« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

今期、夏の海水温度の上昇を衛星の目が確認

 今年の日本付近の海水温度が高いという指摘がかねてからあったが、”衛星の目”によってデーターとして、ここ30年と比較して顕著に海水温が高かったことが確認された。

DATE : 2006/8/29 AMSR-Eが捉えた夏期の北半球高緯度域における海面水温の上昇
" AMSR-Eのデータを解析した結果、北半球の高緯度域における近年の海面水温が、過去30年間の平均値と比べて、特に夏季において大幅に上昇していたことが分かりました。"-----JAXA 地球観測研究センター

 衛星の目が捉えた事実は、日本近海にとどまらない。より広域なものだ。

続きを読む "今期、夏の海水温度の上昇を衛星の目が確認"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イベント 10/3より オープンカレッジ『地球温暖化対策の最前線』大阪経済大学

-----イベント案内より-----要事前登録
" 秋学期:地域政策オープンカレッジ
京都議定書が成立して以来,我が国でも様々な側面から地球温暖化防止の取組が行われるようになりました。しかし,1990年比-6%(2008-12年の平均)という温室効果ガス削減目標の達成は極めて困難な状況にあります。かけがえのない美しい地球を,子どもたち,孫たちに受け継ぐことができるように,直ちに行動に移す必要があります。そこで,本シリーズでは,再生可能エネルギーの普及,新しい省エネ技術の活用などを中心に,温暖化防止に向けた市民,行政,ビジネスの連携を浮き彫りにしたいと思います。私たち大阪経済大学経済学部は,地域のみなさんと協力して環境・まちづくりに取り組もうとしています。その取り組みは文部科学省に評価され、平成18年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)に選定されました。このシリーズは私たちから市民のみなさんに向けたメッセージです。
CURRICULUM
10/3(火) 再生可能エネルギーのすすめ 本学 経済学部地域政策学科 教授  遠州 尋美  
10/10(火) これだけ減らせる 家庭でできる温暖化対策 ひのでやエコライフ研究所・所長 鈴木靖文
10/17(火) Hello! 菜の花プロジェクト 資源循環をみんなの手で 菜の花プロジェクトネットワーク・理事長 藤井 絢子
10/24(火) 広がる市民共同発電所 自然エネルギー市民の会・常任役員 藤永のぶよ
10/31(火) 市民自立と共生の地球温暖化防止 <くるくるコミュニティ> アースパル神戸 宮本光晴
11/7(火) 温暖化防止と地域活性化の両立 地域通貨を活用する野洲の経験 野洲市政策推進課 遠藤由隆
11/14(火) 環境まちづくりを市民と行政の協働で とよなか市民環境会議アジェンダ21・事務局長  井上和彦
11/21(火) 温暖化対策と自治体交通政策 環境自治体会議環境政策研究所・主任研究員 上岡直見
11/28(火) キーワードはパッシブソーラー OMソーラーの家造り 山本博工務店・社長 山本啓二
12/5(火) コージェネレーション 電気と熱を同時に 大阪ガス株式会社・理事 本田国明
12/12(火) 建築物の環境性能評価 CASBEE大阪 大阪市住宅局建築指導部・建築企画課長 梅村宏尚
12/19(火) 地球温暖化対策の最前線(まとめ) 本学経済学部地域政策学科 助教授 渡邉正英

時間 午後2: 35~午後4:05(90分)
教室 本学
募集概要

続きを読む "イベント 10/3より オープンカレッジ『地球温暖化対策の最前線』大阪経済大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

英国製エレクトリック・バイク £1345なり

 エレクトリック・カーの話題が内外で増えているなか、英国本島で販売されているbaroni社の電動バイクが海外のブログでも取り上げられていた。
Models

baronibikes.com (上記imageも同サイトスペック”MODELS: the baroni efv150 and BARONI EFV200 ”より)

 1345ポンドの efv150 モデルのスペックは、以下。

続きを読む "英国製エレクトリック・バイク £1345なり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

防災の日を前に、原子力発電と地震についてしっかりと考えよう!

原発耐震指針:現行指針ほぼ踏襲 委員、抗議の辞任-----MSN毎日インタラクティブ、毎日新聞 2006年8月28日

原発耐震指針:問題点素通りに不信感-----MSN毎日インタラクティブ、毎日新聞 2006年8月29日

 新聞をみてびっくり、パブリックコメントが無視され、教授が抗議の辞任と報じられたからだ。
 原子力発電に求められる耐震構造について、提出されたパブリックコメントともっとも地震と建築物に関する研究で、経験値の高い専門家の意見が無視されたからだ。経過は、JANJANがもっとも整理されている。

関連記事
JANJAN きのうの不祥事・あしたの不安
" 8月29日(火)
●原発耐震安全指針、パブコメ反映せず
 原子力安全委員会の耐震指針検討分科会は28日、700件をこえて寄せられたパブリックコメントのほとんどを反映せず、原案をわずかに修正したのみで分科会の結論をとりまとめた(各紙)。
 【石橋克彦委員(神戸大教授)は「納得できない。.........."

パブリックコメントは反映されるか~新行政手続法のもとでの原発の耐震指針改訂作業-----JANJAN,2006/08/03

耐震分科会、石橋委員が抗議の辞任-----ストップ浜岡原発@ブログ、2006年08月29日

コメント続き

続きを読む "防災の日を前に、原子力発電と地震についてしっかりと考えよう!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

BP、自動車ユーザー向けにCO2排出量を相殺するプログラムを提供 / クリッピング nikkeibp.jp -環境-

" BPは8月23日、英国の自動車ユーザー向けに、車の使用による二酸化炭素(CO2)排出量を相殺するプログラムを開始した。希望する自動車ユーザーが車種や走行距離に応じて相殺費用を支払うと、その資金はCO2排出量削減事業に投資される。平均的なユーザーの支払いコストは年間20ポンド程度という。 "-----nikkeibp.jp -環境-、2006年8月28日

関連サイト
UK’s first mainstream scheme to "neutralise" the CO2 emissions caused by driving-----BP Press releases,23 August 2006

targetneutral / Support worldwide projects

コメント
 個人にも排出権!!! なの、、ボランティア型「環境税的しくみ」なの? 

続きを読む "BP、自動車ユーザー向けにCO2排出量を相殺するプログラムを提供 / クリッピング nikkeibp.jp -環境-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/28

イベント 10/28-29 エコビレッジ国際会議TOKYO2006

-----イベント案内より-----(imageも)
Ecv_logo
" 世 界 で 広 が る 持 続 可 能 な ラ イ フ ス タ イ ル モ デ ル
2006年、日本で初めて本格的エコビレッジ国際会議が開かれます。
特定非営利活動法人ビーグッドカフェでは、来る 10 月 28 日(土)~10 月 29日(日)に、特定非営利活動法人パーマカルチャー・センター・ジャパンの共催により東京ウィメンズプラザ及び代官山ボールルームにおいて「エコビレッジ国際会議 TOKYO2006」を開催いたします。

開 催 概 要
【イベント名 】 
エコビレッジ国際会議 TOKYO 2006  
(英名) EcoVillage Conference Tokyo 2006

【開催日 / 会場】
10月28日 (土) 10:45~20:30  講演 & パネルディスカッション (東京ウィメンズプラザホール)
10月29日 (日) 12:30~20:00  講演 & パネルディスカッション (代官山ボールルーム)

【ゲスト】 
マルチ・ミューラー(グローバル・エコビレッジ・ネットワーク〈GEN〉評議会員)
マックス・リンデガー(オーストラリア・クリスタルウォーターズ創設メンバー)
ルイス・アーキン(ロサンゼルスエコビレッジ創設者)
リズ・ウォーカー(イサカエコビレッジ創設者)
糸長浩司(日本大学生物資源科学部教授、パーマカルチャー・センター・ジャパン代表理事)
岩村和夫(建築家、武蔵工業大学環境情報学部教授)
杉田博樹 (BIO-City 編集長)

【参加料】
定員:10月28日(土)200名、10月29日(日)180名
前売り一般 10月 28日1日券 5,000円、29日1日券 4,000円。2日通し券 7,000円
学生 (先着 20名 )10月 28日1日券 3,500円、29日1日券 2,500円。2日通し券 5,000円
当日 一般 10月 28日1日券 6,000円、29日1日券 5,000円
*ビーグッドカフェおよびパーマカルチャー・センター・ジャパン会員の方は500円割引
---
主催: 特定非営利活動法人ビーグッドカフェ
共催: 特定非営利活動法人パーマカルチャー・センター・ジャパン
制作: (株) ピース・コミュニティ・プラン
協力: 株式会社ビオシティー、 Global Ecovillage Network、PCNQ
協賛: アミタ株式会社、株式会社クレアン、その他(予定)
後援(予定): 環境省、国土交通省 "

開催プログラム

続きを読む "イベント 10/28-29 エコビレッジ国際会議TOKYO2006"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/25

米の地球温暖化についての意識調査の結果

 ゴア氏のInconvenient Truth の日本での上映が決まったそうだ。10月28日からロードショー公開されるらしい。

不都合な真実

 ゴア氏に続いて、クリントン前大統領もメディアに露出しだしたりして、、アメリカの一部には「?」を意見するブログも登場したりしていた。ともあれ、アメリカでもこの映画は、一定の評価を受けることに成功したらしく、アメリカ人の地球温暖化、環境に対する意識もかわりつつあるらしい。
 そんな折、意識調査があり、結果が発表された。

New public opinion poll on global warming-----RealClimete,23 Aug 2006
" There is a new Zogby poll on public attitudes in the US towards global warming and the potential connection between severe weather events and climate change.

Unsurprisingly to us (but maybe not to others), most of the US public feel that global warming is happening (around 70%), and roughly the same amount of people report being more or much more convinced of this over the last two years. "

 関連サイト

続きを読む "米の地球温暖化についての意識調査の結果"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/24

軽自動車世帯当たり普及台数、30年連続増 低燃費人気 / クリッピング asahi.com

" 全国軽自動車協会連合会が21日発表した06年3月末の軽自動車の普及台数は、100世帯当たり46.8台と前年同期より1.0台増えた。増加は30年連続で、地域によっては「一家に1台」に近いレベルとなっている。税制面での利点に加え、原油高から低燃費に人気が集まる中、自動車各社も競って高性能の車種を売り出していることが普及に拍車をかけたようだ。 "-----asahi.com,2006年08月21日

コメント
 燃費と維持費が安いから、軽自動車は普及している。私も、昨年普通車から軽自動車に乗りかえた。荷物を運ぶときには、レンタカーを借りればいいし、まったく問題ない。最近の軽は、快適なドライブできる仕様になっている。軽自動車というカテゴリーは、考えてみれば、実に環境にやさしい。車重も軽いので道路に与える影響もローインパクトだといわれている。
 ためしに「軽自動車、燃費」で検索してみると、
このサイトがでた。このサイトでは、スズキのワゴンRが23.5km/リットルでもっとも新車の中では燃費がいいようだ。
 国土交通省にも情報があるが一覧になっていないのでわかりにくい。(自動車の燃費性能に関する公表(平成18年8月17日現在)

--スズキアルトCBA-HA24S K6A-----24.5
--ニッサンオッティ*1 DBA-H91W-----21.5
--スバルR2 DBA-RC1 EN07--------24.0
--三菱ミニカ CBA-H42A 3G83------22.5
--ダイハツミラDBA-L250S EF--------30.5
--マツダキャロルCBA-HB24S K6A ---24.5
--ホンダライフDBA-JB5 P07A -------20.0
-------------------------------km/L

続きを読む "軽自動車世帯当たり普及台数、30年連続増 低燃費人気 / クリッピング asahi.com"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

世界で評価されるも、自身の幸福感のない日本人

 今回のタイトルが適当であるかわかりません。幸福感は、キーワードなのですが、改めて考えてみると、なかなか複雑な言葉です。
 世界で評価されているというのは、次のBBCが行った調査によるものです。

BBC World Service global poll-----BBC,World Service,03.02.2006
" Japan received a 'positive' vote from 31 of the countries polled - the dissenting voices were China and South Korea. "
-----詳細は、以下に公開されています-----Global Poll Finds Iran Viewed Negatively / Global views of:Japan-----World Public Opinion,February 03, 2006

 この調査は、イランの核開発に対して、世界の人々がどうみているのかを把握するというタイミングを狙っての調査でしたので、日本への評価は意外とニュートラルな気分で回答者が回答できたように思うので、結構正当な評価だったのかもしれません。
 弱腰の日本という日本国内での日本の軍事的な姿勢に対する評価は、逆に漫画と家電の輸出国であり、武器と石油は輸出していない稀有な先進国としての評価へとつながったかもとかってな想像をしています。

 さて、世界のランキング調査には、The Fund for PeaceFailed States Index 2006というのがあります。こちらは、アンケートによらず、以下のような指標で各国を評価しランキングしています。

「I 1 - Mounting Demographic Pressures
I 2 - Massive Movement of Refugees and IDPs
I 3 - Legacy of Vengeance - Seeking Group Grievance
I 4 - Chronic and Sustained Human Flight
I 5 - Uneven Economic Development along Group Lines
I 6 - Sharp and/or Severe Economic Decline
I 7 - Criminalization or Delegitimization of the State
I 8 - Progressive Deterioration of Public Services
I 9 - Widespread Violation of Human Rights
I 10 - Security Apparatus as "State within a State"
I 11 - Rise of Factionalized Elites
I 12 - Intervention of Other States or External Actors 」

 国家破綻の度合いでトップをとったのは、Sudanです。日本は、アジア太平洋地域では、140位の Australia 、141位の New Zealandとともに、135位でグリーンカラーにランクインです。アジアの他の国では、133 Singapore 、123 South Korea (Republic of Korea) が国家破綻の度合いでは低い良好な国として評価されました。
 国際的な評価、外からみた日本、数字的には良好な国の姿を実現しているのです。

 ところが、
 心理的な評価を指標に組み入れたとされる幸福度をラインキングしようとする試みがありました。ここでは、日本はG8参加国では、167位のロシアよりかろうじて上になりましたが、82位の中国より幸福度(感)が低い90位にランキングされていました。この意外な結果は、研究者もアジアの独特の価値観が反映された結果かもしれないとフォロー(?)に回っていますが、、、

University of Leicester Produces the first ever World Map of Happiness-----プレスリリース / University of Leicester,2006/7/28
" ”We were surprised to see countries in Asia scoring so low, with China 82nd, Japan 90th and India 125th. These are countries that are thought as having a strong sense of collective identity which other researchers have associated with well-being. "

関連記事

続きを読む "世界で評価されるも、自身の幸福感のない日本人"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/22

イベント 9/8 2006年度 損害保険特別講座 地球温暖化に伴う気候の変化

-----イベント案内より-----要事前申込(9/1締切)
" 気候変化は世界の変化をもたらす原動力である
講義概要
 2005年のカトリーナのニューオリンズへの来襲は、アメリカの世論を大きくかえました。このような大型台風の来襲による被害の可能性は以前から指摘されていたにもかかわらず、「被害が起きるまでは対策をとらない」という従来からの政策が踏襲されています。
 歴史を眺めてみれば、気候変動に伴う民族大移動や、政権交代が数多く見られます。言い換えれば、気候の変動は、人間社会を変化させていく大きな強制力ということができます。いま、人間活動自身が、結果として大きな気候変動を引き起こし、社会を変えていく時代になってきています。21世紀の日本を、地球という枠の中で維持していくためにも、21世紀の気候がどうなっていくのかという知見は不可欠です。いろいろな可能性を想定して準備をしていく必要があるでしょう。
講義項目
  1.はじめに
  2.気候変動は、政権を試すリトマス試験紙である
  3.気候モデルによる温暖化予測
  4.不確かな温暖化予測をいかに利用するか?
  5.まとめー地球温暖化は、遠い将来の話ではなく
  目先の問題である
受 講 料
  ¥7,300(税、資料代込)
講 師   東京大学気候システム研究センター 教授 住 明正 氏
日 時 9月8日(金) 18:00~20:00
会 場   損保会館 会議室 千代田区神田淡路町2-9
お申し込みについて
*〆切日: 9月1日(金)
主 催(財)損害保険事業総合研究所 損保総研教育研修部 "

続きを読む "イベント 9/8 2006年度 損害保険特別講座 地球温暖化に伴う気候の変化"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/08/21

イベント 8/22-31 エコテク未来展 2006(東京)

-----イベント案内より-----
" 愛・地球博からのメッセージ ~感じよう 環境と技術の未来
『自然の叡智』をメインテーマとした「愛・地球博」では、環境に配慮した様々な最先端技術が使われました。
それはいったいどんなモノだったのでしょうか?どんな人が研究開発したのでしょうか? 万博閉幕からまもなく1周年を迎える今、もう一度の環境に配慮した様々な取り組みを振り返ると共に、環境・技術の研究者・開発者をお迎えし、最先端のテクノロジーを紹介します。
環境に関するさまざまな展示に触れ、研究者との対話を通じて、地球環境と持続可能な未来社会について考えてみてください。
開催日時 : 8月22日(火)~8月31日(木) 10:00-17:00(土日は18:00まで)
開催場所 : 日本科学未来館 1階 シンボルゾーン
参加費 : 無料
主催 : 財団法人科学技術広報財団
後援 : 財団法人2005年日本国際博覧会協会
協力 : 日本科学未来館
お問い
合わせ先 : 日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2-41 "

関連情報
コスモ石油、植物の二酸化炭素吸収実験を公開 -----carview.co.jp クルマ・ニュース、2006年8月18日(金)

コメント

続きを読む "イベント 8/22-31 エコテク未来展 2006(東京)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/18

Water shortage 'a global problem' (先進国でも水不足) / クリッピング BBC NEWS

" Rich countries face increasing water shortages, a report by conservation organisation WWF warns.

A combination of climate change and poor resource management is leading to water shortages in even the most developed countries, it says. "-----BBC NEWS, 16 August 2006

関連情報
Report: Water crisis hits rich countries-----WWF,16 Aug 2006(資料: WWF Report: Rich countries, Poor water [pdf, 2.56 MB] )
" Daily per capita use of water in residential areas is estimated at...
350litres in North America and Japan 200litres in Europe 10-20litres in sub-Saharan Africa2 "

WWF at the World Water Forum news

コメント

続きを読む "Water shortage 'a global problem' (先進国でも水不足) / クリッピング BBC NEWS"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/08/17

暑い!枚方の夏…暖気吹きだまる、観測点も影響 / クリッピング YOMIURI ONLINE

" 大阪府のベッドタウン、枚方市が、暑い。今夏は、今月5日の最高気温が37・5度で、その日の全国2番目の最高気温を記録。さらに翌6日は38・2度まで上昇し、日本一暑い街に。実際、今月に入ってからは、日本中に「暑い都市」として知れ渡っている大阪市よりも最高気温が高い日が多い。枚方の夏は、なぜ暑い――。
■ 39・6度  ■ "-----読売新聞、2006年08月11日

コメント
 なんとなく、結構今年の夏は過ごしやすいなんて考えていると、突然ある日ピタッと風が吹かなくなる。こうなると、仕事どころでない状態になることがある。風があれば、かなり温度が高くてもクーラーは使わないですむのだが、、、、

続きを読む "暑い!枚方の夏…暖気吹きだまる、観測点も影響 / クリッピング YOMIURI ONLINE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/11

省エネルギー・快適な「エコ住宅」の開発・実証を4社が共同で実施します! / プレスリリース 三菱電機

08042
-----image(pop up ; ”実証住宅 外観パース(イメージ)”) & text : 三菱電機、2006年8月4日 発表より
" (国土交通省「住宅・建築関連先導技術開発助成事業」)
 関西電力株式会社・三菱電機株式会社・阪急電鉄株式会社・三菱地所ホーム株式会社の4社では、省エネルギー性と快適性を両立させる、「エコ住宅」の技術開発を共同で実施しており、現在、実証のための住宅を国際文化公園都市「彩都」に建設中です。
 本事業は、国土交通省が進める「住宅・建築関連先導技術開発助成事業」において、「木造軸組工法における省エネルギー及び快適性能の向上に関する技術開発」として採択されたものであり、在来工法の住宅に対し、通風・換気、日射遮蔽・取得、断熱・気密等の各種住宅工法や、全館空調、オール電化等の設備機器を統合的に導入することにより、省エネルギー性と快適性を両立させた住宅を実現させることを目的として実施するもので、今後、入居者の協力を得ながら計測・評価を行い、普及促進を図る予定です。

5.国際文化公園都市「彩都」で開発を行う意義

 彩都では「環境との共生」をテーマに掲げ、地球環境に優しいまちづくりを進めており「太陽光発電」や「屋上緑化」「カーシェアリング」「里山の保全」など、環境に配慮したさまざまな取り組みを行っております。また、2005年4月には、都市再生プロジェクトに基づく「地球温暖化対策・ヒートアイランド対策モデル地区」に選定され「彩都エコエネルギー推進協議会」が始動するなど、官民が一体となった活動が行われていることから、省エネルギー・快適住宅の実現に向けた技術開発を、この「彩都」で実施することは大変意義のあることであると考えています。"

参考サイト
茨木市

コメント

続きを読む "省エネルギー・快適な「エコ住宅」の開発・実証を4社が共同で実施します! / プレスリリース 三菱電機"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

世帯における食品ロスの実態について(平成17年度食品ロス統計調査(世帯調査)結果の概要) / プレスリリース 農林水産省

" 本調査は、食料・農業・農村基本計画に基づき、食品の食べ残しや廃棄の抑制
など「望ましい食生活の実現」に向けた食育の推進に資することを目的に、1,000
世帯を対象に食品の食べ残しや廃棄の実態及び食事の状況を調査し、取りまとめ
たものである。
1 食品使用量、食品ロス量及び食品ロス率
- 平成17年度の世帯における
食品ロス率は4.1% - "-----報道発表資料 / 8月4日 世帯における食品ロスの実態について(平成17年度食品ロス統計調査(世帯調査)結果の概要)[PDF] より

詳細版(概要)
・www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/loss2005-setai/loss2005-setai.pdf(A4/74ページ)

農林水産省 食料
[ 農林水産統計データ ]

参考
平成16年食品ロス統計調査(外食産業調査)結果の概要-----農林水産省から

コメント
一般家庭の食品ロスは、4.1%と思い込みより少なかった、外食産業、スーパーなどの食品ロスは、

続きを読む "世帯における食品ロスの実態について(平成17年度食品ロス統計調査(世帯調査)結果の概要) / プレスリリース 農林水産省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/09

最新の電気自動車たち

 以前、下のような記事を取り上げました、
首相、電気自動車を絶賛「これが産業構造改革だ」 / クリッピング asahi.com-----しなやかな技術研究会、2005/12/21

 実際、正直なところ、電気自動車の将来、そして今後の展開について明確なヴィジョンをイメージできたわけではありませんでした。
 ただ、
プラグイン・ハイブリッド(カー)について-----しなやかな技術研究会、2005/11/11

 を同じ時期にアップした際には、アメリカを中心にしてもりあがるプラグインハイブリッド、「家庭で充電もできるハイブリッドカー」希求の動きを知るにつれ、plug-in car全体の可能性を考えるようになりました。そして、ハイブリッドであることよりも、プラグインであることの重要性について考えるようになりました。つまり、家庭でできる電気自動車への興味がわいてきました。

 話題を呼んだ、その、
 日本のエリーカの研究はさらに続いています。ELIICA BLOGで動向を知ることができます。8月1日の記事「エンジン自動車175万円、電気自動車10万円の時代」という興味深い試算も掲載されていました。
 イニシャルが問題だが、ランニングコストでは大きなメリットをもつ「電気自動車」。そこで、車体価格やバッテリー交換コストの安い車を探してみました。

 ZAPの「しまうま」
 The Xebraは、Smart CarのZAPが作った小型電気自動車です。
Zapxebracar
-----image(flyer "Xebra")
 スペックは、”Speed: Up to 40 mph (65 km/ph)

続きを読む "最新の電気自動車たち"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/08/08

村井氏、田中色一掃 ダム検討示唆 長野知事選 / クリッピング asahi.com

" ..........
「脱ダム宣言」は、「専門家の知恵を総合的に勘案して決めたい」とした上で、長野市内を流れる浅川のダム建設を中止したことについて「国交省は、(ダムの)代替案がないと指摘している。『脱ダム』が住民に満足を与えたかは疑問」とし、ダム建設の検討に入る考えを示唆した。 "-----asahi.com,2006年08月07日

コメント
田中色がなくなる。いろいろと読んでみると、田中知事は最後には支持されていなかったとのこと、、、。ただ、これで6年もの歳月をかけた田中改革が無に帰すとすれば、それは長野県にとって失われた6年ということに単になってしまうのではないか、、、ダムについても単純に”復活”というのでは、外から見てるとあまりにも芸がない。他県の人は関係ないではなく、ダム行政で長野県が”失った6年”をもつ稀有の県であるからこそ、言えること、行えることが見たい。だが、、、
 選挙では、結局なにも変わることがない。これが田中県政の結果、われわれが見せられることになった結果なんでしょうか?

続きを読む "村井氏、田中色一掃 ダム検討示唆 長野知事選 / クリッピング asahi.com"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/07

あなたの町の暮らしやすさは?

 ”全国を網羅した居住者タイプ別の「暮らしやすさ」の評価スコア、及びそのランキングに関する総合データベース”という、地図情報を利用したサービスの今年度版が発表された。

住者タイプ別の住環境評価スコア&ランキング「『暮らしやすさ』評価スコア」の平成18年版が完成しました。 -----地図センター、8月1日発表
" 『暮らしやすさ』評価スコア
~ 居住者タイプ別の住環境評価スコア&ランキング 全国データベース ~
平成18年版が完成しました!!
販売単位 価格
都道府県単位 10,500円/1都道府県【一律価格】
市区町村単位 1,050円/1市区町村【一律価格】 "

 暮らしやすさの評価方法そのものがコンテンツといえる地図の情報です。

続きを読む "あなたの町の暮らしやすさは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/04

森林回復へのロードマップ グリーンピース・レポート / 資料

Mapjfs_1
-----image(cover) & text: 紹介サイトより
"-世界に残された手つかずの森林
これまで、森林を示す世界地図では、どの森林が手つかずのまま残っているのか、またどの森林がどれだけのダメージを受けているのか、正確に理解できるものはありませんでした。そこでグリーンピースは、、最新衛星画像と地図作製テクノロジーやデータを用い、生態学的に重要な原生林地域を明らかにする史上初の精密な世界地図を公表しました。

2006年7月発行 A4版 33ページ
目次
一般価格 1,500円(税込)
サポーター価格 1,000円(税込) "

関連サイト
世界最大の熱帯林

関連エントリー
史上初、精密な原生林世界地図発表 / プレスリリース グリーンピース・ジャパン-----しなやかな技術研究会、2006/04/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

軽量・ローコストなユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」を販売 / プレスリリース 清水建設

672_05
----- image("清水建設 技研中央棟壁面" ): 施工事例より

" ―パネルユニットを自在に組み合わせて、建物壁面を自由にデザイン可能―
 清水建設(株)<社長 野村哲也>は、みのる産業(株)<社長 生本純一>と共同でこのほど、軽量・ローコストな壁面緑化システム「パラビエンタ」を開発・実用化しました。本システムは、パネルタイプの緑化ユニットを自在に組み合わせて、建物などの壁面を緑化する工法です。緑化ユニットの組み合わせパターンや好みの植栽植物を選ぶことで、壁面を自由にデザインすることが可能です。両社は本システムを8月から、事務所ビル、学校及び商業施設向けなどに販売していく計画です。
..........
 今回開発したユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」は、緑化ユニットの植栽基盤に、熱融着培土を採用したのが最大の特徴です。この熱融着培土は、ポリエステル繊維を混ぜた培土を、蒸気で加熱し、厚さ5cmのスポンジ状に成形したもの。保水性・排水性に優れ、軽量な薄層構造でも多様な植物の生育が可能です。
 本システムは、軽量な熱融着培土の採用によって、ローコスト化に成功。ユニット型の壁面緑化工法としては、業界最高水準の軽量化・ローコスト化を実現しました。
..........
。本システムの標準設計価格は、設置工事費や潅水装置を含め8万円/m2。従来のユニット型システムに比べて、最大6割のローコスト化に成功しました。
壁面を自由にデザイン
 本システムは、緑化ユニットの組み合わせパターンや好みの植栽植物を選んで、壁面デザインを自由に創出.......... "-----清水建設、2006.07.21より

コメント

続きを読む "軽量・ローコストなユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」を販売 / プレスリリース 清水建設"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/08/02

ソニーとWWFがクライメート・セイバーズ・プログラムに合意「2010年までに温室効果ガス7%削減」に向け本格始動 / プレスリリース

" 日本・東京発/スイス・グラン発:ソニー株式会社(以下、ソニー)とWWF(世界自然保護基金)は本日、地球温暖化防止に取り組む「クライメート・セイバーズ・プログラム」に協同して取り組むべく、正式に合意いたしました。この協定は、ソニーの世界中のグループ会社(生産拠点を含む)の事業活動を含んでいます。
 当プログラムでソニーは、「2000年の排出量2,183,765トンをベースに、2010年までに温室効果ガスを絶対量で7%削減する」という目標を掲げています。 "-----WWF,2006年7月25日

関連サイト
クライメート・セイバーズ・プログラム

G8会合に向け声明 温暖化の防止こそが「安全保障」-----WWF,2006年7月11日

コメント
 世界的な天候不順? これは気候変動の影響なのだろうか? たぶんYes
 人間の営為は、地球の気候(海洋の環境にも)影響を与えているか? 
 Yes

続きを読む "ソニーとWWFがクライメート・セイバーズ・プログラムに合意「2010年までに温室効果ガス7%削減」に向け本格始動 / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006)

Now_playing_whokilled
-----image(poster)

 「だれが、電気自動車を殺したのか?」変なタイトル。
 それは、ミステリー仕立ての、挑戦的な内容のドキュメンタリー映画だという。でも、配役は、トム・ハンクス、メル・ギブソン、さらには、ラルフ・ネーダー。
 わけがわかりません。
 公式サイト、
who killed the electric car ?(Sony Pictures Classics)
 
 ここをのぞいてもおよそ映画のプロモーションサイトというより、グリーン・カーの宣伝サイトみたいです。

 ようやくまとまった情報にたどり着き、おおよその内容がわかりました。
Who Killed the Electric Car?(From Wikipedia)

Wikipediaのおかげで、なんとなく概略が見えてきました。

続きを読む "映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »