« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

地球寒冷化いつ? 日英独20人が福井・水月湖で7月に研究開始 / クリッピング YOMIURI ONLINE

" 日本や世界は急激な寒冷化に襲われるのか――。太古の温暖化や寒冷化の時期の詳細な気候変動を調べる研究が7月初旬から、日英独3か国の研究者らによって福井県若狭町と美浜町にまたがる三方五湖の一つの水月湖で始まる。"-----読売新聞、2006年6月28日

コメント
 温暖化が騒がれる昨今に、また目立つタイトル立て。つい読んでしまった。
 地球は、温暖化、寒冷化を繰り返してきた。たしかに、あと100年温暖化といわれても、その先、またその先はわからない。地質学的年代で気象が語られるとき、人間の営為が気象に与えた、与えつつある影響もまた常に評価されなおされていくことだろう。(t_t)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/29

「デジタルデバイド解消を全国運動に」,総務省が新戦略 / クリッピング ITpro

" 総務省は6月27日,ブロードバンドを使える地域と使えない地域との格差(デジタルデバイド)の解消に向けた新戦略「次世代ブロードバンド戦略 2010」の案を公開。同案への意見募集を開始した。意見募集の締め切りは7月27日。同省は寄せられた意見を踏まえ,8月上旬にこの戦略を確定させる予定だ。 "-----ITpro,2006/06/27

コメント

続きを読む "「デジタルデバイド解消を全国運動に」,総務省が新戦略 / クリッピング ITpro"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

Living on EARTH / ポッドキャスト おすすめのサイト

 ポッドキャストって、楽しい。というのも、パソコンでダウンロードしてMP3プレーヤーに入れておけば、いつでも聞きたい放送を好きなときに聴くことができるからだ。

Living on EARTH

 上のサイトは、最近見つけて今熱心に聴いているサイトだ。
Catching the Wind -----July22,2005

 この記事なんてmp3ファイルで、34.4MBもある。50分の番組だ。音楽もあり、風力に関するさまざまな話題でつづられていて、それなりに楽しめた。とはいえ、英語力不足で、意味不明のところも多かったが、楽しくヒアリングの練習になるのでおススメのサイトです。さまざまな番組がアップされています。遠出の時に、車できくにはちょうどいいサイズです。(s_w)

参考記事

続きを読む "Living on EARTH / ポッドキャスト おすすめのサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

世界で注目される市民ジャーナリズム

最近、BBCとNHKを比較することがよくある、酒の肴程度のことなのだが、、、
 両者の比較はあまり役に立たないという話を聞いたことがあるが、現実にはよく比較されているし、予算規模が似ている両者の放送の質となると、ドキュメンタリーのNHKと、政治と文化のBBCというふうに個人的には評価している。

イギリス公共放送 改革本格化-----YOMIURI ONLINE,2006年6月5日

BBCの”受信料”は、かなり高い。年間、27000円もの受信料を95%近いイギリス人が支払っているというのは驚きだ。(たぶん、減免措置があると思うが、、、)上の記事では、これまた不払い者に課せられる高い罰金が、高い徴収率につながっているとのことだ。

 そのBBC、NHK同様、改革の時期を迎えているようで、インターネットのサイトではいろいろな記事や企画の巾が広がっているように思う。そのBBC(News UK)に下のような記事が掲載された。

A citizen among journalists -----BBC NEWS,20 June 2006

続きを読む "世界で注目される市民ジャーナリズム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/26

東京電力の業務用電気自動車の開発について / プレスリリース

" 開発した試作車の特徴
1.定員
 ・2名
2.走行距離
 ・航続距離: 80km
3.充電
 ・通常: 夜間に毎日充電を行う
     車載充電器で単相100Vの電源を利用可能
     0%から100%容量までの充電時間は約8時間
 ・急速: 昼間に短時間で補充電を行う
     据置式で三相200Vの電源を利用
     0%から80%容量までの充電時間は約15分
..........
東京電力の業務車両の保有台数は約8、300台。
EVへ転換し易い軽自動車と1,500cc以下の小型車の数は約5,000台。「一日の移動距離」が短い東京、神奈川、千葉、埼玉を中心に、約3、000台をEVに置き換えることを目標。
..........
電池(種類/総電圧) Mn Li-ion/ 346V
..........
試作車のバッテリーパッケージ
1.製造メーカー NECラミリオンエナジー社
2.搭載性 ラミネート型の特徴を生かした床下配置 "-----東京電力、富士重工業、2006年6月21日(発表はPDF書類)

関連記事、情報
Subaru to Start Prototype Production of R1e-----The Energy Blog,June 23, 2006

東京電力用業務用電気自動車の共同開発の開始について~「スバルR1e」をベースに業務用EVを開発~-----東京電力、富士重工業、平成17年9月2日

コメント

続きを読む "東京電力の業務用電気自動車の開発について / プレスリリース"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

環境報告書の信頼性を高めるための自己評価の手引き」【試行版】の策定について / プレスリリース 環境省

" 特定の公的事業を行う者に対して環境報告書の作成・公表を義務づけること等により、環境に配慮した事業活動の促進を図るために、平成17年4月1日より環境配慮促進法が施行されています。同法には環境報告書の作成・公表が義務づけられている特定事業者が、自ら環境報告書が記載事項等に従って作成されているかどうかについての評価を行い環境報告書の信頼性を高めるように努める旨及び大企業者も環境報告書の信頼性を高めるように努める旨も定められ、環境報告書の信頼性を高めることは法の要請事項となっています。
 そこで、環境省では、環境報告書を作成・公表する事業者を対象に、環境報告書の信頼性を高めるために事業者自らがその評価を行う場合の一つの手法を詳細に、かつ、分かりやすく解説した「環境報告書の信頼性を高めるための自己評価の手引き」【試行版】を作成しましたのでお知らせします。 "-----環境省、平成18年6月20日

コメント
 企業に環境対応が求められるようになってきている。直接は、小さな事業所には関係ないのだが、こうした動きを意識することが大切だと思う。
 世界的にもカーボンニュートラルという、ことで企業の環境倫理が強く問われることになってきた。上で発表された手引きによると、

”◇環境報告書ガイドラインの25 項目◇

続きを読む "環境報告書の信頼性を高めるための自己評価の手引き」【試行版】の策定について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/22

イベント 7/15 炭素繊維による水質浄化講習会

-----イベント案内より-----要事前申込(サイトにフォームあり)
" ―素敵な宇宙船地球号からの報告会―
 炭素繊維による水の浄化は、環境に負荷をかけない経済的(安価)かつ効果的方法です。
 炭素繊維の高い生物親和性により活性な生物膜を形成し、その微生物の働きで汚濁物質を補修・分解します。また炭素繊維から発せられるという音波は魚類を呼び寄せ、産卵や稚魚の養育環境である藻場としての機能を発揮します。
 テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」の企画では、埼玉県川口市旧芝川のどぶ川を浄化しカワセミやメダカを呼び戻すことに成功し、日本テレビの環境特番「エコ宣言SP」では、次長課長とともに群馬県高崎市の八幡霊園の池を浄化し、汚濁水を見事に透き通る水に変えることができました。それらの報告とともに実際の炭素繊維の設置方法を学びます。

1.日時 平成18年7月15日(土) 13:00 - 16:00
2.場所 群馬県公社総合ビル 1F西研修室
     群馬県前橋市大渡町1-10-7 
3.会費 1,000円(炭素繊維代含みます)
4.定員 70名(申込み受付順)
5.講師 ●国立群馬工業高等専門学校物質工学科 小島昭教授
●ジャパン・ウォーター・ガード 事務局長小暮幸雄
6.申込 申込みフォームへ "

続きを読む "イベント 7/15 炭素繊維による水質浄化講習会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

青色LED開発の中村修二教授にミレニアム技術賞 / クリッピング MYCOMジャーナル

" フィンランド技術賞財団は6月15日 (現地時間)、青色発光ダイオードの開発者として知られる米カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の中村修二教授にミレニアム技術賞を贈ると発表した。"-----MYCOMジャーナル、2006/6/16

関連情報
Millennium Technology Prize winner Professor Shuji Nakamura and his work-----THE MILLENNIUM TECHNOLOGY PRIZE,15.6.2006
" Professor Shuji Nakamura is one of the most significant inventors of our time. In 1993, he stunned the optoelectronic community with the announcement of very-bright blue GaN-based light emitting diodes (LEDs). In rapid succession, he then announced a green GaN-based LED, a blue laser diode, and a white LED. All these developments were things that other researchers in the semiconductor field had spent decades trying to do. "

コメント

続きを読む "青色LED開発の中村修二教授にミレニアム技術賞 / クリッピング MYCOMジャーナル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/20

温暖化と嵐を結びつける新データ / クリッピング JANJAN(Inter Press Service Japan)

" トロントで開催された第40回カナダ気象海洋学会(CMOS)年次総会で報告された最近の研究によると、夏のハリケーンの増加と勢力増大、冬の嵐の勢力増大は気候変動によってもたらされている。 "-----JANJAN,2006/06/18

オリジナル記事
New Data Clearly Link Storms and Warming-----IPS,Jun 7

コメント

続きを読む "温暖化と嵐を結びつける新データ / クリッピング JANJAN(Inter Press Service Japan)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/19

環境対応技術の開発とエコカーの市場導入を強化 / プレスリリース トヨタ(PHEVを明記も、投入時期が遅いと、、?)

" トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、「サステイナブル・モビリティ」の実現に向け、地球環境保全に資するために、環境対応技術の開発とエコカーの市場導入を、今後一層強化する。
..........
<環境対応技術の開発状況・エコカーの展開計画>
1.ガソリンエンジンとトランスミッションの一新
..........
2.ハイブリッドカーの普及促進、新技術の開発
..........
2 プラグインハイブリッドカー(外部充電や電力供給が可能なハイブリッドカー)の研究開発推進
・ 外部の電源からの充電ができ、バッテリー電源によるモーターでの走行領域の拡大を可能とし、CO2削減と大気汚染防止効果が期待できる新世代自動車の研究開発を推進
..........
3.エネルギー多様化への対応
① バイオエタノール燃料対応車の導入
..........
② 燃料電池乗用車の開発 "-----トヨタ、2006/06/13

関連記事、情報
プリウスの累計販売台数が50万台を突破-----トヨタ、2006/06/07

【トヨタ会見 一問一答】「あらゆる燃料に対応」 渡辺捷昭トヨタ社長 -----NIKKEI NET -クルマ- ,6月13日

トヨタ、ハイブリッド車種倍増へ…10年代初めまでに-----YOMIURI ONLINE,(2006年6月13日

コメント

続きを読む "環境対応技術の開発とエコカーの市場導入を強化 / プレスリリース トヨタ(PHEVを明記も、投入時期が遅いと、、?)"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/06/16

エコカーコンテストShell Eco-marathon開催--優勝はフランスのエタノール燃料車 / クリッピング CNET Japan

" はたしてエタノール燃料車でどれくらいの距離を走行できるだろう?フランスの学生が先週末、その答えを出した。
"-----CNET Japan,2006/05/23

コメント
 ちょっと前の記事なのだが、エタノール車で参加したチームが、”できるだけ少ない燃料で少しでも長い距離の走行を目指すコンテスト”で優勝。記録は1リッターあたり平均2885kmだったというから驚きだ。
 コンテストの名前は、Shell Eco-marathonでサイトは以下。

Shell Eco-marathon
またプレス発表で、燃費以外の賞の結果も確認できました。
/ Press Releases

コメント続き
 特別仕様の一人乗りの車での成績とはいえ、リッターあたり2889kmとはすごい成績です。全重量も考えたデーターでもたぶん厳しいレギュレーションで実施されているので、おどろくべき結果がでると思われます。ちょっと知りたい数字ですが、、、。(t_t)

関連情報

続きを読む "エコカーコンテストShell Eco-marathon開催--優勝はフランスのエタノール燃料車 / クリッピング CNET Japan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/15

Have a green summer (サービス - Google Map -) オレもグリーンな夏ほしいっす

 本当に多様になるばかりのGoogleのサービスと企画を紹介してくれる「The Paradigm Shift:パラダイムシフト」の2006/06/05の記事によると、Google Mapsを利用したエコ地図が公開されたそうだ。

Google's Green Summer(下imageは、キャプチャーイメージ)
Havagoodsum

 この企画、ラスベガス、ロス、ニューヨーク、オルランド、サンフランシスコがアップされている。各都市のツアーでは、いくつかのポイントがすでにマークされ、選択すると、ムービー付で紹介してくれる。どこのポイントでも、"Green Drammer"の演奏付なのが楽しい。グラスルーツなポイントを紹介してくれる、この地図、おらが町にもほしいっす。

続きを読む "Have a green summer (サービス - Google Map -) オレもグリーンな夏ほしいっす"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/14

大型ニッケル水素電池を用いた次世代電池電源システムの開発に着手 / クリッピング 松下電池工業

060612
----- image(pop up) & text : 松下電池工業、2006年6月12日発表より
" 省スペース・軽量化と安全・安心を実現
松下電池工業株式会社(社長:石田 徹)は、情報機器用バックアップ電源等の用途として大型ニッケル水素電池を用いた次世代電池電源システムの開発に着手します。
この「次世代電池電源システム」は、社会や地球レベルの視点から、利便性、安全/安心、環境を追求した電源システムであり、これからのサスティナブル社会において様々な分野での活躍が期待できます。
..........
「次世代電池電源システム」には、大型ニッケル水素電池技術、熱マネジメント技術※1、種々の用途で培った電池制御技術を融合させた長寿命・高信頼制御システム※2技術を導入しました。
試作品の一例で示す、バッテリーユニットは、体積15リットル、質量20kgと小型サイズながら、最大1KWの出力が可能です。また電池制御部は、電池の状態を検知し、それを本体機器へ伝える状態監視と、高精度の充放電制御機能を有しており、ニッケル水素電池をさらに長寿命化することができます。

今後は、家庭用電力サーバ用途等、太陽光発電及び深夜電力貯蔵に対応可能な、大容量高電圧化技術に加え、他の電池系も含めた開発及び制御基板、周辺部品の更なる長期信頼性技術に注力し、次世代バックアップ電源システムの開発を加速していきます。
..........
試作品の一例
用途 情報機器用バックアップ電源など
最大出力 1000W
平均容量 95Ah
容積 15リットル(W215×H163×L430mm)
質量 約20Kg
使用電池 ニッケル水素蓄電池(円筒形10本直列)
出力電圧 12V   "

コメント


続きを読む "大型ニッケル水素電池を用いた次世代電池電源システムの開発に着手 / クリッピング 松下電池工業"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

ゴォゥゥール!!! そして、グリーンゴール GreenGoal2006

 残念。後半39分まで、リードしてて負けた。
 落ち込みました。でも、スポーツはいい。次は枠を目指して、どんどんいい試合しちゃってください。

 さてさて、落胆と期待はひとまず収めて、ドイツのワールドカップでは、環境対応のサイトを独自にたちあげて、GreenGoal2006として情報の発信をしています。環境大国をめざし、実現しつつあるドイツのグリーンゴールを確かめてみたくて、いろいろ情報を探してみました。

2006 FIFA World Cup Germany -Green Goal 2006-(EN) / ... first innovative environmental initiative at a FIFA World Cup.(greengoal_A4.pdf(pdf書類、2455KB)

 上の書類にGreenGoal2006の概要はまとめられているようです。英語の抄訳もついてます。エコロジカルなスタジアム、アクセス網の整備、省エネ、そしてバランス。それらを地道に積み上げることで、エコフレンドリーな大会運営に挑んでいるようです。太陽電池の話題も目立ちますが、もっと根本的な”効果”に力をおいていることがわかりました。質実剛健。そんなイメージに沿ったプログラムだと感じました。

続きを読む "ゴォゥゥール!!! そして、グリーンゴール GreenGoal2006"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006/06/12

Medis Technologies社の使い捨て燃料電池は「電解質膜が要らないから低コスト」 / クリッピング Tech-On!

" 「一般消費者向けには25米ドル以下,ビジネス用途向けには15米ドル以下で販売する」――。2006年中に米国で携帯機器の充電器として使い捨て燃料電池「Power Pack」を発売することを表明しているMedis Technologies社のPresidentであるJacob Weiss氏とCTOのGennabi Finkelshtain氏が来日し,同社の燃料電池について詳細を語った。"-----Tech-On!,2006/06/08

関連サイト
Medis Technologies

コメント

続きを読む "Medis Technologies社の使い捨て燃料電池は「電解質膜が要らないから低コスト」 / クリッピング Tech-On!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/09

節電効果見えます 地球温暖化防止進めよう 「省エネナビ」設置 福岡市役所環境局 / クリッピング 西日本新聞

" 室内の電気使用量を測定して即座に表示する装置「省エネナビ」が、福岡市役所13階の環境局に登場した。「クールビズ」の流行などで地球温暖化防止に向けた市民の関心が高まる中、節電効果を数値化することで省エネの取り組みを促進する狙い。市環境局は「効果的な節電策を探り、市役所だけでなく、民間にも取り組みを広めたい」と意気込んでいる。 "-----西日本新聞、2006/05/27

関連情報、サイト
・省エネルギーセンター / 生活の省エネルギー / 省エネナビ

"省エネナビ"名称使用機器の共同広報についてのご案内-----省エネルギーセンター
" (1) 共同広報における機器システム条件
  1) 基本性能
* 電力使用量と省エネ目標使用量を金額換算して表示できる。
* 料金体系と目標値は使用者が設定できる。
* 測定精度はすべての測定はんいにおいて±5%以内。
 (JIS C 1211-1995 『電力量計(単独計器)3.2計量の誤差の許容限度』に準拠)
* 測定結果が即時(5分以内)に表示できる。
* 視覚的な表示が行われる。
* その他家電製品として必要な要件(電気用品認定、取扱説明書、問い合わせ窓口がある等)を満たしている。
  2) デザイン、価格の制限は行わない。
  3) 機器そのものの消費電力が少ない(家庭用:7.5Wh以内、業務用:25Wh以内) "

参考記事
Cutting energy bills: trial of innovative 'smart meters' starts-----Department for Environment Food and Rural Affairs(DEFRA,English),26 April 2006発表

コメント

続きを読む "節電効果見えます 地球温暖化防止進めよう 「省エネナビ」設置 福岡市役所環境局 / クリッピング 西日本新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/08

New Orleans Sinking Faster Than Thought, Satellites Find (人工衛星が見た、しずみゆくニューオルリンズ) / クリッピング Nationalgeographic.com

" New Orleans may be sinking into the Gulf of Mexico even faster than scientists realized.

Satellite images reveal that some areas of the city have been sinking at the rate of 1 inch (2.5 centimeters) a year. "-----Nationalgeographic.com,June 1, 2006

コメント
 1年で1インチ。人工衛星からの観測で、ニューオリリンズがすごい沈下速度で海面に没していることがわかった。原因は、地盤の脆弱性と地下水面の激しい動きにあるようだ。さらに、海面上昇が加わり、脅威が増している。治水が昔からむずかしいとされてきた地域なので、堤防などの予算の確保がむずかしければ、さらなる被害も予想されるだろう。

続きを読む "New Orleans Sinking Faster Than Thought, Satellites Find (人工衛星が見た、しずみゆくニューオルリンズ) / クリッピング Nationalgeographic.com"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

エネルギー国家戦略の再構築を重視 経産省 / クリッピング asahi.com

" 経済産業省は6日、05年度のエネルギー白書を発表した。 "-----asahi.com,2006年06月06日

関連サイト
エネルギー白書2005(資源エネルギー庁)

参考
平成17年度 エネルギーに関する年次報告書-----経済産業省、06/06/06発表

エネルギー・資源を取り巻く情勢(資源エネルギー庁)

コメント
 全文を読むには、もうちょっと時間がかかります。それにしても白書をインターネットで読むということが普通になりつつある。電子政府のメリットは明らか。だが、政策の立案時に多くの意見を有効にきいているフリをしているように見えるのがインターネットのデメリットでもある。

続きを読む "エネルギー国家戦略の再構築を重視 経産省 / クリッピング asahi.com"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/06

イベント 7/1 国際シンポジウム 持続可能なアジア

-----イベント案内より-----
" 未来の世代に向けた選択
 アジアでは今、人口増加の進行と急速な経済発展の影で、気候温暖化、森林破壊、水質汚濁などの深刻な環境汚染や破壊が進んでおり、今後一層の悪化が懸念されています。このままでは、多方面にわたるこのような環境への負荷が、負の遺産として、わたしたちの次世代に引き継がれることになりかねません。
本シンポジウムでは、アジアが直面している環境問題の現状と課題についての認識を深め、今、わたしたちが取るべき環境戦略を考えます。私たちの暮らすアジアで今、何が起きているか、そして、何ができるのかをグローバルな視点からご一緒に考える機会になるよう願っております。ぜひ、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
日 時 2006年7月1日(土)13:30~17:00
会 場 横浜シンポジア(会場
プログラム(敬称略)

続きを読む "イベント 7/1 国際シンポジウム 持続可能なアジア"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/05

平成18年版環境白書について -「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」- / プレスリリース環境省

" 平成18年版環境白書は、本日、閣議決定がなされ、国会へ提出されました。今回の白書は公害白書から数えて38回目で、平成18年の総説のテーマは「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」の2つです。
 また、白書の内容を広く国民に普及させ、環境保全に関する意識の啓発を図るため、全国10カ所で「環境白書を読む会」(白書説明会)を開催します。
1 平成18年版環境白書の概要
 今回の白書は、「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」の2つを総説のテーマとしました。
「人口減少と環境」 では、我が国は昨年、はじめて人口が減少し、今後、人口減少という新たな局面を迎えることから、人口減少やそれに伴う世帯の細分化、過疎化、都市の拡散といった様々な変化が環境にどのような影響を与えるかを明らかにし、これらの変化に対応した取組事例を示すことで、人口減少に対応した持続可能な社会の実現に向けた取組の重要性を呼びかけています。
「環境問題の原点 水俣病の50年」 では、今年、公式確認から50年を迎える水俣病を取り上げ、発生と拡大の経緯や被害救済の現状とともに今後は、医療対策等の充実だけでなく地域福祉と連携した取組が重要であることを述べています。

< 全 体 構 成 >

続きを読む "平成18年版環境白書について -「人口減少と環境」、「環境問題の原点 水俣病の50年」- / プレスリリース環境省"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004年度(平成16年度)の温室効果ガス排出量について / プレスリリース 環境省

" 環境省では、地球温暖化対策の推進に関する法律等に基づき、今般、平成16年度の温室効果ガス排出量を取りまとめました。その結果、温室効果ガスの総排出量は、二酸化炭素に換算して約13億5,500万トンとなりました。これは、平成15年度の値(約13億5,800万トン)と比較して0.2% (約300万トン) の減少で、京都議定書の規定による基準年(原則として1990年)の総排出量(約12億5,500万トン)と比較すると、約8.0%上回る値でした。
 なお、今回の温室効果ガス排出量は、現時点における温室効果ガス排出量の算定方法(精査中)をもとに算定を行い、毎年行っている条約事務局への温室効果ガス排出量報告を行ったものです。 "-----環境省、平成18年5月25日発表

関連記事
Globe Confronts Warming As Emissions Grow -----Chron.com(AP),June 3, 2006

温暖化対策は不十分 自民地球環境委が提言へ-----山陽新聞(共同通信)、6月1日
" 自民党の地球環境委員会は1日までに、温暖化対策予算の大幅増額を可能にする特別枠の設置や租税措置の拡充を柱とした提言.......... "

改正地球温暖化対策推進法が成立-----NIKKEI NET -経済-,2006/05/31

04年度の日本の温室効果ガス総排出量、90年比8.0%増に-----EICネットニュース、2006.05.25

コメント

続きを読む "2004年度(平成16年度)の温室効果ガス排出量について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/06/02

トラックもハイブリッド戦 今夏に投入 3社小型出そろう / クリッピング Sankei ECONET

"三菱ふそう 
 電気モーターとエンジンを併用する「ハイブリッド」をめぐる競争がトラック業界でも激しさを増そうとしている。三菱ふそうトラック・バスがハイブリッド搭載型の小型トラックを今夏に投入することで、いすゞ自動車、日野自動車の大手三社のハイブリッド小型トラックが出そろうことになるからだ。ハイブリッド車はトラック業界にとっても有力な環境技術のひとつ。販売優位性を得たメーカーが大量生産に伴うコスト面の利点を享受できるだけに、各社の販売はさらに熱を帯びようとしている。 "-----Sankei ECONET / 2006/5/20(フジサンケイビジネスアイ

関連情報、サイト
・プレスリリース / 2006年5月23日発表(image”キャンター エコハイブリッド コンセプト車”も)
060523_t

続きを読む "トラックもハイブリッド戦 今夏に投入 3社小型出そろう / クリッピング Sankei ECONET"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/01

国連グローバル・コンパクトに参加 / プレスリリース 日本郵船

" (アナン国連事務総長提唱の人権等4分野、10原則を支持) 当社は、このほどNYKグループにおけるCSR活動推進のため、アナン国連事務総長の提唱するグローバル・コンパクト(GC)に賛同、支持表明を致しました。
 グローバル・コンパクトは、1999年、コフィー・アナン国連事務総長が提唱、翌2000年7月、正式に発足したもので、参加する世界の企業に対して人権、労働、環境、腐敗防止の4分野での10原則を支持し、実践することを求めています。各企業がグローバル・コンパクトに賛同、支持し社会のよき一員として自発的に行動することによって、社会の持続可能な成長を実現しようというものです。
..........
<グローバル・コンパクトの10原則>
人 権
1.企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
2.人権侵害に加担しない。
労 働
3.組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
4.あらゆる形態の強制労働を排除する。
5.児童労働を実効的に廃止する。
6.雇用と職業に関する差別を撤廃する。
環 境
7.環境問題の予防的なアプローチを支持する。
8.環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
9.環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。
腐敗防止
10. 強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。 "-----日本郵船、2006年5月31日

関連サイト、情報
the United Nations Global Compact
" This is the homepage of the United Nations Global Compact, the world?s largest voluntary corporate responsibility initiative. "

http://www.globalcompact.org/


UN Global Compact(Wikipedia)

コメント

続きを読む "国連グローバル・コンパクトに参加 / プレスリリース 日本郵船"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »