い、化石燃料依存への警告を発しました。
 今後、生態系や社会・経済への影響を評価する「第2作業部会」、気候変化への対策を評価する「第3作業部会」でも報告書が作成されますが、温暖化への具体的対応へ向けた国際ルールの策定は一層の努力が求められることとなるでしょう。

 一方、地球温暖化の影響はビジネスにも大きなインパクトを与えています。中でも金融への影響は大きく、一部には業務の存続すら懸念する声もあるようです。
 こうした中で、欧米の金融機関の中には、気候変動リスクをビジネスチャンスと受け止め、新しいソリューションを提供するための準備に着手したところもあります。環境対応先進国を自負する我が国ですが欧米諸国の追い上げは著しく、日本の競争優位がいつまでも続くとは限りません。間近に迫った環境保全を軸とする大競争時代において、少なくとも遅れを取る事態を避けるためには、日本政府と日本企業はどう動くべきなのでしょうか。

 本講演会では、欧米社会、市場の動向、そして金融における変化を追いながら、今やらなくてはならないことを考えてみたいと思います。

 総務部、環境対策関連部署の皆様を始めとして、多数の方々のご参加を期待いたします。

講 師   国連環境計画 金融イニシアティブ 特別顧問 末吉 竹二郎 氏
日 時 3月5日(月) 18:00~20:00
会 場   損保会館 会議室 千代田区神田淡路町2-9
  *損保会館の正面玄関は、 18:30 にシャッターが下りますのでご面倒でも
   通用門をご利用下さい。
  *損保会館の入り口では入館チェックがあります。損保講座へお越しの際には、社員証または本募集要項をご持参下さい。
お申し込みについて
*〆切日:2月26日(月)
講演項目

続きを読む "イベント 3/5 2006年度 環境問題講演会 <環境問題講演会>金融は生き残れるか"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/15

「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」の実証試験結果について / プレスリリース 日野自動車

10000133_1
----- image (pop up ; ”外部電源式アイドリングストップ冷暖房システムの概念”) & text : 東京電力、日野自動車、2007年02月13日発表より

" CO2排出量を約97%低減、燃料消費コストを約98%低減
 東京電力株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:勝俣(かつまた) 恒久(つねひさ))と日野自動車株式会社(本社:東京都日野市 取締役社長:近藤(こんどう) 詔治(しょうじ))は、共同で「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」を開発し、実証試験を進めてまいりました(平成17年7月27日お知らせ済み)が、このほどその結果がまとまり、アイドリング時に比べて「CO2排出量を約97%低減できる」、「燃料消費コストを約98%低減できる」などの成果が得られました。 "

コメント
 長距離トラックの運転手さんが、トラック内で仮眠する時に利用する冷暖房を外部電力から給電されるような形にすることで、コストと排出されるCO2を削減することができるという。さらに音もなくなりなかなかいいアイディアだと思います。

 ところで、この電源スタンド、200Vですね!

続きを読む "「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」の実証試験結果について / プレスリリース 日野自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

環境ビジネス拡大 07年度に1兆4196億円 バイオマスが市場牽引 / クリッピング FujiSankei Business i.

" 富士経済(東京都中央区)がまとめた環境ビジネスの分野別動向調査によると、大気・排ガス、バイオマスなど5分野の市場規模は、2007年度に前年度比4・1%増の1兆4196億円に達する見通しであることが分かった。地球温暖化対策に迫られるなか、新燃料であるバイオエタノールなどの市場が創出されたり、アスベストにからむ法規制強化などを背景に新たなビジネスが台頭。さらに、景気回復に伴い民間設備投資が回復し、環境プラントへの投資意欲も高まっているなどと特徴を分析している。 "
-----FujiSankei Business i.,2007/2/12

関連サイト
富士経済
/ 大気・排ガス、バイオマスなど環境関連事業の調査結果を公開しました 2007/02/06
  --他にこんなリポートも公開されています--
/ 電力・ガス自由化市場、エネルギーソリューションサービス市場の調査結果を公開しました 2007/01/16

コメント
 環境ビジネスの拡大。とうぜんそうならなければ困るし、流れとしてそうなるだろう。数字は、伸びがのぞめない他の分野から見れば、うらやまれるような数字です。希望の業界ですね。
 しかし、、、

続きを読む "環境ビジネス拡大 07年度に1兆4196億円 バイオマスが市場牽引 / クリッピング FujiSankei Business i."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/13

イタリアンデザインの電気自動車「ジラソーレ」、発売 / クリッピング IT media +D

" オートイーブィジャパンは伊スタートラブの電気自動車「ジラソーレ」を発売する。1回の充電で120キロの走行が可能だ。  オートイーブィジャパンは1月24日、伊スタートラブの2人乗り電気自動車「ジラソーレ」を1月25日より販売開始すると発表した。価格は260万4000円(車両本体価格)。 "
-----IT media +D LifeStyle News,2007年01月24日

関連サイト
オートイーブィジャパン
P1000697
-----image(オートイーブィジャパン社2007年1月25日(木) Girasoleのプレス発表会を開催より)

Start Lab

コメント

続きを読む "イタリアンデザインの電気自動車「ジラソーレ」、発売 / クリッピング IT media +D"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/12

もはやアース・ブラウザー -進化するGoogle Earthと多様化するサービス

Google Eathがバージョンアップされた。テクスチャ付きの3D対応になって、リアルな情報を取り込めるバーチャルな地球儀がまた進化を遂げた。2007年1月8日 に Google Earth は、最新バージョン(リリース 4)となって公開されている。

Google Earth / 探検、検索、そして新しい発見を

" 仮想の世界ツアーへ
あなたのパソコンに地球が入っていて、地図帳と百科事典とフライト シミュレータが 1 つになって統合されました。 探索したい場所をマウスでダブルクリックするだけで、その場所にズームインできます。 市街地、山、渓谷などが、関連情報とともに高解像度の 3D で表示されます。 "

そして機能を試しているうちに、なにげに開いた「 2004年の世界天気図を時系列アニメーションで再生 [ファイルを開く]」(掲載ページ)、、 
 おもむろに2004年の世界中の天気の変化がGoogle Earthの画面に取り込まれて、リアルなデーターがデスクトップに開いた。
2004wether1jan25mar
-----image(pop up ; Google Earthで2004年の2月の宇宙からみた地球の姿。)

 データーも充実してさらに進化している。まだやったことはないが、リリースされている無料のソフトを使えば、自作の3Dオブジェクトを公開したり、Google Earthにも配置できるのだそうだ。そして、噂ではそのソフトも結構使い勝手がいいようです。
 データーが、あまりにもリアルなので、軍事的な問題となる情報は、意図的に古いものに差し替えられる事態にまでなっているようです。
 
参考情報
・「Google Earth」で汚染地域を検索可能に--米環境保護庁 / クリッピング CNET Japan
" バージニア州アーリントン発--米環境保護庁(EPA)は、GoogleやMicrosoftなどの企業が提供するオンライン地図を活用することで、有害物質に汚染されている可能性がある地域を広く一般が容易に知ることができるようにしたいと考えている。 "-----CNETJapnan,2007/01/18

・グーグルと英軍、テロリストによるGoogle Earthの利用について協議 / クリッピング CNET Japan
" Google Earthの航空写真を利用したテロリストがバスラの英軍基地をピンポイント攻撃したという証拠が発見されたことを受け、Googleがイラクの軍当局と話し合いを続けていると英国Daily Telegraphが伝えている。 "-----CNETJapnan,2007/01/18

・ユビキタス・アイ/土木 土木構造物も注目!グーグルアースでリアルな明石海峡大橋が見られます / クリッピング イエイリ建設ITラボ
明石海峡大橋もデビュー

・世界の環境ホットスポットの映像を Google Earthで閲覧可能に /クリッピング EIC NET 環境ニュース
EIC NET 環境ニュース,2006.09.12

(MEMO UNEP : Global Resource Information Database - Sioux Falls
----------

コメント続き

続きを読む "もはやアース・ブラウザー -進化するGoogle Earthと多様化するサービス"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/09

環境省、2006年度の「街区まるごとCO2 20%削減事業」に2件を採択 / クリッピング JFS

" 環境省は街区全体の二酸化炭素排出量の削減を図るため、2006年度より「街区まるごとCO2 20%削減事業」の実施を開始し、本年度は2件(応募総数4件)の事業を採択した。 "
-----Japan for Sustainability,2007/02/05

関連情報
プレスリリース / 環境省、平成18年11月20日
平成18年度 街区まるごとCO2 20%削減事業の採択案件について

" ..........
2.公募対象事業
 街区等の一定の面的な広がりを持った一つの区域において、省CO2性に優れた住宅、又は業務用建築物等を建設する民間団体等、もしくは既設の業務用建築物に省CO2機器等の導入を行う民間団体等で、街区全体の二酸化炭素削減効果や面的省CO2対策の点からモデル性が高く有望な事業(補助率:1/2)

3.採択の要件
 街区等の区域全体の住宅・建築物におけるエネルギー起源二酸化炭素の排出量を削減するために、省CO2性に優れた設備等を導入する事業であって、以下の要件を満たすもの。

事業効果(街区全体のCO2削減効果)が高いこと
事業計画の妥当性が高いこと。
面的省CO2対策としてのモデル性が高いこと。
その他緑化や通風確保等、街区の温熱環境の改善に配慮していること
4.補助対象事業の選定結果
.......... "

----------

コメント

続きを読む "環境省、2006年度の「街区まるごとCO2 20%削減事業」に2件を採択 / クリッピング JFS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/08

ZAPが、また面白い動きをしている。今度はロータスと組んだり、軽トラベースの、、、

 ハイブリッドカーの次のエコ・カーの流れは、軽量なライト・カーやスモール・ビークル。すぐには主流にならないまでも、セカンドカー、あるいはあまり荷物を載せることがない核家族向きとして今後伸びていくといわれている注目株。日本市場でも軽自動車が好調とか、電動あるいはハイブリッド車の小型車は今後登場する可能性が高いです。

 この分野で注目していたのは、ZAP
 ZAPについては、90年代のはじめに自転車に取り付けると簡単に電動バイクになるというユニークなZAP SX Kitという製品で初めて知りました。しかし、安全性や法規のことを考えて、日本では使えないだろうなと考えていると、どんどんスマート・カーで話題をよび、いまでは驚くほどのラインナップの電動、エタノール、天然ガス車までラインナップし中国進出を果たすまでになってきています。
 小さな、手軽な車作りというイメージのこのZAPが今度はロータスと組んで、パワフルな電動車ZAP-X を作るというのですから驚きです。
 
クリッピング / BusinessWeek.com,News & Features February 5, 2007
Lotus Goes Electric-----gizmag
----------

プレスリリース / ZAP,Lotus
The ZAP-X Crossover Electric Car - 155mph, 644 Horsepower, Based on the APX Technical Demonstrator Vehicle Designed & Developed by Lotus Engineering-----ZAP,Tuesday January 30
Lotus teams up with ZAP-----Lotus,19 Jan 2007
----------

関連記事
Zap! and Lotus Team Up to Create the Zap-X: 350 Miles and 155 Mph on a 10 Minute Charge-----treehugger,01.31.07

コメント続き

続きを読む "ZAPが、また面白い動きをしている。今度はロータスと組んだり、軽トラベースの、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/07

Hondaは、ジュネーブモーターショーに、「Honda Small Hybrid Sports Concept」を出展 / プレスリリース

4070205
-----image(pop up;”Honda Small Hybrid Sports Concept(スケッチ)”) & text : Honda,2007年2月5日発表より

" ジュネーブモーターショー出展車概要
Hondaの英国現地法人、ホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州 スラウ、社長:高木 滋)は、2007年2月5日に以下を発表致しましたので、その内容をご案内致します。
<ご参考>
 Hondaは、ジュネーブモーターショー(プレスデー:2007年3月6日~7日、一般公開日:3月8日~18日)に、「Honda Small Hybrid Sports Concept」を出展する。
 「Honda Small Hybrid Sports Concept」は、Hondaが提案する新世代ハイブリッド車のデザインモデルである。開発に際し、環境に配慮した最新のハイブリッド技術と、小型スポーツカーを操る楽しさを高次元で両立することを目指した。デザインは、ドイツにあるHonda R&D Europe(Deutschland)GmbHで行った。 "

関連、参考サイト
2007 Geneva Motor Show

Personal Hybrid Insight(HONDA)

ホンダのハイブリッドは、エンジンが主役(HONDA)

コメント

続きを読む "Hondaは、ジュネーブモーターショーに、「Honda Small Hybrid Sports Concept」を出展 / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/06

米カリフォルニア州、2012年までに白熱電球の利用を禁止の方針 / クリッピング テクノバーン

" 米カリフォルニア州が地球温暖化防止のCO2削減のための一環として2012年までに白熱電球に利用を禁止の方針で法案の準備を進めていることが1月30日、州政府関係者により明らかとなった。 "
-----テクノバーン、2007/2/1

関連記事
California Assemblyman wants to ban incandescent lightbulbs by 2012-----Earth Times,01 Feb 2007

関連サイト
California Energy Commission / Lighting Efficiency Information

コメント
 2012年にカリフォルニア州で白熱電球禁止を検討。禁止条例をつくろうとすることろが、アメリカらしいということなのかもしれないですね。確か、投入したエネルギーの85%を熱に変換する装置だったかな、白熱球。記事によると白熱球はエジソンが発明して以来125年の歴史をもつらしい。白熱球は、15lumens / W
 コンパクト蛍光灯は 50 - 85 lumens / W

続きを読む "米カリフォルニア州、2012年までに白熱電球の利用を禁止の方針 / クリッピング テクノバーン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/05

米国:温暖化対策の時流の乗った産業界 / JANJAN(IPS)

" 11月の中間選挙で民主党が議会多数派を占めることとなった政治情勢の変化を受けて、米エネルギーおよび製造大手企業9社と金融会社1社が4環境団体とともに、地球温暖化対策として温室効果ガス削減の義務化を求めて同盟を結成した。 "
-----JANJAN(IPS)、2007/02/04

関連サイト
U.S. Climate Action Partnership (USCAP)

関連記事
The business of climate change----- Economist.com,Jan 23rd 2007

米、政府間パネルの温暖化予測評価・削減義務化に慎重-----NIKKEI NET,2007/2/3

Q&A: The IPCC report on global warming-----Guardian Unlimited Environment,February 2, 2007

参考情報 プレスリリース / US Department of Energy,February 2, 2007
Bush Administration Plays Leading Role in Studying and Addressing Global Climate Change

関連エントリー
IPCCのClimate Change 2007がまもなく公開されます-----Project 50/2050,2007.02.02

コメント
 国際間協調、調整のうえでまとめられたIPCCの第四次報告には、アメリカ企業による、”ちょっと前の種まき”の反温暖化工作が影を落とし、各国間の政治的な圧力が存在するなかで作られたものであってさえ、現状認識、今後の影響に関しては、ともに深刻な内容になっていると思う。それでも、ブッシュはブッシュというわけか、、、。ここ数日、ニュースサイトでまめに前後の動きや話題なんかを読んでいました。環境団体、NGOの情報サイトでは、IPCC報告に関してのコメントに、「しかし」とか、「待て!」 とか、期待と不安(時には罵声的なコメントさえ)が飛び交っていました。

続きを読む "米国:温暖化対策の時流の乗った産業界 / JANJAN(IPS)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気候の安定化に向けて直ちに行動を!―科学者からの国民への緊急メッセージ― / 環境省

-----環境省、平成19年2月2日掲載より-----

" 平成19年2月2日早朝(日本時間)、地球温暖化に関する自然科学的な根拠について最新の知見をとりまとめた、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第4次報告書第1作業部会報告書が採択されました。これを機に、気候変化を研究する科学者から国民へ向けて、気候の安定化に向けて直ちに行動することを呼びかける、緊急メッセージが発表されました。

気候の安定化に向けて直ちに行動を! ―科学者からの国民への緊急メッセージ― [PDF 27KB] "

参考情報
プレスリリース / 環境省、平成19年2月2日
「21世紀環境立国戦略」の策定について

"..........(2) 本「戦略」は3月末頃までに、およその骨格を整理し、経済財政諮問会議で「骨太の方針2007」をまとめる流れを踏まえつつ、6月までにとりまとめを行う。 .........."

プレスリリース / 経済産業省、平成19年2月2日
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について

" 本件の概要 : 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)において、第4次評価報告書第1作業部会の報告書(自然科学的根拠)がとりまとめられましたので、その概要を公表します。
担当 : 産業技術環境局地球環境対策室
発表資料名 : 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第4次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)の公表について(PDF形式:388KB) より、以下に部分引用
”わが国における取り組み
わが国は、同報告書取りまとめに当たり、省庁連携によるIPCC国内連絡会を組織し活動支援を行ってきた。わが国の多くの研究者の論文が数多く同報告書に引用されたほか、多くの研究者が執筆者として原稿を執筆した。また同報告書の最終取りまとめにおいてわが国は積極的な貢献を行っている。
今後、第1作業部会報告書については、SPMの日本語訳を、3月末を目途に気象庁ホームページに公開する。また、IPCC第26回総会において、第4次評価報告書が採択3された後、第1作業部会報告書各章概要等の日本語訳を公開する予定である。” "

関連記事
日本の科学者よりのメッセージの形でIPCCの紹介が-----温暖化いろいろ、2007-02-03-----(”緊急メッセージの”全文がテキストで掲載されています)

IPCC第4次報告書 今世紀末、最悪6・4度上昇-----Yahoo News(産経新聞)、2月3日

We Cannot Let The Kyoto Debacle Happen Again -----Free Internet Press,2007-02-04

" I don't believe that it is only governments that should hear these messages. As individuals, we can make adjustments that together can have a big impact. As consumers, we can transform markets through our purchasing choices. And as concerned citizens, we can encourage governments, nationally and locally, to show leadership. "
-----政府、消費者(市民)一丸となって、、、

コメント
 さて、IPCC - Interngovernmental Panel On Clomate Change - が2/2日に発表した第一リポートの”ドラフト”は、世界中のメディアと関心がある人々の間でさまざまなコメント、批判、評価などさまざまな情報が飛び交っています。日本政府と各省庁がどのような反応をどの段階で示すのかに注目してみましたが、環境省が表題の科学者からの国民への緊急メッセージと経済産業省の”解説”と”「21世紀環境立国戦略」の策定”が発表されだけで、いまのことろ、他のリリースはないようです。各省庁からの関連の意見表明はないのでしょうか? 積極的な安部政権の意見表明を、京都議定書を踏まえてアナウンスしてほしいものです。宣伝がヘタということなら待ちますが、アイディアなし、エネルギー、省エネ、産業構造の改革なんか、時代の福祉社会の実現ともからめて、、夢だ、、、
 とりあえず、かなりこの件、情報量多いですし、今年いっぱいいろいろでてきそうな話題ですね。公開情報ブックマークをつくろうと思ってます。(t_t)

追加情報

続きを読む "気候の安定化に向けて直ちに行動を!―科学者からの国民への緊急メッセージ― / 環境省"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/03

イベント 2 / 3-4アースガーデン"冬" (今日からです!)

Earthgarden2007winter
----- image: poster
-----イベント案内より-----
" 暖かくて、中身の濃~い、2日間
初の屋内開催に、160軒以上(ポラン広場含)の
充実の出店者の皆さんが集まりました。
ライブもぜったい楽しめるラインナップです。
トーク、ワークショップも自信の企画がそろいました。
同時開催のポラン広場「オーガニックショー」にもご期待ください!
豆まき&餅つきもちゃんとやりますよ!
その他の企画も山盛りで、楽しみ方いろいろ!
あまりイベントもない季節だからこそ、みんなで熱く集いましょう!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2007年2月3日(土)11 - 17時、4日(日)10時 - 17時
@産業貿易センター浜松町館3Fホール(JR浜松町駅 5分)地図
入場料:各日¥500-
企画概要:
■クラフトガーデン@オーガニックライフ
■アジアンマーケット for our smile world
■バレンタイン・レボリューション
 (フェアトレード・チョコレート企画)
■エコロジーガーデン(NGO/NPO)
■エコ雑貨倶楽部
■マッサージルーム
■国産循環古着屋 ?古着で素敵なスローライフを?
■「豆まき」&「餅つき」
 みんなで楽しくやりましょう!!
■ライブ・ステージ「Natural High!」
■トーク・ステージ
「トーキングスティック」スケジュール
■ワークショップ各種
■オーガニック・ライフ・カフェ
■キッズ・グリーン
■ポラン広場「オーガニックショー」(同時開催) 

主催 アースガーデン "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/02

宇宙の巨大鏡で温暖化対策 米政府、提案へ / クリッピング イザ!

" 宇宙空間に浮かべた鏡で太陽光線を反射するという温暖化対策の研究を今春に出される国連の報告書に盛り込むよう、米政府が提案する。英紙ガーディアンが伝えたもので、試算では太陽光線の1%も反射すれば産業革命以来出してきた温室効果ガスの効果を十分相殺するという。排出削減を柱にした京都議定書とは反対の、いかにも米国らしい“プラス志向”?。 "
-----イザ!、01/29

----------newsing----------
                と
----------newsing----------


コメント
 一瞬、ジョークかと思いましたが、”あるていど、まじめな提案”だったようですね...

US answer to global warming: smoke and giant space mirrors-----Guardian unlimited,January 27, 2007

 煙にまくのは、人と地球そのものだったのですね、、、! 

続きを読む "宇宙の巨大鏡で温暖化対策 米政府、提案へ / クリッピング イザ!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/01

WWFジャパン「脱炭素社会に向けた国内排出量取引制度提案」を発表 / プレスリリース

" 本日、WWFジャパンは、「脱炭素社会に向けた国内排出量取引制度提案」を発表した。これは、エネルギー転換部門、産業部門、工業プロセス部門など、化石燃料を実際に使用している工場や発電所を対象とした下流型の排出量取引である。カバー率は64%となる。 この提案は、大規模排出者向けのキャップ&トレード方式の国内排出量取引制度を主柱に置いているが、この制度の対象外で、しかも排出量の伸びている民生・業務・運輸部門などには、税、ベースライン・アンド・クレジット方式の排出量取引、あるいは省エネ量取引などの新たな政策を補足的に入れたポリシーミックスになっている。これによって、日本の排出源の大方をカバーすることができる。 .......... 日本は、京都議定書第一約束期間を来年2008年に控えながらも、排出量が一向に減少方向に向かっておらず、2005年度の排出量は1990年レベルから8.1%も増大している。これはまさに今まで日本がとってきた気候変動対策が効果を生んでいないことを意味するに他ならない。"
-----WWF Japan,2007年1月24日発表より

関連記事
脱炭素社会に向けた国内排出量取引制度(WWF)

コメント

続きを読む "WWFジャパン「脱炭素社会に向けた国内排出量取引制度提案」を発表 / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »