« 埼玉県のグリーン・ニューディール | トップページ | ベタープレイスの電気自動車のバッテリー交換のしくみとそのスピード »

2009/05/18

太陽光発電は売れているのは間違いない、そして市場は拡大している

 ホント、太陽光発電については、話題にこまらないくらいさまざまな動きがあり、活況のようです。シェルソーラーが日立のプラズマディスプレイの工場を買ったというのもそんな話題のひとつです。同社のCIS太陽電池は増産されるようです。


鳥井弘之の『ニュースの深層』 多彩なプレーヤーが参入 太陽電池産業のダイナミズム-----Nikkei BP ネット ECO JAPAN,2009年05月15日

" 拡大続く太陽電池産業
今回のニュース
 2009年4月1日の日本経済新聞朝刊に、「プラズマパネル工場、昭和シェル、日立から買収へ、太陽電池生産に転用」との見出しで記事が掲載された。これは、昭和シェル石油が日立製作所の工場を買収し、化合物型太陽電池の生産を拡大するという内容であった。そのほかにも、..........
........... 設備自体のコストダウンに伴う太陽光発電の普及拡大に期待が高まる。
.......... "

 ところが、その動き、独立系の太陽電池を販売している小社にとってはあまりよろしくなかった。同社のBXシリーズが在庫のみで、新たな生産を中止するとうことだからです。連系用を売ればいいのだが、少ないロットでの注文に対応していただける専門の部署がなくなったのは、ちと痛い。幅広い販路というのが理想だが、世の中は大きく動く方向に全体が動いてしまう。ちょっと、かなり残念なのだ。(t_t)

BX65若干在庫あります。なくなれば、BXシリーズは終了ということです。ご購入を検討されていた方、よろしくお願いいたします。

CIS太陽電池モジュール BX60 / BX65 ..... セールのご案内(年末、年始のセールが、最終セールに、ということのようです。残念!)-----グリーン・ポスト  BLOG、December 09, 2008



[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]


[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« 埼玉県のグリーン・ニューディール | トップページ | ベタープレイスの電気自動車のバッテリー交換のしくみとそのスピード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電は売れているのは間違いない、そして市場は拡大している:

« 埼玉県のグリーン・ニューディール | トップページ | ベタープレイスの電気自動車のバッテリー交換のしくみとそのスピード »