« 2010年02月11日のつぶやき | トップページ | 2010年02月12日のつぶやき »

2010/02/11

自然エネルギーネットワーク! 世界に展開し、結ばれる太陽熱発電システム

 先のソフトエネルギーのエントリーでDesertecプロジェクトが本格的な動きを始めたという話題に触れました。ヨーロッパを中心に、サハラ砂漠に設置された太陽熱発電所やアフリカ西部沿岸部の大型風力発電、そして北海の洋上風車や、既存の地上の風車、さらにバイオマス発電や地熱なども加わり、巨大なグリッドを形成し、相互にエネルギーを融通することを構想しています。
 地元にもどうメリットを還元するか、アフリカの気候変動やエネルギー問題にどんな寄与が可能なのか、単にヨーロッパが利益をアフリカから吸い上げるだけになってしまうのではないかという懸念も含めて、検討が進められています。

デザーテック DESERTEC がヨーロッパでいよいよ始動。エネルギーは、北は洋上風車から、南は地中海を超えて砂漠からやってくる!-----ソフトエネルギー、2010/01/28

 太陽熱発電の展開を伝える興味深い動画クリップを見つけましたので紹介しておきます。

・YouTube : LIBYA DESERTEC - Solar Energy from Africa to Europe-----consultinglobal,2009年12月28日


 このビデオクリップでも紹介されているドイツのミレニアムソーラー社は、スペインのアンダルシア地方で巨大の太陽熱発電所を稼動させた実績をもっています。この技術をもって、サハラ砂漠やアメリカなどでも大規模太陽熱発電に展開しようとしています。すでに実証、稼動実験を経ての展開です。

スペインのパナボナ型太陽熱発電ステーションアンダソルl号 - Andasol 1が、稼動。さらに2号、3号へと続く-----ソフトエネルギー、2009/07/14

参考
Andasol Power Plant Salt Storage Solar Millenium - solar thermal parabolic trough plant

beyondzeroemissions,2009年02月05日)

" Andasol Power plant in Spain 3x 50MW power plants with Nitrate and Potassium salt storage 7.5 hours after sun down or cloudy period full plant operation for each of the 50MW plants. "

Solar Millenium

・大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 : 環境先進国 ドイツ

そのドイツで再生可能エネルギーの大量導入に一役買った固定価格買取制(基本的に全種全量買い上げ)の買い取り価格の見直しが検討されています。6月までに一定の結論をだすということで注目されます。

Twitter / greenpost : UPDATE 3-German coalition agrees to delay solar cuts-----Reuters http://bit.ly/bjIkMa ; #renewableenergy #renewgermany #fit #fitjapan


greenpost(@greenpost) - Twilog-----greenpost on Twitter
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


|

« 2010年02月11日のつぶやき | トップページ | 2010年02月12日のつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/47528755

この記事へのトラックバック一覧です: 自然エネルギーネットワーク! 世界に展開し、結ばれる太陽熱発電システム:

« 2010年02月11日のつぶやき | トップページ | 2010年02月12日のつぶやき »