« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/31

「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について / 意見募集 首相官邸

 首相官邸 地球温暖化対策推進本部より3/29日にとりまとめられた「京都議定書目標達成計画(案)」に関して意見募集が開始された-----意見募集期限  平成17年4月13日(水)17時
  -----「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集についてより
" 地球温暖化問題に関し、京都議定書における我が国の6%削減約束を確実に達成するために必要な措置を定める「京都議定書目標達成計画」の案が、3月29日に地球温暖化対策推進本部においてとりまとめられました。
 ついては、同計画案について、国民の皆様から幅広く御意見を募集したいと思いますので、下記の要領にて提出いただきますようお願いいたします。
 皆様から寄せられた御意見は、同計画案の検討の参考にさせていただきます。 
記 
1.  意見募集対象
 「京都議定書目標達成計画(案)」(PDF)
(参考資料)京都議定書目標達成計画(案)の骨子(PDF) 
2.  意見募集期限
 平成17年4月13日(水)17時 
3.  意見の提出方法

続きを読む "「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について / 意見募集 首相官邸"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1分間で充電可能な新型の充電式電池を開発 / プレスリリース 東芝

toshibanewbat_img2901
image & text : 東芝、 2005年3月29日より

" - キャパシタに匹敵する急速充電性能とリチウムイオン電池の高エネルギー密度を両立 -
 当社は、1分間で電池容量の80%まで充電することができるキャパシタ並みの急速充電性能と、リチウムイオン電池の特長である体積エネルギー密度の高さを併せ持つ、新型の充電式電池を開発しました。
..........
 新型電池は、急速の充放電を大容量で行なうことが可能なため、電力の回生用途にも適用することができます。電気を無駄にすることなく利用できるので、環境面での貢献も期待できます。当社では今後、電力・産業用途などへの応用に向けた製品開発を行ない、2006年中の製品化を目指していきます。
..........
新型充電式電池のおもな特長

続きを読む "1分間で充電可能な新型の充電式電池を開発 / プレスリリース 東芝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

イベント 4/14 ◆これで6%削減は達成できるか◆ - 京都議定書目標達成計画案を考える - (東京)

----- イベント案内より-----(要事前申込)
" 日 時
4月14日(木) 18:30〜21:00  
会 場  環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室(東京都渋谷区)(定員60人)  
参加費  気候ネットワーク会員500円、一般1000円  
趣 旨
 京都議定書の発効を受けて政府は、これからの温暖化の国内対策・国内政策を規定する京都議定書目標達成計画を策定中です。6%削減の達成のために、達成計画を温室効果ガス削減に実効性のある内容とすることが重要です。今回のセミナーでは、この計画案について報告・議論し、その課題や求められる方向性を探ります。
報告者●進行案:

続きを読む "イベント 4/14 ◆これで6%削減は達成できるか◆ - 京都議定書目標達成計画案を考える - (東京)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/29

英Intelligent Energy社の燃料電池バイクはカッコイイです!

0503env_fc_mby1_w350
 image(pop up): Intelligent Energy社Press releasesのページ下段のENV and Core brochure(PDF)より
 
 On the Earht.さんの記事をみてさっそく、英Intelligent Energy社のサイトにいってスペックをみてみました。それにしても、最近の電気自動車は、確かに静かで、接近に気づかないことがあります。”騒音車”になれてしまっているので、ちょっと危険な気もします。
 さて、Intelligent Energy社Press releasesよりダウンロードしたPDFカタログによると、
 スペックは、

続きを読む "英Intelligent Energy社の燃料電池バイクはカッコイイです!"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/28

“光の魔法”で快適さ実現 / クリッピング Yomiuri On-Line

"(4)- ものづくり進化論 万博から世界に発信 -
 ニッポンが世界をリードする最新技術「光触媒」と、日本古来の涼を呼ぶ知恵「打ち水」が、25日から開幕した愛・地球博(愛知万博)で見事に融合した——。 "
-----http://expo.yomiuri.co.jp/tokushu/mono_050326.htm

関連情報
「光触媒利用高機能住宅用部材プロジェクト(打ち水住宅)」プレスリリース  東京大学先端科学技術研究センター-----しなやかな技術研究会、September 16, 2004

コメント
 光り触媒の話題。表題の記事に打ち効果を発揮する壁面の写真が写ってます。なんかさわってみたいですー。(s_w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

イベント 4/9 地震と原発 -「原発震災」の危機と無謀な地層処分-(京都)

-----イベント案内より-----要事前申込
" 京都府保険医協会と京都府歯科保険医協会は、2004年より“エネルギー・原発を取り巻く現実”を考えるシンポジウムを開催。第1回は「核燃料サイクル(再処理)」をテーマに、核燃料サイクルの問題点と危険性を明らかにし、日本のエネルギー政策の転換を訴えてきました。
  第2回は「地震と原発」をテーマに、日本列島に密集する原発が地震に対して危険であること、最悪の場合には日本を衰亡させ世界を変える巨大災害(原発震災)が起こりうること、この事態を大多数の国民が知らないのは極めて異常で人類に対する罪悪であること−などについて、この分野に造詣の深い石橋克彦・神戸大学教授に解説していただきます。
  シンポジウムでは、講演と参加者との質疑応答を通じて地震の原発関連施設への影響と社会にもたらす影響や地層処分の問題を中心に、日本の原子力・エネルギー政策はどうあるべきかを考えていきます。本シンポジウムはどなたでもご参加いただけます。多くのご参加をお願いします。

”神戸大学都市安全研究センター教授
石橋 克彦 氏

続きを読む "イベント 4/9 地震と原発 -「原発震災」の危機と無謀な地層処分-(京都)"

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2005/03/25

経産省が省エネ・防犯住宅の普及に向け新事業 / クリッピング nikkeibp.jp

" 経済産業省は、戸建て住宅の居住者に対し、省エネルギーや防犯に関する具体的なメニューを示すことなどを目的とした「省エネ・防犯情報提供事業」を今秋からスタートさせる。 "
-----nikkeibp.jp - 建設 -、2005年03月24日

関連記事
松下や東電など13社、省エネ・防犯住宅普及へ連携-----2005年3月22日、読売新聞

コメント
 IT住宅の勉強会で、ビジネス的にはセキュリティならびにエネルギー管理が主眼となるだろうというお話を以前聞きました。オール電化住宅の未来像がなんとなく、想像できますね。IT住宅のハッキングという事態も考えられるので、結構こわい面もあるかもしれませんね。(s_w)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

・地球博プレスプレビュー 【日本ゾーン編】 / クリッピング PC Watch

" 世界初の360度全天球型映像システムや超巨大万華鏡など
会期:3月25日から
会場:愛知県名古屋東部丘陵
    (長久手会場/瀬戸会場) "
-----PC Watch,2005/3/23

コメント
 大阪万博は、”こんにちわ、こんにちわ、、”と始まった。そして、

続きを読む "・地球博プレスプレビュー 【日本ゾーン編】 / クリッピング PC Watch"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

IMTS、燃料電池ハイブリッドバスの引渡し式を実施 / プレスリリース トヨタ

nt05_0310a
image(”IMTS”) & text : プレスリリース トヨタ、2005/03/14より
"  (財)2005年日本国際博覧会協会(以下、博覧会協会)とトヨタ自動車(株)(以下,トヨタ)・日野自動車(株)(以下、日野)は、本日、2005年日本国際博覧会(以下、愛・地球博)における、長久手会場内移動用の新交通システムIMTS(Intelligent Multimode Transit System)および長久手・瀬戸会場間移動用の燃料電池ハイブリッドバスの引渡し及び発車式を実施した。
..........
次世代交通システムIMTSの概要
 IMTSのシステムは、最新のITS(Intelligent Transport Systems)技術を用いて、専用道は無人で自動運転・隊列走行、一般道は通常のバス同様にマニュアルで単独走行を行う新交通システムとして、鉄道などの軌道系交通システムの定時性・高速性・輸送力と、路線バスの経済性・柔軟性を併せ持っている。また、乗客にとっては乗り換え不要という利便性がある。
..........
燃料電池ハイブリッドバスの概要

続きを読む "IMTS、燃料電池ハイブリッドバスの引渡し式を実施 / プレスリリース トヨタ"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

温暖化に危機感 でも生活はぜいたく 県が調査 / クリッピング 静岡新聞

" 県民の家電保有、大幅増  7割「省エネに努める」
 県は21日までに、地球温暖化に対する意識と、家庭でのエネルギー使用実態についての県民調査結果をまとめた。8割以上が地球温暖化を認識している一方、家庭での家電保有台数は10年前に比べ、エアコンが約2倍、パソコンが3・8倍になるなど大幅に増加.........."
-----静岡新聞、県内ニュース、3/22

コメント

続きを読む "温暖化に危機感 でも生活はぜいたく 県が調査 / クリッピング 静岡新聞"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/23

ハリアーハイブリッドならびにクルーガーハイブリッドを新発売 / プレスリリース トヨタ

nt05_015b
image(”ハリアーハイブリッド "プレミアムSパッケージ"”)&text :プレスリリース トヨタ、2005/03/22より
" TOYOTAは、ハイブリッドのSUV、ハリアーハイブリッドならびにクルーガーハイブリッドを開発し、ハリアーハイブリッドは全国のトヨペット店(大阪地区は大阪トヨタ)、クルーガーハイブリッドは全国のトヨタカローラ店およびネッツ店を通じて、3月22日より発売した。
..........
3.クラス世界最高水準の低燃費とクリーンな排出ガス
・CO2の削減を念頭に、コンパクトクラス並みのクラス世界最高水準の低燃費17.8km/L(10・15モード走行。国土交通省審査値)を実現し、「平成22年度燃費基準+5%」を達成するとともに、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)を低減し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を取得(グリーン税制による減税措置対象車)
・このほか、LCA(ライフサイクルアセスメント)を実施し、走行段階だけでなく、生産から廃棄するまでの全段階で排出するCO2や大気汚染物質の総量を低減 "

コメント

続きを読む "ハリアーハイブリッドならびにクルーガーハイブリッドを新発売 / プレスリリース トヨタ"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イベント 3/27-4/3 みなみいず派3人展(神奈川県藤沢市)

-----南伊豆のアーティスト・みなみいず派の三人が展覧会を開きます-----
堀内 朗    平島平太    くぼやまさとる
0503magiclandevent
" 自然豊かな南伊豆。
この地で結成された「みなみいず派」。
彼らの作品からは、自然のおりなす温かみや
清涼感が感じられます。
是非この作品展を通して緑豊かな山々や青く
どこまでも続く海を感じていただき、心休ま
るひと時をお過ごしください。"
 文---案内より
日時 2005年3月27日(日) - 4月3日(日) AM10:00 - PM6:00(最終日はPM5:00まで)
場所 アートスペース「キテーネ」神奈川県藤沢市辻堂1-14-1 、JR辻堂駅南口から約350m

関連サイト
マジックランド

コメント

続きを読む "イベント 3/27-4/3 みなみいず派3人展(神奈川県藤沢市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

愛・地球博に行ってきました:コッソリこんな凄いロボット作ってました——トヨタグループ館 / クリッピング ITmedea LifeStyle

" トヨタ博…もとい、愛知万博の見所は、なんといってもトヨタグループ館。2足歩行型/2輪走行型のヒューマノイドや、人を乗せて歩ける搭乗歩行型など自動車メーカーらしい発想のロボットが華麗なパフォーマンスを繰り広げている。 "
-----ITmedea LifeStyle,2005/03/18

コメント
 この記事と写真を見て、トヨタ館にいってみたくなりました。ロボットというものを考えた時、それが必要かと問われれば、今のところ私には「不必要」に思えます。しかし、この記事を読んでロボットの形と機能にびっくりです。介護や福祉や特殊な労働環境の仕事にはすぐにでも使えそうな内容だと思いました。技術の力を感じます。それにしてもトヨタ館、すごい人気でしょうね。人混みは大の苦手なので、いかないかもしれませんが、ちょっと気になりだしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/21

発電する電動ハイブリッド自転車 長距離走行モデル「エナクルSSシリーズ」を発売 / プレスリリース SANYO

050303sanyoeaby
image(pop up) & text : サンヨー、2005年3月3日より

" ◆商品の主な特長
1. 走行距離が1.4倍にアップ 「最大走行距離53km」
2. 走行中に発電し充電できる「ブレーキ充電システム」&「エコ充電モード」搭載で、 走行距離 「最大約 2倍」
3. 低床フレームで乗り降りしやすく、ローサドル設計でより幅広い身長の方に対応
..........
II.特長
 1.走行距離が1.4倍にアップ 「最大走行距離53km」

続きを読む "発電する電動ハイブリッド自転車 長距離走行モデル「エナクルSSシリーズ」を発売 / プレスリリース SANYO"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/18

雑誌「自休自足 / 春 Vol.09」

0503jikyujisoku001

 雑誌を親しい友達にいただきました。タイトルは、自給自足ならぬ”自休自足”。最初は、ちょっと「 ? 」。特集が”わらの家を建てよう! ”でストローベイルハウスを日本でしっかり、きれいにたてちゃった人たちの紹介記事。美しいです。さかんごてできれいにつくられていますね。
 実は、湿気が多くて、雨も多い日本には不向きだと思っていたのです。”湿気が抜けないと藁の堆肥になっちゃって、最悪、発火するんじゃないか?”なんて思ってました。でも、つくっちゃった人たちがいるのを知って、是非実物を拝見したいと思いました。そして機会があれば、作ってみたいです。前から、実は美しいと思っていたのです、、、、(t_t)
0503jikyuujisoku002
 image: デジカメで撮ってみました。こんな写真でも、なんとなく見てみたくなる内容だと思いません? ストローベイルハウス以外にもたくさん情報や生活のヒントありました。ちょっと軽い内容ですが、それでもいい雑誌でした。

" 自休自足 春 Vol.09 / - 人生に幸せの種をまこう! slow and natural life magazine
季刊 980円 / 発行 (株)第一プログレス
特集

続きを読む "雑誌「自休自足 / 春 Vol.09」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/17

イベント 4/10 地球温暖化 タウンミーティング イン 東京

-----4/10(東京)イベント案内より-----要事前申込(4/3まで)
"  主催 環境省など
○日 時: 平成17年4月10日(日)14:00〜16:00
○会 場: 東京国際フォーラム ホールB5
      東京都千代田区丸の内3-5-1
○出席閣僚等:
      環境大臣 小池 百合子
      経済産業副大臣 小此木 八郎
 *出席閣僚等は予定であり、変更になる場合があります。
○募集期間: 3月16日(水)9:00〜 4月3日(日)17:00 (必着)(350名程度) "

 詳細、お問い合わせは、
イベント案内
をご覧ください。

コメント

続きを読む "イベント 4/10 地球温暖化 タウンミーティング イン 東京"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント 4/2 地球温暖化 タウンミーティング イン 大阪

-----4/2(大阪)イベント案内より-----要事前申込(3/26まで)
" 地球温暖化は、人類の生存基盤をも脅かしかねない非常に深刻な環境問題であり、その原因は私たちの経済活動や国民生活そのものにあります。
 そのような地球温暖化を防止するための国際的な約束、「京都議定書」が今年2月に発効しました。京都議定書では、日本は温室効果ガスを6%削減する必要がありますが、今のところ7.6%(2002年度)増加しており、取組をさらに強化しなくてはなりません。
 現在、政府においては、京都議定書の6%削減目標を達成するための取組を盛り込んだ「京都議定書目標達成計画」の策定に向けた検討を進めています。そこで、地球温暖化問題に対する日本の取組のあり方について、大阪市北区において国民の皆さんと率直な意見交換を行う「地球温暖化タウンミーティング イン 大阪」を開催します。
 主催 環境省など
○日 時: 平成17年4月2日(土)15:00〜17:00
○会 場: 梅田クリスタルホール 大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービルB1F
○出席閣僚等:
       環境大臣 小池 百合子
       経済産業大臣 中川 昭一

続きを読む "イベント 4/2 地球温暖化 タウンミーティング イン 大阪"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/16

東芝の小型メタノール燃料電池の実力

 東芝のメタノール燃料対応の燃料電池は、100CCの高濃度メタノール燃料で、約10時間のノートパソコンを駆動できるそうです。
 
東芝がノートPCを二つに分断?ディスプレイ部をワイヤレスで切り離した新タブレットPCを提案」-----ITmedia PDCUPdate,2005/03/11

 という記事の後半に、その姿と内容が紹介されていました。
 予想していたより燃料ケースのボリュームが大きいのですが、かなり具体的になってきましたね。
 最大供給電力は20ワットとのことですので、ノートパソコンなどのモバイル環境では使えるシーンがでてきそうですね。気になるのはいつものことながら、お値段。一般個人が電源のひとつとして選択できるような価格になるのはいつごろなのでしょうか?(s_w)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

舎爐夢(シャロム)ヒュッテ、春! 今期営業開始(安曇野)

「春休み、どこかに連れてって、最近どこにも連れて行ってくれないじゃない?」
 という、声に仕事に追いまくられていると”ドキッ”、そして”ズキっ”としてしまった。
 仕事は疲れるので、旅したいですね。
 
 まあ、そんなとき真っ先に浮かんだのが安曇野の舎爐夢(シャロム)ヒュッテ。
 " shalom means peace "
 このヒュッテはただモノではない場所です。かなりの部分、ほとんど設計から作ることまでオーナーがかかわっているペンションです。こだわりの宿です。本当に、いい経験ができると思います。お勧めです。
 
舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
 をご覧ください。人気の宿です。満員にはご注意ください。(t_t)
 
関連情報

続きを読む "舎爐夢(シャロム)ヒュッテ、春! 今期営業開始(安曇野)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

イベント 3/25 京都メカニズム活用セミナー(福岡市)

-----イベント案内より-----
" 九州経済産業局及び九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K−RIP)は、平成17年3月25日(金)、福岡市において、京都議定書にもとづく京都メカニズムの活用を促進するため、標記セミナーを開催します。
 平成17年2月16日に京都議定書が発効し、我が国は90年度比▲6%の温室効果ガス削減義務が発生しました。この削減目標の達成に向け、「地球温暖化対策推進法」の全面施行に基づく「京都議定書目標達成計画」の策定作業が行われているところです。
 今回は、こうした議定書発効後の国の今後の対策や、目標達成に向けたツールとして期待される「京都メカニズム」の活用等について、最新情報を提供します。
 日 時: 平成17年3月25日(金) 13:30−16:30
会 場: ホテル日航福岡 都久志の間
会場案内
 ホテル日航福岡
 〒812-0011
 福岡市博多区博多駅前2-18-25
参加者: 150名 先着順
参加費: 無  料
主 催: 九州経済産業局
     九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ(K−RIP)
後 援: 九州地区環境対策調査官事務所など
プログラム(予定):
基調講演(50分) 「京都議定書の目標達成に向けた取り組み」(仮題)
 13:40-14:30 経済産業省 産業技術環境局環境政策課
環境経済室 課長補佐   亀井明紀
特別講演(60分) 「企業の視点から見た温暖化政策・京都メカニズムとビジネス展開」
 14:45-15:45 株式会社三菱総合研究所 地球環境研究本部
サステナビリティ研究部地球温暖化対策研究チーム
チームリーダー   西村邦幸
事例発表(30分) 「温暖化対策とCDMプロジェクトの取り組み」(仮題)
 15:45-16:15 九州電力株式会社 環境部
環境経営グループ長   藤 滋隆 "

 詳細、問い合わせ先は、イベント案内をご覧ください。
 
コメント

続きを読む "イベント 3/25 京都メカニズム活用セミナー(福岡市)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/11

ミサワホームのM-Wood2(エムウッド2)「愛・地球博」に採用 / プレスリリース ミサワホーム

" ○M-Wood2最大規模の受注
○一般木材に比べ環境負荷の大幅低減が可能
 ミサワホーム株式会社(代表取締役社長 佐藤春夫)が開発・販売している、木材の廃材を主材料とした100%リサイクル素材「M-Wood2」が、3月25日に開幕する2005年日本国際博覧会(略称:愛知万博 愛称:愛・地球博)に採用されました。
.........
 今回採用されたのは、メインとなる長久手会場のグローバル・ループのデッキ部分約14,000m2と西エントランス約5,000m2です。グローバル・ループは、全長約2.6km、幅は約21mで、段差が無く会場をほぼ水平に一周できる空中回廊です。2つを合わせると、約19,000m2、重量に換算すると約430トンにもなり、これはミサワホームがこれまで受注したM-Wood2の量としては最大規模です。 "
-----ミサワホームグループニュースリリース / 2005/03/03  ミサワホームのM-Wood2(エムウッド2)「愛・地球博」に採用より

コメント

続きを読む "ミサワホームのM-Wood2(エムウッド2)「愛・地球博」に採用 / プレスリリース ミサワホーム"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/10

イベント 3/24 2050年低炭素社会シナリオに関する国際シンポジウム

-----イベント案内より-----(要事前申込)
" 1.ワークショップの概要
 京都議定書以降の国際的枠組みにおいて、欧州各国では2050年までに、温室効果ガス排出量を現時点の半分以下にする大幅削減を目指した政策を展開している。なぜ、このような政策が欧州で進められているのか?今年7月に英国で開かれるG8先進国サミットの中心テーマの一つは、低炭素社会実現に資する政策提言を行うことである。
 本ワークショップでは、

続きを読む "イベント 3/24 2050年低炭素社会シナリオに関する国際シンポジウム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/09

愛・地球博へ「環境トイレ」を提供 / プレスリリース トヨタ車体

0503toyotas_ecotoilet

image(pop up) & text :トヨタ車体、プレスリリース2005年3月4日より
"   トヨタ車体(株)(刈谷市一里山町 久保地 理介社長)は、2005年3月25日から開催される2005年日本国際博覧会(愛・地球博)へ「環境トイレ」を無償提供いたします。
 トヨタ車体では2000年10月より、水洗トイレから流される汚水を浄化して再びトイレの洗浄水として再利用するシステムを研究・開発してまいりました。水を大切にして河川を汚さない、環境にやさしいトイレであることから「環境トイレ」と名づけ、「愛・地球博」長久手会場西ターミナル駐車場へ設置いたしました。
<「環境トイレ」概要>

続きを読む "愛・地球博へ「環境トイレ」を提供 / プレスリリース トヨタ車体"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米ホワイトハウス会見:個人ウェブサイト運営の「ブログ」記者、初めて出席 / クリッピング MSN-Mainichi INTERACTIVE

-----毎日新聞 2005年3月8日

コメント
 党大会でも確か、十数名のブログ記者に記者証が発行されたのではなかったか?(うろおぼえ) それにしてもblog記者というのはどういう人、人たちなのだろう。
 今回の記事の人は、”シントンの米メディアを論評するブログ「フィッシュボウルDC」を運営するギャレット・グラフ氏(23)”だそうだ。
 
 FLASH: Scott McClellan Has No Visible Horns in Person-----fishibowlDC,Tuesday, Mar 08-----" A mainstream media lesson we learned the hard way yesterday as The First White House Press Blogger (Patent Pending)? "でホワイトハウスでの体験を記事にしている。

続きを読む "米ホワイトハウス会見:個人ウェブサイト運営の「ブログ」記者、初めて出席 / クリッピング MSN-Mainichi INTERACTIVE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

イベント 3/24 次世代低公害車・燃料電池自動車国際シンポジウム

-----イベント案内より-----要事前申込(3月22日締切)
" このたび、国土交通省は(独)交通研安全環境研究所及び(財)運輸低公害車普及機構の協力を得て、3月24日(木)に「次世代低公害車・燃料電池自動車国際シンポジウム」を開催し、これらの低公害車に関するプロジェクトの成果について報告いたします。
 このシンポジウムでは、次世代低公害車及び燃料電池自動車に関する国内外の有識者より御講演をいただくとともに、二つのプロジェクトの成果発表をプロジェクトの担当者から行うこととしております。併せて次世代低公害車開発促進プロジェクトで開発・試作した全ての車両及びエンジン並びに燃料電池自動車の展示を行う予定です。

 つきましては、シンポジウムへの一般参加者(定員350名/参加無料)を募集いたしますので、参加ご希望の方は別紙に記載の方法で3月22日(火)までにお申し込み下さい。なお、定員に達し次第、〆切らせていただきますのであらかじめご承知おき願います。
  ●シンポジウムの概要●

続きを読む "イベント 3/24 次世代低公害車・燃料電池自動車国際シンポジウム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

- 環境にいいことをして「エコマネー」をためよう!! - / プレスリリース (財)2005年日本国際博覧会協会 環境グループ

" 人と地球にやさしい環境通貨の実験事業 愛・地球博EXPO エコマネー事業の開始について
 EXPOエコマネー事業とはCO2の削減や地球環境の保全を目的に、市民の「環境配慮活動」を促進させる新しい社会システムの実験事業です。(財)2005年日本国際博覧会協会は、レジ袋削減、公共交通機関の利用促進といった、地球温暖化防止や循環型社会の実現に寄与する市民運動と連携しながら、市民の「環境配慮行動」を対象として、「EXPOエコマネー」を発行し、「循環型社会」の形成に資する市民主導型のエコ・ムーブメントを愛・地球博を契機に促進していくことを目指しています。 "
-----(財)2005年日本国際博覧会協会 環境グループ 、2005年3月3日

" 7 .ポスト万博における「EXPO エコマネー」事業の展望

続きを読む " - 環境にいいことをして「エコマネー」をためよう!! - / プレスリリース (財)2005年日本国際博覧会協会 環境グループ "

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/07

イベント 3/22 第13回EPOC交流会 愛知環境賞設立記念講演会「EXPOと新しい環境モノづくり」

-----イベント案内より-----要事前申込(3/15日まで)
" この度愛知県では「環境との共生」という価値観を、新しい文化として体現し社会に普及させることを目的として、『愛知環境賞』を設立しました。
そこで、EPOCではこれに賛同するとともに「第13回交流会 愛知環境賞設立記念講演会」と題して交流会を開催致します。
なお、講演会終了後には愛知環境賞表彰式ならびに交流会を開催しますので、奮ってご参加下さいます様お願い申し上げます。      
日時: 平成17年 3月22日(火)15:00〜18:30
会場: 全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋 ザ・グランコート
(愛知県名古屋市中区金山町一丁目1番1号)
<交通>名古屋駅より名鉄・JRで5分、車で15分、金山総合駅より徒歩1分
主催:環境パートナーシップ・CLUB(EPOC)
後援: 中部経済産業局、環境省中部地区環境対策調査館事務所、中部経済連合会、 名古屋商工会議所
参加費: 無 料
参加締切り: 平成17年3月15日(火)
《プログラム》

続きを読む "イベント 3/22 第13回EPOC交流会 愛知環境賞設立記念講演会「EXPOと新しい環境モノづくり」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化ガス削減、追加対策に最大7000億円・中央環境審 / クリッピング NIKKEI NET

-----日本経済新聞 、2005年3月5日

コメント
 注目の環境相の諮問機関の中央環境審議会の答申案がでたもよう。7000千億円の追加対策費の財源は、環境税ということ。
 この時期、情報をおっかける時間がないが、京都議定書への日本の取り組みを左右するお話。目ははなせません。
 
関連情報

続きを読む "温暖化ガス削減、追加対策に最大7000億円・中央環境審 / クリッピング NIKKEI NET"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イベント 3/26 地球温暖化への技術的対応

-----イベント案内より-----
" 地球温暖化問題は人類文明の根幹にかかわる環境問題です。その解決には、長期的対応が必要で、京都議定書はその一歩にすぎません。本講演では、1)まず京都議定書目標を例にその短期的対応が容易でないことを説明し、2)ついで温暖化を食い止めるにはどのような姿勢が必要かを数量的に説明します。3)そして、その方策として必要な技術の展望をお話しします。
 特に住宅建物の省エネルギーと自然エネルギー利用技術、交通技術、更に将来の脱炭素技術としての大規模自然エネルギー技術と水素技術についてわかりやすく紹介します。
講師: 茅陽一 氏
(地球環境産業技術研究機構 副理事長兼研究所長)
開催日時 : 2005年3月26日(土) 15:00〜16:30 開催場所 : 日本科学未来館 1階 地球環境とフロンティア エコロジーラボ

続きを読む "イベント 3/26 地球温暖化への技術的対応"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/04

「学校エコ等改修・環境教育モデル事業」に関する説明会の開催について / プレスリリース 環境省

 環境省が平成17年度予算案に盛り込んでいる「学校等エコ改修・環境教育モデル事業」について、説明会を各地域で開催するそうです。詳細は、以下をご覧ください。
-----環境省プレスリリース、平成17年2月22日
「学校エコ等改修・環境教育モデル事業」に関する説明会の開催について
より----- 
" 本文
1 学校エコ改修・環境教育モデル事業とは
 地域社会の基礎単位である学校及びその校区において、環境への負荷の少なく快適な学校環境づくり、学校と地域が協力した環境教育をモデル的に推進するものです。温室効果ガス排出の抑制やヒートアイランド防止に地域や教育から取り組もうとするものです。
 この事業は、平成15年度のNGO/NPO・企業環境政策提言で出された提案を元にしており、16年度にはフィージビリティ調査を実施してきました。平成17年度予算案においては、これまでの取組を踏まえ、以下の事業を一体的に推進することとしています(別添資料も参照)。
 本事業は3カ年計画で進めることとし、10カ所程度の校区で事業を実施する予定です。
(1)地球温暖化を防ぐ学校エコ改修事業(石油特会:1,000百万円)
 学校の特徴に応じた二酸化炭素排出削減効果を有する省エネ改修、新エネ導入の最も効果的な組み合わせ(遮光、屋上緑化による断熱など)による施設整備に要する費用の一部を補助する。補助先は、地方公共団体。補助率は1/2。
(2)学校等エコ改修と環境教育事業(一般会計:30百万円)
 「地球温暖化を防ぐ学校エコ改修事業」において適切な技術の組み合わせが行われるよう助言を行い、最大限の効果を得られるようにする。また、学校等エコ改修におけるモデル的な技術の組合せを検討し、これを各自治体技術者、業者に広く普及する。
 さらに、各事業対象校で行われるエコ改修を素材として、地域も参加した建築・住まいに関する環境教育に技術支援を行い、それぞれの成果をとりまとめ全国に普及する。
2 説明会の開催

続きを読む "「学校エコ等改修・環境教育モデル事業」に関する説明会の開催について / プレスリリース 環境省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/03

イベント 3/19-21 緑の家学校 北軽井沢プロジェクト「3月ワークショップ」

-----イベント案内より-----要事前申込(3/11締切)
" (浅間高原植生勉強会、オルガネラ コテジーズ母家一期工事完成祝賀会、NPO法人緑の家学校設立後第一回総会)
1 日  時  2005年3月19日(土)、20日(日)、21日(祝)
2 場  所  オルガネラ コテジーズ母家(緑の家学校北軽井沢分校)
         群馬県阿吾妻郡長野原応桑字田通原1543−318
3 内  容  
?T.浅間高原植生勉強会
 気候風土から見た浅間高原在来の植物の種類特性等をご説明いただきます。
 講師:嶋村 明氏  浅間高原植物研究者 著書「浅間高原の植物」 
?U.母家完成祝賀会
 母家の完成を祝い、建物の見学祝賀会を開催します。まだまだ完成にはたどり
 着かないのですが、とりあえず一期工事が完成ということです。
?V、非営利特別活動法人 緑の家学校 第一回総会
 2005年を向かえ、新しい年の活動方針の提案、発表、討議を行います。
  また、普段ではなかなかできない会員相互の意見交換と親睦も図りたいと思います。
?W.嶋村先生と歩く浅間高原トレッキング
 浅間高原をくまなく歩いていらっしゃる嶋村先生と一緒に早春の動植物観察を行います。
  この時期にしか見られない鳥、芽吹き前の樹木、高山植物などを見ることが出来ます。
  カメラ、双眼鏡、観察ノートと筆記用具等各自ご用意下さい。
 応桑村のザゼンソウが咲いているかもしれないとのことです。
4 スケジュール

続きを読む "イベント 3/19-21 緑の家学校 北軽井沢プロジェクト「3月ワークショップ」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/02

”エコBLOG最新10件”表示中

エコメモさんの、”僕としては、エコBLOGに登録されたBLOGをもっともっと多くの人に読んでいただきたいなぁと思っています。
で、エコBLOGの最新10件を表示するソースコードを公開したいと思います。
やり方は、簡単。
下の線で囲まれた部分を、コピー&ペースト。”
 というよびかけに応じて、さっそくこの、しな研のblogにも”エコBLOG最新10件”をつけてみました。

続きを読む "”エコBLOG最新10件”表示中"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

DOE Project Leads to New Hydrogen Fueling Station in California / プレスリリースDOE EERE

" ChevronTexaco opened its first hydrogen fueling station in Chino, California, on February 18th..........While the Chino project is part of President Bush's Hydrogen Fuel Initiative, his brotherムFlorida Governor Jeb Bushムhas his own hydrogen energy initiative, called ' H2 Florida. ' "-----EERE Network News,February 18, 2005

関連情報

続きを読む "DOE Project Leads to New Hydrogen Fueling Station in California / プレスリリースDOE EERE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成17年度「企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業(環境コミュニティ・ビジネスモデル事業)」の公募について / 経済産業省

" 経済産業省では、企業・NPO ・市民等が連携し、ビジネスの視点を持ちながら、地域の環境問題の解決と質の向上を目指す「環境コミュニティ・ビジネス」を発掘し、その展開を支援する「環境コミュニティ・ビジネスモデル事業」を公募により実施します。
なお、本事業は平成17 年度予算の国会での成立を前提として、公募を行います。"
-----経済産業省、平成17 年2 月16 日

関連情報

続きを読む "平成17年度「企業・市民等連携環境配慮活動活性化モデル事業(環境コミュニティ・ビジネスモデル事業)」の公募について / 経済産業省"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

Lighting Up the Road Ahead / クリッピング RenewableEnergyAccess.com News

" 160 LED light fixtures light up the Vincent Thomas Bridge in Los Angeles. During the day a solar photovoltaic system offsets the power needed for the project.  "
-----RenewableEnergyAccess.com News

コメント
 4.5 kW の太陽電池システムで駆動するロスのビンセントトーマス橋のLEDの照明は、青く目立つ。日本にもLEDが橋梁のライトアップ等では使用されているがこれだけ青いものはみたことがない。強烈な青だ。日本でもこの青LEDでライトアップされた橋、徳島あたりであるだろうか?
 
写真は、表題の記事でも
Vincent Thomas Bridge Lighting Web siteのblog サイトでも見ることができます。

関連サイト

続きを読む "Lighting Up the Road Ahead / クリッピング RenewableEnergyAccess.com News"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »