« 石油に経済を依存する中東諸国で自然エネルギーへの関心が高まっています。 / クリッピング FNN ニュース | トップページ | 自家消費の太陽光発電を買取/1キロワット20円 / クリッピング エクール »

2009/07/07

ドイツ 再生可能エネルギー拡大には原発からの撤退が必須 / クリッピング EIC 海外ニュース

ドイツ 再生可能エネルギー拡大には原発からの撤退が必須-----EIC 海外ニュース、2009.06.26

" ガブリエル大臣は、「再生可能エネルギーの利用拡張には、原発から撤退することが欠かせない。原子力発電を長く運転するならば、再生可能エネルギーブームは停滞してしまうであろう」とコメントした。 "

 原子力発電を推進するか、しないかが太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの隆盛に大きな影響を与えるのは間違いありません。基幹のエネルギーを化石燃料から、原子力へとシフトさせる労力とコストを考えると、化石燃料から再生可能エネルギーへの労力とコストが裂かれるのは間違いないところでしょう。さらに、再生可能エネルギーと原子力は、互いに補完することができません。

 そして、もっとも重要なことは、この二つのエネルギーへのトランジッションにより、社会や国の状況も変化していくことがります。

 どのような変化が生まれるのか? 自由と平等ということと、原子力と再生可能エネルギーのどちらが親和性があるのか? 国家統制による電力というくびきからの自由がどちらによってもたらされるのか? そんなことを考えると再生可能エネルギーの小規模分散型のシステムとして機能する再生可能エネルギーの可能性に思い至ります。
 とはいえ、現在の産業を支えるには化石燃料が必要ということも事実です。新しい社会、国づくりには、総合的で新しいグランドデザインが必要とされている所以です。

 はたして、日本は今後どのようなエネルギーにおける選択をし可能なのか? 真剣に考える必要がありそうです。(t_t)

[カテゴリー : エネルギー-原子力]



[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]


[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

付録

Gabriel: Wer erneuerbare Energien will, muss Atomkraftwerke abschalten-----Bundesministerium für Umwelt, Naturschutz und Reaktorsicherheit(Federal Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety),Berlin, 26.06.2009

 上記リリースのGoogle翻訳の英語訳

" Gabriel: Anyone who wants renewable energy, nuclear power must be switched off

Renewals hinder Renewable Term


The extension of the maturities of the remaining nuclear reactors operating in Germany would be the expansion of renewable energies massively hamper. This is the result of a short study by the Wuppertal Institute for Climate, Environment and Energy on behalf of the Federal Environment Ministry has created. "Nuclear power is not a 'bridge technology''Anyone who really develop renewable energies, must remain at the denuclearization," said Federal Environment Minister Sigmar Gabriel. "This is also a requirement of economic rationality. Because if the nuclear power stations would run longer, would be the boom in the renewables industry to a standstill. And the job miracle, which is already to 280,000 new jobs, would suddenly stopped. "

Renewable and nuclear power that is poorly tolerated, the energy companies EDF and EON in Britain itself. Su urged the German group EON, the expansion of renewable energy sources to limit - otherwise, the construction of nuclear power is not economical. The French EDF Group went further and called for a reduction of the proposed renewable target. "Even if the German nuclear lobby now seems to be embarrassing - with the opinions to the British government, the companies clearly demonstrates that nuclear power and renewable not fit together. And the study of the Wuppertal Institute shows: Because they have absolutely right" said Gabriel.

The authors of the brief reasons for its outcome study, in particular with the rising demands of the dynamism and adaptability of the German power stations. Prof. Dr. Manfred Dick Fish, vice president of the Wuppertal Institute, said: "The system integration of renewable energy requires a high degree of flexibility in the conventional power plants. The offer mainly gas and steam turbine power plants and to a lesser extent modern new coal-fired power plants, but not nuclear power."

In addition, through a period extending much needed impetus for the development of new technologies from Germany elusive. Especially new technologies in the field of renewables, but offer large export potential and are medium to long term, crucial for the achievement of ambitious climate protection goals. In addition, incentives to increase the power efficiency decreases significantly when the nuclear power plants have remained longer on the network.

How strong supporters of nuclear energy and renewable energies in the past have underestimated, shows a display of large energy companies from the year 1993: "sun, water or wind can also be long term not more than 4 percent of our electricity demand," wrote. Today there are already nearly 15 percent. "

 さらに リリースのGoogle翻訳の英語訳から日本語へ

" ガブリエル:誰も望んでは再生可能エネルギー、原子力発電を切り替えることが必要

再生可能期間の更新の妨げとなる


ドイツで動作し、残りの原子炉の満期延長再生可能エネルギーの大規模の拡大を阻害するだろう。これは、ブッパタール研究所気候、環境とエネルギーのための連邦環境省の代わりに別の短い研究の結果を作成している。 "原子力発電は本当に再生可能エネルギーの開発は、 '橋technology''Anyone 、非核化にとどまる必要はない"と連邦シグマーガブリエル環境相と述べた。 "これは、経済合理性の要求された場合は、原子力発電所には、実行されるためには、停止して再生可能エネルギー業界のブームとなる。また、すでに28万の新規雇用には、仕事の奇跡は、突然停止する。 "

再生可能な、原子力発電が不十分、とエオンEDF自体が許容される英国のエネルギー企業。ス、原子力発電の建設は経済的になっているドイツのグループエオン、再生可能なエネルギー源の限界への拡大-などを求めた。 EDFは、フランスと呼ばれるグループをさらに行って、再生可能な目標の引き下げを提案した。 "たとえ今はドイツの核ロビー恥ずかしいているようだ-英政府への意見を、はっきりと一緒に合う企業が原子力発電と再生可能いない示しています。そして、ブッパタール研究所の研究ショー:ため、彼らが確実に"右だガブリエル。

のダイナミズムとはドイツの発電所の要求に適応性の上昇の結果、特定の研究のための簡単な理由の著者は、 。教授博士マンフレットディック魚、ブッパタール研究所の副社長は言った: "再生可能エネルギーのシステム統合は、従来の発電所での高い柔軟性が必要です。これはより少ない程度に、主にガスと蒸気タービン発電所と現代の新たな石炭発電所を解雇ではなく、原子力発電。 "

また、時代の新技術の発展のためにドイツから分かりにくいが必要な推進力を拡張する。再生可能エネルギーの分野では特に、新しい技術が、大規模な輸出可能性を提供し、中長期的には、野心的な気候保護の目標を達成するための重要な。また、インセンティブは、電力効率が大幅に増加している原子力発電所が長く、ネットワーク上の低下します。

過去の過小評価は、 1993年から大規模なエネルギー企業の表示を示し、核エネルギーや再生可能エネルギーをどのように強力な支持者: "太陽、水や風にも長期的には我々の電力需要の4 %以上"と書いたことができます。今日ではすでに約15 %です。 "

 ドイツ語から日本語へダイレクトに翻訳した場合よりも”まだ”読みやすいです。

|

« 石油に経済を依存する中東諸国で自然エネルギーへの関心が高まっています。 / クリッピング FNN ニュース | トップページ | 自家消費の太陽光発電を買取/1キロワット20円 / クリッピング エクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ 再生可能エネルギー拡大には原発からの撤退が必須 / クリッピング EIC 海外ニュース:

« 石油に経済を依存する中東諸国で自然エネルギーへの関心が高まっています。 / クリッピング FNN ニュース | トップページ | 自家消費の太陽光発電を買取/1キロワット20円 / クリッピング エクール »