2011/01/06

環境省、2009年度温室効果ガス排出量の速報値を公開。景気後退により2年連続の減少

 環境省は、昨年末に2009年度温室効果ガス排出量の速報値を公開しました。2009年度の温室効果ガスの総排出量の速報値は、12億900万トン。京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、4.1%の減少となり、2008年度の総排出量と比べると、産業部門をはじめとする各部門の二酸化炭素排出量が減少したことなどにより、5.7%の減少となっています。主に景気後退による影響により、2008年に続き2年連続の減少となっています。
 単純に考えると基準年比6%減の目標値に近づきつつあるのが、なんとも皮肉な結果です。積極的な施策・政策ではなく、景気後退を原因との分析では、国民生活の未来は見えてきません。それを垣間見る、みせる努力がなんとしても2011年には見たいと思います。

プレスリリース / 環境省、平成22年12月27日
2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について

2009gwgashaisyuturyou
-----image : 「我が国の温暖化効果ガス排出量」、同リリース添付資料より

" 今般、2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。
 2009年度の温室効果ガスの総排出量(速報値(注1))は、12億900万トンでした。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、4.1%の減少となっています(注2)。
 2008年度の総排出量と比べると、産業部門をはじめとする各部門の二酸化炭素排出量が減少したことなどにより、5.7%減少しています。
 2008年度と比べて2009年度の排出量が減少した原因としては、2008年10月に発生した金融危機の影響による景気後退に伴う産業部門をはじめとする各部門のエネルギー需要の減少が2009年度も続いたこと、原子力発電所の設備利用率の上昇等に伴い電力排出原単位が改善したことなどが挙げられます。

(注1)
速報値の算定について……温室効果ガスの排出量は各種統計の年報値等に基づいて算定されますが、現段階では2009年度の年報値は公表されていないものがあります。そこで、2009年度の年報値が公表されていないものについては、2008年度の年報値等を代用しています。このため、今般とりまとめた速報値と2011年4月に報告予定の確定値との間には誤差が生じる可能性があります。
(注2)
京都議定書目標との関係について……4.1%減少という数値は森林吸収源対策や京都メカニズムからのクレジットを含むものではないため、この数値と、我が国の削減目標であるマイナス6%とを直接対比することはできません。
添付資料
2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について[PDF 751KB]
2009年度(平成21年度)の温室効果ガス排出量(速報値)<概要>[PDF 279KB]
”【2008年度からのエネルギー起源二酸化炭素の増減の内訳】
○ 産業部門(工場等):3,310万トン(7.9%)減
・ 景気後退による生産量の減少に伴い製造業等からの排出量が減少。
○ 運輸部門(自動車・船舶等):590万トン(2.5%)減
・ 貨物輸送量の減少により貨物自動車/トラックからの排出量が減少。
○ 業務その他部門(商業・サービス・事業所等):1,540万トン(6.6%)減
・ 電力排出原単位の改善による電力消費に伴う排出量及び石油製品(重油等)の消
費減少に伴う排出量が減少。
○ 家庭部門:930万トン(5.5%)減
・ 電力排出原単位の改善による電力消費に伴う排出量が減少。
○ エネルギー転換部門(発電所等):50万トン(0.7%)増”----上記添付資料より
.......... "

関連
温暖化ガス排出量(速報値)、京都議定書の基準年から初の減少-----ECO JAPAN,2011年1月5日

2009年度のCO2排出量、景気悪化で2年連続の減少-----ECO JAPAN,2010年11月10日

気象庁、WMO温室効果ガス年報の概要・和訳を公開。世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値-----ソフトエネルギー、2010/11/26

コメント続き

続きを読む "環境省、2009年度温室効果ガス排出量の速報値を公開。景気後退により2年連続の減少"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/28

暑い夏、変化の激しく大きな気候の変動を体験。2010年の日本と世界の平均気温を気象庁が総括

 2010年、みなさんはどんな経験を積まれたのでしょうか? 私はなによりも暑かった夏の記憶が多いです。たくさん汗をかいて、苦労しながら仕事をしました。
 さて、しな研も明日が大掃除で、お休みに入ります。今年最後のエントリー、何を記そうか考えました。ここは、正月休み中のおだやかな天気を祈願する意味でも、、、やはり気象庁さんの発表から話題をひろわせていただきます。

 世界的にみても暑かったのですね。2010年の日本の年平均気温の平年差は+0.85℃で、1898年以降では4番目タイの高い値となったようです。幸い全般的に日本の水瓶は比較的安定していたので、水不足を心配しないでよかったのがありがたかったです。これで水不足が重なれば深刻さが増してしまいます。

 さて、2011年。どんな”天気”となりますか! 

プレスリリース / 気象庁、平成22年12月21日
2010年(平成22年)の世界と日本の年平均気温について(速報)

Jma2010japantemp
-----image(”日本の年平均気温の平年差の経年変化(1898~2010 年)”) : 同リリース「平成22(2010)年の世界と日本の年平均気温について(速報)[PDF形式: 約220KB]」より

" 概要
 2010年の世界の年平均気温の平年差は+0.36℃で、1891年以降では、第2位の高い値となる見込みです。
 2010年の日本の年平均気温の平年差は+0.85℃で、第4位(タイ)の高い値となる見込みです。

本文
世界の年平均気温
 2010年の世界の年平均気温(陸域における地表付近の気温と海面水温の平均)の平年差*1(1月~11月のデータに基づく速報値)は+0.36℃で、1891年以降では1998年に次いで、2番目に高い値となる見込みです。世界の年平均気温は、長期的には100年あたり0.68℃の割合で上昇しており、特に1990年代半ば以降は高温となる年が多くなっています。地域的にみると、インド洋や大西洋で全体に気温が高く、陸上においても、中央アジアなどを除く多くの地域で、平年より気温が高くなっています。
 なお、陸域のみの年平均気温の平年差(速報値)は+0.68℃で、1891年以降では第1位の高い値となる見込みです。

日本の年平均気温
 2010年の日本の年平均気温の平年差*1(1月~11月のデータに基づく速報値)は+0.85℃で、1898年以降では4番目(タイ)の高い値となる見込みです。日本の年平均気温は、長期的には100年あたり1.15℃の割合で上昇しており、特に1990年代以降、高温となる年が頻出しています。

平均気温の変動の要因
 近年、世界と日本で高温となる年が頻出している要因としては、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加に伴う地球温暖化の影響に、数年~数十年程度の時間規模で繰り返される自然変動が重なったものと考えられます。今年の平均気温が高くなった要因としては、これらに加えて、昨年夏から今年春まで持続したエルニーニョ現象が影響しているためと考えられます。


 2010年の年平均気温の確定値は、2011年2月初めに公表します。また、世界及び日本の年平均気温、月平均気温は気象庁ホームページにて随時更新・掲載しています(http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/index.html)。

*1 平均気温の平年差は平均気温から平年値を差し引いた値です。平年値としては、1971~2000年の30年平均値を使用しています。

.......... "

関連
2010年(平成22年)の世界と日本の年平均気温について(速報)-----気象庁、平成22年12月21日

2010年(平成22年)の日本の天候(速報)-----気象庁、平成22年12月21日

2010 in the top three warmest years, 2001-2010 warmest 10-year period-----WMO,3 December
Compare_datasets_1
-----image : WMO : 17 December 2010 関連記事より

Near record temperatures in 2010 to be followed by cooler 2011-----MET Office(UK),2 December 2010

参考エントリー
気象庁、WMO温室効果ガス年報の概要・和訳を公開。世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値-----しなやかな技術研究会、2010/11/26

コメント続き

続きを読む "暑い夏、変化の激しく大きな気候の変動を体験。2010年の日本と世界の平均気温を気象庁が総括"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

電動バイク ベクトリックス Vectrix 、COP16のメキシコのカンクンにもたちより、80日間世界一周ゼロエミレース完走へ

 日本でも販売されている世界初の100%電動の大型スクーター ベクトリックス Vectrix が世界一周の旅を快調に続けています。Team Vectrixのドイツ人カップルのお二人が参加している80日間世界一周のゼロエミッションレース Zero Emissions Raceは、先週COP16が開催されていたメキシコカンクンに無事到着しています。同じくカンクンに寄港したソーラープラネットのほうは、大きく報じられましたが、ゼロエミッションレースのほうはあまり報道が多くとりあげていないようです。

Zero Emissions Race Blog / Day 71: Baca, Yucatan to Cancun, Quintana Roo (December 6, 2010)

 走行の様子が知りたくてようやく、探し当てたのは、以下の画像です。おそらくメキシコだと思います。

01295

(tourdirektor,2010年12月03日)

 現在、ゼロエミレースを走っているのは、ゼロトレーサー ZerotracerとTREV、そしてベクトリックス Vectrixの三台です。このままゴールすれば、いずれも世界一周をなしとげた電気車両として名を刻みそうです。

ゼロエミッションレース Zero Emissions Race、先進の電動カーとバイクによる80日間世界一周30000kmの旅がスタート-----しなやかな技術研究会、2010/08/17

 ゼロエミレースは、まもなく最終ランを残すのみとなりました。素晴らしい業績です。世界に電動車両のタフさをアピールしました。

 チーム Vectrixのサイトです。

Team Vectrix

Teamvectrix
-----image : 上記サイト
- facebook : Team Vectrix

 さて、電動スクーターVictrixのモデルVX-1が日本でも販売されています。Victrixについて、もう少し見ていきます。
 ベクトリックスジャパンの資料によると、

" VX-1
寸法・重量
軸距(mm) 1,524
シート高(mm) 775
車両重量(kg) 232
乗車定員(人) 2

モーター
種類 DCブラシレス
最大出力(kW [PS]) 21 [28]
最大連続出力(kW [PS]) 3.8 [5]
最大トルク(Nm [kgm]) 65 [6.6]
最大連続トルク(Nm [kgm]) 22 [2.2]

駆動用バッテリー
種類 ニッケル水素電池
電圧(V) 125
容量(kWh) 3.7
..........
最高速度 (km/h) 100
加速 0-50km/h (秒) 3.6
0-80km/h (秒) 6.8
航続距離 48km/h定地走行 (km) 88
72km/h定地走行 (km) 72
80km/h定地走行 (km) 56
充電時間 2.5時間 (80%充電)
放電サイクル 約1700回
バッテリー寿命 10年間 / 80,000km
充電器(本体に搭載) AC100V-200V (50/60Hz)対応 "

 車両価格は、1,080,000円(消費税込、掲載時価格)。なかなかのスペックです。日本の二輪メーカーの動きが遅いので、国内で電動バイクの情報はそれほど多くありません。しかし、Vectrix以外にも驚くほどの性能、そして種類の電動バイクが世界で活躍、実績を積み始めています。

ベクトリックスジャパン (ホワイトハウス) / News

Vectrixjapansite
-----image : 同サイト

関連
Vectrix US

新車試乗記 第594回 ベクトリックス VX-1 Vectrix VX-1-----MOTOR DAYS,2010年05月01日

UNEP : ZERO Race / HOLA FROM MEXICO!!!! by Dr. Julianna Priskin 12/16/2010

二人乗り電動バイク ゼロトレーサー Zerotracer、80日間世界一周ゼロエミレースで、ebike素晴らしい走りを披露-----しなやかな技術研究会、2010/09/14

ゼロエミッションレース Zero Emissions Race、先進の電動カーとバイクによる80日間世界一周30000kmの旅 2-----自然エネルギー、2010/08/23

ゼロエミッションレース Zero Emissions Race、先進の電動カーとバイクによる80日間世界一周30000kmの旅がスタート-----しなやかな技術研究会、2010/08/17

Hesketh社がHZE-Vectrixなどの電動バイク市場に参入-----しなやかな技術研究会、2010/02/22

参考
Vectrix VX-1 Test Drive

(poolstudio1,2010年06月03日)

コメント続き

続きを読む "電動バイク ベクトリックス Vectrix 、COP16のメキシコのカンクンにもたちより、80日間世界一周ゼロエミレース完走へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/10

プラネットソーラー PLANETSOLAR、COP16開催中のメキシコ、カンクンに到着

 12月9日に世界最大のソーラー船、プラネットソーラー号 PLANETSOLARはCOP16開催中のメキシコ、カンクンに到着したということです。世界の人が集まり、気候変動問題に関しての国際的な枠組み作りについてのぎりぎりの交渉が続く現場に到着したソーラー船に注目は集まるでしょうか。

世界最大のソーラー船が寄港 COP16のカンクン-----MSN産経ニュース、2010.12.9

 太陽電池駆動のプラネットソーラー号 PLANETSOLAR は、9月27日にモナコ港出航し5万キロの世界一周の度を開始しました。11月16日にはバージン諸島の西600km付近を航行し、マイアミに到着しました。そのあとメキシコのカンクンに向かったようです。11月22日に、出発からそれまでの航行の様子が久しぶりに公開されました。

Minute PlanetSolar - 22 novembre 2010

(planetsolar,2010年11月24日)

関連
PlanetSolar - First Around The World With Solar Energy
/ LOGBOOK
/ FOLLOW THE BOAT
Planetsolarcop16mexicocancun
-----image : 上記サイト(Google Map)

Twitter : PlanetSolarTeam

World's 'largest solar-powered boat' to circumvent globe-----USATODAY.com,Nov 22, 2010

BARCELONA_TRAILER.mp4

続きを読む "プラネットソーラー PLANETSOLAR、COP16開催中のメキシコ、カンクンに到着"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/08

UNEP、共同制作の南北極地調査のドキュメンタリー映画 The Polar Explorer をCOP16で上映

 国連環境計画(UNEP)は、ドキュメンタリーフィルム制作会社のPolar Cap Productionsと共同制作の南極調査のドキュメンタリー映画 The Polar Explorer をCOP16で上映すると発表しました。極地の氷、海氷と気候変動の関連は長年関心をもって観察され、日本でも来年南極観測にPANSYレーダーが加わり研究が進みます。この映画は、撮影クルーが、南極はイギリスと北極はカナダの観測チームに同行し、両極地における最新の科学的発見を撮影したものだということです。両極の調査の様子が見られる貴重な映像のようです。

Official COP16 Trailer

(polarcapproductions,2010年10月04日)

プレスリリース / United Nations Environment Programme (UNEP),
UNEP partners with film company for climate change conference

" Cancun - The United Nations Environment Programme (UNEP) and Polar Cap Productions, Inc. (PCP) are pleased to announce the COP16 screenings of Mark Terry's new climate change documentary The Polar Explorer

Renewing their partnership first made for the presentation of PCP's film The Antarctica Challenge: A Global Warning for COP15 in Copenhagen last year, the UNEP and PCP have once again joined forces to present The Polar Explorer at this year's conference to be held here November 29 to December 10, 2010.

Screenings will take place at the Cancunmesse Exhibition Centre and other venues in Cancun throughout the conference. A special two-and-a-half-minute trailer created for the COP16 screenings has been created and can be seen on the UNEP website as well as on its YouTube channel.
..........
The documentary reports on new scientific discoveries made at both poles - the Arctic and the Antarctic. Expeditions made by the British Antarctic Survey and ArcticNet were filmed in October and November this year to provide the most current findings.
.......... "

関連
The Polar Explorer
Polarexploresite-----image : 上記サイト

Polar Cap Productions

国連環境計画、映画会社と共同で、メキシコでの気候変動条約会議COP16に向け気候変動を取り上げた極地のドキュメンタリー映画を制作-----EICニュース、 2010.11.07

ThePolarExplorer_FootageTeaser.mov

続きを読む "UNEP、共同制作の南北極地調査のドキュメンタリー映画 The Polar Explorer をCOP16で上映"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/29

COP16開幕。世界資源研究所 WRI、COP16 メキシコ-カンクンに向けての技術移転交渉の進展と今後の見通しを発表

 世界資源研究所 WRIは、本日から会議が始まる国連気候変動枠組条約交渉COP16における、2009年のCOP15以降のの技術移転の仕組みに関わる進展と、2010年カンクン会議(COP16)に向けた課題の分析結果を発表しました。

ファイル:COP16の議長案提示-----毎日.jp,2010年11月26日

" 議長案は2050年までの世界全体の排出削減目標や途上国への技術移転など5章33ページで構成。COP16では京都議定書に定めのない13年以降の温暖化対策を話し合う。 "

プレスリリース / World Resources Institute,November 19, 2010
From Copenhagen to Cancun: Technology Transfer

関連
World Resources Institute : COP-16 Cancun - International Climate Policy

世界資源研究所、国連気候変動枠組条約における技術移転交渉の進展と今後の課題を分析-----環境展望台、2010.11.19

Q&A: Cancun COP16 climate talks-----guardian.co.uk,Friday 8 October 2010

COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト-----しなやかな技術研究会、2010/11/22

 メキシコのカンクンに参加するNGOのメンバーが先週末より続々と現地入りしています。いよいよ2010年の気候変動に関する国際的な枠組合意のための会議が始まります。WRIのサイトで、まずはどんなことが課題になっているのか、おさらいしました。適応策森林管理とREDD国際金融など基本的な課題やキーワードに関してざっと調べてみることで、重要な会議の論点が見えてきました。

 記事では、日経関連が充実していますね。

外務省 : 森林保全と気候変動に関する閣僚級会合(結果概要)

REDD(森林減少と森林劣化による排出の削減)-----bp special ECOマネジメント、2008年2月25日

CSRでイニシアティブを握る欧州のしたたかな戦略-----ECO JAPAN、2010年11月25日

 毎日のニュースやSNSなどをチェックしながら、経過に注目していきたいと思います。

関連
The unfccc-ipcc-cop Daily -----World Resources Inst-http://paper.li/

・Twitter : worldresources

続きを読む "COP16開幕。世界資源研究所 WRI、COP16 メキシコ-カンクンに向けての技術移転交渉の進展と今後の見通しを発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/26

気象庁、WMO温室効果ガス年報の概要・和訳を公開。世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値

 世界気象機関(WMO)の全世界規模の温暖化効果ガス観測網に参加する気象庁は、2009年の温暖化効果ガスの観測データーをまとめた温室効果ガス年報(Bulletin No. 6: November 2010)の概要および和訳を公開しました。

 全球大気監視(GAW)計画の観測ネットワークで得られた観測データによると、10 年近く増加していなかったメタンが 2007 年から 2009 年にかけて世界的に増加していること。このメタンを含む、二酸化炭素、一酸化二窒素の2009年の世界年平均濃度が、統計を開始した1983年以降の最高値を記録したことを発表しました。二酸化炭素 386.8ppm、メタン 1803ppb、一酸化二窒素 322.5ppbに達し、これらの濃度は、工業化以前(1750年以前)の値より、それぞれ38%、158%、19%高いということです。

 この結果は、11月29日-12月10日の日程で開催される、メキシコのカンクンのCOP16でも報告されるということです。

 メタンが急激に増えた理由の可能性としてこの報告書があげているのが、有機炭素を含む永久凍土からのめたんの発生です。有機炭素を含む永久凍土は、メタンクラスレートとともに、北極地域に存在する大きな炭素貯蔵庫であり、これらは気候の変化による影響を受けやすいということです。急速に温暖化が進んでいる北極地域は、このような炭素貯蔵庫から大気に多量のメタンが発生する可能性があるということです。

 " メタンは強力な温室効果ガスでもあり、同量の二酸化炭素の21倍の温室効果をもたらすとされている。[Wikipedia] "

 上のような温暖化効果ガスとしてのメタンの増加が非常に気になるところです。

プレスリリース / 気象庁、平成22年11月24日
世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値 

" WMO温室効果ガス年報第6号の発行
概要
世界気象機関(WMO)と気象庁などが世界の大気中の温室効果ガス濃度を解析した結果が、11月24日に温室効果ガス年報第6号として発表されました。それによると、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素の2009年の世界平均濃度は過去最高となりました。

本文
 気象庁は、世界気象機関(WMO)の温室効果ガス世界資料センター(World Data Centre for Greenhouse Gases: WDCGG)を運営しており、世界中で観測された温室効果ガスの観測データを収集・解析しています。今般、当庁および世界の温室効果ガス専門家の協力により、2009年12月までの世界の温室効果ガス観測データの解析が取りまとめられ、その結果が、WMOから11月24日に温室効果ガス年報(Greenhouse Gas Bulletin)第6号として発表されました。

 今回発表された年報によると、大気中の主要な温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)、メタン(CH4)及び一酸化二窒素(N2O)の2009年における世界平均濃度は、過去最高値を記録したことが分かりました。このうち近年増加傾向が頭打ちになっていたメタンは、2007年以降3年連続で高い伸びとなりましたが、メタンが最近増加している原因は十分には分かっておらず、今後の見通しははっきりしないとしています。また、二酸化炭素も近年よりは増加量がわずかに小さいものの依然として増加が続いています。

 本年報は、気候変動枠組条約第16回締約国会議(COP16)(11月29日~12月10日、メキシコ・カンクン)で配布される予定です。

 WMO温室効果ガス年報は、以下のURLにてご覧になれます。

WMO/GAW(英語、フランス語など):http://www.wmo.int/pages/prog/arep/gaw/ghg/GHGbulletin.html
WDCGG(英文、和訳):http://gaw.kishou.go.jp/wdcgg/jp/products/bulletin_j.html
気象庁(和訳):http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/infohp/wdcgg/wdcgg_bulletin.html

Wmo_co2_2009reportjp

-----image : 「WMO温室効果ガス年報 温室効果ガ ス年報 (気象庁訳)2009年12月までの世界の観測結果に基づく大気中の温室効果ガスの状況」より
.......... "

関連
WMO Greenhouse Gas Bulletin

Wmo_co2_2009report
-----image : 「Bulletin No. 6: November 2010」カバー

Greenhouse gas concentrations reach scary record levels in 2009-----Greenfudge.org,2010/11/25

コメント続き

続きを読む "気象庁、WMO温室効果ガス年報の概要・和訳を公開。世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト

 メキシコのカンクンでCOP16(第16回国連気候変動枠組条約締約国会議 United Nations Climate Change -Conference Conferences of the Parties) が11月29日-12月10日の日程で開催されます。

Mexico_cancun_cop16
-----image : Google Map-Mexico Cancun-----Google Images (!)より

 振り返ってみれば、COP15の時は、昨年のはじめに下のエントリーをアップ、さらに今年よりも情熱をもって情報を集めていました。

Countdown To Copenhagen COP15 コペンハーゲンへの道 / おすすめサイト-----しなやかな技術研究会、2009/01/09

 それが今年のCOP16に関しては、情報収集は続けてはいるが、それを見つめる目に力がこもらない。最大の原因は、政治、社会、個人的な関心の推移などいろいろあるのだが、最大の原因は、このことが自分の生活に密接なことがらとは思えないという深刻な原因があります。とはいえ、このカンクンへの道も2010年、2020年とみていくなかでは、重要な一里塚(まだかよ、、、)かもしれない。

 ただ、環境省のホームページには、この段階でCOP16に関する情報がほとんどあがっていないのは、国としては大問題です。世界政治の中では、決して無風どころではないこの問題には可能なかぎり鼓舞してでも関心をもって、状況を見ていきたいと思います。(経済産業省のサイトには検索すると結構情報があります)

 今回もTwitterでCOP15移行のニュースなどのクリッピングを行っています。Twilogでみることができます。今後は、国内の関係団体などの情報や意見なども拾っていきます。

Twilog -@greenpost) : #cop16の検索結果-----日本語情報のみ(#cop16ja)

 ではCOP16関連のブックマーク集

関連
UN Climate Change-Cancun, Mexico COP16 | CMP6
 / COP16 | CMP6 : Webcast - Twitter : UNFCCCwebcast

Cop16site
-----image : 上記サイト
- Twitter : COP16

United Nations Framework Convention on Climate Change
- Twitter : UN_ClimateTalks
/ Conference Programme | COP 16 / CMP 6
/ Global map - Annex I

Unfccglobal_map_2-----image : 上記サイト「Global map - Annex I」より
[MEMO : http://unfccc.int/files/ghg_emissions_data
/application/pdf/jpn_ghg_profile.pdf]

YouTube : climateconference
-UNFCCC Press briefing, 15 November 2010

(climateconference,2010年11月15日) 

Green Solutions @COP16
" 13:00 - 19:00 December 6 & 7 10:00 - 19:00December 810:00 - 17:00 "
- Twitter : greensolcop16

WMO : WMO at UN Climate Change Conference

The unfccc-ipcc-cop Daily-----World Resources Inst(paper.li/)

その他(随時加えていきます。)
[ Twitter : #cop16 ]

[ Twilog GreenPost: COP16 ]

[ Twilog GreenPost: #cop16ja ]-グリーン・ポストのCOP16関連の日本語記事のクリッピング集


COP16開幕。世界資源研究所 WRI、COP16 メキシコ-カンクンに向けての技術移転交渉の進展と今後の見通しを発表-----しなやかな技術研究会、2010/11/29

気象庁、WMO温室効果ガス年報の概要・和訳を公開。世界の主要温室効果ガス濃度は過去最高値-----しなやかな技術研究会、2010/11/26

経済産業省 / 平成22年11月17日 COP16に向けて(pdf)
MEMO : [http://www.meti.go.jp/committee/
summary/0004672/008_04_00.pdf]

「「京都議定書単純延長」の議論について」を発表しました-----気候ネットワーク、2010年11月16日

毎日フォーラム : 道のり遠いポスト京都の枠組みづくり メキシコでCOP16が開催されるが……-----毎日jp、2010年11月19日



参考エントリー

続きを読む "COP16 メキシコ、カンクンへの道 / おすすめサイト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

イベント 10/26 平成22年度農研機構九州沖縄農業研究センターシンポジウム 「地球温暖化と向き合う農業生産技術」(福岡)

-----イベント案内より-----要事前登録(9/30締切)

" 【1.開催趣旨】
 近年、地球温暖化によると考えられる気温の上昇やその他の異常気象が頻発している中で、温暖化に伴う農業生産の低下が現実のものとなってきています。農畜生産物の収量や品質の低下は農家の経営に対して打撃を与えるにとどまらず、我が国の食料自給率戦略に対しても影響を及ぼすことが危惧されています。
 九州沖縄農業研究センターの暖地温暖化研究チ-ムは、稲栽培、畜産(乳牛、肉牛、豚)および農業気象の各分野の研究者より構成され、我が国の温暖化の最前線である西日本地域において、温暖化に起因する稲や家畜の生産低下のメカニズム解明と生産低下防止技術の開発に関する試験研究を実施しています。
 本シンポジウムでは、地球温暖化の姿と温暖化が水稲および家畜に与える影響とその適応技術について、最新の知見の紹介や当該チ-ム等の研究成果の発表および討議を行い、ひろく情報を共有することを目的として開催いたします。

【2.開催日時】 平成22年10月26日(火)13:30~17:00
【3.開催場所】 アクロス福岡 円形ホール
(〒810-0001 福岡市中央区天神1丁目1-1)
TEL:略)
主  催:(独)農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター
【4.日程の概要】
1)開会挨拶
2)講演会
基調講演 「温暖化が日本に及ぼす影響」 肱岡靖明(国立環境研)
パネルディスカッション1  家畜生産と温暖化 座長:田中正仁(農研機構 九州研)
パネルディスカッション2  米生産と温暖化 座長:森田敏(農研機構 九州研)
3)総合討論 温暖化が農業生産に及ぼす影響と対策技術の展望
4)閉会の挨拶 農研機構 九州沖縄農業研究センター研究管理監
【5.参集範囲】
九州・沖縄各県の試験研究機関、行政機関、普及機関、九州農政局、沖縄総合事務局、家畜改良センター、大学、独立行政法人農業・食品産業技術研究機構研究機関、生産者および消費者等
(補足)
 シンポジウムの主な話題は「温暖化予測の現状、および、水稲や畜産など農業生産が温暖化に対応するための技術開発の現状と今後の展望」になる予定です。
 このシンポジウムはどなたでも参加できます。当日参加も可能ですが準備の都合などもありますので、下記に従い事前に参加申し込みをしていただければ幸いです。

【6.参加申し込み】
右側のファイルをご利用下さい
申込先
〒861-1192 熊本県合志市須屋2421
農研機構 九州沖縄農業研究センター 以下略
..........申込期限:9月30日までにメ-ルかFAXでお申し込みください。
.......... "

 詳細、お問い合わせは、イベント案内をご覧ください。

続きを読む "イベント 10/26 平成22年度農研機構九州沖縄農業研究センターシンポジウム 「地球温暖化と向き合う農業生産技術」(福岡)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

空撮の魔術師、航空写真家ヤン・アルテュス・ベルトラン Yann Arthus-Bertrand の世界 - HOME ほか

 あなたは、昨年の世界環境デーに公開された航空写真家ヤン・アルテュス・ベルトラン Yann Arthus-Bertrand さんのHOMEをご覧になられただろうか? 1時間半の空撮ドキュメンタリーは、YouTubeで今も公開されています。ご覧になっていない方は、ぜひどうぞ。

HOME (English with subtitles)-----YouTube : homeproject,2009/06/03
Hometitle
-----image : 「HOME」より

 昨日、IPCCのホームページに資料を取りにいき、なにげに一枚の美しい航空写真をクリックした、するとYannArthusBertrand2.org - Fonds d'ecran gratuits a telecharger -Download Free Wallpaper of the Earth From Aboveの頁に飛んでいた、なんと同氏撮影の”フリーの壁紙”のサイトでした。ここには、当然のごとく日本の美しい景色のセットも収められていました。

YannArthusBertrand2.org

Yannarthusbertrand2org
-----image : 上記サイト

 最近、原油流出事故などのクリッピングで破壊され汚されている世界を見ることが多かったこのところの気分を一気に晴らし、いい意味で頭を呆けさせてくれると思って見たのですが、、、、。
 見たあとの感想はまったくことなるものでした。
 鮮烈なイメージは、強く、強く深い感情と意識をかきたてるものでした。

関連
YANN ARTHUS-BERTRAND.ORG

GoodPlanet Foundation

エコ・ドキュメンタリー大作「HOME」、世界環境デーに世界一斉公開-----AFP BB News,2009年06月06日

コメント続き

続きを読む "空撮の魔術師、航空写真家ヤン・アルテュス・ベルトラン Yann Arthus-Bertrand の世界 - HOME ほか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000a_bookmark | 000COP15への道 | 000COP16への道 | 000Naver まとめ | 000top | 000おすすめエントリー | 000ネタの種 | 000田舎暮らし・移住 | 000運用用(公開) | 001クリッピング | 0021エコツーリズム | 0022エコグッズ | 002b生物多様性 | 002エコロジー | 002s 海・海洋 | 003アート&クラフト | 004eu気候変動&Energy / 海外情報 | 004地球温暖化、気候変動、京都議定書 | 0051建材 | 0052省エネ | 0053エネルギーマネージメント/EMS,HEM | 0058パーマカルチャー/農的暮らし | 005オートノマス&エコハウス | 005ランドスケープデザイン&ハウジングプラニング | 006食文化、作物 | 007ボディワーク | 008ムーブメント | 009オルターナティブ・メディア | 053省資源 | 100自然エネルギー & Soft Energy | 101自然エネルギー関連/周辺機器 | 102aその他のエネルギー/メタンハイドレード | 102bその他のエネルギー/バイオマス | 102cその他のエネルギー/石炭 | 102gその他のエネルギー/ガス | 102h2その他のエネルギー/水素 | 102hその他のエネルギー/人力_ | 102oその他のエネルギー/石油 | 102uその他のエネルギー/原子力 | 103コジェネレーションシステム | 104水素/燃料電池など | 105蓄電技術 | 200適正技術 | 300電力/電気製品 | 301照明/電気製品 | 305電力/grid、マイクログリッド | 901一般家庭における技術 | 902産業用の技術 | 903*bエコバス | 903*eエコ働く機械 | 903*e電気自動車 | 903*tエコトレイン | 903*エコ船 | 903a*エコ飛行機 | 903b*自転車 | 903c*エコカー | 903dbエコバイク | 903移動、輸送の技術 | 905観測、測定、分析技術 | [PR]グリーン・ポストからのご案内 | AP対応 | ecology2004-1 | ecology2004-2 | ecology2006-1 | Gas : LNG,UNG,Hydrates | targeted Back Casting 20** | YouTubeでみる適正技術 | おしらせ | おすすめサイト | その他のエネルギー/h2水素 | イベント2006/1- | イベント2007/1- | イベント2008/1- | イベント2009/1- | イベント2010/1- | イベント2011/1- | イベント2012/1- | イベント情報2004 | イベント情報2005 | インターネット / IT | ウェブログ・ココログ関連 | エネルギー | ニュース | プレスリリース | 今日の図版 | 図版(非公開) | 地図 | 心と体 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記的なもの | 書籍・雑誌 | 極省エネでそこそこ豊か | 気象情報 / 国内 | 気象情報/海外 | 災害-地震 | 災害-核汚染 | 災害情報 / 国内 | 災害情報/海外 | 環境汚染 | 資料 | 資源 水 | 資源 金属 | 音楽