« イベント12/6-7 エコデザイン2004ジャパンシンポジウム | トップページ | チップ集合型高性能真空断熱材 「Chip-Vacua」を開発 /プレスリリース 松下電器 »

2004/11/18

家庭用水素供給システム「HES II」の実験稼働をニューヨーク州で開始 /プレスリリース ホンダ

" Hondaは水素燃料供給とコージェネレーション機能を合わせ持ったホーム・エネルギー・ステーション(以下HES)の第二世代モデル「HES II」の実験稼働を米国プラグパワー社と共同で開始した。また、米国北東部において、氷点下での始動を可能にした「Honda FC STACK」を搭載した「FCX」の公道走行テストも9月より開始しており、寒冷地での車両と水素供給システムのテストを通じて、将来の燃料電池普及時代に備えたより統合的な研究が進むこととなる。
.........
<ホーム・エネルギー・ステーション(HES II)概要>
所在地 : ニューヨーク州 Latham
システム構成 : 改質器、燃料電池、精製器、コンプレッサー、高圧水素タンク
水素製造能力 : 最大 2Nm3/h
水素貯蔵容量 : 132L
発電能力 : 4kW以上"
-----ホンダ プレスリリース、2004年11月17日より
honda_zu_4041117.gif
image: <HES II構成概念図>同プレスリリースより

関連プレスリリース

「Honda FC STACK」搭載の「FCX」をニューヨーク州に販売-----ホンダ プレスリリース、2004年11月17日

|

« イベント12/6-7 エコデザイン2004ジャパンシンポジウム | トップページ | チップ集合型高性能真空断熱材 「Chip-Vacua」を開発 /プレスリリース 松下電器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/1989815

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭用水素供給システム「HES II」の実験稼働をニューヨーク州で開始 /プレスリリース ホンダ:

« イベント12/6-7 エコデザイン2004ジャパンシンポジウム | トップページ | チップ集合型高性能真空断熱材 「Chip-Vacua」を開発 /プレスリリース 松下電器 »