« イベント 4/22 地球温暖化防止国際ワークショップ 「ポスト・モントリオールと途上国、日本の役割」 | トップページ | ココログ不調 »

2006/04/18

東京金先、気温数値の公表開始・天候デリバティブ上場に備え / クリッピング NIKKEI NET:経済

" 東京金融先物取引所は7日、気温の変動を金融先物商品として取引する「気温先物」の上場に備え、取引指標となる気温数値の公表を始めた。 "-----NIKKEI NET:経済、2006/4/7

関連情報
金融取気温指標の開発・公表について-----プレスリリース / 東京金融先物取引所

指標ページ東京金融先物取引所

コメント

 気温に影響される経済活動とは、ここではどんな事業のことなのだろうが、雨具などの雑貨、アパレル、食品だけでなく、よくよく考えれば保険、観光&旅行、スポーツなど、非常に幅ひろい。
 あとは、影響される金額の見積がどれぐらいかということが把握されれば、投機としての気温が成立するのだろう。

 ”金融取気温指標とは
金融取気温指標とは、東京金融先物取引所(金融取)が上場検討する気温に関する先物取引(「気温先物取引」)において、最終決済に用いることを目的とし算出する金融指標となります。

金融取気温指標の公表は、金融取気温指標を広く普及させ、気温先物取引の上場ニーズを喚起することが目的となります。
金融取気温指標は、日々の気温(日平均気温)を反映した月間平均気温(日々の気温の月間平均値)の推定値といえます。これにより、当月(今月)の気温の動向把握等に活用することができます。 ”

 日本のこのサービスははじまったばかりだが、海外ではどうなんだろう。検索すると、Environmental Financeという単語がヒット、
temperature index という単語が気温指標というらしい。
Environmental Finance

 上のサイトを発見。気候変動だけでなく、ありとあらゆる変動が投機の対象となっていることにいまさらながらに驚かされました。"6カ月先までの気温を1カ月単位、0.01度きざみで売買"ということがあまりピンとこなかったのですが、海外のサイトでは、気温の増減がはっきり反映される業界とは、ガス、電気などの「エネルギー関連産業」ということでした。冷夏で冷房が使われず、収入が減るのを防ぐみたいな使い方ができるということでしょうか? (t_t)

メモ(参考情報)
The Wall Street Green Trading Summit-----Renewable Energy Access,April 4 - 5, 2006

|

« イベント 4/22 地球温暖化防止国際ワークショップ 「ポスト・モントリオールと途上国、日本の役割」 | トップページ | ココログ不調 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/9605538

この記事へのトラックバック一覧です: 東京金先、気温数値の公表開始・天候デリバティブ上場に備え / クリッピング NIKKEI NET:経済:

» 意外と知られていなかったりする、海外クレジットカード事情 [トラベラーズチェックおまかせ!]
海外旅行の強い味方トラベラーズチェック!便利にもかかわらず、今ひとつを認知度の低いトラベラーズチェックを徹底解剖! [続きを読む]

受信: 2006/04/19 00:03

« イベント 4/22 地球温暖化防止国際ワークショップ 「ポスト・モントリオールと途上国、日本の役割」 | トップページ | ココログ不調 »