« イラク関連の緊急声明文 | トップページ | イラクでのNGOメンバーらの人質事件に関するリンク »

2004/04/11

イラクでのNGOメンバー拘束について

 今朝早朝、24時間以内の三人の開放が犯人グループから、報道機関を通じて告げられた。
 実際に開放され、また元気に、"慎重に"活動ができる状態になることを祈っています。

 
 さて、当しな研は、技術や手仕事、ボディワークというテーマで活動を再開しようとしていた。その表現の手段としてblogを使ってみようと考えて、数日でこの事件が起こった。
 当初のテーマとは関係ないが、何かをしなければ、今何かをしなければ、、、何ができるだろうかと、さまざまな情報を集めた。昨晩は、仕事のあとで東京・原宿駅前の署名活動をとにかく見に行った。9時ごろついて、20分ぐらい話しを聞いて、知りあいに招かれるまま、アピールのポスターを掲げて、署名を呼びかけた。街頭でのこうしたアピールに参加するのは、年に数回あるかないかだが、原宿の動きは、どこか新鮮だった。署名も200名近く集まったそうだ。
 中には、通りすがりにアピールに参加し、積極的に参加する人もいたり、歩き去ろうとしながら、また思い直し、署名をしていく若者の姿もあった。他には、渋谷、新宿など都内数カ所で同じように、さまざまな団体、個人が活動をしていたようだ。昼からの国会周辺でのアピールには、300人ぐらいがあつまったそうだ。
 
 携帯から画像を送ってみたりもしたが、

トピックスfrom携帯


 不慣れなこともあり、数枚しか送れなかった。(他の人からももらった写真が、自分の携帯では添付できずに、使えなかったり、有る程度の習熟が求められそうだ。)
 さらに、長野、宮崎と遠く離れた友人から、現地でもいろいろな活動が行われているとメールが入った。それらを全部リアルタイムに、画像、コメント程度にまとめられる、しくみとトレーニングが必要だという話しもでた。
 アメリカでは、blogやホームページなどを活用して市民運動が活発に行われているという。トラックバックなどを利用して、データーベース的な使い方ができる点が新しいらしい。
 
 さて、本日も昼から国会前に集まるということだった。この事件の推移もみながら、日曜活動家(?)
としての下積をしましょう。
 それにしても、新しい展開です。いろいろな意味で、betterな一日になることを天と地へのつながりの中で、意念します。
 
 しなやかな技術研究会 t_t

|

« イラク関連の緊急声明文 | トップページ | イラクでのNGOメンバーらの人質事件に関するリンク »

コメント

ピースオンでは、イラクで誘拐された家族と協議し、あらたなアクションを起こした。各方面に働きかけを行っている。
 したのホームページをごらんください。
http://npopeaceon.org/

投稿: t_t | 2004/04/11 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラクでのNGOメンバー拘束について:

« イラク関連の緊急声明文 | トップページ | イラクでのNGOメンバーらの人質事件に関するリンク »