« 光触媒 Fresh Green Office / サイト紹介 | トップページ | 苦情・クレーム博覧会 2005 / サイト紹介 »

2005/06/16

Yahoo! JAPAN - みんなで止めよう温暖化特集 - / サイト紹介

" Yahoo! Japanは、チーム・マイナス6%参加企業として、
地球温暖化防止運動を広めていきます。"
-----Yahoo! JAPAN - みんなで止めよう温暖化特集 -----開設期間 2005/6/1 - 2005/8/30

関連サイト
チーム・マイナス6%-----ニュース

コメント
 以前の記事でふれた内容のサイトがオープンされていた。ヤフーを毎日のように使っていながら、見逃していた。意識が低いため?
 省エネや環境問題に関心の高い人は、すぐに気がついただろうか?

 
 それはともかく、国民運動として、一丸となって温暖化ガス削減に取り組まなくてはならない。しかし、京都議定書で”世界に約束した日本の目標は、温室効果ガス排出量6%の削減”。この目標を達成できるのか? 
 その目標は、正確には、”2008年〜2012年の間に、1990年比で温室効果ガスの削減が数値として義務づけらた6%”となる。さらに言えば、1990年比でいえば、2003年では逆に8%増なので、現在は14%削減が必要とされている。
 企業、市民がすべからく協力して、いかなければならないのだが、14%という数字を達成するためのアクションプランがはじめられるのはこれからだ。期限は2012年。あと、7年。長いようで期限は本当に短い。この間、現在の首相や閣僚は去っていく。美辞麗句だけが残る気がする。”あとのことは後世におまかせします。厳しい環境税も環境不況の危機もみなさんで考えてください。”と小声で言われている気さえする。
 お祭りイベントで終えることのない、継続的な温室効果ガスの削減と21世紀のライフスタイルという問題に具体的に取り組む、覚悟できていますか?
 14%削減というプランは、達成するためにはただごとではない覚悟がいることは確かです。
 Yahooのサイトを見ていて、すごい欲求不満を感じました。自分を含めたこの国、社会全体への不満です。

 たぶん、エコロジカルに生きるということの可能性がこの危機の時代であるからこそ、開けるチャンスがそこにあると考えます。
 ただし、ちゃんと取り組まれるならば、、、、。危機は危機としてそこにあり続けます。(t_t)

|

« 光触媒 Fresh Green Office / サイト紹介 | トップページ | 苦情・クレーム博覧会 2005 / サイト紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/4570927

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo! JAPAN - みんなで止めよう温暖化特集 - / サイト紹介:

« 光触媒 Fresh Green Office / サイト紹介 | トップページ | 苦情・クレーム博覧会 2005 / サイト紹介 »