カテゴリー「ニュース」の9件の記事

2013/05/07

ソーラーインパルス Solar Impulse、アメリカ合衆国フライト No.1 - 2013 Across America

 スイスのソーラー飛行機であるソーラーインパルス Solar Impulseは、カリフォルニアからニューヨークまでの大陸横断飛行に5月4日旅立ちました。現在は、第一レグのカリフォルニア州のMoffett Airfield (Mountain View)飛行場 - アリゾナ州のSky Harbor International Airport (Phoenix) のフライトを終え、アリゾナ州フェニックスのスカイハーバー国際飛行場に駐機中です。


 この第一レグの飛行の模様は、下のツィートのアドレスで見ることができます。

 この第一レグの離陸の模様の動画が公開されました。

Across America 2013: Take off Moffett Airfield

(SolarImpulseChannel、2013/05/03)

飛行の模様の動画です。

Solar Impulse - AcrossAmerica - 1rst leg Moffett to Phoenix

(TechnologicVehicles,2013/05/21)


イベント5/4- ソーラーインパルス Solar Impulse、アメリカ大陸横断飛行計画 2013 Across America-----ソフトエネルギー、2013/03/11


 ソーラーインパルスのYouTubeチャンネルでは、このアメリカ大陸横断飛行計画 2013 Across Americaの前に実施された、ゴールデンゲートブリッジでのフライトの様子が公開されています。すばらしい景色です。夢のような景色が広がります。

Across America 2013: Golden Gate Flight

(SolarImpulseChannel、2013/04/25)

 このあとソーラーインパルス Solar Impulseは、テキサス州ダラスのFort Worth International Airportへの第二レグの飛行を行うべく準備中です。

関連
Twitter : solarimpulse

参考エントリー
ソーラーインパルス Solar Impulse 関連エントリー / おまとめサイト-----自然エネルギー(2011/05/15より情報更新中)

ソーラーインパルス Solar Impulse HB-SIB  再生可能エネルギー豆知識


おすすめエントリー
ロッキード・マーティン Lockheed Martin、中国で10MW海洋温度差発電プラント建設へ-----ソフトエネルギー、2013/05/07

続きを読む "ソーラーインパルス Solar Impulse、アメリカ合衆国フライト No.1 - 2013 Across America"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/16

15日、総合資源エネルギー調査会総合部会。原子力回帰の色濃く、、、

 経済産業省は15日、総合資源エネルギー調査会総合部会を開いた。安倍政権は、「2030年代に原発稼働ゼロ」という前政権の方針を白紙にし、原発反対の意見をもつ委員を減らし、”安全が確認された原子力発電所”の再稼動など、原子力発電への回帰を色濃くだした形での、中長期のエネルギー政策の年内とりまとめを目指す。

 無能な民主党の展望なきエネルギー政策の消滅は、いたしかたない。ただ、3.11を経験し、それに対応した”実績”は評価しなくてはならない。それ以前の自民党のエネルギー政策の結果生まれた、原子力発電への根拠なき偏重政策と、コスト重視の結果地震・津波対策を怠り、福島第一原子力発電所の苛酷事故を引き起こした責任は、当然現自民党政権にも多大なものがあります。

 ところが、今回始まったエネルギー政策の議論では、原発回帰への道を固めようとする意図が色濃い。
 エネルギー政策の地固めのためには、それぞれの政権の枠を超えて、次代の国民のエネルギーに関する議論を行う必要があり、まずは事実からはじめなければならないのです。

 今回、新たに第二次安倍政権における、初めてのエネルギー政策の議論が開始されました。この総合資源エネルギー調査会総合部会の議論に注目します。

 すでに、アリバイ作りのようにひっそりと、意見の募集も開始されています。


・資源エネルギー庁 : 総合部会について

" 委員名簿

○委員会の開催
平成25年3月15日 第1回  議事要旨  議事録  配付資料
”総合資源エネルギー調査会総合部会 (第1回会合 平成25年3月15日(金))

■配付資料
配付資料一覧・議事次第
基本問題委員会委員名簿
座席表
資料1 「会議の公開について(案)」(事務局提出資料)
資料2 「エネルギー基本計画について」(事務局提出資料)
資料3 「エネルギー政策を巡る最近の動き」(事務局提出資料)
資料4 「エネルギー政策の変遷と最近のエネルギー情勢」(事務局提出資料)
資料5  「主な論点」(事務局提出資料)
資料6  「総合資源エネルギー調査会総合部会電力需給検証小委員会の設置について」(事務局提出資料)
資料7  「新しいエネルギー基本計画の策定に向けた意見募集について」(事務局提出資料)
参考資料1-1 「我が国のエネルギー情勢①」(事務局提出資料)
参考資料1-2 「我が国のエネルギー情勢②」(事務局提出資料)
参考資料1-3 「我が国のエネルギー情勢③」(事務局提出資料)
参考資料1-4 「我が国のエネルギー情勢④」(事務局提出資料)
参考資料2 「電力システム改革専門委員会報告書」(事務局提出資料)
参考資料3 「関西電力株式会社及び九州電力株式会社の供給約款変更認可申請に係る査定方針案」(事務局提出資料)
参考資料4  「基本問題委員会の議論の経緯」(事務局提出資料)”

【参考】 新しいエネルギー基本計画に向けた意見募集

募集要領
国民の皆様から寄せられたご意見
......... "

- Ustream : 総合資源エネルギー調査会総合部会(第1回会合) (119:14)


関連
経済産業省 : 総合資源エネルギー調査会総合部会

”新たな”? エネルギー政策の議論の場 経産省、総合資源エネルギー調査会の総合部会のメンバーを発表-----自然エネルギー、2013/03/04

民主党、エネルギー政策の見直しの見直し、議論の場「総合部会」が具体的に-----自然エネルギー、2013/02/21




おすすめエントリー
週刊GreenPost 64号 しなやかな技術研究会

続きを読む "15日、総合資源エネルギー調査会総合部会。原子力回帰の色濃く、、、"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/15

温暖化国連作業部会が閉幕 たたき台作成も交渉進展なく / クリッピング NIKKEI NET

温暖化国連作業部会が閉幕 たたき台作成も交渉進展なく-----NIKKEI NET,2009/8/15


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

中国が、スマートグリッドに動く!


China’s Smart Grid Ambitions Could Open Door to US-China Cooperation
-----New Energy and Environment Digest 新能源与环保参考,June 5, 2009

" China’s largest electric transmission company has announced an ambitious plan to develop a national smart grid by 2020 that would help utilities and their customers transport and use energy more efficiently. "

 中国がスマートグリッドに動いている。風力発電などの再生可能エネルギーに投資を増やす一方で、広大な国に張り巡らされようとしている電力網に関しては、前々から地域のEMSやマイクログリッドの研究を行ってきています。これまでは、ヨーロッパの技術の導入を検討していたようですが、ここにきて米の関連企業との関係の強化にも動いています。世界の電力産業が、発電、送電、給電のあらゆる事業で大きな変革に向けて動きだす時期にきているようです。

Just Say No to NIMBY, says U.S. Chamber of Commerce... China To Invest Heavily in Smart Grid... Spanish Company Patents Grid Management Technology-----Smart Grid News,Jun 2, 2009

China gets smart on power supply-----Shanghaidaily,2009-6-1

China to announce massive smart meter & grid project-----Smart Meters,01 June 2009

Cutting the Cost of Smart Grid in China-----Greentech Grid,May 28, 2009

"Smart" Energy Management for China's Transmission Grid-----Renewable Energy World,2008/11/13

China: The Next Big Smart Grid Revolution-----Smart Grid News,Aug 1, 2007

 ところで、世界の電力関連企業がこぞって取り組むスマートグリッド。世界では、かなり大規模な実験が行われていたり、されようとしています。しかし、あまり日本の企業が顔を出さないのは、不可思議な状況です。
 日本の企業も参入を発表している電力の発電から、送電、給電までの総効率化と制御。寡占状態にある日本の電力会社にとっては、それほどの魅力がなかったということかもしれませんが、見える化と制御により、巨大な市場が生まれようとしているということは事実のようです。

 問題は、これらの技術が、地域分散型の小規模な発電源としての再生可能、地域エネルギーの振興に良い影響があるように進んでいくことになるのかということだと思います。日本型のスマートグリッドがどんな形になるのか、まったく形にならないのか? じっくりと見ていきたいと思います。中国、韓国が動けば、電気自動車などと組み合わさって、アジアでも無視できない技術となることは間違いなさそうです。(t_t)

参考動画
US - China Clean Energy Forum: charting a path toward cooperation and a greener world-----YouTube : CleanEnergyForum,2009年04月03日

GE Smart Grid Technology

(geimaginationatwork,2009年02月12日)


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/29

風力や太陽光発電の売上高、15年度に2000億円 日立が目標 / クリッピング NIKKEI NET

風力や太陽光発電の売上高、15年度に2000億円 日立が目標-----NIKKEI NET,2009/5/28

" 日立製作所は28日、風力や太陽光発電など新エネルギー分野の売上高を、グループ全体で2015年度に2000億円とする目標を発表した。 "

 三洋電機を手に入れた東芝に続き、太陽電池メーカーとの新たな関係が話題になっていた日立が動きました。基幹のエネルギー関連の技術をもつこうした企業の新たな参入で、太陽光発電業界の地図も変化していきそうです。(t_t)


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/27

ADR:続伸、中国の太陽光発電関連銘柄が大幅高 / クリッピング NIKKEI NET

ADR:続伸、中国の太陽光発電関連銘柄が大幅高-----NIKKEI NET,2009/3/29

" この発表によると、50キロワット以上のプロジェクトを対象に、1ワット当たり20元(2.93ドル)の補助金を支給するという。 "

コメント
 50kWpのシステムで、1700万円以上の補助金! 日本でもこの規模だと設置コストは3000万円前後だから、半分補助に相当します。(t_t)


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

[ブックマークのインデックス]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/23

豪 地熱発電「原発10基分」 タタ、CLP 中印マネーが後押し / クリッピング FujiSankei Business i. Bloomberg

豪 地熱発電「原発10基分」 タタ、CLP 中印マネーが後押し-----FujiSankei Business i. Bloomberg ,2009/2/20

 オーストアリアで地熱発電への開発・投資が活発化しそうです。

関連
Geoscience Australia : Geothermal Energy project

参考動画
DESERTEC-Australia: Australia-Clean Energy Superpower by 2050

(rogertaylor1111,2009年01月10日)

 地熱発電、国内でも注目が集まってきました。太平洋火山帯の話題になると、日本は列島がすべてその上という話になります。

国立公園でも地熱発電=開発加速へ法改正も-経産省-----時事ドットコム、2009/01/05

USGS : Active Volcanoes and Plate Tectonics,
"Hot Spots" and the "Ring of Fire"

Pacific Ring of Fire

 世界の活発な火山などの活動を有する国々では、連携する動きが始まっています。

関連エントリー
United States, Australia, and Iceland to Promote Geothermal Energy / プレスリリース DOE EERE(アメリカ、オーストラリア、アイスランドの地熱開発協力を推進)-----ソフトエネルギー、2008/09/01

Wikipedia : 動き出すのか? 日本の地熱発電-----ソフトエネルギー、2009/02/17

-----ソフトエネルギー カテゴリー : 温泉、地熱、地中熱-----

=地熱=


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

続きを読む "豪 地熱発電「原発10基分」 タタ、CLP 中印マネーが後押し / クリッピング FujiSankei Business i. Bloomberg"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

社説:09年、チェンジ 日本版「緑のニューディール」を 環境の先導で成長を図れ / クリッピング 毎日jp

[ Green New Deal ]
[ グリーン ニュー ディール ]
[ グリーン ジョブ ]

社説:09年、チェンジ 日本版「緑のニューディール」を 環境の先導で成長を図れ-----毎日jp,2009年1月1日

" .....米国のオバマ次期大統領は環境投資をパッケージにした「グリーン・ニューディール」をオバマノミクス(オバマ大統領の経済政策)の柱のひとつとする考えという。..... "

参考記事
Government puts faith in Korea’s New Deal -----JoongAng Daily,January 01, 2009

" .....
A photovoltaic power plant in Sinan, South Jeolla, is representative of the renewable energy that the government will pour 111.5 trillion won into over the next 20 years.

As part of the IT/Energy New Deal, energy-efficient LED illumination will become more commonplace.
..... "

関連エントリー
The Green New Deal グリーン・ニューディール、グリーン・ジョブのゆくえ-----ソフトエネルギー、2008/12/12

-----Google GreenPostサイト横断検索 : Green New Deal-----


[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/12

自然エネルギーの展示は、セカンドライフが充実。COP14の再生可能エネルギー展はバーチャルが盛況?

 まもなく、終了するCOP14。現地では、風力発電などのシステムでなかなか興味深いシステムが紹介されたようです。
 そちらの話題は、来週あたりソフトエネルギーのほうに掲載できるかと思います。
 ポーランドで開催されているCOP14における再生可能エネルギーの展示などの情報を集めていたら、こんなビデオクリップを見つけました。

UN COP14 Poznan in Second Life 2008 by Servicetek (Blackfish Koba) v1

(Bodeha,2008年11月30日)

 COP14のロゴをいただくエコロジカルな展示場ができあがっています。(セカンドライフ、使っていないので、みにはいけないのですが、、、)利用している人で実際にこの島に行ける人がいたら、是非様子を教えてください。
Poznincop14youtube1
-----image : 上記クリップより

 なかなかの労作のようです。

 さて、ポーランドのPoznanで開催されているCOP14。その2週間の日程もすでになかば、世界の耳目がこの重要な会議に集まるなかで、現在のところ、それぞれの立場の主張を見ると、なんらかの進展をみるには、それぞれの立場の妥協と他国への理解が必要になるのだが、、、、

温暖化対策の基金、新興国が設立要求 COP14-----NIKKEI NET,2007/12/7

新興国も温暖化ガス排出抑制義務を 日本提案、中印は反発-----NIKKEI NET,2007/12/5

 新興国といわれる、中国、インドなどの国が削減策を取ると低予算で大きな成果をあげられるが、これらの国が発展を優先するならば、総量は決して減ることがない。なんらかの基金を先進国が拠出しても、無駄銭となる。世界全体の総量の規制につながらない策は無策に等しい、、、、。この交渉は、来年のCOP15で、京都議定書以降の温暖化効果ガス削減のための国際的な新たな枠組み合意にいたることができるかという重要な会議における前哨戦的にとらえることもできる。となると、のこり半分のCOP14の会議でどのような方向性がでるのか、、、大事な局面です。

 とはいえ政治は、われわれの生活にも責任がある。国際的な調整と国民生活のヴィジョンの折り合いも非常に大切だ。国民のエネルギー、食料、生活にさまざまな暗雲がたちこめる中で、日本を含めた先進国に余裕はない。もちろん、中国、インド、、、そしてアフリカ、南米、アジア諸国、それぞれが厳しい状況になりつつあるかなで、気候変動をめぐる話し合いもその重要度の質がかわりつつあるように見えます。


 現実のCOP14の自然エネルギー関連の展示会は、以下のURLに情報があります。

Econcern Sustainable Energy Event website

関連エントリー
COP14、本格的な協議始まる。それぞれの立場の主張が、、、日本は化石賞を受賞-----GreenPost -Heuristic Life -,2008/12/4

COP14の開催に合わせて再生可能エネルギーの展示やプレゼンが行われているというポーランドのポズニン-----自然エネルギー、2008/12/02

COP14 気候変動枠組み条約第14回締約国会議がはじまった-----しなやかな技術研究会、2008/12/01

12月のポーランド、COP14にむけての日本案-----しなやかな技術研究会、2008/10/2



-----しなやかな技術研究会のタイムライン3

[しなやかな技術研究会のタイムライン2: 2007/10/8-2008/7/11]

[しなやかな技術研究会のタイムライン1 : 2007/2/26-2007/10/9]-----


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ-----太陽電池、風力発電、水力発電など自然エネルギー関連機器&設計なら! PR] [PR自然エネルギー関連機器情報サイトPR]

続きを読む "自然エネルギーの展示は、セカンドライフが充実。COP14の再生可能エネルギー展はバーチャルが盛況?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

#politicsjp | #renewjapan | #再稼動 | 000 | 000iPhoneから | 000おまとめサイト | 000ビデオクリップ紹介 | 000ブックマーク | 000メモ | 000後門の狼 | 000積研 | 001d-自然エネルギー資料 国内 | 001f-自然エネルギー資料 海外 | 001自然災害 | 003 Google Eerth/ マップ | 003地図情報 | [PR]グリーン・ポストからのご案内 | BM | BMひらがな | BMアルファベット | COP15 | FIT フィード・イン・タリフ | test | theme001そのヴィジョン | top | twitterから | Ustreamから | YouTubeから | おすすめサイト | お気に入り動画2007 | アイスランド | アジア | アメリカ | イギリス | イベント情報 | ウェブログ・ココログ関連 | エコカー+電気自動車 | エコシップ | エコシティ | エコトレイン | エコハウス | エコバイク | エコ建築 | エコ船 | エコ飛行機 | エネルギー-原子力 | エネルギー/ガス | エネルギー/化石燃料 | エネルギー/水素 | エネルギー/石油 | エネルギーマネージメント | エネルギー政策 国内 | エネルギー関連情報 | オランダ | オーストラリア | カナダ | クリッピング | グリーン・ジョブ Green Jobs | グルメ・クッキング | ゲーム | シンガポール | スウェーデン | スコットランド | スペイン | スポーツ | スマートグリッド、マイクログリッド | タイ王国 | デジカメ観天望気 | デンマーク | トルコ | ドイツ | ナショジオ | ニュージーランド | ニュース | ノルウェー | バイオマス 国内情報 | バイオマス 海外情報 | バイオ燃料 | バイオ燃料-藻、緑藻 | パソコン・インターネット | フランス | ブックマーク | ベルギー | モグロブ | モルディブ | 中国 | 今日のキーワード | 住まい・インテリア | 北極・南極/極地 | 原子力-国内情報 | 原子力-海外情報 | 地中熱 国内情報 | 地熱 国内情報 | 地熱 海外情報 | 地熱発電 国内情報 | 太陽光発電-海外情報 | 太陽光発電 国内情報 | 太陽熱発電-国内情報 | 太陽熱発電-海外情報 | 太陽電池-国内 | 太陽電池-海外 | 安全保障 | 小水力発電 / 国内情報 | 小水力発電 国内情報 | 小水力発電 海外情報 | 心と体 | 情報メモ | 政治・経済 | 文化・芸術 | 旅 冒険 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 本の紹介-積読 | 本の紹介-資料 | 核汚染-DoseRAE2 | 核汚染/放射線・放射能 | 気になる技術 | 気候変動 | 気候変動、温暖化 | 海洋エネルギー-国内情報 | 海洋エネルギー-海外情報 | 特集-Solar Decathlon Europe | 環境技術 グリーンテック | 環境汚染 | 環境汚染-海洋 | 省エネ-海外情報 | 経済・政治・国際 | 美容・コスメ | 自然エネルギーの世界 | 自然エネルギー情報-海外 | 自然エネルギー情報 国内 | 自然災害-台風、ハリケーン | 自然災害-台風情報2011 | 自然災害-地震 | 自然災害-津波 | 自然災害-火山 | 自然現象、気候の話題 | 芸能・アイドル | 蓄電 蓄電池 | 蓄電技術 海外 | 蓄電技術 国内 | 資料-地熱 | 資料-電力 | 資料-風力 | 資源-食料 | 趣味 | 電力市場 | 韓国 | 風力発電 国内情報 | 風力発電 海外情報