« イベント 2/17 日独交流セミナー『環境と健康にやさしい持続可能な建築と住まい−よりよい住まいの提案−』(近江八幡市) | トップページ | イベント 2/26 宇宙物理学者が語る! 我が家の新築奮闘記(京都市) »

2005/02/09

住宅分電盤用の『ネットワークコントロール付パワナビユニット』の技術開発について / プレスリリース 松下電工

0502matsushitabundenban
image(pop up) & text :松下電工 プレスリリース、2005.02.07より
" - 携帯電話やパソコンによる家電製品の遠隔操作機能が可能に。 オール電化住宅の利便性がさらに向上。 -
 松下電工株式会社(本社:大阪府門真市、社長:畑中浩一)と東京電力株式会社(本社:東京都千代田区 社長:勝俣恒久)は、このたび、共同開発した信号処理技術を採用することにより、昨年7月に松下電工が発売した「パワナビユニット」に、携帯電話やパソコンにより家電製品の運転・停止操作ができる「遠隔操作機能」を付加した『ネットワークコントロール付パワナビユニット』の技術を開発いたしました。
 「パワナビユニット」は、内蔵された電流センサーが電気の使いすぎを自動的に検知して音声でお知らせするとともに、電気の契約容量を超えて電気を使いすぎた場合には、JEM-A端子を装備している家電製品(エアコンや電気式床暖房など計4台まであらかじめ指定が可能)を自動的に停止させ、電気の使用量が減少すると、自動的に運転を再開させる「デマンドコントロール機能」を持った機器です。 "

0502matsushitabundenban_2
image(" 電気を使いすぎた場合、家電製品(エアコン、電気式床暖房など)を一時的に停止し、自動的に再運転  電気の契約容量を超えて電気を使いすぎた場合に、JEM-A端子を装備している家電製品(4台まであらかじめ指定が可能)を自動的に停止し、ブレーカの動作を未然に防止した後、一度自動的に停止した家電製品を再度お客さまがスイッチをいれることなく、自動的に運転を再開する機能を付加しました。"): 同プレスリリースより

コメント
 分電盤が進化している。今回のプレスリリースの分電盤は、オール電化住宅を意識した製品だ。要は、オール電化により分電盤の大容量化が進むが、契約料、電気代がかかってしまっては、”省エネ&コスト削減”のメリットが崩れる。そこで、負荷に順序を設け、使いすぎたら優先順位の低い負荷を切れるようにしましょうということだと思う。ユーザーにも、電力会社にもデメリットがでない形で、最大負荷容量を押し上げない工夫とみることができる。
 
 分電盤の進化は、他社などでも進んでいる。また、四国電力のオープンプラネットシステムのように電力量計まわりがサーバーになるという進化をとげつつあるシステムある。電力の需給を合理化することで、給電と省エネを両立させようというサービスだ。さらに、電線そのものが、通信線になる将来的な可能性もでてきている。これらと、IT家電、ITホームなどが省エネ、セキュリティを兼ね備えた新しいサービス開始されるのも時間の問題という感じになってきた。

|

« イベント 2/17 日独交流セミナー『環境と健康にやさしい持続可能な建築と住まい−よりよい住まいの提案−』(近江八幡市) | トップページ | イベント 2/26 宇宙物理学者が語る! 我が家の新築奮闘記(京都市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/2853702

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅分電盤用の『ネットワークコントロール付パワナビユニット』の技術開発について / プレスリリース 松下電工:

« イベント 2/17 日独交流セミナー『環境と健康にやさしい持続可能な建築と住まい−よりよい住まいの提案−』(近江八幡市) | トップページ | イベント 2/26 宇宙物理学者が語る! 我が家の新築奮闘記(京都市) »