« 非常・災害用 水素仕様燃料電池発電システムを共同開発 / プレスリリース 岩谷産業 | トップページ | イベント 8/31-9/2 ブログで囲もう浜岡原発! »

2005/08/30

Scientists harness the power of pee (おしっこから電気を作る技術の開発)/ クリッピング electronic journals

" Physicists in Singapore have succeeded in creating the first paper battery that generates electricity from urine. This new battery will be the perfect power source for cheap, disposable healthcare test-kits for diseases such as diabetes. This research is published today in the Institute of Physics’ Journal of Micromechanics and Microengineering."-----electronic journals,12 August 2005

コメント
 おしっこをかけると起電力を発することができる紙バッテリーが開発されたそうだ。0.2mlのおしっこを60*30*1mmの紙を溶液に浸し積み重ねたカードにかけると、1.5V-1.5mWの電力を発し、健康チェックのためのおしっこ検査キットの電源に利用できるといいう。まあ、わずなか電力なのだが、これにより電池を別に用意する必要がなくなるということで、未電化地域などの健康調査などに利用できる技術だという。LEDライトにおしっこをかけるとしばらく点灯するみたいな、応用、、、ならんだろうね。ウン(s_w)

|

« 非常・災害用 水素仕様燃料電池発電システムを共同開発 / プレスリリース 岩谷産業 | トップページ | イベント 8/31-9/2 ブログで囲もう浜岡原発! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/5665709

この記事へのトラックバック一覧です: Scientists harness the power of pee (おしっこから電気を作る技術の開発)/ クリッピング electronic journals:

« 非常・災害用 水素仕様燃料電池発電システムを共同開発 / プレスリリース 岩谷産業 | トップページ | イベント 8/31-9/2 ブログで囲もう浜岡原発! »