« ゲンジボタルの発光現象の仕組みをとらえる / プレスリリース 理化学研究所 | トップページ | LEXUS、GS450hを新発売 世界初 のFR乗用車専用ハイブリッドシステムを搭載 / プレスリリース レクサス »

2006/03/21

増え続ける大気中の温室効果ガス ―世界気象機関(WMO)が温室効果ガス年報の刊行を開始しました― / プレスリリース 気象庁

CO2trend
----- image( pop up ; ”緯度帯別の大気中の二酸化炭素濃度の経年変化(立体表示図)WDCGGが収集した観測データから緯度帯別に観測点の濃度を平均して、色別に大気中の月平均二酸化炭素濃度を時系列で表している。 ”) & text : 気象庁、平成18年3月14日発表より
" 概要
 世界気象機関(WMO)は、毎年の大気中の温室効果ガスの状況をとりまとめたWMO温室効果ガス年報を刊行しました。気象庁はこの年報において温室効果ガス濃度の解析を担当しており、今回の解析によると、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素は2004年の世界の年平均濃度がこれまでの最高になりました。また、日本の観測による二酸化炭素などの濃度も長期的にみると増加を続けています。

本文
世界の温室効果ガスの状況
 地球温暖化に最も影響の大きい温室効果ガスである二酸化炭素の世界における2004年の平均濃度は377.1 ppm (ppmとは体積比で百万分の一を意味します)で、統計を行っている1983年以降で最高であり、この10年間では平均で1.9 ppm/年の割合で増加しています(図)。また、地球温暖化に2番目に影響が大きいメタン、3番目に影響の大きい一酸化二窒素もこれまでで最高の濃度を記録しました(ただしメタンは昨年と同じ濃度です)。 "

関連情報
・Greenhouse-gas concentrations reached new highs in 2004 / プレスリリース WMO,16 March 2006

関連サイト

Global Atmosphere Watch

NOAA( National Oceanic &Atmospheric Administration),US DOC

Living with Climate

Links to Environmental Data and Processing Centres

関連記事
Carbon Dioxide Hit Record in 2005AP)-----Mar 14

WMO sees rise in greenhouse gases to record levels AP),Yahoo News,Tue Mar 14

コメント
 ”温暖化効果ガスの上昇が止まらない”という国内の記事を読んだのですが、メモし忘れてどのメディアかわからなくなってしまいました。一方、ブログでは、
温室効果ガス年報-----環境ニュース、2006年3月16日
増え続ける大気中の温室効果ガス-----tubo-log,March 15, 2006
 などに、関連クリップがアップしています。情報が充実していて早いので、RSSリーダーに登録させてもらいました。今後ともよろしく御願いします。
 さて、
 温暖化効果ガスの濃度が上昇中。現象的には、二酸化炭素が森林、海洋において吸収される量吸量以上に、森林火災などによる排出量が上回ったということです。問題は、この吸収排出の均衡レベルの変化(均衡破壊も含めて)が、今後人間や生物の生命圏に与える影響です。
 温暖化により、
極地や氷河の氷が溶ける-----海面上昇による被害。海面の塩分濃度に与える変化により、海流の表層と深海における垂直的な変化をもたらす。さらには、海洋表面の温度分布の変化が、大気と相互的な関係において、より大きな気候変動の一因となる。
大規模な気候変動が起こる可能性が高まっている-----洪水、干ばつ。寒くなる地域と暑くなる地域がでてくる。食料、水の確保に対する懸念も持ち上がってくる。

 そして、この地球の恒常性のメカニズムにおいて、温暖化効果ガス濃度のバランスは、どんな影響を与えるのか? まあ、資料を読んでも決定的なことは、わかならいです。ましては、人間の排出する地球温暖化効果ガスの与える影響の評価。国、個人によって大きく差があります。危機とみるか、そうは思わないかということよりも、生活のしくみを変えることが問われていると考えています。重く、一人ではどうしようもない課題ですが、課題と思うことが大切だと思っています。
 農的な暮らし、持続可能なライフスタイル、小規模分散型地域の技術と暮らしというテーマを追求したいです。(t_t)

|

« ゲンジボタルの発光現象の仕組みをとらえる / プレスリリース 理化学研究所 | トップページ | LEXUS、GS450hを新発売 世界初 のFR乗用車専用ハイブリッドシステムを搭載 / プレスリリース レクサス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/9150624

この記事へのトラックバック一覧です: 増え続ける大気中の温室効果ガス ―世界気象機関(WMO)が温室効果ガス年報の刊行を開始しました― / プレスリリース 気象庁:

« ゲンジボタルの発光現象の仕組みをとらえる / プレスリリース 理化学研究所 | トップページ | LEXUS、GS450hを新発売 世界初 のFR乗用車専用ハイブリッドシステムを搭載 / プレスリリース レクサス »