« スズキ、新開発の燃料電池車で3台目の大臣認定を取得 / プレスリリース スズキ | トップページ | 「ソフトエネルギー」に関するお詫び »

2004/12/08

Environmental Ranking: Honda Greenest Automaker, GM Freefalls from Best of Big Three to Worst Overall /(車の環境ランキングでホンダがトップの評価を得た、、) プレスリリース Union of Concerned Sientists

" Washington - Honda increased its lead over its competitors in the biennial race for the title of greenest automaker, the Union of Concerned Scientists announced today at a Washington press conference as it presented leaders of Honda with the "2004 Greenest Automaker" award.
..........
Honda increased its overall lead by building vehicles that produce less than half the smog-forming pollutants of the industry average and 18 percent less heat-trapping emissions. Nissan took over second place by reducing global warming emissions per vehicle more than any other automakerムby about six percent since model year 2001. Toyota's slip into third place is a reflection of Nissan's pollution progress as well a lackadaisical effort from Toyota on smog. "
-----Union of Concerned Sientists,December 7, 2004

コメント

 自動車の大気汚染と温暖化ガスによる影響を少しでも軽減することが、環境問題を考える上で非常に重要だと、かなり前から指摘されてきた。そして、実際に経済的に仕事として成立するか不明な段階から技術と設備投資をしてきたのがトヨタ、ホンダといった日本の自動車産業だと思う。トヨタのプリウスに代表されるハイブリッドカーの開発とともにに、一般車の燃費向上、排気ガス対策への積極的な対応が、今回の賞の評価のすべてだ。' 技術=環境 'という21世紀の中心となる概念(のぞむべくば、、、)を、' 利潤=環境へと産業として発展させつつある企業の先進性は高く評価されていいと思う。
 今回のUCS Automaker Rankingsを発表した「Union of Concerned Sientists」というグループは、車、バイオテクノロジー、森林資源、食料、種の保存、ミサイル防衛構想、原子力エネルギー、核兵器、再生可能エネルギーなどのテーマに取り組み、分析、提言を行い、より具体的な環境問題へのアプローチを示し続けている。
 
関連情報
Automaker Rankings 2004: The Environmental Performance of Car Companies-----analysis,Union of Concerned Sientists

関連記事
・" The emissions performance of Honda was ranked the best for the third consecutive time and the Union of Concerned Scientists said its researchers found it builds vehicles that produce less than half the pollution of the industry average, when it comes to smog-forming emissions."-----Honda gets the 'greenest' award' (ホンダがもっとも環境に配慮した車作り賞を受賞!)/ クリッピング CHINAdaily,December 8, 2004

おまけ情報
・中国の東風本田汽車CR−Vが2005年度「汽車族」誌中国カー・オブ・ザ・イヤーSUV大賞を受賞 / プレスリリース ホンダ
"  Hondaと東風汽車公司の中国における四輪車生産・販売合弁会社、東風本田汽車(武漢)有限公司(以下東風本田)で生産・販売しているCR-Vが、「汽車族」誌中国「2005 カー・オブ・ザ・イヤー」のSUV大賞を受賞した。 "
-----ホンダ、2004年12月6日

|

« スズキ、新開発の燃料電池車で3台目の大臣認定を取得 / プレスリリース スズキ | トップページ | 「ソフトエネルギー」に関するお詫び »

コメント

Automakers file suit against Calif.-----CBS MarketWatch,Dec. 7, 2004

投稿: 関連(?)記事 | 2004/12/08 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/2190892

この記事へのトラックバック一覧です: Environmental Ranking: Honda Greenest Automaker, GM Freefalls from Best of Big Three to Worst Overall /(車の環境ランキングでホンダがトップの評価を得た、、) プレスリリース Union of Concerned Sientists:

« スズキ、新開発の燃料電池車で3台目の大臣認定を取得 / プレスリリース スズキ | トップページ | 「ソフトエネルギー」に関するお詫び »