« ミシガンで石炭火力からクリーンエネルギーへ、グリーンジョブの拡大を訴えるイベントが開催 | トップページ | いまさら聞けない「太陽電池」 / クリッピング 日経エコロミー »

2009/07/30

太陽電池、国内は活況を呈すも、世界では減速

 日本では、好調を伝えられる太陽電池の販売、しかし、昨年末ぐらいから世界では、供給過剰が伝えられています。結晶系太陽電池の材料のポリシリコンの値下がりから、厳しい価格競争を考えると、利益を確保するために、太陽電池メーカー各社は、当分厳しい経営環境におかれると考えられ、業界の再編にもつながる可能性があります。こうなると、国内での活況が数年続くと考えることができる日本のメーカーの活躍にも期待したいところです。
 とはいえ、選挙の季節です。日本の国としての姿勢も、自然エネルギーに関する世界戦略が問われてくるということなんでしょうね。

太陽電池サプライ・チェーンの在庫日数が63%増---iSuppliが調査-----BP Net Tech! On,2009年07月28日

" ..... 2009年内に予定されている多結晶Si生産能力の増強計画を考慮すると,多結晶Siの1kg当たりのスポット価格は2009年末には50米ドル程度まで落ち込む見込み。2009年初めの180米ドルに対し,72%もの下落である。..... "

Solar market Suffers Inventory Glut-----iSuppli,Monday July 27,2009

The Nest Bottleneck:How Far Will Solar Prices Fall in 2009?-----iSuppli(PV Integrated Q2 2009 Market Tracker)



[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]


[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« ミシガンで石炭火力からクリーンエネルギーへ、グリーンジョブの拡大を訴えるイベントが開催 | トップページ | いまさら聞けない「太陽電池」 / クリッピング 日経エコロミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽電池、国内は活況を呈すも、世界では減速:

« ミシガンで石炭火力からクリーンエネルギーへ、グリーンジョブの拡大を訴えるイベントが開催 | トップページ | いまさら聞けない「太陽電池」 / クリッピング 日経エコロミー »