« 雑誌「自休自足 / 春 Vol.09」 | トップページ | 愛・地球博に行ってきました:コッソリこんな凄いロボット作ってました——トヨタグループ館 / クリッピング ITmedea LifeStyle »

2005/03/21

発電する電動ハイブリッド自転車 長距離走行モデル「エナクルSSシリーズ」を発売 / プレスリリース SANYO

050303sanyoeaby
image(pop up) & text : サンヨー、2005年3月3日より

" ◆商品の主な特長
1. 走行距離が1.4倍にアップ 「最大走行距離53km」
2. 走行中に発電し充電できる「ブレーキ充電システム」&「エコ充電モード」搭載で、 走行距離 「最大約 2倍」
3. 低床フレームで乗り降りしやすく、ローサドル設計でより幅広い身長の方に対応
..........
II.特長
 1.走行距離が1.4倍にアップ 「最大走行距離53km」

三洋独自の両輪駆動方式は、後輪がペダルでの人力による駆動、前輪がモーターで駆動する仕組みで、安定した乗り心地と自然なアシスト感を実現しています。 
 このたび、電動アシストユニットを一新することにより、1回充電当たりの走行距離を従来機種(当社エナクルSNシリーズ)に比べ、1.4倍に延長いたしました。実走行条件を模した三洋標準走行パターンでは、1回充電当たり「標準モード」で、約40kmの走行ができ、さらに、三洋独自の「ブレーキ充電システム」を使用した場合は1回充電当たりの距離を約53kmまで延ばすことができます。
 ニッケル水素電池の容量は従来と同じ2.8Ahですが、電圧を24Vから33.6Vに引き上げることで、実際に使用できる電力容量※を増加し、走行距離の延長を可能にしました。
 また、好評の「パワフルモード」も搭載し、登り坂や、重い荷物を積んだときでも、より軽快感のある走行が可能です。 "
050303-4
image(pop up ," 三洋パターン走行における当社従来品(CY-SN263D)との1回充電あたりの走行距離比較 ") :同プレスリリースより

コメント
 以前、電動アシスト自転車の購入を検討していたが、結局買わなかった。片道20分ぐらいの通勤時の歩行時間だったら、「貴重な運動の時間」と割り切ることにしたのだ。健康と財布のために正解だったのだが、その際各社の電動アシスト自転車のカタログを集めたのだが、サンヨーの”のったまま充電”という機能には、非常に興味があった。下り坂でブレーキをかけても充電できるのは、なんか”お得”そうだし、さらに平地で”通常走行域の時速12km以上ではモーターが自動的に発電機に切り替わり、こぐ力によって発電し、常時充電し続ける走行充電モード”というエコ充電モードを備えるという。うまく使うと、通勤、通学の上り下りの疲れを平準化することができる(?)、、、、(t_t)

|

« 雑誌「自休自足 / 春 Vol.09」 | トップページ | 愛・地球博に行ってきました:コッソリこんな凄いロボット作ってました——トヨタグループ館 / クリッピング ITmedea LifeStyle »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/3339893

この記事へのトラックバック一覧です: 発電する電動ハイブリッド自転車 長距離走行モデル「エナクルSSシリーズ」を発売 / プレスリリース SANYO:

» 【ご注意!!】アシスト車、実は原付き 中国製「自転車」の一部 [拾稔堂店長のこうかい?日誌]
【室蘭民報】電動アシスト自転車として通信販売などで売られている中国製品の一部が、運転免許が必要な原動機付き自転車に該当するとの調査結果を6日、国民生活センターが発表した。これを受けて警察庁もホームページで注意を呼びかけている。  問題が指摘されたのは、イン..... [続きを読む]

受信: 2005/04/08 18:04

« 雑誌「自休自足 / 春 Vol.09」 | トップページ | 愛・地球博に行ってきました:コッソリこんな凄いロボット作ってました——トヨタグループ館 / クリッピング ITmedea LifeStyle »