« 映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006) | トップページ | 軽量・ローコストなユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」を販売 / プレスリリース 清水建設 »

2006/08/02

ソニーとWWFがクライメート・セイバーズ・プログラムに合意「2010年までに温室効果ガス7%削減」に向け本格始動 / プレスリリース

" 日本・東京発/スイス・グラン発:ソニー株式会社(以下、ソニー)とWWF(世界自然保護基金)は本日、地球温暖化防止に取り組む「クライメート・セイバーズ・プログラム」に協同して取り組むべく、正式に合意いたしました。この協定は、ソニーの世界中のグループ会社(生産拠点を含む)の事業活動を含んでいます。
 当プログラムでソニーは、「2000年の排出量2,183,765トンをベースに、2010年までに温室効果ガスを絶対量で7%削減する」という目標を掲げています。 "-----WWF,2006年7月25日

関連サイト
クライメート・セイバーズ・プログラム

G8会合に向け声明 温暖化の防止こそが「安全保障」-----WWF,2006年7月11日

コメント
 世界的な天候不順? これは気候変動の影響なのだろうか? たぶんYes
 人間の営為は、地球の気候(海洋の環境にも)影響を与えているか? 
 Yes

 人間が温暖化ガス削減などの対策をとっても50年、場合によっては100年以上の時間がかかるが、間に合うのか?
 Yes
 最後のYesは、当然決意を含む。実際、間に合うかについては、地球規模ではわからない。厳しい時代がやってくる。企業もまた、個人同様どのような舵取りをするのか、、、問われる時代です。

 さて、温暖化どころか、石油の値段がどんどんあがっている。レバノンが燃えている。企業やWWFの姿勢、努力を吹き飛ばすような動き。それは、戦争だ。気候変動は、すべて人為といいがたい点もある。しかし、戦争、テロによる破壊のすべては人為だ。それは、あらゆる努力をパーにし、膨大な資金、資源、さらには環境対策を遅らせていく。これらの破滅的な大規模な動きに対してわれわれは無力か? たぶん、No(t_t)

|

« 映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006) | トップページ | 軽量・ローコストなユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」を販売 / プレスリリース 清水建設 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/11152728

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーとWWFがクライメート・セイバーズ・プログラムに合意「2010年までに温室効果ガス7%削減」に向け本格始動 / プレスリリース:

« 映画「who killed the electric car ?」(ドキュメンタリー、2006) | トップページ | 軽量・ローコストなユニット型壁面緑化システム「パラビエンタ」を販売 / プレスリリース 清水建設 »