« 英国製エレクトリック・バイク £1345なり | トップページ | 今期、夏の海水温度の上昇を衛星の目が確認 »

2006/08/31

イベント 10/3より オープンカレッジ『地球温暖化対策の最前線』大阪経済大学

-----イベント案内より-----要事前登録
" 秋学期:地域政策オープンカレッジ
京都議定書が成立して以来,我が国でも様々な側面から地球温暖化防止の取組が行われるようになりました。しかし,1990年比-6%(2008-12年の平均)という温室効果ガス削減目標の達成は極めて困難な状況にあります。かけがえのない美しい地球を,子どもたち,孫たちに受け継ぐことができるように,直ちに行動に移す必要があります。そこで,本シリーズでは,再生可能エネルギーの普及,新しい省エネ技術の活用などを中心に,温暖化防止に向けた市民,行政,ビジネスの連携を浮き彫りにしたいと思います。私たち大阪経済大学経済学部は,地域のみなさんと協力して環境・まちづくりに取り組もうとしています。その取り組みは文部科学省に評価され、平成18年度「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)に選定されました。このシリーズは私たちから市民のみなさんに向けたメッセージです。
CURRICULUM
10/3(火) 再生可能エネルギーのすすめ 本学 経済学部地域政策学科 教授  遠州 尋美  
10/10(火) これだけ減らせる 家庭でできる温暖化対策 ひのでやエコライフ研究所・所長 鈴木靖文
10/17(火) Hello! 菜の花プロジェクト 資源循環をみんなの手で 菜の花プロジェクトネットワーク・理事長 藤井 絢子
10/24(火) 広がる市民共同発電所 自然エネルギー市民の会・常任役員 藤永のぶよ
10/31(火) 市民自立と共生の地球温暖化防止 <くるくるコミュニティ> アースパル神戸 宮本光晴
11/7(火) 温暖化防止と地域活性化の両立 地域通貨を活用する野洲の経験 野洲市政策推進課 遠藤由隆
11/14(火) 環境まちづくりを市民と行政の協働で とよなか市民環境会議アジェンダ21・事務局長  井上和彦
11/21(火) 温暖化対策と自治体交通政策 環境自治体会議環境政策研究所・主任研究員 上岡直見
11/28(火) キーワードはパッシブソーラー OMソーラーの家造り 山本博工務店・社長 山本啓二
12/5(火) コージェネレーション 電気と熱を同時に 大阪ガス株式会社・理事 本田国明
12/12(火) 建築物の環境性能評価 CASBEE大阪 大阪市住宅局建築指導部・建築企画課長 梅村宏尚
12/19(火) 地球温暖化対策の最前線(まとめ) 本学経済学部地域政策学科 助教授 渡邉正英

時間 午後2: 35~午後4:05(90分)
教室 本学
募集概要

受講料金 無料
一般定員 200名
(応募者多数の場合は抽選になります)
応募要領 往復はがきで「地域政策オープンカレッジ受講希望」と明記し、“住所・氏名(ふりがな)・年齢・職業・電話番号”をご記入の上、エクステンションセンターまでお申し込みください。
(記載頂きました情報は、本学講座運営の目的にのみ使用いたします。)
申込締切 9月22日(金)消印有効  "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

関連サイト
大阪経済大学 公開講座

コメント
 東京だったら是非参加したい内容ですね!
地球温暖化対策の最前線 -----とよなかアジェンダ事務局、 の情報を知りました。TB送らせていただきます。今後ともよろしくおねがいいたします。(t_t)

|

« 英国製エレクトリック・バイク £1345なり | トップページ | 今期、夏の海水温度の上昇を衛星の目が確認 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/11665857

この記事へのトラックバック一覧です: イベント 10/3より オープンカレッジ『地球温暖化対策の最前線』大阪経済大学:

« 英国製エレクトリック・バイク £1345なり | トップページ | 今期、夏の海水温度の上昇を衛星の目が確認 »