« ココログ、昨日よりの不調は回復したようです | トップページ | 「地球温暖化対策計画」で答申案 京都市環境審 市民意見を募集 /クリッピング 京都新聞 »

2006/03/13

<近畿大学>飛んで飛んで飛んで…… “燃料”はレーザー、小型機を開発 / クリッピング MSN毎日インタラクティブ

" 関西フォトジャーナル
 電動の小型機をレーザー光で追尾しながらエネルギーを送ることで、長時間の飛行が可能になるシステムを河島信樹・近畿大教授(宇宙工学)らのグループが開発し、大阪ドーム(大阪市西区)で7日、試験飛行を行った。送信機は.......... "-----MSN毎日インタラクティブ、2006年3月8日

関連サイト
河島研究室ホームページ


関連記事
レーザーで動くロボット 近畿大が実験を披露-----アニマックスニュース、2004/06/09

宇宙空間からのメッセージ!?何を書きたい? -----スラッシュドット ジャパン、2005年11月08日

参考サイト
宇宙開発情報 SPACEREF

コメント

 太陽電池の円盤の大きさは、記事によると33cm。太陽電池のサイズは、張られている様子からすると0.056平方メートルぐらい。太陽電池の容量は、推定7Wpくらい。模型飛行機の重さは、800g。半導体レーザーの出力がわからないから伝送効率は推測もできないが。まずは、今回は、今後用のメモ。
 この河島先生という方は、半導体レーザーを使った電送実験を繰り返し、将来が月面車などへのエネルギーの電送などを考えておられるようだ。また、新たな宇宙ビジネスも考えておられるようだ。その規模が面白い。最近、町工場からロケット、人工衛星という話題がトピックスなどにみられる。
 国家のプロジェクトというより、ベンチャー的なことに取り組まれている先生のようです。下の、本がありました。(t_t)

トラブル・シューティング―ロケット実験主任の手帳から テクノライフ選書

|

« ココログ、昨日よりの不調は回復したようです | トップページ | 「地球温暖化対策計画」で答申案 京都市環境審 市民意見を募集 /クリッピング 京都新聞 »

コメント

追加情報
無人ヘリ:レーザー光発電で飛行 近畿大教授が開発-----毎日.jp,毎日新聞 2008年3月12日
" ヘリは最大幅約1メートル、高さ約60センチ、重さ約1キロ。機体につり下げた直径約30センチの太陽電池に、太陽光の約7倍の強さのレーザー光を当てて効率よく発電する。照射装置は太陽電池の位置を感知し、自動追尾する。ヘリと数キロ離れても制御できる。この日は照射装置から約30メートルの距離を約1時間飛行した。 "

投稿: 追加情報 レーザー光発電で飛行 近畿大教授が開発 | 2008/03/12 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/9055456

この記事へのトラックバック一覧です: <近畿大学>飛んで飛んで飛んで…… “燃料”はレーザー、小型機を開発 / クリッピング MSN毎日インタラクティブ:

« ココログ、昨日よりの不調は回復したようです | トップページ | 「地球温暖化対策計画」で答申案 京都市環境審 市民意見を募集 /クリッピング 京都新聞 »