« 意外にアクセス数がのびていた”まとめ”は、 | トップページ | 2016年の再生可能エネルギーの固定価格買取制度はどこに向かうのか? »

2016/02/17

Eydon kettle model DS(The STORM Kettle) (”ケリーケトル”)

Stove

 私がもっているのは、イギリス製のキャンプ用の"バイオマスストーブ" Eydon kettle model DS。 http://www.eydonkettle.com/the_storm_kettle.php
 残念ながら、当の製造元のサイトでは、すでに販売されていないようです。ただ、市場には、同じ仕様のブラックモデルというのがでています。
DS Storm Kettle, Black £49.00
http://woodsmithexperience.co.uk/shop/product/ds-storm-kettle-black/


 使い方は、ケリーケトルで日本では知られている真中にチムニーをもつ二重のヤカンと同じ、下に焚口と焚き場を兼ねたボールを置き、ケトル部分をのせ、小枝などに火をつけるだけです。
燃料は、本来の小枝や松ぼっくりなどの木質燃料と固形燃料、さらには私のお気に入りのトランギアのアルコールバーナーとの組み合わせ。200ccのアルコールを携行すれば、一泊二日、無理をすれば二泊三日のソロキャンプを支えてくれます。そして、もし旅が長くなった時も、小枝でお湯ができます。この安心感はいいですよ。
 トランギアのアルコールバーナーは、50ccのアルコールが入るようです。これで500cc×2回分のお湯ができます。今年は、活躍してくれそうなバーナーです。
 他に、ガスバーナー、灯油とガソリンバーナーを持っていますが、静けさを楽しめるこれがお気に入りです。

T22
 

関連

Trangia_b
-----image : トランギアストームクッカーの公式サイトから

これが、南伊豆などでのグランピング用にほしいケリーケトル!
ケリーケトル スカウト1.2 L ステンレス(コルクキャップ付き)-----ケリーケトルジャパン

"..販売価格: 10,260円(税込).."

|

« 意外にアクセス数がのびていた”まとめ”は、 | トップページ | 2016年の再生可能エネルギーの固定価格買取制度はどこに向かうのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/63226894

この記事へのトラックバック一覧です: Eydon kettle model DS(The STORM Kettle) (”ケリーケトル”):

« 意外にアクセス数がのびていた”まとめ”は、 | トップページ | 2016年の再生可能エネルギーの固定価格買取制度はどこに向かうのか? »