« 日本地熱協会が設立されました - 地熱発電所の建設促進を目指した業界団体 | トップページ | 2030年には、再生可能エネルギーは現在の3倍の規模。エネルギーの6%を担う規模になる - BP Energy Outlook 2030 »

2013/02/14

三菱商事、オランダの洋上風力発電に現地企業と提携し参入

 三菱商事は、オランダの洋上風力発電に現地企業と提携し参入したと発表しました。該当の洋上風力発電所の名前は、ルフタダウネン洋上風力発電所で、規模は43基の3MW機による129MWです。

 ルフタダウネン洋上風力発電所はノルドバイク市の沖合23キロに位置し、東京ディズニーランドの5倍の敷地面積(約25km2)に展開、2015年からの稼働が予定されています。オランダの15万世帯の電力を賄う規模となるということです。

 機種は海外のリリースによると、Vestas ヴェスタスのV112-3.0MW だということです。下に同機種の姿を見ることができるビデオクリップを紹介しておきました。


プレスリリース / 三菱商事、2013年1月22日
オランダ洋上風力発電における協業/欧州での長期的な戦略提携

0000018319_01
-----image : 同リリースより-----
0000018319_02

"オランダ公営の総合エネルギー事業会社であるEneco社(以下、Eneco)と三菱商事株式会社(以下、三菱商事)は、欧州の洋上風力発電事業分野で戦略的提携を行うことに致しました。また、Enecoがオランダ沖合に建設予定のLuchterduinen(ルフタダウネン)洋上風力発電所の持分の50%を、三菱商事がEnecoより取得し、建設・運転を、両社共同で行うことに合意致しました。

ルフタダウネン洋上風力発電所はノルドバイク市の沖合23キロに位置し、東京ディズニーランドの5倍の敷地面積(約25km2)に40本を超す風車を2015年から稼働させる予定です。出力は約13万kWであり、オランダの15万世帯の電力を賄う規模となります。

また、両社は現在Enecoが保有・操業中のプリンセス・アマリア洋上風力発電所(在オランダ、12万kW)での協業や、Enecoが業務用の電気自動車を導入する際に三菱商事が側面支援をする事も検討しております。これらの取り組みを通じ、両社はエネルギー安定供給、持続可能なエネルギーの確保、環境負荷の低減を目指すオランダに貢献して参ります。

Enecoは、豊富な洋上風力発電事業の実績を持っており、企業目標として「すべてのみなさまに持続可能なエネルギーを!」を掲げております。高い環境意識を共有する三菱商事との欧州洋上風力分野における戦略的提携を通じて、環境・資源のサステイナビリティに重点を置いた事業運営・エネルギー供給を今後も一層推進して参ります。

三菱商事は、Enecoとの戦略的提携により、今回初めて本格的な洋上風力発電事業に進出することとなります。中期経営計画2012でインフラ・地球環境事業を全社戦略分野と掲げており、Enecoとの洋上風力発電分野における長期的な戦略提携を踏まえながら、引き続き、再生可能エネルギー事業への取り組みを強化して参ります。
..........
・ルフタダウネン洋上風力発電所の概要
(1)所在地:オランダノルドバイク市沖合23キロ地点
(2)発電容量:13万kW(3MWの風車40本強)
(3)完工予定時期:2015年8月
(4)総事業費:400~450億円程度

・プリンセス・アマリア洋上風量発電所の概要
(1)所在地:オランダアイマイデン市沖合23キロ地点
(2)発電容量:12万kW(2MWの風車60本)
(3)完工時期:2008年7月
(4)総事業費:約380億円

・Eneco概要:
(1)本社所在地:オランダロッテルダム
(2)設立:1995年
(3)事業内容:電力・ガス・熱併給の総合エネルギー事業
(4)売上高:5,007百万ユーロ(2011年実績、連結ベース)
(5)従業員数:7,000人(2011年末時点)
.......... "

関連
Eneco selects Dutch contractors for new wind farm at North Sea-----Eneco,8 June 2012

"..........
It has been decided that Eneco Luchterduinen Wind Farm will consist of 43 identical Vestas V112 wind turbines. The tender for two innovative turbines exceeding 4 MegaWatt did not result in any viable alternatives. Furthermore, Eneco has informed the Ministry of Economic Affairs, Agriculture and Innovation that it withdraws its request for European subsidy (NER300) for seven innovative 6 MegaWatt turbines. The long period before it is decided whether or not this subsidy will be granted forms an obstacle for the development of the new wind farm.
The construction of Eneco Luchterduinen will start in July 2014 and the wind farm will be operational after the summer of 2015, when it will supply sustainable energy for approximately 135,000 households.
.......... "

Vestas : V112-3.0 MW

4coffshore.com : Eneco Luchterduinen


参考
Vestas V112-3.0 MW wind turbine shipped to Macarthur project in Australia

(Vestas,2011/10/15)

初出
週刊GreenPost 57号 2013/1/21-25日版 しなやかな技術研究会 P.3


コメント続き
 昨年の夏過ぎから三菱重工のVestas ヴェスタスへの資本参加や、時には買収という話がなんどとなく話題になってきました。中国の企業もヴェスタスには強い関心を示していたことから、さまざまな観測記事も流れていました。ちょうど昨日こんな記事が目に付きましたのでご紹介します。まだ、息の長い検討が行われているということのようです。

ANALYSIS: Mitsubishi in no rush for Vestas-----Recharge,February 11 2013


おすすめエントリー
週刊GreenPost 60号 2013/2/12-15日版 しなやかな技術研究会

人口1400人の小さな島のエネルギー自立。トケラウ Tokelauの英断-----再生可能エネルギー GreenPost、2013-02-13





グリーンポストのTwitter 最新タイムラインなう

greenpost(@greenpost) - Twilog-----greenpost on Twitter

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。-----しなやかな技術研究会 まとめ


[PR]

|

« 日本地熱協会が設立されました - 地熱発電所の建設促進を目指した業界団体 | トップページ | 2030年には、再生可能エネルギーは現在の3倍の規模。エネルギーの6%を担う規模になる - BP Energy Outlook 2030 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三菱商事、オランダの洋上風力発電に現地企業と提携し参入:

« 日本地熱協会が設立されました - 地熱発電所の建設促進を目指した業界団体 | トップページ | 2030年には、再生可能エネルギーは現在の3倍の規模。エネルギーの6%を担う規模になる - BP Energy Outlook 2030 »