« 商工中金、再生可能エネルギー推進支援貸付を創設。参入事業者を支援 | トップページ | 民主党「脱原発を考える会」、脱原発ロードマップ第一次提言を発表 »

2012/06/26

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが太陽光発電がいよいよグリッドパリティに近づいていることを示すリポート「RESEARCH PAPER SHINES LIGHT ON COMPETITIVENESS OF SOLAR PV POWER」を発表

 日刊温暖化新聞に、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが太陽光発電がいよいよグリッドパリティに近づいていることを示すリポート「RESEARCH PAPER SHINES LIGHT ON COMPETITIVENESS OF SOLAR PV POWER」の紹介記事を5/30日に掲載しました。

報告書:太陽光発電の競争力、一般の認識よりもずっと従来電力に近づく-----日刊温暖化新聞、2012年05月30日

" 英国、ロンドン発―調査会社ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスは5月16日、太陽光発電の競争力は不足しているという一般的な認識は誤りであり過去のものだとする調査報告書を発表した。
......... "

 オリジナルのリリースは以下です。自然エネルギーの再評価につながるリポートです。

 ちょっと詳しく読んでいないのですが、面白そうなリポートなので、時間を作って読むつもりです。ざっとながめた感じですと、まっとうにやると、太陽光発電はかなり有望なオンサイト発電であり、かつ系統の安定化にも寄与できる可能性があるということです。もっと評価されていい太陽電池。そして、固定価格買取制度の元で、離陸しようとする日本の太陽光発電。慎重に、そして大胆に2020年の早い段階で、全電力の5%ぐらいの目標で動いてほしいと考えています。

プレスリリース / Bloomberg New Energy Finance,16 May 2012
Research paper shines light on competitiveness of solar PV power

" New working paper argues that common perceptions about the lack of competitiveness of solar photovoltaic power are misleading and out-of-date

London and New York, 16 May 2012. Power generated from solar photovoltaic (PV) panels is much closer to competitiveness with conventional electricity generation than many policy-makers and commentators have realised, according to a new working paper on the subject, released by research company Bloomberg New Energy Finance today.

The paper, Reconsidering the Economics of Photovoltaic Power, looks at the implications of the sharpest falls in the prices of PV technology in recent memory. Average PV module prices have fallen by nearly 75% in the past three years, to the point where solar power is now competitive with daytime retail power prices in a number of countries. It also examines the metrics generally used to measure the economics of solar power against alternative power generating technologies, and finds they are often inadequate, and may introduce bias against the deployment of PV technology.

The authors' aim is to inform policy-makers, utility decision-makers, investors and advisory services, in particular in high-growth developing countries, as they weigh the suite of power generation options available to them. The paper is being submitted for publication in the peer-reviewed literature.
Among the conclusions of the paper are:

• The shift in prices of solar technology carries major implications for policy and investment decision-makers, especially when it comes to the choice of generating technology and the design of tariff, fiscal and other support policies.
• Many observers and decision-makers have yet to catch up with the improvements in the economics of solar power that have resulted from recent PV technology cost and price reductions.
• Recent reductions in PV prices are likely to be sustainable. While overcapacity has caused severe pain for manufacturers, the price falls are primarily a reflection of reductions in manufacturing costs, not solely a reflection of stock liquidation and other short-run factors.
• Commonly used estimates for PV power's competitiveness - including the concept of "grid parity" - are often misleading, given the complex realities of the electricity system.

The paper was written by 10 authors with exceptional insight into the economics of solar power. They are Morgan Bazilian and Ijeoma Onyemi of the United Nations Industrial Development Organization; Michael Liebreich and Jenny Chase of Bloomberg New Energy Finance; Ian MacGill of the University of New South Wales; Jigar Shah of KMR Infrastructure; Dolf Gielen of the International Renewable Energy Agency, IITC; Doug Arent of the Joint Institute for Strategic Energy Analysis; Doug Landfear of AGL Energy; and Shi Zhengrong of Suntech Power Holdings.

The report can be found here: http://www.bnef.com/WhitePapers/download/82
......... "

Residential_pv_price_parity2012bloo
-----image : RESEARCH PAPER SHINES LIGHT ON COMPETITIVENESS OF SOLAR PV POWER(A4,p.19)


参考エントリー
産業技術総合研究所、民間企業31社と「高信頼性太陽電池モジュール開発・評価コンソーシアム」を設立-----ソフトエネルギー、2009/10/27

米国の太陽光発電、2015年にグリッド・パリティへ / クリッピング EE Times Japan-----ソフトエネルギー、2009/08/12

固定価格買い取り制度 FIT(Feed-in tariff) 再生可能エネルギーまめ知識(Naverまとめ利用)


おすすめエントリー
GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/6/24-26日版

JR九州、メガソーラー事業に参入。宮崎県の都城駅北側に2MWpの大規模太陽光発電所を建設-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/06/25

サンフランシスコ自転車音楽祭 Bicycle Music Festival 2012 楽しそうです!-----しなやかな技術研究会、2012/06/26

Rio+20 国連持続可能な開発会議(リオ+20)が閉幕しました-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/6/24

日立アプライアンス、100W電球相当の明るさをもつ101 [lm/W]のLED電球を発売-----しなやなか技術研究会、2012/06/22




2012 - 6月のクリッピング

クリッピング 2012


グリーンポストのTwitter 最新タイムラインなう

greenpost(@greenpost) - Twilog-----greenpost on Twitter

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。-----しなやかな技術研究会 まとめ


[PR]

|

« 商工中金、再生可能エネルギー推進支援貸付を創設。参入事業者を支援 | トップページ | 民主党「脱原発を考える会」、脱原発ロードマップ第一次提言を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/54873708

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスが太陽光発電がいよいよグリッドパリティに近づいていることを示すリポート「RESEARCH PAPER SHINES LIGHT ON COMPETITIVENESS OF SOLAR PV POWER」を発表:

« 商工中金、再生可能エネルギー推進支援貸付を創設。参入事業者を支援 | トップページ | 民主党「脱原発を考える会」、脱原発ロードマップ第一次提言を発表 »