« イベント 3/6 燃料電池自動車啓発推進事業シンポジウム / プレスリリース 環境省より | トップページ | $100 Laptop Project Moves Closer to Narrowing Digital Divide (動きだした100ドルPC計画)/ プレスリリース United Nations Development Programme(UNDP) »

2006/02/16

第15回「地球環境大賞」、大賞に旭化成グループ(フジサンケイ ビジネスアイ賞 株式会社星野リゾート ) / クリッピング FujiSankei Business i

" 産業の発展と地球環境との共生をめざし、環境保全活動に熱心に取り組んでいる企業や団体などを表彰する「地球環境大賞」(フジサンケイグループ主催)の第十五回受賞者が決まり、大賞には旭化成グループが選ばれた。
..........
第15回地球環境大賞 受賞者
大賞 旭化成グループ
経済産業大臣賞 NEC
環境大臣賞 株式会社INAX
文部科学大臣賞 大王製紙株式会社
日本経済団体連合会会長賞 東京ガス株式会社
フジサンケイグループ賞 宇部興産株式会社
フジサンケイ ビジネスアイ賞 株式会社星野リゾート

地球環境会議が選ぶ優秀企業賞 株式会社NTTドコモ
優秀環境自治体賞 和歌山県
優秀環境学校賞 信州大学工学部
環境市民グループ賞 隅田川市民交流実行委員会 "-----FujiSankei Business i., 2006/2/15

関連サイト
地球環境大賞 公式ホームページ

星のや 軽井沢
星野リゾート

コメント
 受賞者の紹介で、”フジサンケイ ビジネスアイ賞 株式会社星野リゾート 自然エネルギー化75%達成----- 「リゾート運営の達人」というビジョンの実現に向けて、環境目標、顧客満足度、経常利益率の三つの目標を設定。スタッフは利益、顧客満足度だけではなく、また環境対策だけでもなく、トータルバランスを追求している。
 顧客満足や利益を犠牲にせずに環境対策を推進し、持続可能な経営を重視する。昨年七月に開業した「星のや 軽井沢」では、自然エネルギー比率75%、廃棄物の再資源化率76%を達成している。 ”

星のや 軽井沢
 さんは、メディアなどで独特ですぐれた経営をもつ経営者、そしてそれに応えるスタッフ。そして高い顧客満足度などが紹介されている。一昔前は、自然エネルギーに関心が高い人たちのあいだでは、”水力発電の星野温泉”というのは、昔からひとつの伝説だったが、こんなに有名ではなかった。しかし、ここにきて、エコ・ツーリズムの受け皿としてのエコリゾートが注目を集めている現在、質実剛健で現場スタッフに高い能力を求め、それを引き出す、ある意味で、ヒューマン・エコな姿勢が高い評価を集め注目されるのも当然なのだろう。
 ” 環境負荷ができるだけ小さい製品やサービスを、環境負荷の低減に努める事業者から優先して購入 ”するという目的のために運営されているグリーン購入ネットワーク(GPN)では、星のや 軽井沢を、GPNエコチャレンジ ホテル旅館データベースで、こんな感じで紹介している。同じリストないの他の旅館などとくらべると、バランスがいい。自然エネルギーは、水力のほか、地熱の有効利用などを進めておられるようだ。日本のリゾートの、ひとつの理想的な雛形となってくれるのだろうか?(t_t)

追加情報(2006/4/26)
旭化成グループにグランプリ 第15回地球環境大賞授賞式-----サンスポ.COM、2006年04月26日

地球環境大賞 受賞者紹介

|

« イベント 3/6 燃料電池自動車啓発推進事業シンポジウム / プレスリリース 環境省より | トップページ | $100 Laptop Project Moves Closer to Narrowing Digital Divide (動きだした100ドルPC計画)/ プレスリリース United Nations Development Programme(UNDP) »

コメント

こんにちわ。「星のや」には関心を持っていて、オープン前のイベントで宿泊してきました。有機栽培のリンゴジュースが驚くほど美味しかったのを覚えています。エネルギーを約6~7割を自給するのはスゴイと思います。しかし施設の省エネを徹底すれば、100%超を実現できると感じました。

建物には米マツを多用していて、「県産材の使用は検討されましたか?」と担当者に尋ねたところ、「それは何の意味があるんですか?」と質問されました。こっちの浮き世離れが激しいのですかね。

投稿: zen | 2006/02/20 17:37

zenさま
 コメントありがとうございます。エコビレッジ、日本にできますか?
 各地でさまざまな動きがありますが、住みたい!
 という決定版の場所がみつかってません。ただ住むのなら、育ち、また最近もどった関東でも別にいいのですが、作物、土地、森などとのかかわりを考えると、どこかさがしたいです。
 小川町のメンバーにいろいろ教わりながら、動きていきたいです。ハワイのエコビレッジの情報、拝見しました。年末に行くかもしれないので、ちょっと興味ありです。ではまた

投稿: t_t | 2006/02/20 22:29

追加情報(2006/4/26)
・旭化成グループにグランプリ 第15回地球環境大賞授賞式-----サンスポ.COM、2006年04月26日 本文に追加しました。
 

投稿: 追加情報 授賞式他 | 2006/04/26 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/8671185

この記事へのトラックバック一覧です: 第15回「地球環境大賞」、大賞に旭化成グループ(フジサンケイ ビジネスアイ賞 株式会社星野リゾート ) / クリッピング FujiSankei Business i:

« イベント 3/6 燃料電池自動車啓発推進事業シンポジウム / プレスリリース 環境省より | トップページ | $100 Laptop Project Moves Closer to Narrowing Digital Divide (動きだした100ドルPC計画)/ プレスリリース United Nations Development Programme(UNDP) »