« イベント 4/14 ◆これで6%削減は達成できるか◆ - 京都議定書目標達成計画案を考える - (東京) | トップページ | 「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について / 意見募集 首相官邸 »

2005/03/31

1分間で充電可能な新型の充電式電池を開発 / プレスリリース 東芝

toshibanewbat_img2901
image & text : 東芝、 2005年3月29日より

" - キャパシタに匹敵する急速充電性能とリチウムイオン電池の高エネルギー密度を両立 -
 当社は、1分間で電池容量の80%まで充電することができるキャパシタ並みの急速充電性能と、リチウムイオン電池の特長である体積エネルギー密度の高さを併せ持つ、新型の充電式電池を開発しました。
..........
 新型電池は、急速の充放電を大容量で行なうことが可能なため、電力の回生用途にも適用することができます。電気を無駄にすることなく利用できるので、環境面での貢献も期待できます。当社では今後、電力・産業用途などへの応用に向けた製品開発を行ない、2006年中の製品化を目指していきます。
..........
新型充電式電池のおもな特長

1. キャパシタに匹敵する急速充電性能と高パワー密度を実現
..........
3. 充放電を繰り返しても性能劣化の少ない長寿命性能
 試作したラミネート型電池(厚さ3.8mm、高さ62mm、幅35mmサイズ、容量600mAh)で、急速充電サイクル評価(10Cレート充電、充電時間6分、放電深度100%)を実施したところ、1000サイクル後の容量低下はわずかに1%と、極めて優れたサイクル寿命性能を確認できました。 "

コメント
 急速充電でき、しかもサイクル寿命が信じられないくらいのデーターデーターです。10Cレート充電(電池容量(AH)の10倍の充電電流値で充電)で、それを100%の放電、つまり容量分すべて使って、1000サイクルでも1%劣化! すごいデーターに思えます。
 当初は、かなり高額な商品でしょうが、充電時間を考えると”かなり”普及する商品となりそうですね。
 この話題は、秋沙のココログ既知ログさんの記事で知りました。ここに関連記事へのリンクがクリップされています。

|

« イベント 4/14 ◆これで6%削減は達成できるか◆ - 京都議定書目標達成計画案を考える - (東京) | トップページ | 「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について / 意見募集 首相官邸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/3494129

この記事へのトラックバック一覧です: 1分間で充電可能な新型の充電式電池を開発 / プレスリリース 東芝:

« イベント 4/14 ◆これで6%削減は達成できるか◆ - 京都議定書目標達成計画案を考える - (東京) | トップページ | 「京都議定書目標達成計画(案)」に関する意見募集について / 意見募集 首相官邸 »