« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/29

グローイングピースからの手紙 - 広島の8月6日戦後60周年関連のイベント

" 今年8月6日戦後60周年ということでいままでになく沢山のことが、広島市で行われますが、縁あっていくつかのサポートをさせていただいています。
●アメリカ人ジョン シューシャードさん敬虔なカソリック信者です。彼は聖書に元ずき様々なアクションを起しています。核兵器工場への非暴力直接行動、 現在はハウスオブピースということで世界の戦争で傷ついた人のサポートをしています。その彼が長崎広島でのことについて、アメリカ人として、懺悔と平和 への祈りとして、8月1日から9日まで長崎広島で断食を行います。
詳しくは最近開設したブログを参照して下さい。そして多くの人にこのことをお
伝え下さい。
懺悔の祈りと断食

●もう一つ朴スナムさんの写真展を開催します。朴さんは「もうひとつの広島」と言う映画を制作された映像作家です。忘れ去られていたコウリアン被爆者の 写真です。ぜひ若い人にみていただきたいということで急きょ写真展を開催することになりました。
 場所は原爆ドーム東側の元安橋を歩いて1分の中区大手町1−5−17HOPEホープと言うバングラデシュ支援の雑貨屋さん2Fです。
 広島に行く人はぜひお立ち寄り下さい。4日から6日のみの開催です。

暑い夏お見舞い申し上げます。"-----グローイングピースからの手紙より

関連サイト
グローイングピース

コメント

続きを読む "グローイングピースからの手紙 - 広島の8月6日戦後60周年関連のイベント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/28

環境省「平成17年版 図で見る環境白書」をweb上に公開

-----”05.07.25 「平成17年版 図で見る環境白書」を掲載しました。”より目次(imageも)-----
"平成17年版 図で見る環境白書
h1
目次
 読者の皆様へ
○平成16年度環境の状況
 第1部 総説 脱温暖化−“人”と“しくみ”づくりで築く新時代
 第1章 京都議定書で地球の未来を拓く
  第1節 京都議定書が動き出した
  1 京都議定書が発効した
  2 京都議定書発効の意味
  第2節 温暖化が何をもたらすのか
  第3節 京都議定書の問いかけ
  1 条約の究極の目的に向けて
  2 京都議定書の先へ
  3 次の枠組みの姿は
  4 脱温暖化社会に挑戦する日本
 第2章 社会に広がる環境の国づくり

続きを読む "環境省「平成17年版 図で見る環境白書」をweb上に公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/27

三菱自動車、車室内VOC(揮発性有機化合物)を低減 / プレスリリース 三菱自動車

" - 来春発売の新型軽自動車『i(アイ)』から、厚生労働省の室内濃度指針値以下に抑制 -
 三菱自動車は、来春発売する新型軽自動車『i(アイ)』から、車室内のVOC(Volatile Organic Compounds:揮発性有機化合物)を、厚生労働省が定めた13物質の室内濃度の指針値以下に低減することとした。これにより、車室内環境の改善・快適化を更に進めるとともに、社団法人 日本自動車工業会が発表した、2007年度以降の新型乗用車に対する「車室内のVOC低減に対する自主的な取り組み」を1年3ヶ月前倒しで達成することとなる。
 VOCとは、ホルムアルデヒドやトルエン等、常温で揮発しやすい有機化合物のことであり、近年、新築の住宅・ビル等に入ると目がチカチカしたり鼻やのどに刺激を感じる等の体調不良が生ずる、いわゆるシックハウス症候群の一要因とされている。"
-----三菱自動車、2005年07月22日より

関連サイト
三菱自動車 /
新型軽自動車『i(アイ)』

コメント

続きを読む "三菱自動車、車室内VOC(揮発性有機化合物)を低減 / プレスリリース 三菱自動車"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/26

CO2が2倍なら黒潮30%加速 稚魚、沿岸に戻れない? / クリッピング Sankei ECONET

" 海洋機構スパコン予測
 大気中の二酸化炭素が増加して八十年後に二倍になると、温暖化の影響で黒潮の流速が約30%増すほか、日本列島南岸沿いの海水温が三度ほど上昇することがわかった。海洋研究開発機構のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」を使った成果。近く、米の地球物理学速報誌で発表される。黒潮域の海洋生態や漁業への影響が懸念されている。"-----Sankei ECONET / 産経新聞、2005/7/22

プレスリリース / 地球温暖化による黒潮流速の増加を予測-----独立行政法人海洋研究開発機構、国立大学法人東京大学、独立行政法人国立環境研究所、平成17年7月21日発表

関連情報
超高解像度海洋大循環モデル(OFES)のシミュレーションデータの公開----- 海洋研究開発機構、平成17年7月25日発表

コメント

続きを読む "CO2が2倍なら黒潮30%加速 稚魚、沿岸に戻れない? / クリッピング Sankei ECONET"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/25

イベント 8/10 全国いっせい打ち水(打ち水大作戦2005は7/20より開始中)

-----イベント案内のサイトより---
" 暑い日は打ち水。それをさらに習慣化するべく、今年は七月二十日、すなわち夏休みの開始とともに、打ち水本番であることを本部では呼びかける。八月三十一日夏休み最後の日までを打ち水シーズンとして、打ち水そのものがじっくり人々の生活に浸透することを期待しつつ、長丁場の大作戦に取り組むべく本部は春から準備に余念がない。夏休みの暑い日にはいつでも打ち水をと呼びかける一方、呼びかけのピークとなるXデーは今年も健在。やはり打ち水大作戦の華は、「全国いっせい打ち水」だ。「2℃下げよう」というみんなの思いを一度に集中させる日だ。
 過去二年は、お盆あけの夏後半にいっせい打ち水の日を設けたが、それは準備期間を少しでもかせいでできるだけ実施を遅らせたいという、たぶんに後ろ向きな理由によるものだった。今年は、もっとも打ち水にふさわしい日を選ぼうということで、本部ではさまざまな検討を重ねた結果、八月十日の水曜日がその日に選ばれた。夏休みのド真ん中で、お盆前のもっとも暑気払いがのぞまれる時期であり、しかも水の日、水曜日。時間は例年どおり、正午が打ち水時だ。
八月十日は打ち水の日。正午に表に出て打ち水しよう。八月十日、八一〇をお忘れなく。前日までに水の準備をお忘れなく。みんなで打ち水、はちがつとおか。八月十日。その日、なるか、一千万人の打ち水絵巻。"

詳細は、イベント案内のサイトをご覧ください。

コメント

続きを読む "イベント 8/10 全国いっせい打ち水(打ち水大作戦2005は7/20より開始中)"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/07/22

アスベスト使用規制の経緯、政府が検証報告書作成へ / クリッピング 読売新聞

" 細田官房長官は21日夕の記者会見で、相次ぐアスベスト(石綿)による健康被害に関し、使用規制の経緯など政府の対応を検証する報告書を近く作成し、公表する方針を明らかにした。"
-----読売新聞、2005年7月21日

Googleで関連ニュース-----> アスベスト
-----> アスベスト 健康被害

コメント

続きを読む "アスベスト使用規制の経緯、政府が検証報告書作成へ / クリッピング 読売新聞"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/21

イベント 8/1-7 雨水東京国際会議

-----イベント案内のサイトより-----
" つなごう世界、救おうアジアの水危機
会期  2005年8月1日(月) - 7日(日)
会場 パンプキンタンクすみだリバーサイドホール(イベントホール他)
墨田区役所、すみだ環境ふれあい館 
主催 雨水東京国際会議実行委員会
共催 墨田区
後援 国連環境計画(UNEP)、国際雨水資源化学会(IRCSA)、国際環境自治体協議会(ICLEI)、国土交通省、環境省、外務省、農林水産省、独立行政法人国際協力機構(JICA)など
協賛 トヨタ自動車(株)、玉の肌石鹸(株)、東京向島ロータリークラブなど

すみだリバーサイドホール・墨田区役所 プログラム

続きを読む "イベント 8/1-7 雨水東京国際会議"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/20

イベント 7/27 第48回 連続公開セミナー 広がる地域の省エネ活動(京都)

-----イベント案内より-----
" 日 時
7月27日(水)18:30 - 20:45
会 場 ハートピア京都 4階 第5会議室(京都市中京区)
主 催 気候ネットワーク
内 容
 地域ではじめる温暖化対策のひとつとして、市民が参加した効果的な省エネ活動の取り組みが大きな注目を集めています。
 川口市では2000年より、地球温暖化防止のために年に1日、みんなで環境に優しい生活をしようという取り組み「エコライフデー」を実施しています。2004年は3万人ちかい市民が取り組みに参加し、電気やガス水道の消費量削減につながりました。
 山形県内では、立川町の節電所運動をはじめ県内各地で独自の省エネ活動が広がりつつあります。
 今回のセミナーでは、こうした削減効果をともなった省エネ普及活動について、具体的な内容やその効果について報告・議論します。
報告者

続きを読む "イベント 7/27 第48回 連続公開セミナー 広がる地域の省エネ活動(京都)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/19

夏休みの自由研究は臨海副都心で! / 東京都 港湾局 水道局 下水道局 発表

" 子供から大人まで一緒に楽しんで学べます!
臨海副都心まち開き10周年を記念して10施設を紹介します。
臨海副都心には、楽しみながら学ぶことができる博物館・展示施設が多数あり、 夏休み期間中には自由研究や宿題に役立つ特別企画も開催されます。
 今年の夏は、ご家族揃ってぜひ臨海副都心をお訪ねください。
 また、博物館巡りには、7月に新車両も導入されて更に快適になったゆりかもめをご利用ください。"-----東京都 港湾局 水道局 下水道局、平成17年7月12日発表より(下記imageも:案内図)
annnaizu
annnaisetumei
関連リンク
東京都下水道局
虹の下水道館
10施設のご案内

コメント

続きを読む "夏休みの自由研究は臨海副都心で! / 東京都 港湾局 水道局 下水道局 発表"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/07/18

環境にやさしいエンジン搭載第1船、自動車専用船「ライラ・リーダー」運航へ / プレスリリース 日本郵船

" 当社はこのほど、三菱重工業株式会社が開発した「環境にやさしい」電子制御エンジン(“8UEC60LSII-Eco“)搭載の6,500台積み大型自動車専用船「LYRA LEADER」(ライラ・リーダー)の引渡しを愛知県豊橋市の株式会社豊橋造船で受けました。同船は、6月12日から処女航海として豪州航路に投入され運航を開始しており、その後は世界各地に配船される予定です。
 当社は、燃費性能にすぐれた風圧抵抗低減船型等、環境に優しい機能を採用した船(エコシップ)をシリーズで建造しておりますが、電子制御エンジンを搭載するのは「LYRA LEADER」が初めてです。同船は、新エンジンの採用により、NOx(窒素酸化物)の排出をこれまでの同型船と比較すると約15%削減します。
LYRA LEADER 【LYRA LEADER(ライラ・リーダー)概要】
1. 総トン数 :62,510トン
2. 全長 :199.9M
3. 航海速力 :20ノット
4. 車両積載台数 :6,500台(基準車換算) "-----日本郵船、2005/6/27(下のimageも)
jyuusen_photo

コメント

続きを読む "環境にやさしいエンジン搭載第1船、自動車専用船「ライラ・リーダー」運航へ / プレスリリース 日本郵船"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/15

家庭用燃料電池コージェネレーションシステム“LIFUEL(ライフエル)”の設置希望者を募集します / プレスリリース 東京ガス

" 東京ガス株式会社(社長:市野紀生、以下「東京ガス」)は、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「LIFUEL(ライフエル)」の設置希望者を、本日より募集いたします。
...........
 「ライフエル」の設置希望者の募集は、本年1月から3月にも実施しましたが、多数の方からご応募をいただき、予定した20台の設置先が決定したため、あらためて設置希望者を募集します。
設置に際しては、システムの利用や運転データの提供などについて定めた「FCパートナーシップ契約」(注)をお客さまと東京ガスの間で締結させていただきます。東京ガスはいただいたデータや調査結果を「ライフエル」の性能向上に活かしていきます。
今後とも東京ガスは、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの普及を通じてお客さまの快適な暮らしづくりと地球環境に貢献してまいります。
以 上 "-----東京ガス、 平成17年6月29日発表より

関連サイト

続きを読む "家庭用燃料電池コージェネレーションシステム“LIFUEL(ライフエル)”の設置希望者を募集します / プレスリリース 東京ガス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/14

「環境ビジネスプラン GrandPrix 2005」への参加の募集について / プレスリリース 環境省

" NPO、ビジネスパーソンが中心となり、環境省など行政が協力して、環境ビジネス/NPOの起業支援を行う「環境ダイナマイト!2005」では、起業の第1ステップを応援する企画として、「環境ビジネスプランGrandPrix 2005」(ビジネスプランコンテスト)を開催します。
 7月14日から8月15日まで、環境問題に取り組むビジネスプランの募集を行い、9月15日には選抜の上、最終審査・発表(場所:名古屋市愛地球博ささしまサテライト会場)を行います(審査委員長:安藤眞 エコビジネスネットワーク代表)。また本コンテスト開催を皮切りに、セミナーなどスキルアッププログラムを実施して参ります。
 環境問題について注目が高まる中で、環境ビジネスに挑戦し、腕試しを行う絶好の機会となります。起業へ向けてのはじめの一歩として、または、NPO活動の発展のきっかけとして多数の挑戦とご応募をお待ちしています。
 1 コンテストの趣旨
 「環境ビジネスへの扉 : 挑戦者のレベルアップを加速するコンテスト」
 環境へのアクションを継続させることができなければ、目標を達成するのは困難です。
 「5年後、2010年にありたい自分と環境と経済の姿」に基づき、あたらしいサービス開発と実行計画(ビジネスプラン)を描くことで、「構想」は「現実」に向けて動きはじめます。
..........
2 コンテストの実施内容
(1) コンテストのスケジュール
* 募集開始:7月14日(木)

続きを読む "「環境ビジネスプラン GrandPrix 2005」への参加の募集について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/13

自然エネルギーを利用した太陽光発電システムを神戸工場に導入 / プレスリリース キリンビール

050629
----- image & text : キリンビール、2005年6月29日発表より
" - CO2などの温室効果ガス排出削減を推進するため、今後、導入工場を拡大して積極展開 -
 キリンビール株式会社(社長 荒蒔康一郎)は、CO2などの温室効果ガス排出削減への取り組みの一環として、神戸工場(兵庫県神戸市北区、工場長 木村滋)に自然エネルギーを利用した太陽光発電システムを導入し、6月29日から発電を開始します。発電パネルは、工場内の2カ所に設置し、年間発電量は、工場見学の広報ゾーンで使用する年間電力使用量の約4%に相当する、約19,400kWhとなる見込みです。
 今後、同様のシステムの導入拡大を予定しており、当社の横浜工場、福岡工場、広島ブルワリーでも、2006年3月下旬の稼動を目指して準備を進めています。"
 
同社関連情報
キリンさんで、発電しています / 三菱商事-----オンサイト発電についての記事
キリングループの工場へようこそ-----キリンのエコブルワリーツアー、夏休み環境教室などが楽しそうだ。お父さんとこどもで夏休みに行けば結構いい旅ができそうですね。

コメント

続きを読む "自然エネルギーを利用した太陽光発電システムを神戸工場に導入 / プレスリリース キリンビール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

仏の冒険家・コワンドルさん手こぎボートで太平洋横断の航跡

 6月24日、手こぎボートで銚子市の銚子マリーナから、米・サンフランシスコ市に向け太平洋横断の航海に旅立ったフランス人冒険家エマニュエル・コワンドルさんの航跡が、oceanrowing.comのサイトで更新され続けている。太陽電池などを装備した”最新鋭”の手こぎボートは、出発15日目にあたる7/9日の時点で、銚子から1693 kmの地点まで到達している。潮にのっているのでしょうね、考えられないスピードです。残りは、サンフランシスコまで6656 km。
 それにしても、oceanrowing.comのサイトを見ると、Canada - Europe にチャレンジしているチーム、大西洋を横断している人のこぎ始めからの時間が表示されています。
 いやー、世界はあまりにも広い、いろいろなことにチャレンジされる方がいるものです!
(今週は、出張のため7/9日にこの記事をポストしました。また漕ぎ進まれるのでしょうねコワンドルさん! t_t)

関連情報

続きを読む "仏の冒険家・コワンドルさん手こぎボートで太平洋横断の航跡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

熱中症予防情報の提供について / プレスリリース 環境省

" 概要 環境省では、生活環境の暑熱化への対策として、7月11日(月)よりホームページにおいて熱中症の予防情報の提供を試験的に開始します。
1.背景
 地球温暖化やヒートアイランド現象の影響として、熱ストレスの増大が指摘されています。
 環境省において東京消防庁資料より作成したデータでは、東京都内の7月 - 9月における高温及び日射病による搬送人員数は、1984年から2001年の間で増加傾向にあることがわかりました。また、猛暑であった昨年夏季における熱中症による搬送人員数は、東京消防庁の発表によれば、統計を取り始めて以来過去最高でした。
2.目的
 このような背景を踏まえ、生活環境の暑熱化への対策として熱中症予防のために適切な予測情報を提供し、熱中症の予防を図ることとしました。
3.情報提供方法
 熱環境の程度を表す指標として、人体の熱収支に影響の大きい気温・湿度・輻射熱の要素を取り入れたWBGT(湿球黒球温度)の予測値を国立環境研究所のホームページから提供します。
開始日 7月11日(月)
URLhttp://www.nies.go.jp/wbgt/(環境省ホームページの「トピックス」及び環境省環境管理局ホームページから上記URLにリンクできます。)"-----環境省、平成17年7月8日発表より

関連サイト

続きを読む "熱中症予防情報の提供について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント 7/23 国立環境研究所夏の大公開

-----イベント案内より-----
"  国立環境研究所では、夏休みの土曜日にあたる7月23日(土)に、「国立環境研究所夏の大公開」を開催します。 この日は、所内の研究施設(つくば市小野川)を広く公開して環境研究の紹介を行うとともに、環境に関する夏期特別講座(「クワガタが来た道、日本人が来た道(クワガタムシから環境問題を考える)」など3講演)、 水を飲み比べて環境問題を考える体験型イベント、模擬運転による燃費診断(*)、地元つくばの八景を選ぶ!、電気自動車「ルシオール」の試乗会(*)など、環境保全と環境研究に関する各種イベントを実施します。
 来場者には、国立環境研究所オリジナルエコバック、リサイクルうちわ、ハーブや花の苗などのプレゼントも用意して、皆さんのご来場をお待ちしています。(*免許保有者が対象です)
施設公開日時 : 2005年7月23日(土) 9:30〜16:00
 15名以上の団体は事前にご連絡ください。
11:30〜13:30は所内食堂が利用できます。
お問い合わせ : 国立環境研究所総務部業務係
交通案内 : http://www.nies.go.jp/gaiyo/kotu/index.html
公開施設は、国立環境研究所つくばメインキャンパス(23ヘクタール)内のほとんどの施設を予定しています。 "

詳細、お問い合わせは、

続きを読む "イベント 7/23 国立環境研究所夏の大公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

イベント 7/14 第4回地球シミュレータセンター シンポジウム

-----イベント案内より-----
" 第4回地球シミュレータセンター シンポジウム
 人と地球のやさしい関係 - シミュレーション科学の最前線 -
 独立行政法人海洋研究開発機構(理事長 加藤康宏)地球シミュレータセンター(センター長 佐藤哲也)は、7月14日(木)に千代田区立内幸町ホール(東京都千代田区)において「人と地球のやさしい関係  〜シミュレーション科学の最前線〜」をテーマに、地球シミュレータによる最新の研究成果を発表する「第4回地球シミュレータセンター・シンポジウム」を下記要領にて開催いたします。
 入場無料、参加予約不要ですが、当日は満席になり次第、入場を制限いたしますので、どうぞお早めにご来場下さい。
1.開催日時 平成17年7月14日(木)
10:00 - 18:10(開場: 9:30)
2.開催場所 千代田区立内幸町ホール(定員188名) 東京都千代田区内幸町1-5-1(都営三田線内幸町駅、JR新橋駅、共に徒歩5分)
3.主  催 独立行政法人海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター
4.後  援 文部科学省(予定)
5.プログラム(PDFファイル)
6.問い合わせ先 海洋研究開発機構
地球シミュレータセンター 企画調整室 "

詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

プログラムについて-

続きを読む "イベント 7/14 第4回地球シミュレータセンター シンポジウム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/07

携帯電話向け燃料電池の充電容量を3倍に / プレスリリース 富士通研究所

6-1b
----- image(”試作したFOMA端末用充電器の写真 携帯電話を実際に充電している様子”) & text : 富士通研究所、2005年7月6日発表より
" - FOMA(C)端末用充電器をドコモと共同試作 -
株式会社富士通研究所(以下、富士通研究所)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(以下、ドコモ)と共同で、高容量のマイクロ燃料電池を開発し、外付けタイプのFOMA(C) 端末用充電器を試作しました。今回開発した試作機では、使用するメタノール燃料の濃度を従来の30%から99%以上に引き上げ、18ccのメタノール燃料でFOMA端末の内蔵電池3個分の充電を可能としました。
..........
【効果】今回開発した技術により、クレードルタイプのパッシブ型マイクロ燃料電池としては、世界で初めて、平均約1ワットの高い発電能力を99%以上の高濃度メタノール燃料を用いて実現しました。
 また、試作したFOMA端末用充電器において、1つのカートリッジ(燃料容積18cc)で携帯電話内蔵のリチウムイオン電池3個分の充電が可能であることを実証しました。これにより、30%の濃度に希釈したメタノールを用いる燃料電池に比べ、1回のカートリッジ交換で使用時間を3倍に伸ばすことが可能になり、大幅にユーザーの利便性が向上します。また、廃棄やリサイクルに回るカートリッジの量を削減できるため、環境負荷の軽減にも効果的です。
..........
【試作品の概要】

続きを読む "携帯電話向け燃料電池の充電容量を3倍に / プレスリリース 富士通研究所"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英サミット:地球温暖化問題の特別文書が骨抜きに? / クリッピング MSN-Mainichi INTERACTIVE

" 【ロンドン藤好陽太郎】6日から英国で開かれる主要国首脳会議(グレンイーグルズ・サミット)で発表される地球温暖化問題の特別文書が、骨抜きになる恐れが出てきた。"-----毎日新聞、2005年7月2日

関連記事
京都議定書は米経済を破壊 米大統領が離脱を再正当化か-----Sankei Web,05/07/01
議定書記述が大幅に後退 地球温暖化のG8声明案-----河北通信社、2005年07月04日

コメント
 郵政民営化の法案が衆議院で可決されたことで、首相もG8に余裕をもって参加することができる?
 でも京都議定書の形骸化について、首相の声がないことはあまりにも寂しく、許せない気がする。
 このまま米国のわがままを許せば、富める国、貧しき国の格差が開く。そして、宇宙船地球号の乗り組み員全員、私たちはともに気候変動の荒波にもまれることになる。
 
関連記事(海外)

続きを読む "英サミット:地球温暖化問題の特別文書が骨抜きに? / クリッピング MSN-Mainichi INTERACTIVE"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/07/06

今年は空調服で、炎天下の施工に備えようかなぁ

 昨年、いろいろなメディアで取り上げられた空調服。今年も楽天などで販売されて好調なようだ。
 株式会社空調服が開発した服は、建物を隅々冷房するという発想から、一人一人の服にファンを仕込むことで、一人一人を冷やすという発想への転換を、実際の商品にしたことが、何よりもユニークだと思う。
 冷房をきっちり28度に設定している会社でも、快適さには差があるそうだ。空気の流れ、冷房の空調の設置デザインにより体感温度は著しく変わる。
 またいまだ、女性社員が、冷房ガンガンで膝、腰に毛布をかける会社もいまだあるそうだ。会社の不見識というよりも、冷房装置の不具合によるものもあるかもしれない。
 冷房を高めに設定し、一人一人が調節する。ますます普及していきそうな製品です。
 電源には、ニッケル水素充電池を利用し、”Ni−MH2500では、満充電した時のご使用時間は、約5時間です。”とのこと、熱的にきびしい仕事環境でも一日に4本を2セット、合計8本用意すればなんとかなりそうだ。

 この商品、炎天下で作業する農作業などにも向いているかもしれない。ヘルメットを着用する場合でも”フード付空調服を着用し、ヘルメットの上からフードを被る事により、頭と ヘルメットとの空間を大量の風が吹き抜け、頭から出る汗を蒸発気化する事で 冷却し、頭部の温度上昇を防止する事が出来ます。”とのこと。
 ちょっと、買い気を起こさせる商品です。

続きを読む "今年は空調服で、炎天下の施工に備えようかなぁ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

水浴場の水質調査結果について / プレスリリース 環境省

" 概要 環境省では、平成17年4月上旬 〜 6月上旬にかけて、全国の水浴場を対象として地方公共団体が実施した水質調査の結果を取りまとめた。この結果、
(1)評価対象となった749ヶ所の水浴場すべてが、水浴場として適当な水質であった。(2)特に、水浴場として良好な水質である「水質A」以上の水浴場数は、611ヶ所(全体の82%)であった。 "-----環境省、平成17年7月1日発表より

関連情報
「快水浴場」の選定(「快適水浴場」の再選定)について-----環境省、平成17年4月27日発表

コメント

続きを読む "水浴場の水質調査結果について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/04

燃料電池車「FCX」を世界で初めて個人客にリース販売 / プレスリリース ホンダ

fcx_4050630
-----image(pop up ;”Spallino家とHonda燃料電池車「FCX」” & text: ホンダ、2005年6月30日発表より
" アメリカン・ホンダモーターは、世界で初めて燃料電池自動車「FCX」を個人客に販売、6月29日にカリフォルニア州環境庁長官Alan Lloyd博士、アメリカン・ホンダモーター シニア・バイスプレジデントJohn Mendelなどの出席のもと納車セレモニーを行った。
 世界初となる燃料電池車の個人客は、カリフォルニア州レドンドビーチ在住のSpallino(スパリーノ)家。2年間のリース契約を締結、通勤、子供の学校への送り迎えや買い物など、日常の用途に「FCX」を使用する。
 世界最初の燃料電池車個人ユーザーとなるJon Spallino氏は「FCXで通勤したり、子供たちと出かけるのを楽しみにしている。FCXは、排出ガスが出ないことを除けば、運転していて普通の車とまったく変わらない。」と語った。"
 
関連記事

続きを読む "燃料電池車「FCX」を世界で初めて個人客にリース販売 / プレスリリース ホンダ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/01

地質調査総合センター作成の「日本の地球化学図」が環境賞を受賞 / プレスリリース 産業技術総合研究所

fig02
" 地質調査総合センター作成の「日本の地球化学図 元素の分布から何がわかるか?」が、平成17年度の環境賞(主催:(財)日立環境財団・(株)日刊工業新聞 後援:環境省)の優良賞を受賞しました。
 地球化学図とは、いろいろな元素が、どの程度の濃度で我々の回りに分布しているかを示したもので、その元素の存在が、自然に拠るものなのか、産業活動や人間生活といった人為的な汚染によるものかを評価するための基礎になるものです。古くは、金属資源の鉱床探査に利用され、近年では、産業廃棄物による土壌・地下水汚染といった環境汚染の評価に使われています。
 地質調査総合センターでは、平成11年度より「全国をカバーする地球化学図」プロジェクトに取り組み、10km四方あたり1試料の密度で、日本全国から合計3,024個の河川堆積物試料を採取して、53元素について化学分析を行い、その成果をとりまとめて平成16年度に「日本の地球化学図 元素の分布から何がわかるか?」を完成させました。"
 
日本の地球化学図サイト
日本の地球化学図----資料販売情報

続きを読む "地質調査総合センター作成の「日本の地球化学図」が環境賞を受賞 / プレスリリース 産業技術総合研究所"

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »